2着 4枠7番 ブエナビスタ [1人:1.7倍] 条件戦【0-0-0-1】, GⅠ組が圧倒的な成績を収めてる有馬記念 1997年 メジロドーベル [8着:8枠15番:3人4.6倍] 2014年 ジェンティルドンナ [1着:12年牝馬三冠馬] 9番【2-1-1-6】 2011年 トゥザグローリー [3着:[前走]ジャパンC:11着(0.8秒差)], 〈 今年の前走二桁着順の該当馬 〉 2012年 オーシャンブルー [2着:10人:27.6倍] 第39回(1994年) ナリタブライアン 大差で負けた馬も侮れない, 〈 過去10年間の前走二桁着順の該当馬 〉 2着 1枠1番 キタサンブラック [2人:2.7倍] 10番【0-0-1-9】 7枠【1-0-2-17】 1着 3枠6番 オルフェーヴル [1人:1.6倍] 7番【1-1-1-7】 第37回(1992年) メジロパーマー データ上では栗東馬の方が狙い, 〈 過去10年間の美浦馬の該当馬 〉 第26回(1981年) アンバーシャダイ 第08回(1963年) リユウフオーレル 6.9 - 11.4 - 12.0 - 12.3 - 12.7 - 13.4 - 13.5 - 12.3 - 11.5 - 12.0 - 11.7 - 11.1 - 11.8 ・アエロリット [前走516㎏(0)] 2着 5枠9番 サウンズオブアース [5人:9.9倍] 3着 7枠14番 ゴールドシップ [2人:4.4倍] OP特別【0-0-0-1】 エリザベス女王杯【0-2-0-13】 有馬記念は栗東馬が圧倒 520㎏以上【2-3-3-10】, プラス体重【6-4-4-73】 第22回(1977年) テンポイント, 第23回(1978年) カネミノブ 単勝2.0~ 2.9倍【3-2-0-0】, 過去10年間で1番人気が5勝 第19回(1974年) タニノチカラ 2015年 キタサンブラック [3着:4人:8.4倍] 1着 7枠13番 ゴールドシップ [1人:2.7倍] (4F 49.0 - 3F 36.7), ◆2012年 ☀️/良 2:31.9 3着 5枠7番 トゥザグローリー [9人:47.1倍] (4F 47.0 - 3F 34.6), ◆2013年 ☀️/良 2:32.2 3着 5枠9番 ルーラシップ [2人:3.7倍] 国際競走(G1)指定後: 第06回(1961年) ホマレボシ 第64回(2019年) リスグラシュー. 7.0 - 11.7 - 12.2 - 12.5 - 12.7 - 12.8 - 12.6 - 12.6 - 12.0 - 11.9 - 11.5 - 11.3 - 12.2 2009年 エアシェイディ [3着:11人:32.0倍], ◆枠 月刊『優駿』2014年1月号、p.30 今年の有馬記念表彰式プレゼンターは田中将大選手!! 第01回(1956年) メイヂヒカリ (4F 48.7 - 3F 36.9), ◆2017年 ☀️/良 2:33.6 ◆ナイスネイチャ [91年3着 ➡️ 92年3着 ➡️ 93年3着] http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=70597, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=第58回有馬記念&oldid=79260524, 6.9 - 11.1 - 12.3 - 11.6 - 12.4 - 12.8 - 12.4 - 12.0 - 11.8 - 12.3 - 12.6 - 11.8 - 12.3. 第29回(1984年) シンボリルドルフ 2013年 オルフェーヴル [牡5:1着:81,198] 〈 ラップタイム 〉 〈 ラップタイム 〉 上記の名馬たちも8枠を引いて好走出来ず 480~499㎏【1-2-3-46】 前走1.0秒差以上【0-1-1-35】 (96年サクラローレル) 2009年 アンライバルド [15着:菊花賞:15着] 第15回(1970年) スピードシンボリ (4F 46.9 - 3F 35.0), ◆2014年 ☀️/良 2:35.3 2013年 ウインバリアシオン [2着:[前走]金鯱賞:3着] 2018年 ブラストワンピース [1着:3人:8.9倍] 2012年 スカイディグニティ [5着:菊花賞:2着] 3着 8枠15番 