2018年4月29日(祝日・日曜) 3回京都4日 11R 第157回 天皇賞(春) サラ系4歳以上 コース 3200m 芝・右 外 ブログの新規登録. All rights reserved. 天皇賞(てんのうしょう)は、日本中央競馬会(JRA)が春・秋に年2回施行する中央競馬の重賞 競走(GI)である。 第1回とされる「帝室御賞典」は1937年(昭和12年)に行われているが、JRAが前身としている「 The Emperor's Cup (エンペラーズカップ)」までさかのぼると1905年(明治38年)に起源 … All rights reserved. 第157回 天皇賞(春) 過去10年の傾向(データ)|gⅠ特集|競馬情報ならjra-van レース傾向を知るものが馬券を制す。過去10年のデータから危険な人気馬や激走しそうな穴馬をあぶり出します。 ┃第157回天皇賞(春) (GI)┃(´∀` )<3歳以上(国際)(指定)オープン 定量 発走15:40 ┣━┯━┯━━━━━━┻ ━ ━┯━┯━━━┯━━━━━┯━━━━┓ ┃ │ │アルバート [牡7]│58│cルメール│(東)堀宣行│阪大賞 4┃ ┃ │ │カレンミロティック . All rights reserved. ‹——£‚f‚PŸ‚¿”n‚È‚çƒvƒ‰ƒX•]‰¿B•ê•ƒ‚ªƒm[ƒUƒ“ƒ_ƒ“ƒT[ŒnA‚Ü‚½‚̓m[ƒUƒ“ƒ_ƒ“ƒT[‚Ì“K“x‚ȃCƒ“ƒuƒŠ[ƒh‚ðŽ‚Á‚Ä‚¢‚é”n‚àˆ«‚­‚È‚¢B, ƒNƒŠƒ“ƒ`ƒƒ[‚Í•ƒ‚ª‚r‚rŒn‚Ì“ú–{ƒ_[ƒr[”nƒfƒB[ƒvƒXƒJƒC~•ê•ƒ‚ªƒuƒ‰ƒCƒAƒ“ƒYƒ^ƒCƒ€‚Ńm[ƒUƒ“ƒ_ƒ“ƒT[‚Ì‚S~‚TB‚Ü‚¸‚Í‚±‚ꂪˆê”ÔŽèBƒTƒgƒmƒNƒƒjƒNƒ‹‚à•ƒƒn[ƒcƒNƒ‰ƒC~•ê•ƒƒwƒCƒ‹ƒgƒDƒŠ[ƒYƒ“Œn‚¾‚ªA•ê•ƒIntikhab‚ªƒ}ƒCƒ‰[‚È‚Ì‚Å‚â‚â—ò‚éB‚»‚ê‚Ȃ畃‚ª‚r‚rŒn‚ÅŠMù–åÜ‚Q’…‚̃iƒJƒ„ƒ}ƒtƒFƒXƒ^A•ê•ƒ‚ªƒm[ƒUƒ“ƒ_ƒ“ƒT[Œn‚Å2400‚‚f‚PŸ‚¿”n‚ÌSingspiel‚Æ‚¢‚¤ƒKƒ“ƒR‚ª–Ê”’‚¢B, ð”N‚Q’…‚̃Vƒ…ƒ”ƒ@ƒ‹ƒOƒ‰ƒ“‚͕ꕃ‚ªƒ~ƒXƒ^[ƒvƒƒXƒyƒNƒ^[ŒnAƒAƒ‹ƒo[ƒg‚Í•ƒ‚ªƒ~ƒXƒ^[ƒvƒƒXƒyƒNƒ^[Œn‚Ő„‚µ‚É‚­‚¢B. B. ƒm[ƒUƒ“ƒ_ƒ“ƒT[‚Ì‚S~‚T‚ðŽ‚ÂƒNƒŠƒ“ƒ`ƒƒ[‚ªˆê”ÔŽèI, ƒLƒ“ƒOƒWƒ‡[ƒW‚ƃRƒƒl[ƒVƒ‡ƒ“‚b‚P’…^ŠMù–åÜ‚R’, ƒuƒŠ[ƒ_[ƒY‚bƒ^[ƒtAƒJƒiƒfƒBƒAƒ“‘Û‚r‚È‚Ç‚P’. Copyright © 2018 JRA SYSTEM SERVICE CO. , LTD . “–ƒTƒCƒg‚ðÅ“K‚ȏó‘Ԃʼn{——‚µ‚Ä‚¢‚½‚¾‚­‚ɂ̓uƒ‰ƒEƒU‚Ì. [せ10]│58│池 添│(西)平田 … 10 R 第107回天皇賞(春)(G1) 芝右 外3200m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40 過去の天皇賞(春) 1993年4月25日 3回京都2日目 4歳以上オープン 牡・牝(定量) 11 R 第119回天皇賞(春)(G1) 芝右 外3200m / 天候 : 晴 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40 過去の天皇賞(春) 1999年5月2日 3回京都4日目 4歳以上オープン 牡・牝(指)(定量) 第157回 天皇賞(春) 過去10年の傾向(データ)|gⅠ特集|競馬情報ならjra-van レース傾向を知るものが馬券を制す。