‘2012年の活動’ カテゴリーのアーカイブ

高橋川清掃活動

2012 年 12 月 26 日 水曜日

12月25日(火)

場所:高橋川

参加者:12名+18名

リバプレ隊:冨岡、後藤、岩槻、山元、井上、朝田、美濃部

地元の方:西木場、小林、今江、嶋田、鈴木。 オーバル・パートナーズ㈱18名

pc250029

pc250026

pc250032

回収ゴミ:可燃ごみ111袋、缶、瓶各1

今年最後の清掃活動をオーバルパートナーズ㈱の皆様の参加を得て行いました。今回は大勢の参加となり、小学校前から高橋川緑地まで、事前に地元の方が刈り取り頂いた刈り草の回収及び、河川内の雑木や雑草の刈り取りを行いました。皆様の活動により河川内壁面、河川敷き等が綺麗になりました。オーバル・パートナーズの皆様は服装の汚れるのも気にせずに活動頂きました。

研修会『東日本大震災語られなかった国交省の記録』著者を囲んで!

2012 年 12 月 16 日 日曜日

12月12日(水)

場所:ウォーターステーション琵琶

参加者:13名(敬称略)

リバプレ隊:冨岡、伊藤、後藤、谷村、中山、藤村、山元、井上。一般参加2名、河川事務所2名、WS1名

講師:道下弘子氏

pc120079

pc120077

「東日本大震災語られなかった国交省の記録」著者 道下弘子さんを囲んで道下さんが6月から被災地への取材を国交省関連を面に開始「リエゾン」(仲介、橋渡し、つなぎ)の人たちの活動、震災地の首町への取材活動苦労話やエピソート等をお話し頂き、大震災であまり報道されなかった記録、取材走行距離2000kmに渡っての、国交省のリエゾンの人々の苦労等を記録として出版されました。

瀬田川清掃活動

2012 年 12 月 16 日 日曜日

12月10日(月)

場所:瀬田川瀬田の唐橋~京滋バイパス高架下。コムラサキシキブ植樹地地区

参加者:44名(敬称略)

pc1000741

pc100073

pc100069

pc100075

リバプレ隊:中山進、中山勝、岩槻、冨岡、藤田、伊藤、井上、富田、後藤、朝田、美濃部。地元の方:東、長崎、小林         レイカディア大OB:上田、小林

オーバル・パートナーズ(㈱:27名

小雪の舞う中出の活動でした。紅葉シーズンが終わり、遊歩道周辺に落ち葉の回収作業及びコムラサキシキブ周辺の除草等の維持管理作業。今回はオーバル・パートナーズ㈱より、ボランテァ活動として瀬田川清掃に参加頂きました。瀬戸の唐橋から左岸、右岸と2班に分かれ京滋バイパスまでの歩道、遊歩道等のポイ捨てゴミ等回収を行って頂きました。皆様のご協力により綺麗になりました有難うございました。

高島市針江湖岸ヨシ刈り 参加

2012 年 12 月 16 日 日曜日

12月2日(日)

場所:高島市新旭日町針江

参加者:後藤、中山進、井上、大戸。 一般参加:小林、今江

121207203223_31

高島市環境政策課主催、針江生水の郷委員会共催行事、針江ヨシ刈りにリバプレ隊として参加しました。湖岸の三大ヨシ原の一つ針江浜(高島市新旭町、約3ヘクタール)で高さ約4メートルに伸びて枯れたヨシは、刈り取って乾燥させて利用する。湖岸は早春に焼いて春に再生の芽吹きを促す。水質浄化作用と多様な生き物の生息、産卵場所として、ヨシ原はヨシ刈りとヨシ焼きで維持されてきた。地元の針江生水(しょうず)の郷(さと)委員会やガールスカウト第30団、企業などのボランティアら計約160人が参加し、約2ヘクタールを刈った。カマや草刈機でアシや雑草の混じったヨシ原をかき分けると、幕が開いたように琵琶湖が姿をのぞかせた。

環境美化の日清掃活動 協力参加

2012 年 12 月 7 日 金曜日

11月28日(水)

場所:ピアザ淡海湖岸~サンシャインビーチ付近

参加者:冨岡、山元、朝田、美濃部

pb2800441

pb2800481

滋賀県循環社会推進課主催「環境美化の日」清掃活動に参加しました。環境美化の日は5月、7月、12月と年3回実施で今回も、ピアザ淡海から浜大津、ピアザ淡海からサンシャインビーチゴミ回収、外来植物ナガエツルノゲイトウ除去と3班で、リバプレ隊はピアザ淡海からサンシャインビーチのコースに参加しました。湖岸沿いの散策路はゴミ散乱は少なく綺麗でした。