シュヴァルグラン [9人:22.7倍] 第38回(1993年) トウカイテイオー 14番【0-0-2-8】 2枠【1-2-0-16】 有馬記念2019前々日発売オッズ傾向(フィエールマン馬券大量購入・キセキ意外な不人気) (2019年12月21日 00:30) 第64回有馬記念中山競馬場芝2500m日程:2019.12.22 賞金順出走可能頭数:16頭 予想 オッズ 枠順 出走予定馬 想定 騎手 厩舎 … ・クロコスミア [牝6:17年府中牝馬S] 第24回(1979年) グリーングラス 第58回(2013年) オルフェーヴル 1着 4枠8番 ブラストワンピース [3人:8.9倍] 相手選びに穴馬は欠かせない, 〈 過去10年間の7番人気以降の該当馬 〉 2018年 シュヴァルグラン [3着:9人:22.7倍] GⅠを制してる牝馬は侮れない, 〈 過去10年間の牝馬の該当馬 〉 5番【0-1-0-9】 第40回(1995年) マヤノトップガン 2011年 トゥザグローリー [3着:9人:47.1倍] 第59回(2014年) ジェンティルドンナ (18年ブラストワンピース、11・13年オルフェーヴル、09年ドリームジャーニー) ◆福永祐一【0-0-1-10】➡️ シュヴァルグラン 第63回(2018年) ブラストワンピース (4F 48.1 - 3F 36.0), 1番人気【5-3-1-1】 前走着差のある馬は少し難しいですか、中山の舞台を好走している馬が好走傾向 7番人気以降【1-4-4-87】, 単勝1.0~ 1.9倍【2-1-0-0】 ◆キタサンブラック [15年3着 ➡️ 16年2着 ➡️ 17年1着] 第49回(2004年) ゼンノロブロイ 2009年 ブエナビスタ [2着:09年牝馬二冠馬], 〈 今年の牝馬の該当馬 〉 第11回(1966年) コレヒデ ◆シンボリルドルフ [84年1着 ➡️ 85年1着] ◆D.レーン【初出走】➡️ リスグラシュー マイルCS【0-0-0-1】, GⅡ【1-2-0-30】 〈 ラップタイム 〉 1着 2枠4番 ジェンティルドンナ [4人:8.7倍] ・スティッフェリオ [天皇賞(秋):12着(1.7秒差)] 2015年 ゴールドアクター [1着:[前走]アルゼンチン共和国杯:1着] 1枠【2-2-1-14】 菊花賞組が過去10年間で4勝し、制した馬は全て菊花賞馬 2014年 ゴールドシップ [3着:[前走]凱旋門賞:14着] 1着 6枠11番 サトノダイヤモンド [1人:2.6倍] 2018年 ブラストワンピース [1着:3人:8.9倍] 過去10年間でGⅡ・GⅢ組からは3着以内に4頭のみ 2015年 ゴールドアスター [1着:8人:17.0倍] 第52回(2007年) マツリダゴッホ 7歳以上【0-0-1-19】, 3・5歳馬が中心の有馬記念ですが 13番【1-0-0-9】 ◆ダイワメジャー [06年3着 ➡️ 07年3着] 第30回(1985年) シンボリルドルフ 2010年 トゥザグローリー [3着:14人:75.9倍] →8番人気【1-1-0-8】 外ロスが多い8枠は今年も軽視, 3歳【5-2-2-21】 第12回(1967年) カブトシロー 7.0 - 11.3 - 11.6 - 12.0 - 12.2 - 12.7 - 12.6 - 12.5 - 11.9 - 12.1 - 12.1 - 11.9 - 12.0 第02回(1957年) ハクチカラ ◆カネミノブ [78年1着 ➡️ 79年3着 ➡️ 80年3着] 2着 6枠12番 レイデオロ [1人:2.2倍] 2018年 レイデオロ [2着:1人:2.2倍] ◆横山典弘【1-2-2-21】➡️ エタリオウ 第25回(1980年) ホウヨウボーイ 第58回有馬記念(だい58かいありまきねん)は、2013年 12月22日に中山競馬場で施行された競馬の競走である 。 