過去10年のデータから危険な人気馬や激走しそうな穴馬をあぶり出します。 第157回 天皇賞(春) 回顧 投稿日 : 2018年5月1日 最終更新日時 : 2018年5月3日 作成者 : kobayashi カテゴリー : レース回顧・次走の狙い 2018年4月29日(日) 3回京都4日、 当日は天皇賞日和と言いましょうか、気持ちのいい陽気でした。 第157回 天皇賞(春)|gⅠ特集|競馬情報ならjra-van その週に行われるG1を多角的に分析。過去の傾向や血統分析、気になる調教情報等をお届け。馬券に役立つ情報がきっと見つかるはずです。 Copyright © 2018 JRA SYSTEM SERVICE CO. , LTD . 2018年 天皇賞(春)のページ。スポーツ総合サイト、スポーツナビ(スポナビ)の競馬ページです。最新のニュース、レース日程と結果、出馬表、オッズ、名鑑情報、記録、成績などを素早くお届けします。 Copyright © 2018 JRA SYSTEM SERVICE CO. , LTD . 天皇賞(春 ) 表は ... 第161回: 2020年: フィエールマン: 成績: レース映像: 第159回: 2019年: … 編集画面にログイン. 第157回 天皇賞(春) 第78回 皐月賞; 第78回 桜花賞; ドバイワールドカップ 2018; 第48回 高松宮記念; 有馬記念2017 買い目; 有馬記念2017 予想; 記事一覧 | 画像一覧 | フォロワー一覧 | フォトチャンネル一覧; « 第78回 皐月賞; 第85回 日本ダービー »; ログイン. 第157回 天皇賞(春) 血統分析|gⅠ特集|競馬情報ならjra-van 過去10年の血統データからレースの特徴を分析。父や母父、近親に至るまで血統の適性から勝ち馬を導き出します。 2018年4月29日(日) 3回京都4日、当日は天皇賞日和と言いましょうか、気持ちのいい陽気でした。勝ったのは2番人気のレインボーライン。これまでも惜しいレースはありましたが、10度目の挑戦でG1初勝利を挙げました。管理する浅見秀一調教師は1998年のメジロブライトに次いで、このレース2勝目。岩田康誠騎手は2015年桜花賞レッツゴードンキ以来となるG1勝ちとなりました。レース後に岩田騎手が下馬し、馬運車で運ばれていった時には心配されましたが、その後の発表で命に別状がなさそうなのは何より。それではレースラップへ。, 3:16.2(13.0 – 11.2 – 11.4 – 12.0 – 12.5 – 12.3 – 12.0 – 13.2 – 12.6 – 12.6 – 12.8 – 12.6 – 12.1 – 12.1 – 11.4 – 12.4), 大方の予想通りヤマカツライデンがハナを叩こうとするところに、外からトミケンスラーヴァが競りかけていき、テン3ハロン35秒6。これはレコード決着だった昨年と同じで、過去10年で最も速くなりました。序盤は縦長の隊列で推移。何とかヤマカツライデンがハナを死守し、ポジションが定まるとその後は平均よりユッタリとした流れ。スタンド前を通り過ぎ、1コーナーから2コーナーにかけて13秒2と全体で最も遅い区間で、先頭のヤマカツライデンと2番手のトミケンスラーヴァの差は広がっていきます。2番手以降はかなり遅い流れとなり、向正面では痺れを切らしたのかサトノクロニクルが外から押し上げていき、それに呼応してアルバート、トーセンバジル、チェスナットコートといった面々も進出を開始。2番手以下の馬群が一気に凝縮します。ただ、ここで中団にいたレインボーラインは動かず、その点をインタビューで問われた岩田騎手は「直線は絶対にいい脚を使ってくれるので、我慢できるだけ我慢しようと思いました」とコメント。ここが勝負を分ける1つのポイントとなった感じ。直線は外に出そうとしますが、チェスナットコートが邪魔になると見るやすぐさま内へ。最終的には勝ち馬の内から脚を伸ばして先頭に立つとゴールへ。