ブログを報告する, プライバシーポリシー:当サイトへのコメントについては管理人である土手がその内容を確認し、不適切と判断した場合は削除する事があります。又、繰り返される場合はコメントを拒否する場合があります。不適切と判断する基準は以下となります。①特定の人や団体を誹謗中傷するもの。②わいせつな内容を含むもの。③他の個人や団体のHPやブログの宣伝を主とするもの④その他、管理人によって掲載すべきでないと判断されたもの。 | 2020-08-16. この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、必要な場合はお使いのブラウザの設定をご確認ください。. このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 | 土手さんの新着記事 記事削除機能. 新着画像. 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用します。 新着記事. 鹿島アントラーズブログの人気ブログランキング、ブログ検索、最新記事表示が大人気のブログ総合サイト。ランキング参加者募集中です(無料)。 - サッカーブログ この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、必要な場合はお使いのブラウザの設定をご確認ください。. このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用します。 Jリーグ開始以来、どれだけこの終了間際の興奮を味わったことだろう。それがここ数シーズンは鳴りを潜め、大幅な選手入れ替えをともにそんな劇的シーンが生まれていなかった。, それが、この若武者達の躍動で蘇ったのだ。荒木、染野、アラーノ、永木の終盤4人一気替えとその後の松村投入。前線が急に活気づいたのは若さのせいばかりではないだろう。確かな技術と勝負への執着心を漲らせる新卒4人衆(GK山田は先発)がその動きとスピリッツで状況を変えたと云っても過言ではないと思う。, 永木は確かに最後の得点のきっかけとなったクロスを入れた功績はあったのだろうが、それ以前のボールを奪われ、パスミスをし、判断の遅さが目立ちイライラさせられていたのはオレだけだったのだろうか(解説の水沼は褒めていたね)。, でも、最後に入れた永木のゴール前へのクロスが相手DFに跳ね返され、それを中盤で拾った荒木がアラーノへ、アラーノが前線の染野へパスを出す頃には荒木はPA内に侵入。それを横目で感じ取った染野が横パスし、それをキッチリ受け止めて一旦ボールを止めてGKの出方やDFの動きを避けたコースにきっちり押し込んだ荒木(インタビューでもその場面を振り返っていた)。, ガクを思い出した。いや重なった。ガクとゲンとショーマの時代をプラチナ世代という人がいた。そして、モト、コージ、ミツオ、ソガの黄金世代があった。, 荒木、松村、染野、山田はそれらの時代を彷彿させる存在になるのではないか。これに加えて沖、町田、イクマ、アヤセの若手も揃う。確かに移籍組や外国人選手は重要であり、伝統を紡ぐ上でその役割は必要不可欠だが、真に伝統を継ぐ者達が台頭してきた。, 勝負は引き分けだったが、試合が終わったあとの僅かな興奮は久しぶりのもの。鹿島アントラーズの2020年代のモノガタリが始まる。, kashimadoteclubさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 今回は昨日に公開したブログの続編。今の鹿島の状況についてもう少し深く考察したい。 ザーゴ式の浸透によ […] 続きを読む. 次へ. 2020-10-10. | テーマ一覧から参加したいテーマを選び、記事を投稿していただくことでテーマに参加できます。, 大川総裁が米大統領選の途中経過について法話 「トランプ氏が敗れれば、アメリカが中国によるウィルス戦争に敗れたことになる」  ザ・リバティWeb, 安倍友・甘利「独裁政権」望む+菅、総務相の時の官僚更迭ハラを自慢?