これまでにあったケースでは、nhkが訴えを起こした段階でほとんどの未契約者が受信料の支払いに応じています。 そしてこのような対応をした未契約者に対しては、nhkも訴えを取り下げているため、結果として裁判を起こすことはありませんでした。 , Sign in|Report Abuse|Print Page|Powered By Google Sites, 最高裁判決で難波判決が否定された今、難波判決がでた直後に書いた上記の記事を見直してみると、なるべく平静を保つような書き方をしていますが、正直なところではかなり困惑していたことを思い出します。難波判決ははっきり言って「トンデモ判決」の部類であり、もしこの「本人の承諾がなくてもNHKが一方的に契約を申し込めば2週間で契約成立」という解釈が最高裁で確定していれば、NHKは「署名捺印などの契約手続きをすっ飛ばした支払い督促の制度化」に舵を切っていたでしょうし、事は受信料にとどまらず、民法の契約の概念そのものを揺るがし、日本の法体系が持つ整合性のようなものを根本から毀損しかねない事態になっていたでしょう。これを棄却した最高裁の良識にとりあえず敬意を表すとともに、東京高裁の難波孝一裁判長(当時)と、その解釈に追随して同様の判決をだしていた各地裁の裁判長に、猛省を促したいと思います。, この判断に至る、最高裁による放送法64条解釈のポイントを箇条書きにすると次の様になります。, (※但し、判決が確定して契約締結への承諾が命じられた場合の、支払いの基点は「テレビの設置時点から」となります。ページ後半, 「NHKが契約締結に同意しない設置者に契約させたければ、その都度裁判所にそういう判決を出してもらいなさい」, これは、約1000万世帯といわれる未契約者の数から考えれば気の遠くなるような作業で, 、実質「お手上げ」という話です。今後NHKは、今回の最高裁判決に至る過程でやっていたように「, を起こして、それをニュースで流し、まるで何もしてない一般家庭の未契約者がランダムに訴えられてるかのような印象操作をするという子供騙しを続けるだけでしょう。「その次の展開」は、最高裁判所に封じられたのです。, 報道直後、ネット上では「契約してなくてもNHKに訴えられるのか!?」と不安を訴える非契約者の声が飛び交いましたが、実はこの裁判で受信料支払いを命じられた神奈川の男性とは、, ものと判断されても致し方ありません。こういう人を厳密な意味での「未契約者」と呼んでいいのかどうかについても、疑問が残ります。, そして、現在NHKに未契約で訴えられている個人の世帯は、全員これと同じケースだそうです, また、相模原の男性は、裁判所から出廷を求められても一切応じず、完全無視し続けたらしく、裁判官は和解の勧告もできず、NHK側の言い分のみを聞いて判決を出さざるを得なかったようです。, (一部報道では、男性は弁護士を立てずに訴訟に臨み「東日本大震災でテレビが壊れた」と主張していたとされていますが、どのような状況で主張していたのか、詳細は不明です), なお、NHKは、相模原の男性のこのような背景情報について、報道もプレスリリースも一切していません。, については、ここからさらに『契約締結』という手続きを踏まなくても、テレビ設置を認定された日時まで遡って支払い責任が生じ得る。ただ「契約日」については、『設置(=テロップ消しの申請)即、契約成立』ということにはせず、少し猶予を置いて、NHKからの契約申し込み通知(, 、契約成立日と料金発生日との間にズレがある、論拠が曖昧な混乱した判決です。これは、, 各報道では、「NHKからの契約申し込み通知」 「本人の承諾なくても二週間後に契約成立」の2点に、ことさら意味があるような書き方がされていますが、, テロップ消しなどしていない大多数の非契約者にも関係がある点を挙げるとすれば、それは、受信料の「契約」手続きとは名ばかりのもので, ただ、クドいようですが設置しているかどうかを判定できるのはNHKではありません。裁判所です。. google_ad_type="text_image"; 結義務を法定する他に例のない受信料制度であり,控訴されている本件上級審や他の未契約訴訟での今後の司法判断も注目されるところである。, なお,NHKは,訴訟は最後の手段であり,丁寧な説明で理解を得ることが基本であることは変わらないとしている。. どうも、零士です。