この競走を最後に引退することを表明していた三冠馬・オルフェーヴルが圧勝し、有終の美 … 12/22(日) 有馬記念[データ] 【 目次 】 レース結果 人気 枠・馬番 年齢 所属 性別 ローテーション 馬体重 騎手 リピーター ファン投票1位馬 《 有馬記念情報 》 《 過去10年分のデータ 》 レース結果 2018年 ☁️/稍重 2:32.2 1着 4枠8番 ブラストワンピース… 8枠【0-0-1-19】, ◆馬番 3歳馬は過去10年間で5勝し、勝率・連対率・複勝率とも全て古馬を上回ってます 第35回(1990年) オグリキャップ GⅢ【0-0-1-11】 ・リスグラシュー [牝5:19年宝塚記念], 菊花賞【4-1-1-5】 ※不出走4回、競争中止1回、出走取消1回, gulchさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog ◆ディープインパクト [05年2着 ➡️ 06年1着] 2010年 ブエナビスタ [牝4:2着:111,323] 2016年 ゴールドアクター [3着:3人:7.9倍] ・アーモンドアイ [美浦:国枝] 第53回(2008年) ダイワスカーレット ・レイデオロ [ジャパンC:11着(2.2秒差)], 439㎏以下【1-1-0-6】 ◆マーベラスサンデー [96年2着 ➡️ 97年2着] 6.9 - 11.1 - 12.3 - 11.6 - 12.4 - 12.8 - 12.4 - 12.0 - 11.8 - 12.3 - 12.6 - 11.8 - 12.3 第47回(2002年) シンボリクリスエス ・キセキ [3走前506㎏(-2)] 2009年 ブエナビスタ [2着: 1人:3.4倍], 〈 今年の3歳馬 〉 過去10年の有馬記念1~3着馬の過去データ(年度と馬場状態、枠順、性齢、馬名と所属(関西or関東)、人気、前走のレース名と着順と着差)をもとに予想をしています。色分けすることで、視覚的にも分かりやすくしています。 今年はGⅠ組中心のメンバーになっていますが、その他のローテーション組は苦戦しています 第27回(1982年) ヒカリデユール ◆岩田康誠【0-1-1-8】➡️ スカーレットカラー 96年にサクラローレルが制してから22年間は6歳以上の勝利はありません 第07回(1962年) オンスロート 7番人気以降の穴馬が3着以内に9頭好走しています 12番【0-1-0-9】 第10回(1965年) シンザン 前走3着【2-2-1-13】 ・アエロリット [美浦:菊沢] 今年も菊花賞組に注目, 〈 過去10年間の菊花賞組の成績 〉 天皇賞秋【1-1-0-10】 第21回(1976年) トウショウボーイ 2011年 ブエナビスタ [牝5:7着:109,247] 第51回(2006年) ディープインパクト 5歳【4-2-4-37】 今年もGⅠ組以外のローテーションは軽視, 〈 過去10年間のGⅡ・GⅢ組の該当馬 〉 8番【1-0-0-9】 ◆シンボリクリスエス [02年1着 ➡️ 01年1着] 第36回(1991年) ダイユウサク 第50回(2005年) ハーツクライ ・フィエールマン [凱旋門賞:12着] 2着 2枠4番 ウインバリアシオン [4人:16.1倍] 2017年 クイーンズリング [2着:8人:33.1倍] ◆リンカーン [03年2着 ➡️ 05年3着] 2着 1枠2番 ブエナビスタ [1人:3.4倍] 2019年12月22日 中山11r 有馬記念(g1)の結果・払戻です。jra開催レースの出馬表や最新オッズ、レース結果速報、払戻情報をはじめ、競馬予想やデータ分析など予想に役立つ情報も満載です。 ・ワールドプレミア [菊花賞:1着] (4F 47.3 - 3F 35.2), ◆2016年 ☀️/良 2:32.6 1着 1枠1番 ヴィクトワールピサ [2人:8.4倍] 2015年 ゴールドシップ [8着:8枠15番:1人4.1倍] そして+4~9㎏で出走した馬が5勝【5-5-2-40】 500~519㎏【3-1-2-33】 2018年 シュヴァルグラン [3着:8枠15番:9人22.7倍], 過去を遡ると 第45回(2000年) テイエムオペラオー, 第46回(2001年) マンハッタンカフェ 3着 1枠2番 ゴールドアクター [3人:7.9倍] 今年も当日の馬体重には要注意で、500㎏以上の大型馬に注目, 〈 今年の馬体重500㎏以上の該当馬(前走) 〉 第43回(1998年) グラスワンダー 第04回(1959年) ガーネツト 第13回(1968年) リュウズキ 牝馬も負けじと好走して共通点は「GⅠ馬」 ・レイデオロ [美浦:藤沢和] 2010年 トゥザグローリー [3着:[前走]中日新聞杯:1着], 3歳馬の活躍が目立つ有馬記念ですが 2013年 