+バイデンの言葉にうるうる, 新たな御法話の開示「アメリカ大統領選について」大統領選の真相と今後の世界の見通し  ◇アメリカ国民とメディアが知るべき真実とは。, 怒れる国民が続出!本土でも中国共産党を公然と批判 大紀元 「中国ソーシャルメディアでは勇気を持って独裁政権に抗議し、民主化を求める中国国民の姿が映し出された動画が出回っている 」, 愛知県知事へのリコールの断念は当然の結末 大義のない時代錯誤の糾弾闘争 不敬罪はないからね. 9.23 鹿島 1-0 湘南. 9.23 鹿島 1-0 湘南. この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、必要な場合はお使いのブラウザの設定をご確認ください。. 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用します。 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用します。 2020/09/24 00:03. ブログを報告する, プライバシーポリシー:当サイトへのコメントについては管理人である土手がその内容を確認し、不適切と判断した場合は削除する事があります。又、繰り返される場合はコメントを拒否する場合があります。不適切と判断する基準は以下となります。①特定の人や団体を誹謗中傷するもの。②わいせつな内容を含むもの。③他の個人や団体のHPやブログの宣伝を主とするもの④その他、管理人によって掲載すべきでないと判断されたもの。 新着記事. 当サイトが使用する予定のアクセス解析ツールについて 野に放たれた2匹の獣が鹿島を救った。 荒木と松村・・・勿論、白崎も入ったし、アヤセや永木も入った。でも、縦横無尽に駆け回る2匹の獣が相手の意表を突き、警戒心を募らせ「勢い」の主体になったのではないか。 オレは勝手にそう思った。 1得点目はアラーノの中央へのグラウンダーのパスをエヴェラウドがダイレクトに右足で振り抜き、ゴール右隅に突き刺したがものだが、それ以前に2度荒木が敵DF陣を攪乱するようにボールタッチしていた。 3点目のロスタイムでのCK。この日、珍しくキックが狙ったところへ向かっていた永木のCKを折り返したのはアヤセとエヴェの二人の頭。そのこぼれ球を左ゴールポスト間際で待ち受けていた荒木…, 試合終了の1分前ファンアラーノのシュートが目の前のDFのかかとに当たり大きく弾んでゴール左隅上部に吸い込まれた。あのままDFに当たらなければ、体を横倒しにしてキャッチのポーズに入っていたGKの腕の中に納まっていたかも知れない。 でも、目の前にDFがいてもシュートを打つ。ファンアラーノはその前にも同じようなトライをしていた。そして最後にそのトライが実を結んだ・・・と思う。日本人選手があまりにも確実性を重視し「打てば何かが起こる」という可能性を過小評価している内にボールを失うよりも良いと思う。 今日はザーゴにとってイライラする展開でもあったでしょう。あれだけボールを支配し、相手陣地内でプレーを重ね…, またも2-1の勝利で6連勝。でも、同じ2-1でも前節と違ったのは強敵を相手に1-1となってからの後半早々の追加点。そして逃げ切りであり、ゲームをある程度コントロールしての勝利という事でした。 前節、試合後のロッカールームで「こんな試合をしていちゃダメだ」という厳しい反省の言葉があったというが、若干の反省はあったとしても選手達も納得できる締め方だったのではないかと思ったものです。 得点はいずれも和泉が放ったシュートのこぼれ球であり、1点目はゴールマウスから外れた和泉のシュートを相手DFがゴール前に折り返してくれてそれを詰めていたファンアラーノがスライディングしながら押し込んだものですが、ボール奪…, テニスの全米オープン女子決勝が昨日、そして男子決勝が今日米国で行われた。 