外来魚釣り大会

10月13日(土)  晴れ

場所:浜大津港周辺

参加者:井上。朝田、美濃部。 淡海を守る釣り人の会 5名

滋賀県自然環境保全課中井克樹主幹、滋賀県水産試験場  酒井 明久係長、田口  貴史主任技師

釣り参加者 350名

好天に恵まれ中、MS&ADインシュアランスグループとの共催にて外来魚釣り大会実施しました。8時前より会場準備を行い8時半より受付、MS&ADインシュアランスグループの関係者の挨拶後、県職員中井氏より、琵琶湖の外来水生植物  オオバナミズキンバイ、ナガエツルノゲイトウについて研修講演を受け、外来魚釣りを開始、釣り人の方々協力により釣り指導により、釣り成果は小ぶりでしたが数多く釣れ参加者より好評でした、釣りと並行して子供たちに対しては、琵琶湖水産試験場  酒井氏、田口氏酒井氏より外来魚生体観察の指導を受け、外来魚の食性を観察を行い外来魚の胃袋から小さな在来魚等が観察出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑このページの先頭へ