素晴らしい女性だ。大ファンになってしまった 自伝「マイ・ストーリー」の出版ツアーで、人生や人とのつながり、希望について語るミシェル・オバマ元大統領夫人の姿をカメラに収めた密着ドキュメンタリー。 予告編を観て詳細を確認。 知らないことばかり・・:へえ、そんなふうになっているんだ!の連続 そんな素晴らしく楽しめる文章世界のなか、 削除すると元に戻すことはできません。, から両親に自分の頭で考え自分の言葉で意見を述べ、自分の問題は自分で解決するよう育てられる. ※ご自身の本棚の本を贈ることはできません。 父・母・兄についてもとっても魅力的だった。 集英社ビジネス書, 世界45言語で発売、1000万部突破! 国、文化を超えて「私と同じだ」と深い共感の輪が広がっている大ベストセラー!! ホワイトハウスの間取りやそこでの生活・執事とのやりとり、バッキンガム宮殿でのエリザベス女王との謁見・・・ 全世界で1,000万部を突破。世界中の人々の心を打った〝彼女の物語〟がいよいよ日本上陸。2019年8月23日(金) 集英社から発売。 !』」――篠田真貴子さん(元経営職・「翻訳書ときどき洋書」連載中) ○「ミシェル・オバマは、新しい時代の“ソフト・パワー”の女王だ。真摯な言葉で、真実を語り、自分の人生を振り返っている。モラルや上品さが失われた時代において、芸術品といってもいい」(ザ・ニューヨーカー誌), 平均 アフリカ系アメリカ人であるばかりに、服装から一挙手一投足にまで厳しい目が向けられる中、ファーストレディとして何ができるのかを模索し、実行に移していく姿には感動 解約方法:マイページの「予約自動購入設定」より、随時解約可能です, ご家族、ご友人などに電子書籍をギフトとしてプレゼントすることができる機能です。 1,000円(税込)以上まとめ買いで100ポイントバック実施中!, ミシェル・オバマ(著), 長尾莉紗(翻訳), 柴田さとみ(翻訳) / アメリカ合衆国の元ファーストレディの回顧録としては異例の爆発的な売れ行きで、世界中で社会現象となっている本書「マイ・ストーリー」(原題:BECOMING)。知性にあふれ、モードからカジュアルな洋服までおしゃれに着こなすオバマ大統領夫人――こういったイメージを抱いていた人は、この本を読んで驚くでしょう。シカゴの貧しい街で育った少女時代。常に努力を続けて入学したプリンストン大学で、学生のほとんどが白人男性であることに打ちのめされたこと。辛い思いをした流産や不妊治療。共働きで子育てをする中で、なぜ自分ばかりが仕事を犠牲にしなくてはいけないのかとイライラし続けたこと。バラクの夢を支えるために、大嫌いだった政治の世界に入り、身を削って選挙のサポートをしたこと。そして何もかもが特殊なホワイトハウスで、二人の娘を“普通に”育てようと必死で努力したこと。大統領夫人として政治に口出しすることは控えたけれど、子どもたちの食生活にもっと野菜が増えるよう企業に働きかけるなど、自分の立場をフル活用して夢を実現したこと。私たちと変わらない悩み多き生活を送る1人の女性の飾らない日常がいきいきと描かれています。自分の思い通りにならない状況でも、冷静に相手を観察して、一番いい道を選び取っていく。誰かのせいにはせず、自分で考え続け、成長し続ける姿から、刺激とヒントを得られるミシェル・オバマの物語をぜひ体感してください。○「生い立ちからホワイトハウス時代まで、フレンドリーで聡明なミシェルさんに、何度も泣いて笑って元気がでた。読了して一言。『最高! Amazonでミシェル・オバマ, 長尾莉紗, 柴田さとみのマイ・ストーリー (集英社ビジネス書)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。 生い立ちやオバマとの出会い、結婚に至るまでも興味深く、時に胸を痛め、時にニヤニヤしながら読んだが、やはり大統領選の選挙活動や当選し、ファーストレディになってからの項は、おもしろかった 昨年11月に刊行されたバラク・オバマ元大統領夫人、ミシェル・オバマの回顧録『Becoming(ビカミング)』が、全世界で1000万部以上売れている。その翻訳書『マイ・ストーリー』もこのたび、集英社から刊行された。英国BBCによると、本書の版 4.3 マイ・ストーリー - ミシェル・オバマ - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。 出て来る登場人物(彼女の親戚たち)みんな愛おしい。 とにかく名言の数々。 続きを読む, すごく読みやすい。 