女子決勝では大坂なおみが1stセットをミスの連発で取られながらも2ndセットの3ゲーム目(サーブ)から立ち直り、1-1のイーブンに持ち込むとともに3rdセットではそのままの勢いで地力の差を見せつけ優勝した。 一方、男子はビッグ3と云われるナダル、フェデラーがコロナ禍などのリスクを考慮して棄権し、もう一人のジョコビッチがマナー違反(何気なく後ろに打ったボールが女性審判の首付近に当たり、その審判が椅子から崩れ落ちた)で退場となる波乱の大会となった。 そして決勝に上り詰めたのはビッグ3の次を担う世代と自他ともに認めるズベレフと…, 昨日の清水戦。2-1で勝ちましたが楽勝を辛勝にしてしまいました。 一つは前半の数多いゴールチャンスをことごとく外してしまったこと。こんなことをしていると後でシッペ返しを食らうぞ! と思ったものです。 もう一つは交代で入った選手達のゆるゆる感。リードを守って逃げ切るという意識が強いせいか、攻めて止めを刺すという姿勢が無くなり、それゆえ相手も脅威を感ぜず、逆に力を得てせめてくる始末。 特に気になったのはアヤセの守備意識。終盤押し込まれている中でフレッシュなはずのアヤセが中央付近での相手ボールをチェイシングで追いかられるシーンは何度かあったと思うが、ほとんどプレッシャーをかけられず存在意義を発揮でき…, 監督が試合後のインタビューで答えていたように「前半で3点、4点と取れるチャンスがあったのに取れなかったので厳しくなってしまった。後半は疲労の残っている選手もいたので攻め込まれたが勝利で終わることが出来たので良かった」 清水は序盤こそ攻め込んできたものの徐々に鹿島が押し返し、前半の中間ぐらいからは圧倒的な球際の強さでボールを支配し、チャンスを何度も作った。その結果がエヴェのゴールであり、ショーマのゴールだった。 しかし、不思議なのは和泉はどうして自らシュートを打つチャンスが何度もありながら、スルーしたりパスしたりするのだろう。「より、ゴールのチャンスの多い選手へ」ということなのかも知れないが、相…, その表情は厳しかった。勝ち越しゴールを上げたアヤセのインタビューでの表情だ。インタビュアーにゴールを祝福され感想を聞かれたアヤセは、今日はゴールできたが今までチャンスを貰いながらゴールをとれなかったことが沢山あった。と、まずは反省を口にしたのだ。 ピッチに立てる時間をもっと増やせるように努力して行きたいとも語った。そっかー、テレビ桟敷で勝利をひたすら願うおっちゃんとしては、貴重な勝ち越しゴールを決めて4連勝をもたらしてくれたアヤセが意気揚々としていると勝手に思っていたが、それよりも悔しさが心の中を占めていたことに思いを馳せた。 高卒ルーキーの荒木や唯月に多くの出場機会が与えられ、躍動している彼…, FREAKS9月号はFREAKS刊行300号記念として中田浩二の「鹿の深層」にルーキー4人を招いての座談会(?)だった。 浩二から選手達への問いかけ、選手達から浩二への質問。それぞれの選手の個性が出て面白い問答が続いたのちに、最後に浩二が問う。 浩二「4人に共通する夢みたいなものはあるの?」 山田「これは太郎(荒木)が言っていたことなんですけど・・・」 荒木「えっ、俺、なんか言ったっけ?」 松村「あれでしょ?4人で同時にピッチに立って、4人でパスをつないで、唯月(イツキ)がFWだから唯月が決めて終わる。GKの山田から太郎が中盤で受けて、DFの裏に蹴ったパスを俺がさらに受けて、クロスを上げて唯月…, 今季初めての快勝と云っていいのではないか。アウェイ3連勝は全て良い試合だったが、他の試合は一歩間違えば同点という終盤までハラハラドキドキの続くものだったが、今日は安心して見ていられた。これもショーマの3点目があったればこそだ。 その3点目は後半18分。後半早々に1失点し、2-1と追いすがる名古屋が勢いづく出鼻をくじいた格好だ。この日2点目を叩き出しているルーキー荒木が中盤で相手クリアボールを足元に置くと、阿吽の呼吸のショーマに縦のスルーパス。これにドンピシャで抜け出たショーマが右ゴールポストの手前で少しマイナスのゴールを横切るパスを送るがこれが相手DFに弾かれてラッキーバウンドで自らの足元に。