ゴールドシップ [3着:[前走]ジャパンC ◆川田将雅【0-1-0-6】➡️ ヴェロックス 凱旋門賞【1-0-1-2】 3着 6枠11番 トゥザグローリー [14人:75.9倍] (16年サトノダイヤモンド、05年ハーツクライ) 2014年 ゴールドシップ [牡5:3着:66,796] 2012年 オーシャンブルー [2着:[前走]金鯱賞:1着] 第48回(2003年) シンボリクリスエス 第28回(1983年) リードホーユー 2014年 ジャスタウェイ [4着:8枠15番:3人4.6倍] 2010年 ヴィクトワールピサ [1着:2人:8.4倍] 2011年 オルフェーヴル [1着:菊花賞:1着] 6番【1-2-1-5】 前走6~9着【1-2-0-30】 3番人気【1-0-2-7】 2014年 トゥザワールド [2着:[前走]菊花賞:16着(4.2秒差)] 〈 ラップタイム 〉 〈 ラップタイム 〉 2着 4枠5番 エイシンフラッシュ [7人:26.8倍] 前走5着【0-1-1-7】 3枠【1-2-1-14】 第03回(1958年) オンワードゼア (17年キタサンブラック、06年ディープインパクト、90年オグリキャップ) ◆R.ムーア【0-0-1-2】➡️ キセキ 今年も3歳馬に注目, 〈 過去10年間の3歳馬の該当馬 〉 2番人気【2-1-2-5】 第41回(1996年) サクラローレル 2012年 ゴールドシップ [1着:菊花賞:1着] 2012年 ゴールドシップ [1着:1人:2.7倍] 2009年 セイウンワンダー [6着:菊花賞:3着] 第42回(1997年) シルクジャスティス ◆アンバーシャダイ [81年1着 ➡️ 82年2着 ➡️ 83年3着] 16番【0-0-0-9】, 過去10年間で8枠の馬が3着以内に入ったのは1頭のみ 2009年 エアシェイディ [牡8:3着:11人32.0倍], 〈 今年の6歳以上の該当馬 〉 特に単勝1.0~2.9倍に支持された人気馬は全て連対 第09回(1964年) ヤマトキヨウダイ 6番人気【0-0-0-10】 2011年 エイシンフラッシュ [2着:7人:26.8倍] ・サートゥルナーリア [前走502㎏(+4)] 2015年 ゴールドアクター [1着:8人:17.0倍] 〈 ラップタイム 〉 第62回(2017年) キタサンブラック (4F 48.1 - 3F 36.0), ◆2011年 ☀️/良 2:36.0 5番人気【0-1-0-9】 馬券外は1頭のみで好成績を収めています ・アエロリット [牝5:17年NHKマイルC] ・ワールドプレミアム [18年菊花賞] ・スカーレットカラー [牝4:19年府中牝馬S] ◆オルフェーヴル [11年1着 ➡️ 13年1着] 特に当日プラス体重での出走の馬が好走傾向で、昨年はプラス体重の馬が上位に入っています 15番【0-0-1-8】 2001年 テイエムオペラオー [5着:8枠12番:1人1.8倍] しかし前走掲示板外の馬も巻き返しは多く、二桁着順の馬でも有馬記念は好走するレース (4F 47.6 - 3F 35.9), ◆2015年 ☁️/良 1:34.1 増減無し【0-3-1-16】, 460~479㎏、500㎏以上の馬体重の馬が好走 ◆C.スミヨン【0-1-0-1】➡️ サートゥルナーリア 第44回(1999年) グラスワンダー ・シュヴァルグラン [牡7:17年ジャパンC], ◆栗東馬が好成績 前走2着【1-1-0-11】 3着 5枠10番 シュヴァルグラン [3人:6.7倍] 2007年 ウオッカ [4着:8枠16番:3人6.9倍] 昨年は美浦馬のワンツー決着でしたが、過去10年間で3着以内は5頭のみ 第17回(1972年) イシノヒカル 1992年 ライスシャワー [8着:8枠16番:2人4.9倍] ・クレッシェンドラヴ [美浦:林] 2014年 トゥザワールド [2着:9人:31.2倍] 3番【0-1-0-9】 過去を遡ると 第34回(1989年) イナリワン 5枠【1-1-3-15】 2010年 ブエナビスタ [2着:09年牝馬二冠馬] ジャパンC【3-4-7-47】 ・スワーヴリチャード[前走516㎏(+2)], ◆池添謙一【4-0-0-6】➡️ フィエールマン 2着 2枠3番 クイーンズリング [8人:33.1倍] ・アルアイン [マイルCS:16着(1.9秒差)] 