「nhkの受信料制度は合憲なのか?」この問題について過去さまざまな意見があり、いろいろと裁判なども起きてきました。そして、来たる2017年12月6日に、nhkの受信料制度が憲法が保障する「契約の自由」に反するのかどうかを争 google_ad_host="pub-6693688277674466"; google_color_border="F3F3F3"; お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。, NHK受信料について 受信料契約が裁判で合憲になったとの事で受信料契約をネットで新規契約をしました。, 裁判所から訴状が届いたということは、訴えられたということですか? NHK受信料未契約の方で個人宛に裁判所から訴えられた事ありますか?自分は1月と2月に「NHKから重要なお知らせです」と自分の宛名無記名(郵便ではない)で大きい封筒で来てました。今月以降はその封筒は来ていません。もしかしたらと思い質問しました。 google_ad_height=600; google_color_link="000000"; google_ad_width=120; 1、覚えのない請求で, 裁判にもなりましたが NHKの受信料についてどう思いますか? ・NHKと契約するまでは,NHKの受信料支払い義務は確かにない ・ずっと契約しないと,強制的に契約締結する裁判を起こされる ・裁判を起こされると放送法64条のパワーで普通は負ける(契約締結される… これで、nhkが未契約者に受信料を払わせるには、個別民事で一件一件訴訟を提起し、テレビの設置を証明し、勝訴を勝ち取り、裁判所に、設置者に対して契約の承諾を命ずる判決を出してもらうしか、 方法はなくなったということです。 nhkの受信料に関する裁判は、これまで何件も起きています。多くは、受信契約を済ませたうえで受信料を滞納していてnhkから訴えられるケースです。しかし中には、 nhkの受信料契約をしていないにも関わらず、nhkから起訴されている人 もいます。 テレビ受信機を設置しているが,放送法64条1項に締結義務を定める放送受信契約の締結や受信料の支払いに応じない未契約者に対して,NHKが受信料の支払いを求めた民事訴訟(未契約訴訟)で,横浜地方裁判所相模原支部が6月27日,NHKの契約締結申込みへの承諾と,受信機設置が認められる時期に遡った受信料の支払いを被告の未契約者に命じる判決を行った。� 今回の裁判は2006年にテレビを設置していながら受信契約を拒んでいた東京都内の60代男性に対し、nhkが契約の締結及び未払い分の支払いを求めて裁判を起こしたものです。 確かに、nhkは「テレビを設置しているのに契約していないこと」を理由に、2011年から2014年9月までの3年間で、計108件の一般世帯を対象とした「未契約訴訟」を起こしたと公表しており(→ ※1) 、このニュースを聞いた非契約の人の中には、「自分も訴えられるのでは?」と不安を感じている人も多い … 賛否両論かもしれないですが、あれは 支, 台湾在住の台湾人宛に裁判を起こしたいのですが、国交がなく日本の裁判所から訴状の送達が正確に行われるか. ・nhkと契約を結んでいる場合は受信料を支払う債務があり、不払いだと裁判を起こされることがある ・nhkと受信契約を結んでいなければ基本的に裁判は起こされない google_ad_format="120x600_as"; nhkの不正を内部告発した元nhk職員であった立花氏が、平成25年9月頃まで行っていた「NHK受信料不払い安心保険」 だが、これが、弁護士法に抵触することから停止したため、不安解消の意味合いでnhkが裁判に移行すると思われる基準を公表することにした。 google_color_text="444444"; nhk 放送受信料の支払いを拒否するとどうなるのか?何か罰則があったり裁判を起こされてしまったりするのではないか?と思われている方も多くいらっしゃるかと思いますが、実際のところnhk受信料は契約を拒否しても罰則は存在しません。 nhk受信料未契約の方で個人宛に裁判所から訴えられた事ありますか?自分は1月と2月に「nhkから重要なお知らせです」と自分の宛名無記名(郵便ではない)で大きい封筒で来てました。今月以降はその封筒は来ていません。もしかしたらと思い質
2020 nhk 受信料 未契約 裁判