…, 前半で相手がイエロー2枚で退場。それまで中2日ながら疲労を感じさせない強度で攻守に奮闘し、優位に進めていたアントラーズが11対10の数的優位にたった後半頭から、まったり感満載の手抜き試合になってしまった。 リスクを抑え、ボールを保持し、じっくり攻めていけば勝てる。何となくそう思ってしまったのだろうか。動き出しも闘争心も消えた我が鹿島アントラーズのほっぺたをぶっ叩いたのは敵のオルンガだった。 左サイドから同じようなコースで2度のシュートが2度ともGKの手の届かないファーのゴールポストの僅か内側に食い込むゴール。オルンガの1点目の後に同点に追いつくケントのシュートは珍しくゴール上隅に突き刺さった。…, 初めての逆転勝利だった。 アラーノの斜めからのクロスをエヴェラウドが競って体を入れてヘディング。GKが弾いたボールにすぐにエヴェが反応して押し込んだゴールだが、アラーノのクロスが秀逸だったといえるだろう。 このクロスは監督からもエヴェからも要求されていたものであり、練習の成果とも言っていた。 もう1点はそのアラーノの得点だ。中盤でボールを受けた荒木からの強いパスをDFから一歩抜けて受けて、浮き球になったボールをダイレクトでシュート。トラップからのシュートまでの一連の素早い動きは本来持っている技術を見せたということだろう。 このアシストとゴールですっかり吹っ切れた感のあったアラーノはその後も献身…, アツトの最期のゲーム。ゲームの展開次第ではあるが、残り10分位で顔見世の出場がせいぜいか。と思っていたら右SBの広瀬にアクシデント(ハムストリングスの肉離れか?)で、前半16分から出場。果たして最後まで持つのか? そんな不安を抱きながら見ていたが、徐々に徐々にアツトらしさが出て終盤には攻撃のほとんどがアツト経由という黄色のキャプテンマークが光を放つプレーが続いた。タイミングの良い飛び出しでスペースへのパスを受け、相手を軽くいなして上げるクロスの精度や積極性。 残り時間が無くなり間際までその姿勢を崩さず、そして最後の最後に大仕事を成し遂げた。ワンが最後尾で受けたボールを素早くアツトへ。その間にス…, どういう事なんだろう。ゆっくり構えて無理をせず戦えば勝てる。そんな構想だったんだろうか。そんなことは無いのだろうけど、前半を見ているとそういう疑いさえ持ってしまう。 確かにあの失点は納得がいかないものだ。GKを含めDFの4人が皆ハンドアピールで手を挙げているスキに蹴りこまれたゴール。スロー再生で見ても明らかなハンドがラッキーバウンド(少し手を動かしてボールを動かす意思さえ感じるが)で、ゴール前を転がった。あれを主審も副審も見逃したというのだから、どうしようも無い。 でも、まあそんなハンデキャップがあったとしても、それは早い時点の事故だ。そこから、同点・逆転への時間は十分あったし、チャンスも十分…, 昨日、神戸戦の感想を少し書いた。 その前は3.21の札幌とのトレーニングマッチ。 コロナ禍による長い中断の後のJ1再開で見せた期待外れの姿を見てキーボードを叩けなかったのだ。 でも、この中断の間に鹿嶋市は少し変化を見せている。クラブハウスは相変わらず練習見学禁止だが、クラブハウスのショップは開店した。訪れるとスマホでのチェックインや体温測定などがあり、時代を反映しているが一歩前進だ。 スタジアム周辺は結構変化し、スタジアム前の国道51号は往復4車線になり渋滞対策がほどこされた(その分、側道の歩道が無くなったが)。 また、スタジアムの隣のショッピングモール(?)も大分出来上がり、スーパーマーケッ…, 終了30秒前に同点に追いつく荒木の得点。 アントラーズが帰ってきた。そんな気がした。 Jリーグ開始以来、どれだけこの終了間際の興奮を味わったことだろう。それがここ数シーズンは鳴りを潜め、大幅な選手入れ替えをともにそんな劇的シーンが生まれていなかった。 それが、この若武者達の躍動で蘇ったのだ。荒木、染野、アラーノ、永木の終盤4人一気替えとその後の松村投入。