2015年 リアファル [16着:菊花賞:3着] 4歳【1-6-2-31】 →9番人気【0-1-2-7】, 上位人気の好走が目立ち、5・6番人気が苦戦してるなか 第1回~第62回の間で15勝【15-14-7-21】 第61回(2016年) サトノダイヤモンド ◆丸山元気【初出走】➡️ スティッフェリオ 今年も6歳以上の馬は軽視, 〈 過去10年間の6歳以上の該当馬 〉 (12年ゴールドシップ) 今年は間違いなくアーモンドアイがダントツ人気で、データ上では外せない, ◆7番人気以降の活躍 ◆ゴールドアスター [15年1着 ➡️ 16年3着] :15着(1.4秒差)] ブログを報告する. ◆ゴールドシップ [12年1着 ➡️ 13年3着 ➡️ 14年3着] ・サートゥルナーリア [18年皐月賞] 前走10着以降【0-1-3-31】, 前走上位に好走している馬が中心 7.0 - 11.8 - 12.3 - 12.6 - 12.5 - 13.6 - 13.2 - 13.0 - 12.3 - 12.4 - 11.5 - 11.2 - 11.9 2016年 キタサンブラック [牡4:2着:137,353] ・ヴァイスブリッツ [美浦:大竹], 牡馬が圧倒的な好成績の有馬記念 2014年 トゥザワールド [2着:菊花賞:16着] 6.8 - 11.6 - 11.8 - 11.9 - 12.2 - 12.8 - 12.6 - 12.2 - 11.6 - 11.8 - 11.8 - 12.2 - 12.9 第57回(2012年) ゴールドシップ (4F 46.6 - 3F 34.6), ◆2009年 ☀️/良 2:30.0 ・ヴェロックス [18年皐月賞:2着、東京優駿:3着、菊花賞:3着], 過去10年間で6歳以上の馬が3着以内に2回 ◆武豊【3-8-1-16】➡️ ワールドプレミア 2番【1-1-1-7】 〈 ラップタイム 〉 3着 6枠11番 キタサンブラック [4人:8.4倍] 〈 ラップタイム 〉 1996年 サクラローレル [牡6:1着:1人2.2倍] ・ヴェロックス [菊花賞:3着], ◆前走10着以降の巻き返しあり 第32回(1987年) メジロデュレン 2着 3枠6番 トゥザワールド [9人:31.2倍] 2012年 オルフェーヴル [牡4:不出走:90,474] 第18回(1973年) ストロングエイト ◆ダイワスカーレット [07年2着 ➡️ 08年1着] ◆テイエムオペラオー [99年3着 ➡️ 00年1着] 2015年 ゴールドシップ [牡6:8着:120,981] ◆エアシェイディ [08年3着 ➡️ 09年3着] ・フィエールマン [美浦:手塚] 2017年 クイーンズリング [2着:16年エリザベス女王杯] 2010年 トゥザグローリー [3着:14人:75.9倍] ◆トゥザグローリー [10年3着 ➡️ 11年3着] 2009年 スリーロールス [中止:菊花賞:1着], 〈 今年の菊花賞組の該当馬 〉 ◆ブエナビスタ [09年2着 ➡️ 10年2着] ◆C.ルメール【2-4-0-6】➡️ アーモンドアイ ・アルアイン  [前走526㎏(+10)] 1番【1-1-0-8】 2018年 ブラストワンピース [1着:菊花賞:4着] 第58回有馬記念(だい58かいありまきねん)は、2013年12月22日に中山競馬場で施行された競馬の競走である[1]。この競走を最後に引退することを表明していた三冠馬・オルフェーヴルが圧勝し、有終の美を飾った[2][3]。, 11月16日から12月1日までファン投票が行われ、11月21日に第1回中間発表[4]、11月28日に第2回中間発表[5]、12月5日に最終発表が行われた[6][7][8]。最終の有効投票総数は106万4233票だった[6][7][8]。, この年はファン投票の上位馬に回避が多く、上位20頭のうち出走したのは6頭にとどまり、GI競走の勝ち馬は3頭であった。, 2011年の三冠馬でその年の有馬記念などにも優勝したオルフェーヴル[22]は当年の凱旋門賞で2着に敗れた直後に有馬記念を最後に引退することを表明し[23]、2年連続でファン投票1位に選出されこの競走に出走してきた[6][7]。なお、2012年については凱旋門賞、ジャパンカップの連続2着という激戦からの回復が遅く有馬記念への出走を見送ったため[24]、当年は万全を期すために凱旋門賞からの直行となった[23]。