「甲子園でも活躍しスター性も兼ね備えている」 ロッテ大嶺翔、2安打で開幕スタメン名乗り ショート“戦争”参戦に意欲 ロッテの“内野戦争”に、さらに強烈なカードが加わった。 三塁から一塁、二塁、遊撃とどこでも守れるユーティリティープレーヤーの8年目・大嶺翔太内野手(25)は20日の阪神戦で2安打で打率.370に上昇。 「走攻守の全てレベルが高い」 日本通運「侍ジャパン」応援サイトでもFull-Countスペシャル記事を配信中!. 「現時点で自分の打撃技術を越えてる」, 古田 敦也 氏 ロッテの“内野戦争”に、さらに強烈なカードが加わった。三塁から一塁、二塁、遊撃とどこでも守れるユーティリティープレーヤーの8年目・大嶺翔太内野手(25)は20日の阪神戦で2安打で打率.370に上昇。二塁から回った三塁守備でも、再三際立った好守を見せた。, 「開幕戦が左投手なので、そこを第一目標にやっていきたい」。和田が登板を予定している31日の開幕戦・ソフトバンク戦へ向け、しっかり照準を定めている。「構え遅れしないよう、しっかりタイミングをとることを心掛けている」と言い、地元・石垣島キャンプからの打撃練習が実を結んでいる。, 昨年1勝に終わった兄の祐太投手もオープン戦で結果を出し、狭き門の開幕ローテーションに割って入りそうな勢いで兄弟でアピールを続けている。遊撃でベストナインを受賞した主将・鈴木の二塁コンバートで、中村に加え、この日は遊撃適時打を放った平沢の遊撃レギュラー争いが続いているが、「ショートもやれればいいかな」と大嶺翔は遊撃戦争参戦の構えも見せ始めた。, 「日本の野球はしっかりしている」 元U-23代表が頂点を極めた舞台で感じた強み(侍ジャパン応援特設サイトへ). rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0abc3979.02596b1f.11fb2b2f.92ecd351";rakuten_items="ranking";rakuten_genreId=0;rakuten_size="300x250";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="on";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on"; スポンサーリンク amazon_ad_tag = "aco52l-22"; amazon_ad_width = "300"; amazon_ad_height = "250";//-->.