前線が急に活気づいたのは若さのせいばかりではないだろう。確かな技術と勝負への執着心を漲らせる新卒4人衆(GK山田は先発)がその動きとスピリッツで状況を変えたと云っても過言ではないと思う。 永木は確かに最後の得点のきっかけとなったクロスを入れた功…, トレーニングマッチとは云え、ホーム鹿島での惨敗。解説の中田浩二は守備は大分改善された、後は攻撃とか言っていたが・・・。 オレにはほとんど進化が見られないように見えた。特に先発のエヴェラウドは足元が不確かで器用さもなく、なかなかシュートが打てない上に完全フリーで転がってきたボールさえ外してしまう始末。 中盤でケントがダイレクトで前線のアラーノにパスし、アラーノがこれを足元に置いて前のDFを交わして打ったゴールが救いといえば救いか。 これでは、再開はもう少し待ってくれ。というのが鹿島の本音になるかも知れない。終盤にジェイに入れられた2得点。全くデフェンスの存在が消えていた。好きなようにやられた惨敗…, 今日、11時半頃 クラハの近くに用事があってクラハの前を車で通ったら、練習場から大きな、鋭い声がいくつも聞こえてきた。用事を終えてからクラハを覗いたら激しいゲーム形式の練習をやっていた。 ピッチは正式なピッチの半分ほどを使用し、ゴールマウスが2つある側と1つある側がある変形的なゲーム形式の練習だ。その意図は良く分かっていないが、ピッチを小さくしているのは攻守の切り替えの早さやアプローチの速さ、練習効率のためだろう。 新人の荒木も松村もサイドハーフで入っていて、右松村 左荒木は試合で使用する場合と同じポジションだ。「マツッ!」と呼ぶ声や「タロー!」と呼ぶ声が聞こえる。試合などで短く、鋭く呼ぶ時の…, J開幕戦の0-3負け ACL0-1 ル杯0-1 とゼロ封が続いている。つまり点が取れないのだ。点が取れないのでは勝つのは難しい。 前半の前半はル杯での名古屋戦とほぼ同じ。凄い勢いで攻め込むが惜しいシーンはあるものの得点が取れずに徐々に押し込まれ、ショートカウンターに嵌って失点。今日の1失点目はひどいものだった。 こともあろうにキャプティン(ケント)がぼんやりボールを受けて、足元からかっさわれての失点だからだ。なんという集中力の無さ。これはクラハでの練習から垣間見えたものでもあった。考えることも多いのだろうが、ゲーム(又は練習)に集中している感じがしない。 一つ一つのプレーよりも全体的に漠然とし…, 2月21日(金)のクラハです。アップが遅れて申し訳ない。 この日は、Jリーグ開幕戦を2日後に控えた練習。過去、何十年も積み上げてきた伝説の紅白戦は姿を消し、基本練習(アップ)と攻撃の練習が約30分見ている間の練習だった(11時10分から11時40分)。 ル杯初戦の名古屋戦でアナウンサーが語っていた「紅白戦はしていないようです」はこの日もそうであり(ひょっとしてオレが帰った11時40分過ぎからやった可能性はゼロではないが)、選手達の表情に戸惑いがあるように感じるのはオレだけだろうか。 そういう中で、過去のことなんか知らない。いま、自分は目の前のボールを必死に追いかけるだけだ。与えられたミッション…, 後半36分にショーマと交代で出た新人松村優太。高校サッカーを制覇した静岡学園の戦士だ。キレのある素早い動きと闘争心で、その前にファンアラーノと交代で出ていた荒木遼太郎と組んで何かをしでかすのではないか、と勝手に期待したのですがその期待は試合が終わる前に潰えてしまった。 ゴール前での相手との競り合いから一歩抜け出たもののボールは松村が触る前に屈んで取るGKの腕の中に納まったのだが、松村はそれでも何とかボールを押し込めないかとばかりに足裏を見せてGKの股の間に突っ込んで行った。 そして痛み怒るGKと上から怒鳴りつける名古屋の選手達を見上げてキョトンとする松村。審判はこの荒ぶる新人に赤いカードを出し…, 今日は栃木のチームとの練習試合でした。 15時のキックオフから30分位見ましたが、その時点では1-1の引き分けでした。 