琵琶湖/瀬田川の歴史/環境/文化/清掃/ヨシ刈り/植物観察/外来魚駆除  NPO法人瀬田川リバプレ隊

瀬田川 リバプレ隊

活動紹介

2005年度の活動

2006.2.18 ヨシ刈りとヨシ笛コンサートの会」活動報告




クリックで拡大します

(開催日時:平成18年2月18日(土)9:00〜14:00)
寒のもどりで少し寒い朝でしたが、まずまずの天候に恵まれ、ボーイスカウトの子どもたちが楽しみにしていたヨシ刈り行事が無事終わりました。

  同志社大ボート部の若人17人を加え、総勢54人で午前中は約2時間の予定でヨシ刈りを始めましたが、若い力が結集され、予定時間より約30分早く、名神高架下一帯のヨシ原は奇麗に刈り取ることができました。

 ヨシ帯に滞留していたゴミも大変多くこれを収集し、その収集量は以下のようです。

燃えるゴミ  37袋
ペットボトル 2袋
ビン、缶類  4袋
合計    43袋
刈りとったヨシ束  多数
その他    流木など

 この結果は2月20日(月)に琵琶湖河川事務所に報告の予定です。
昼前に瀬田橋本南自治会館に一同移動し、ここでリバプレ隊女性隊員4人の心のこもった温かい豚汁とおにぎりでお昼ご飯を皆で美味しく頂きました。

 しばらく休憩ののち、ヨシネットワーク 鳥飼様の「ヨシの話」や簡単なヨシ笛工作を指導して頂き、そのあと、中村由紀子様のヨシ笛コンサートが始まりました。「琵琶湖周航の歌」に始まり、「島うた」など美しい音色の素晴らしい演奏とヨシにまつわるクイズなどのお話でしばし時間がたつのも忘れるような楽しい一時でした。ボーイスカウトの子どもたちも大変楽しんでいたようです。今日のヨシ刈り行事は皆さんのご協力で以上のように盛会のうちに無事終了しました。実行委員一同厚くお礼申し上げます。
実行委員長 片山傳治 
実行委員 谷村 信・ 大戸 正

 なお今日の瀬田川リバプレ隊「ヨシ刈り行事」には滋賀ケーブルネットワークが取材にこられました。
ケーブルテレビ 9チャンネルの番組で放送されます。
番組名 「DAILY! かわら版」
放送日 2月20日(月)
放送時刻 18:40〜  21:40〜 22:40〜
23:40〜  24:40〜 (放映時間は15分)  

【参考】 ボーイスカウトの子どもたちに感想を書いてもらいました。
主な感想を紹介します。
1. ヨシ刈り:
*琵琶湖の水を大切にできたし、よい体験ができた。
* 初めてで大変だったけど、とても楽しかった。またきたいと思った。
* かたくてあまりじようずにかれなかったが、さいごにはうまくかれた。
2. ヨシのお話
* ヨシは根を残しておけば1年でもとにもどることがおどろきでした。
* いろんな鳥の巣になっているとは思わなかった。
* くわしくてよくわかりやすかった。ヨシの大切さがわかった。
3. ヨシ笛コンサートについて
* 「すごくきれいな音だった」(多数の感想)、島うたがよかった。
* 高音の美しい音色に感動した。
3詭 1/2? * 本当にヨシでできているのかと思った。ヨシはなんでもできると思った。
4. その他
* 多数の子どもたちが「とんじるがおいしかった」の感想。

2005.11.20 「瀬田川散策路クリーンウォーキング」

11月20日(日)に「瀬田川散策路クリーンウォーキング」を行いました。朝は冷え込みが強かったのですが、その後は秋晴れの素晴らしい天候となり、参加者一同元気に瀬田川沿い散策路のクリーンアップに取り組みました。

2005.6.5 「水環境全国一斉調査への協力」

6月5日(日)の世界環境デーに国交省と全国河川関連市民団体合同の「身近な水環境全国一斉調査」が実施されました。これは一般市民に河川水環境への理解を深める目的で 市民、学校の子供たちによって実施されました。昨年は北海道から沖縄までの河川約2500地点の水環境(主にCOD値)を測定し、全国水環境マップを作成しました。リバプレ隊も今年より参加し、瀬田川、大戸川など大きい河川と高橋川、篠部川など支流の合計15地点でCOD値を測定した。