柔軟さが一番印象に残る。 訳者の方が同じ方だと、なお嬉しい。。。続きを読む, 新刊自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。, ※新刊自動購入の対象となるコンテンツは、次回配信分からとなります。現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。ご契約はページ右の「新刊自動購入を始める」からお手続きください。, ※ご契約をいただくと、このシリーズのコンテンツを配信する都度、毎回決済となります。配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。ご契約中は自動的に販売を継続します。, 不定期に刊行される「増刊号」「特別号」等も、自動購入の対象に含まれますのでご了承ください。(シリーズ名が異なるものは対象となりません), ※再開の見込みの立たない休刊、廃刊、出版社やReader Store側の事由で契約を終了させていただくことがあります。, お支払方法:クレジットカードのみ まず、子供の食育の大切さを広めたいと考えたのも、そんな彼女だからだ ※ポイント、クーポンの利用はできません。, Copyright 2017 - 2020 Sony Music Entertainment(Japan) Inc.Information on the site is for the Japan domestic market only, レビューを削除してもよろしいですか? 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, この本はファイルサイズが大きいため、ダウンロードに時間がかかる場合があります。Kindle端末では、この本を3G接続でダウンロードすることができませんので、Wi-Fiネットワークをご利用ください。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, 正直、バラクオバマ元大統領の政策には首を傾げるものがあったし、夫人であるミシェル・オバマのイメージは給食改革として提案した給食が不味そうかつこれを食べさせられる子どもが気の毒というイメージしかなかったので、どうせ自分大好き人間の承認欲求アピールなのでは?と、興味半分と斜に構えた気分半分で注文。, アメリカ初のアフリカンアメリカンのファーストレディとして、2人の娘の母親として、一人の女性として、人間として、どう生きたか、生きるべきかを赤裸々に綴った自叙伝。, シカゴのスラム街で育った黒人少女がファーストレディを務めるまでの半生記。努力を重ねてプリンストン大学に入った彼女は、黒人は自分だけと知って打ちのめされる。高給の企業法務弁護士に就くが、バラク・オバマと知り合ってシカゴ市の福祉部局に転職し薄給のソーシャルワークへ。バラクとの結婚後は流産や不妊治療の苦しみ、夫のサポートのために仕事を犠牲にすることへのいら立ち。彼女は大統領夫人としてマイノリティの女性の地位向上や子どものバランスのとれた食事の実現に取り組んだ。驚くほど率直な文章で鮮やかに描かれるのは、聡明で優しく強い女性の闘いである。, 本の評判とは何かをつくづく考えさせられました。どうせなら英語の勉強もしようと『becoming』も買い、分からないところは日本語版を頼りに読み進みましたが、3割位を残して日本語版だけにしました。とにかく面白くないので、辞書を引きながら読む気力が続かなかったのです。英和辞書にない単語や熟語の使い方が多いことも疲れる一因でしたがこれは自分の語学力の問題ですから文句は言えません。しかし、今までこういう疲労感から英語の本を投げ出したことはありません。彼女に心から共感ができないのはなぜか。家族自慢が過ぎるから?謙虚そうにしているけれど強烈な自己愛が匂っているから?決定的だったのは、アフガンやイラクに触れたところで、自国の兵士やその家族には心を尽くしていても、アメリカが殺したかの国の人々、とくに子どもたちへの言葉は一言もないことでした。ああ、こういう人かと。子どもの教育が大事と言っても彼女の関心は結局はエリート育成で、明日の命さえ危うい世界中の数多の子どもたちへの心配りがあるようには見えませんでした。ひとことで言うと、人としての根源的な優しさが感じられない女性でした。むしろ、バラクさんに触れたところでは彼のことばと行動のはしばしにそれを感じさせられました。人間性は好もしい面もその反対も意図しなくても滲み出るものなんでしょうね。