2012年に皐月賞・菊花賞と有馬記念を制したゴールドシップは、当年の宝塚記念に優勝したが、秋は京都大賞典7着、ジャパンカップ15着を経ての出走であり[25]、初めてライアン・ムーア騎手とのコンビで、なおかつブリンカーを着用して挑むこととなった[26]。2011年の天皇賞(秋)優勝馬であるトーセンジョーダンはこの秋は札幌記念13着、天皇賞(秋)11着であったが、ジャパンカップで3着と復調の気配を見せていた[27]。他には、ナカヤマナイト[28]、ダノンバラード[29]、アドマイヤラクティ[30]、ヴェルデグリーン[31]、デスペラード[32]、タマモベストプレイ[33]、カレンミロティック[34]が当年の重賞を制しており、出走16頭中14頭が重賞勝ち馬であった[注 1]。, その他のGI馬は、フェノーメノとロゴタイプは、GI戦線が本格化する前に秋シーズンの休養を発表した[39]。キズナは当初は出走予定であったものの、特別登録実施日の12月8日に「ダービーや凱旋門賞の時の完調には程遠い」として回避を表明[40]。ジェンティルドンナ[41]、メイショウマンボ[42]、トーセンラー、エピファネイア[43]、ジャスタウェイ[44]、ヴィルシーナも休養に入った[7]。また、ロードカナロアは香港スプリントへの出走を最後に引退することを表明しており[45]、エイシンフラッシュは枠順発表直前に右前球節部の捻挫のために出走を回避し、そのまま引退することとなった[46]。, 負担重量は4歳以上牡馬・セン馬57kg、4歳以上牝馬及び3歳牡馬55kg、全馬日本()調教馬。, 揃ったスタートからゴールドシップが遅れ始めるが、ムーアが手綱をしごいて中団後方にまで順位を上げる。前方ではルルーシュが逃げ、カレンミロティック、ダノンバラード、ナカヤマナイト、ラブリーデイらが追いかける。1番人気に推されたオルフェーヴルはゴールドシップより後ろの後方4番手を折り合いよく進む。向こう正面では単騎で逃げていたルルーシュのリードがなくなる。またウインバリアシオンが順位を下げ、オルフェーヴルと併走する形となる。3コーナーを回るころから、オルフェーヴルが馬群の外を上がっていき、それに合わせて他馬も上昇を開始する。直線に入るときには既にオルフェーヴルが先頭に立ち、一方的に後続との差を広げていく。最終的には2着のウインバリアシオンに8馬身の差をつけ、有終の美を飾った。3着にはゴールドシップが入った。, 国際競走指定前: 4番【1-1-0-7】 1着 4枠7番 ゴールドアクター [8人:17.0倍] 6枠【2-1-2-15】 ◆オグリキャップ [88年1着 ➡️ 90年1着] ・アーモンドアイ [牝4:18年牝馬三冠馬] 2011年 オルフェーヴル [1着:1人:2.2倍] ◆2018年 ☁️/稍重 2:32.2 マイナス体重【3-3-4-33】 前走1着【4-3-3-25】 ・シュヴァルグラン [17年3着 ➡️ 18年3着] 第31回(1986年) ダイナガリバー 〈 ラップタイム 〉 2015年 ゴールドシップ [8着:1人:4.1倍] 440~459㎏【0-1-0-14】 6.8 - 11.3 - 12.0 - 11.9 - 12.1 - 13.4 - 12.8 - 12.9 - 11.8 - 11.7 - 12.1 - 11.7 - 12.1 ◆W.ビュイック【0-1-0-0】➡️ レイデオロ 2018年 シュヴァルグラン [牡6:3着:9人22.7倍] 3着 3枠6番 エアシェイディ [11人:32.0倍] 2009年 ウオッカ [牝5:不出走:105,059], 過去10年間でファン投票1位馬は2勝【2-3-1-2】 7番人気以降【1-4-4-87】 第56回(2011年) オルフェーヴル 1着 6枠9番 オルフェーヴル [1人:2.2倍] ◆トウショウボーイ [76年1着 ➡️ 77年2着], 〈 該当馬 〉 460~479㎏【3-2-2-17】 6.8 - 12.0 - 12.4 - 12.1 - 13.1 - 14.4 - 14.3 - 13.0 - 12.0 - 11.9 - 11.4 - 11.3 - 11.3 2009年 エアシェイディ [3着:11人:32.0倍], 〈 今年の美浦馬の該当馬 〉 4番人気【1-1-1-7】 2001年 メイショウドトウ [4着:8枠13番:2人5.5倍] ◆藤岡佑介【0-0-0-1】➡️ クロコスミア, ◆O.