高橋川清掃

2012 年 12 月 7 日 金曜日

11月25日(日)

場所:高橋川

参加者:12名

リバプレ隊:冨岡、井上、後藤、伊藤、片山、和田、朝田、美濃部。 地元の方:嶋田、小林、今江、鈴木

回収ゴミ:可燃ごみ48袋、缶不燃ごみ2袋、瓶1袋

pb250036

pb250040

今日は清掃活動時間を短縮しての活動を行いました。前回に保育園前の河川内雑木を刈り取りした雑木の整理、小学校前の除草及び整理、河川内のポイ捨てゴミ回収作業、河川内にはパイプ椅子、スケートボードの投棄がありました。清掃活動終了後自治会館で今年の反省会及び懇親会を行いました。懇親会で高橋川緑地の桜が枯れた為、跡地に花木又は植花へ、河川内で魚つかみを開催等と提案がありました。

天ケ瀬ダムゴミ調査

2012 年 12 月 7 日 金曜日

11月19日(月)

場所:宇治市 天ケ瀬ダム

参加者:冨岡、山元、美濃部

pb190025

pb190026

諸般の都合で天ケ瀬ダムゴミ調査訪問が遅れていましたが久しぶりに訪問しました。南郷から天ケ瀬ダムへは8月14日の集中豪雨、9月の台風による影響により、途中の道路ががけ崩れ、危険個所があり片側相互通行箇所が10か所以上ありました。

報告事項:現在南郷洗堰の放流は15㌧と流量が少ないため、天ケ瀬ダム湖上流瀬田川に、夏期の集中豪雨、台風による影響で発生した流木が川幅いっぱいに滞留していました。春先には天ケ瀬ダム付近に漂着の予定で回収引き上げが問題となる。8月14日の集中豪雨は南郷洗堰は雨量も少なく、放流は15㌧でしたが天ケ瀬地区は集中豪雨となり、ダム付近は100㌧近くとなりましたが、ダム管理職員は土砂崩れ等でダムには徒歩で緊急出勤となり、天ケ瀬ダムは一時満杯近くとなった。

出前講座(木工教室)

2012 年 12 月 5 日 水曜日

11月18日(日)

場所:ウォーターステーション琵琶

参加者:朝田、富田、美濃部

pb1800171

pb180020

大津市青少年育成協議会Cブロック(南郷、晴嵐、石山、富士見台学区)南郷学区子指連主催行事として、ウォーターステーション琵琶で体験学習会が行われ、琵琶の会に依頼がありリバプレ隊は木工教室(ペン立型フクロウ作り)を行いました。その他の体験としてヨシ工作(額縁つくり)雨体験が行われ3グループに分かれて行い好評でした。

第8回「河川を愛する市民会議」

2012 年 12 月 4 日 火曜日

11月17日(土)

場所:ウォターステーション琵琶

pb170006

pb170011

pb170012

参加者:リバプレ隊員他一般参加者

第8回河川を愛する市民会議を開催しました。今年は「今私たちにできること」テーマにコーディネーター井阪尚司氏の進行により長浜バイオ大学大島淳教授「バイオエタノールの事業化、及び放射能汚染除去法開発について、東大津高校学生山本賢樹氏「ラムサール条約について、土山中学生竜王みやび氏「すてきな「ふるさと」山内」伝統を引き継いでいる山内町について、銭谷トシヲ氏「山内町での農業と村の伝統行事の説明、琵琶湖博物館学芸員中藤容子氏近江の昔の暮らしについて博物館の展示物から学ぶ等の話題提供後参加者との意見交換を行い、伝統文化継承や環境問題について考えました。

瀬田川清掃&コムラサキシキブ維持管理

2012 年 12 月 4 日 火曜日

11月10日(日)

場所:瀬田川左岸コムラサキシキブ植樹地区周辺

参加者:9名

リバプレ隊:後藤、中山進、井上、冨岡、伊藤、朝田。 レイカディア大OB:山田 地元の方:長崎、東

回収ゴミ:可燃ごみ18袋、缶1袋、不燃ごみ1袋、流木

11e69c88e5baa6e382b3e383a0e383a9e382b5e382ade591a8e8bebae6b885e68e83-015

11e69c88e5baa6e382b3e383a0e383a9e382b5e382ade591a8e8bebae6b885e68e83-025

天候に恵まれた中での活動でした。今回は前回の散策路除草作業の残り刈り取り、水天宮バス停までのポイ捨てゴミ回収、川岸辺の浮遊ゴミ回収、コムラサキシキブ周辺の除草等を行いました。ようやく冬場に向かい雑草や笹の生長が無くなり、散策路等が綺麗になってきました・