大統領選挙前に改めてバラクさんの時はよかったねと感じさせた功績は大きいのかもしれません。, おのオバマ前大統領のファーストレディーの自叙伝となれば、さぞ社会批評たっぷりの・・・と思いきや、さにあらず。, 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. 世界45言語で発売、1000万部突破国、文化を超えて「私と同じだ」と深い共感の輪が広がっている大ベストセラー「生い立ちからホワイトハウス時代まで、フレンドリーで聡明なミシェルさんに、何度も泣いて笑って元気がでた。読了して一言。『最高!!』」――篠田真貴子さん(元経営職・「翻訳書、ときどき洋書」連載中)「ミシェル・オバマは、新しい時代の“ソフト・パワー”の女王だ。真摯な言葉で、真実を語り、自分の人生を振り返っている。モラルや上品さが失われた時代において、芸術品といってもいい」(ザ・ニューヨーカー誌)アメリカ合衆国の元ファーストレディの回顧録としては異例の爆発的な売れ行きで、世界中で社会現象となっている本書「マイ・ストーリー」(原題:BECOMING)。知性にあふれ、モードからカジュアルな洋服までおしゃれに着こなすオバマ大統領夫人――こういったイメージを抱いていた人は、この本を読んで驚くでしょう。シカゴの貧しい街で育った少女時代。常に努力を続けて入学したプリンストン大学で、学生のほとんどが白人男性であることに打ちのめされたこと。辛い思いをした流産や不妊治療。共働きで子育てをする中で、なぜ自分ばかりが仕事を犠牲にしなくてはいけないのかとイライラし続けたこと。バラクの夢を支えるために、大嫌いだった政治の世界に入り、身を削って選挙のサポートをしたこと。そして何もかもが特殊なホワイトハウスで、二人の娘を“普通に”育てようと必死で努力したこと。大統領夫人として政治に口出しすることは控えたけれど、子どもたちの食生活にもっと野菜が増えるよう企業に働きかけるなど、自分の立場をフル活用して夢を実現したこと。私たちと変わらない悩み多き生活を送る1人の女性の飾らない日常がいきいきと描かれています。自分の思い通りにならない状況でも、冷静に相手を観察して、一番いい道を選び取っていく。誰かのせいにはせず、自分で考え続け、成長し続ける姿から、刺激とヒントを得られるミシェル・オバマの物語をぜひ体感してください。. よくこんな風に細かく日付け単位で様々な出来事を描けるなあと感嘆した。 彼女自身だからこそ描ける葛藤の日々。 言い方に語弊があるかもしれないけど、彼女は本当に女性性の最高に素晴らしい面を思い出せてくれる。 そんな彼女がオバマ氏と出会って、またさらに 幼い頃…から両親に自分の頭で考え自分の言葉で意見を述べ、自分の問題は自分で解決するよう育てられる ミシェル・オバマ『マイ・ストーリー』へのミシェル・オバマの書評。世界45言語で1000万部を突破した、ミシェル・オバマ元アメリカ合衆国ファーストレディの回顧録。夫バラクの回顧録よりも先に発売されたこと、異例の売れ行きで社会現象となったことで注目されている。 サウスサイド育ち、黒人、女性、名門大学、弁護士、ファーストレディ、ミシェルの歩んできた道は、「珍しい」ものではあるだろうけれど、本来珍しいものであってはならないのだと彼女は言う。「初の黒人女性」かもしれないが、後に続いてほしいと言う ※ギフトのお受け取りにはサインアップ(無料)が必要です。 キャンペーン 昨年11月に刊行されたバラク・オバマ元大統領夫人、ミシェル・オバマの回顧録『Becoming(ビカミング)』が、全世界で1000万部以上売れている。その翻訳書『マイ・ストーリー』もこのたび、集英社から刊行された。英国BBCによると、本書の版 (32件のレビュー), 579p、あまりの分厚さに、ちょっとひるんだが、読み始めると 贈りたい本を「プレゼントする」のボタンからご購入頂き、お受け取り用のリンクをメールなどでお知らせするだけでOK! 傷ついても、前向きでいようと必死になるひたむきさ。 その姿が本当に素晴らしいし、人間の人生に希望を持てた。 特に、女性に読んでほしい本だ ひとつの少女の物語として、ウェルメイドされた小説のように(赤毛のアンみたいな)読んでしまった。 人生の折り目に触れて読み返したい。 ミシェル・オバマ Michelle Obama 2009年から2017年までアメリカ合衆国のファーストレディを務めた。プリンストン大学、ハーバード・ロースクールを卒業後、シカゴにあるシドリー・オースティン弁護士事務所でキャリアをスタートさせ、そこで夫となるバラク・オバマに出会う。 