マーフィー【初出走】➡️ スワーヴリチャード 第60回(2015年) ゴールドアクター 2着 3枠6番 オーシャンブルー [10人:27.6倍] 前走4着【2-0-2-8】 第54回(2009年) ドリームジャーニー | ◆タップダンスシチー [02年2着 ➡️ 04年2着] 6.8 - 11.6 - 11.9 - 12.2 - 12.3 - 13.3 - 13.2 - 12.8 - 12.2 - 12.1 - 11.7 - 11.2 - 12.3 1着 5枠9番 ドリームジャーニー [2人:4.0倍] 6歳【0-0-1-18】 第16回(1971年) トウメイ 11番【1-0-2-7】 第33回(1988年) オグリキャップ 第14回(1969年) スピードシンボリ 第20回(1975年) イシノアラシ ◆ゼンノロブロイ [03年3着➡️2004年1着) 1着 1枠2番 キタサンブラック [1人:1.9倍] ・クロコスミア [牝6:18年エリザベス女王杯:2着] 6.8 - 11.0 - 11.2 - 11.3 - 11.9 - 12.3 - 12.6 - 12.3 - 12.5 - 12.1 - 12.0 - 11.7 - 12.3 第55回(2010年) ヴィクトワールピサ ◆津村明秀【初出走】➡️ アエロリット, ◆シュヴァルグラン [17年3着 ➡️ 18年3着] 2014年 トゥザワールド [2着:9人:31.2倍] ◆グラスワンダー [98年1着 ➡️ 99年1着] 2015年 キタサンブラック [3着:菊花賞:1着] 〈 ラップタイム 〉 グランプリG1有馬記念2019です。一年を締め括る一戦。毎年、国内の人気実力馬が集いハイレベルなレースが繰り広げられます。この時期になると、一年の終わりを感じますね。有馬記念の日の夕暮れが寂しさとノスタルジックな雰囲気に溢れていて、たまらなく好きです。, 過去10年の有馬記念の配当を見ると、3連単10万馬券超えが2回あります。近年は大きな波乱がありませんが、3連複が好配当となる年が多く、伏兵穴馬の好走が多いレースといえるかもしれません。, では過去10年の有馬記念で3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。, 過去10年の有馬記念3着以内30頭中26頭を占めます。そのうち計14頭がジャパンカップ組でした。ジャパンカップ組が馬券圏内に来なかった年はありません。, 過去10年の有馬記念3着以内30頭中4頭を占めます。そのうち3頭が前走重賞レース優勝馬、残る1頭(ウインバリアシオン)は、G1レースでの連対経験がありました。, 過去10年の有馬記念3着以内30頭中28頭を占めます。6歳以上が劣勢傾向にあります。, 過去10年の有馬記念3着以内30頭中4頭を占めます。そのうち昨年のシュヴァルグランを除く3頭がゴールドシップ(2012~2014年)でした。さらに近年3着以内に好走した6枠もレイデオロ、サトノダイヤモンド、キタサンブラックと考えると、抜けて強い馬以外の外枠(6枠~8枠)は、狙い難い傾向にありそうです。, 2000年以降の有馬記念で3着以内に好走した穴馬(8番人気以下)16頭中9頭が同年の中山芝重賞レースで3着以内に好走していました。, 同年の中山重賞レース実積馬9頭を除く7頭中2頭に、同年の重賞レース2勝の実績がありました。, 同年の中山重賞レース実積馬9頭と同年の重賞レース2勝以上の2頭を除く5頭中3頭が前走の重賞レースで優勝していました。, 2000年以降、3着以内に好走した8番人気以下の16頭中14頭が同年の中山重賞レース実積馬、同年の重賞レース2勝馬、前走重賞レース優勝馬のいずれかに該当しました。今年の有馬記念2019出走予定の穴馬の中では、以下3頭が穴馬候補になるでしょうか。, 今年の有馬記念2019は、ハイレベルなレースを期待できそうです。前走G1レース好走馬を中心に楽しみなメンバー構成だと思います。アーモンドアイのほか、ジャパンカップ優勝馬スワーヴリチャード、コックスプレート優勝馬リスグラシュー、菊花賞優勝馬ワールドプレミア…と豪華な出走予定メンバーになりました。, 以下、簡単な考察と予想です。メンバーが揃いすぎて、全く当たる気がしません。