得点者は荒木・・・プレシーズンマッチの水戸戦でも勝利につながる唯一の得点者でしたね。 この若者に頼らなければならないという状況は悲しいものがあるけれど、それでもこの若者をずっと見ていたい気持ちというか、ワクワク感もあり複雑な心境です。 先発 GK沖、DF広瀬、イクマ、杉岡、ショーゴ MF ケント、リョウタ、荒木、ファンアラーノ FW ショーマ、ショー 前線はAチームのようだけど、デフェンス陣は従来であればBチームのメンバー 試合開始後数分で左サイド(ショーゴ、杉岡)からグラウ…, 明日は水戸とのプレシーズンマッチ ちょっとクラハを覗いてみた。前回のクラハ練習では10時半の練習開始で選手たちがピッチに出てきたのが11時。練習は12時過ぎまでやっていた(12時で帰ったが)。 今回も10時半の練習開始であれば、そんな感じかな? と11時半クラハ着で行ったら、練習は11時45分で終わった。むぅ、読めない。 クラハに到着したときは、終盤の練習だったのでしょう。CBからボランチ、そしてサイドに振って、サイドから中央へクロス。中央でFWが飛び込んでシュート、という練習を繰り返した。 前回(1月26日)と様変わりだったのは声の少なさ。前回は相馬コーチが声を出せ!と檄を飛ばして、ゲーム形…, ふぅ、シーズンの最初の試合。しかもACLの本戦がかかった重要な試合だ。その試合で得点0で負けた。 確か、土曜日は非公開練習だった。そして日曜日はクラハレポで書いたようにミニゲームと攻守の練習(途中までしか見なかったが)。過去の練習であれば試合2日前(日曜日)は紅白戦形式の練習だが、練習内容はガラリと変わったようだ。 今日の中継のアナは一度も紅白戦をやっていないと言っていた。そういう中で新しく入団した選手が6人先発した。連携、パスと受け手のタイミング・・・様々なズレが見られた試合だった。 それでも終盤にシラとショーが入り、ショーマがボランチの位置からボールを散らしたりシュートしたりしてチャンスは…, 新シーズンが始まって最初のクラブハウスレポだ。クラハに行って、のっけから駐車場の車の多さに驚く。みんな待っていたんだ。 昨シーズン、4冠を獲ると宣言した我が鹿島アントラーズだがいずれも冠を争いながらも無冠に終わった。シーズン最後となった新国立での決勝戦での不甲斐ない敗退はその象徴とも云え、我々サポーターも膝から崩れ落ちるような挫折感を味わった。 そして一週間。新体制が発表され、新顔達の顔ぶれを見ていくうちに過去の残像は薄れ、徐々に新しいシーズンへワクワク感が湧きでてくる自分に気づく。 何度ももう一歩が届かなかった大岩体制から「心機一転」した鹿島アントラーズがどんな姿を見せてくれるか。寒い中では…, 地下鉄ながら地上の高いところにあるあの銀座線渋谷駅。その駅が変わった、というので用事がてらちょっと寄ってみた。ホームの場所も変わったのかな?と思ったがそれは変わっておらず、相変わらず高い位置にあった。 ホームは広くなり、強度を高めるためにM字型の流線形で作られた支柱が少し斬新な印象を与えてくれる。電車もなんだかキレイに見えた。どんどん新しいビルが建ち、変貌を遂げていく渋谷。でも、若者の街であることは確かであり、今日も「ここはやっぱりゴチャゴチャして苦手だなぁ」な~んて思ったものでした。 デビューした銀座線渋谷駅 で、渋谷の後はその銀座線で銀座へ。ここもまた変貌を続ける新しい街ではあるが、広い歩…, 週刊ポストの1月17日・24日号の記事にどんどん膨らむ五輪関連支出への疑問が出されていた。会計検査院が公表した下記の一部をとってもおかしいものがある。 特に目を引くのは経産省の「水素関連」 名前を変えてちりばめているが下記の表から抽出するとその総額は1,629億円に及ぶ。 週刊ポスト2020年1月17・24日号から 1.クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金 695億円 2.燃料電池自動車の普及促進に向けた 水素ステーション整備事業補助金 256億円 3.