考え方。オープンマインドで、真面目な努力家。 !』」――篠田真貴子さん(元経営職・「翻訳書ときどき洋書」連載中) ○「ミシェル・オバマは、新しい時代の“ソフト・パワー”の女王だ。真摯な言葉で、真実を語り、自分の人生を振り返っている。モラルや上品さが失われた時代において、芸術品といってもいい」(ザ・ニューヨーカー誌), LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲 (日本経済新聞出版), 等身大の語り口で力強く胸に迫る、前アメリカ大統領夫人の回想録。子供のころ、ミシェル・ロビンソンの世界はシカゴのサウス・サイド地区だけだった。そこでは、一家が居候する家の2階で兄のクレイグと1つの寝室で眠り、公園で一緒にキャッチボールをした。両親のフレイザーとマリアンには、堂々と自分の意見を言うように育てられた。その後、彼女は広い世界に飛び出していく。プリンストン大学では、教室の中で自分がたった一人の黒人であることもあった。その後、ガラス張りのオフィスビルではエリートの企業法務弁護士として働いた。そしてある夏の朝、オフィスに現れたバラク・オバマという法学生に出会ったことで、それまで綿密に計画されていた彼女の人生は一変する。本書『マイ・ストーリー』では、ミシェル・オバマが人生を振り返り、自分の仕事と家庭、そして政治家である夫のめまぐるしく変わるキャリアとのバランスを取ろうともがいた新婚時代も初めて語られる。バラクが大統領選に出馬すべきかどうかを夫婦で話し合ったときの会話や、選挙戦で大統領候補の妻として人気を集める一方で批判にさらされた経験も明かされる。優雅でユーモラス、そして驚くほど率直な文章で鮮やかに描かれるのは、世界じゅうから注目を浴びながら歴史を紡いだ大統領一家の知られざる生活と、その特別な8年間を過ごしたホワイトハウスの内幕である。それは、彼女がアメリカを知り、アメリカが彼女を知っていく経緯だ。 自分自身の視野を拡大させていく、羽ばたいていく 解約方法:マイページの「予約・新刊自動購入設定」より、随時解約可能です, 続巻自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。, ※続巻自動購入の対象となるコンテンツは、次回配信分からとなります。現在発売中の最新巻を含め、既刊の巻は含まれません。ご契約はページ右の「続巻自動購入を始める」からお手続きください。, 不定期に刊行される特別号等も自動購入の対象に含まれる場合がありますのでご了承ください。(シリーズ名が異なるものは対象となりません), お支払方法:クレジットカードのみ ※お受け取りになる方がすでに同じ本をお持ちの場合でも払い戻しはできません。 『マイ・ストーリー』(ミシェル・オバマ) のみんなのレビュー・感想ページです(27レビュー)。作品紹介・あらすじ:2019年8月23日日本版発売!世界45言語で発売、1000万部突破国、文化を超えて「私と同じだ」と深い共感の輪が広がっている大ベストセラーシカゴの貧しい街で育った少女時代。 全世界で1,000万部を突破。世界中の人々の心を打った〝彼女の物語〟がいよいよ日本上陸。2019年8月23日(金) 集英社から発売。 アメリカ合衆国の元ファーストレディの回顧録としては異例の爆発的な売れ行きで、世界中で社会現象となっている本書「マイ・ストーリー」(原題:BECOMING)。知性にあふれ、モードからカジュアルな洋服までおしゃれに着こなすオバマ大統領夫人――こういったイメージを抱いていた人は、この本を読んで驚くでしょう。シカゴの貧しい街で育った少女時代。常に努力を続けて入学したプリンストン大学で、学生のほとんどが白人男性であることに打ちのめされたこと。辛い思いをした流産や不妊治療。共働きで子育てをする中で、なぜ自分ばかりが仕事を犠牲にしなくてはいけないのかとイライラし続けたこと。バラクの夢を支えるために、大嫌いだった政治の世界に入り、身を削って選挙のサポートをしたこと。そして何もかもが特殊なホワイトハウスで、二人の娘を“普通に”育てようと必死で努力したこと。大統領夫人として政治に口出しすることは控えたけれど、子どもたちの食生活にもっと野菜が増えるよう企業に働きかけるなど、自分の立場をフル活用して夢を実現したこと。私たちと変わらない悩み多き生活を送る1人の女性の飾らない日常がいきいきと描かれています。