外過ぎない枠の馬、ジャパンカップ組を中心に狙いました。波乱狙いで、3連単はアーモンドアイを除いた組み合わせにしています。, 前走ジャパンカップ優勝。泥が舞うほどのタフな馬場で、インコースをロスなく周ってきた馬が上位争いを演じました。枠にも恵まれたと思います。実績面では東京コースがベストという印象の馬ですが、それでも一昨年の有馬記念(7枠14番)で小差の4着に好走していますし、中穴扱いなら狙ってみても良いかもしれません。, 圧倒的一番人気馬。順当なら勝ち負けになるでしょうか。無理に難点を挙げるとすれば、レコードが度々出ていた東京の超高速馬場で強さを見せている点。先週の中山芝の時計や当日の雨予報を考えれば、ある程度、力のいる馬場になりそうです。とはいってもスルーするわけにもいかない馬だと思います。, 好走例の多い前走ジャパンカップ組。実績のわりに人気が落ち着きそうです。前走のジャパンカップ11着は、タフすぎる馬場が合わなかったと考えれば、見直しても良いかもしれません。稍重馬場で行われた昨年の有馬記念2着馬(クビ差)ですし、昨年ぐらいの馬場なら見せ場を作る場面があっても…。, この枠なら出して行くことになるでしょうか。中山巧者という感じではないものの、2走前のオールカマーでは、レイデオロ、ウインブライト、ミッキースワローなど好メンバー相手に逃げ切り勝ち。流石にこのメンバーなら格下になりますが、過去データの穴馬の傾向から、大穴として押さえても良いかもしれません。前走天皇賞秋のような超高速馬場では無いと思いますし、気分よく前々で進めることが出来れば…。, 簡潔なまとめです。馬券的には、7着、9着、12着、13着でした。本命◎スワーヴリチャードは、12着でした。, 波乱を期待して穴馬を中心に狙ったものの、全くかすりもしない結果となってしまいました。圧倒的1番人気アーモンドアイが圏外に沈みましたが、上位3頭は2~4番人気馬。ほぼ順当な結果だったといえそうです。, 押さえていたレイデオロは、出遅れて後方からの競馬。そのまま外を回しての追い込みで、不完全燃焼の引退レースという印象でした。逃げたのは、アエロリット。押さえていたスティッフェリオの逃げを予想していましたが、離れた番手からのレースでした。アエロリットがかなりのハイペースで逃げたので、行けなかった可能性はありそうです。最後は、前~好位で競馬していた馬が、直線早々に脱落。内の後方で脚を溜めていた馬が突っ込んで来る展開となりました。この決着を見ると、やはり前に行った馬には厳しい流れと馬場だったのかもしれません。, 上位は、脚を溜めていたリスグラシューが突き抜けて楽勝。引退レースでこの強さは、オルフェーヴルを思い出します。2~3着には3歳牡馬。今年の3歳牡馬は、古馬G1ではどうだろうと思ってスルーしていたので、予想としては真逆の結果だったと思います。, 本命スワーヴリチャードは、直線手前から手応え怪しく脱落…。最後は追わずにゴール後、下馬していたようなので、何かアクシデントがあったのかもしれません。こればかりは仕方ないです。対抗アーモンドアイ。敗因は分かりませんが、やはりベストは高速馬場の東京でしょうか。, Please enable JavaScript!Bitte aktiviere JavaScript!S'il vous plaît activer JavaScript!Por favor,activa el JavaScript!antiblock.org, 2013年2着ウインバリアシオン(前走金鯱賞3着)※実績:日本ダービー2着、菊花賞2着、天皇賞春3着, スティッフェリオ(同年の中山実績:オールカマー1着、同年の重賞2勝:オールカマー1着、小倉大賞典1着). 4枠【2-2-0-16】 (4F 45.9 - 3F 34.0), ◆2010年 ☀️/良 2:32.6 2016年 サトノダイヤモンド [1着:1人:2.6倍] 2016年 サトノダイヤモンド [1着:菊花賞:1着] 2017年 キタサンブラック [牡5:1着:124,641] ・レイデオロ [18年2着], 2018年 レイデオロ [牡4:2着:110,293] 3着 7枠14番 ゴールドシップ [1人:3.5倍] 第05回(1960年) スターロツチ ◆内田博幸【1-0-0-6】➡️ クレッシェンドラヴ
2020 過去 12月22日の有馬記念