燃料電池の利用拡大に向けたエネファーム等 導入支援事業費補助金 498億円 4.水素利用技術研究開発事業 180億円 合計 1,629億円…, 鹿島神宮 楼門 (右側のテントは鹿島アントラーズの初詣ショップ) 鹿嶋市に住んでいると自然に初詣は鹿島神宮になる。昨年の破魔矢など縁起物を納め、新年の破魔矢などを購入するのも我家の新年の行事だ。 この日は1月3日 少しでも空いていればと思い、元日を外して行ってみたが参道は多くの人々が行き交い結構な賑わいであったものです。 祀られている神は日本建国・武道の神である武甕槌大神(タケミカズチノオオカミ)。従って、昔は北九州の防人に出立する前に祈った「鹿島立ち」があり、今でも勝負事の武運を祈る人々が集まる。 我が鹿島アントラーズも例年通りメンバーが揃い、練習開始の日になればここに武運長久ならぬ、蹴球運…, 天皇杯決勝が終わってまだ間もないですが、新監督・コーチ陣の発表に続いて8選手の移籍が発表されましたね。 https://www.nikkansports.com/soccer/news/202001030000207.html レアンドロは個性的なプレーヤーであり、相手を交わすのが上手いので敵に回るとやっかいな相手になると思いますが、期限付き移籍であり復帰の可能性もあるのが救いです。 アツ、タケシ(金森)、川俣、イツキ、カズマの移籍(イツキとカズマは期限付)は本人のために良いのではないかと思いますし、アリマは育成型移籍であり、試合に出るチャンスをものにし前線で戦えるようになって帰ってきて欲しい…, 力強く書かれる「鹿島」の文字 新進の書道家(青柳美扇氏)によるパフォーマンス 満員の真新しい国立競技場。神戸を圧倒する鹿島のサポーターの声。数々のビッグタイトルを獲得してきた我が鹿島アントラーズにとってこれほど整えられた舞台であれば、当然落とすことはない・・・試合前にはそんな期待も心のどこかにあった。 しかし、試合が始まって間もなく、それは単なる希望的観測であり目の前にいるアントラーズはリーグ終盤に見せただらしないアントラーズと変わらなかった。それでもそんな雰囲気を気にしないセルジーニョやレオシルバが起死回生の一発を放つ可能性に一縷の望みをかけていたが不発に終わった。 失点には全てワンが直接に…, 2020年から書こうと持っていた「堕ちていく国、日本」ですが、本日そのテーマの一つであったゴーン事件が動き出したので急遽、筆を執りました。 この「堕ちていく国、日本」は安倍晋三という稀代の愚者が織りなす政治権力のオモチャ化、知人・友人を優遇し、国民への平等、公正という民主主義の根幹をないがしろにする人間による国家の劣化を慨嘆し、書いていこうとしたものです。 その手始めは「桜を見る会」や「果てしなき借金大国」「いじめの蔓延する国」などから始まる予定でしたが「ゴーン事件に見える国家の暴力」が反撃の狼煙を挙げられたことから、まずこれに着手して見ることにしました。 「ゴーン事件」はNHKを筆頭としたマ…, テーマは同じ趣味や興味を持つブロガーが共通のテーマに集まることで繋がりができるメンバー参加型のコミュニティーです。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用します。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 次へ. | このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用します。 現在、Googleアドセンスの取得を申請中ですが、取得出来た場合は、当サイトに掲載される広告は、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用します。広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません)を使用することがあります。
2020 鹿島アントラーズ ブログ土手