自分の思い通りにならない状況でも、冷静に相手を観察して、一番いい道を選び取っていく。誰かのせいにはせず、自分で考え続け、成長し続ける姿から、刺激とヒントを得られるミシェル・オバマの物語をぜひ体感してください。○「生い立ちからホワイトハウス時代まで、フレンドリーで聡明なミシェルさんに、何度も泣いて笑って元気がでた。読了して一言。『最高! 質や大きさは異なれど、こんな風に他人と関わり、世の中、社会と関わり、人生を歩みたい。 キャリアウーマンとして、またファーストレディとして活動する中で終始一貫して、彼女が一番大切にしたことは、二人の娘マリアとナターシャ( 愛称 サーシャ )のことだった ミシェルの願い・やりたいことはその壁を少しずつでも崩すための活動 互いをもっと知るように人々を促す活動をしたいということ、そして、何より黒人女性の地位向上に尽きると思う 幼き頃のシカゴのサウスサイド…の街並み。 きっと両親からの影響が大きいであろう、希望をなくさない姿勢。 彼女の著書が新しく出たら必ず買う。 それでも細かく描くことによって映画のように惹きこまれる臨場感が出せるがゆえの。。。 --このテキストは、, 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 ぜひお誕生日のお祝いや、おすすめしたい本をプレゼントしてみてください。, ※ギフトのお受け取り期限はご購入後6ヶ月となります。お受け取りされないまま期限を過ぎた場合、お受け取りや払い戻しはできませんのでご注意ください。 おそろしいほどの事実確認作業を要したはず。 Amazonでミシェル・オバマ, 長尾 莉紗, 柴田 さとみのマイ・ストーリー。アマゾンならポイント還元本が多数。ミシェル・オバマ, 長尾 莉紗, 柴田 さとみ作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またマイ・ストーリーもアマゾン配送商品なら通常配送無料。 小さい頃から人種の違いからくる所得の差が生み出す心の壁のそばで生きてきて、地元で白人の緊張感を身近に感じ、社会的に力のある人々がみんな自分たちの街のコミュニティから距離を置き、そうした人たちが作る豊かな集団がどんどん遠い存在になるのを目にしてきたミシェル こんにちは!今日はとてもエネルギッシュな本の読書会でした! ミシェル・オバマ『マイ・ストーリー』(集英社)全世界で1000万部以上売れている(!)オバ… プリンストン大学、ハーバードロースクール卒業、シドリー法律事務所で企業法務弁護士として勤務という輝かしいキャリアに満足することなく、次々と自分の本当にやりたいことは何かの自問自答を繰り返し、キャリアを積んで行く(といっても収入はどんどん減っていくのだが) 彼女の葛藤のなかに浮彫になる人間性。 そのために、惜しみない手助けをしたいという彼女。 望めば、必ずできると教えてもらった気がする。 ミシェル・オバマ『マイ・ストーリー』へのミシェル・オバマの書評。世界45言語で1000万部を突破した、ミシェル・オバマ元アメリカ合衆国ファーストレディの回顧録。夫バラクの回顧録よりも先に発売されたこと、異例の売れ行きで社会現象となったことで注目されている。 率直な語り口で、自分のルーツや生い立ち、キャリア、夫バラク・オバマとの出会い・・・が綴られており、ぐいぐい引き込まれてしまった 女性として、母親として、彼女の思いにとても共感できた 地の文章もすばらしいのだろうけど、翻訳もすばらしい。 ミシェル・オバマの自伝『マイ・ストーリー』の発売を記念し、発売日の夜にイベントを開催いたします。 本の中にちりばめられたミシェルさんのパワーフレーズをもとに、トークセッションが繰り広げられるスペシャルナイト。 Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。, 世界45言語で発売、1000万部突破! 国、文化を超えて「私と同じだ」と深い共感の輪が広がっている大ベストセラー!! 【無料試し読みあり】マイ・ストーリー(ミシェル・オバマ):集英社ビジネス書)世界45言語で発売、1000万部突破! 国、文化を超えて「私と同じだ」と深い共感の輪が広がっている大ベストセラー!! 世界45言語で発売、1000万部突破国、文化を超えて「私と同じだ」と深い共感の輪が広がっている大ベストセラー「生い立ちからホワイトハウス時代まで、フレンドリーで聡明なミシェルさんに、何度も泣いて笑って元気がでた。読了して一言。『最高!
2020 集英社 ミシェル オバマ マイ ストーリー