馬を信じて乗った岩田騎手、最後まで落ち着いていました。, 残り1000m手前、外からサトノクロニクルが来たこともあり、2番手以降はペースアップ。ここで集団を引っ張っていたトミケンスラーヴァが脱落。代わって、ガンコ、シュヴァルグランが集団を引っ張っていきます。シュヴァルグランは自ら逃げるヤマカツライデンを捕まえにいき、直線でガンコを振り切って先頭へ。ラスト2ハロン11秒4 – 12秒4はほぼほぼ同馬がマークしたラップ。レース全体が早めに動いて最後は疲れたこともあるでしょうが、思ったよりも先頭に立つのが早く、一頭になってしまったことが悔やまれます。展開的に一番強い競馬をしたのはこの馬でしょう。3番人気のガンコは14着。パドックではこの馬が良く見えましたが、これがG1初挑戦。レースでは現役最強馬ともいえるシュヴァルグランに付き合って勝ちにいく競馬だっただけに、さすがに厳しく、最後は力尽きました。, クリンチャーはテン乗りでしたが、三浦皇成騎手は出していって、中団のポジションをキープ。向正面で前のソールインパクトをかわしてシュヴァルグランをマークする形。3~4コーナーではロスなく内を立ち回って、直線で外へ。渋太く脚を伸ばして3着入線。全体的に非常にうまく乗れたと思います。1枠の2頭が4、5着。ミッキーロケットは途中まで好枠を生かしてロスのない競馬ができましたが、向正面でレースが動いた時にバテた馬が下がってきたために一旦外へ出さざるを得ませんでした。ただ、結果的にここで動けなかったことで余力が残った感じ。直線は一瞬内から抜け出しそうな勢い。チェスナットコートは押して押して中団。レースが動いたところからずっと手が動いていましたし、勝負どころでは外々を回っており、かなり長く脚を使っています。G1初挑戦を考えると大健闘でしょう。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, CHALLENGE IS MY LIFE 競馬新聞 研究ニュース:東の競馬研究と西の競馬ニュース | オーシャンブルーの二重丸, 大方の予想通りヤマカツライデンがハナを叩こうとするところに、外からトミケンスラーヴァが競りかけていき、テン3ハロン35秒6。これはレコード決着だった昨年と同じで、過去10年で最も速くなりました。序盤は縦長の隊列で推移。何とかヤマカツライデンがハナを死守し、ポジションが定まるとその後は平均よりユッタリとした流れ。スタンド前を通り過ぎ、1コーナーから2コーナーにかけて13秒2と全体で最も遅い区間で、先頭のヤマカツライデンと2番手のトミケンスラーヴァの差は広がっていきます。2番手以降はかなり遅い流れとなり、向正面では痺れを切らしたのかサトノクロニクルが外から押し上げていき、それに呼応してアルバート、トーセンバジル、チェスナットコートといった面々も進出を開始。2番手以下の馬群が一気に凝縮します。ただ、ここで中団にいた, 残り1000m手前、外からサトノクロニクルが来たこともあり、2番手以降はペースアップ。ここで集団を引っ張っていたトミケンスラーヴァが脱落。代わって、ガンコ、. ‹£”n—\‘zE‹£”nî•ñƒgƒbƒv@> G1“ÁW@> “VcÜitj@> 2018@> ‰ß‹Ž‚ÌŒXŒü, ð”N‚Í‚P”Ԑl‹C‚ɐ„‚³‚ꂽƒLƒ^ƒTƒ“ƒuƒ‰ƒbƒN‚ªt‚Ì“VcÜ˜A”e‚ð’B¬B‚Q’…‚É‚S”Ԑl‹CƒVƒ…ƒ”ƒ@ƒ‹ƒOƒ‰ƒ“A‚R’…‚É‚Q”Ԑl‹CƒTƒgƒmƒ_ƒCƒ„ƒ‚ƒ“ƒh‚ª“ü‚Á‚½B, ‰ß‹Ž10”N‚̐l‹C•Ê¬Ñ‚́A‚P”Ԑl‹C”n‚ªy1.0.1.8zBŸ—˜‚µ‚½‚͍̂ð”N‚̃Lƒ^ƒTƒ“ƒuƒ‰ƒbƒN‚݂̂ŁA•¡Ÿ—¦‚à20“‚Æ’á‚¢B‘΂µ‚āA‚Q”Ԑl‹C‚́y4.1.2.3zBˆêð”N‚̃Lƒ^ƒTƒ“ƒuƒ‰ƒbƒN‚çÅ‘½‚Ì‚SŸ‚ð‚ ‚°A˜A‘Η¦50“E•¡Ÿ—¦70“‚ƍ‚‚¢B‚R”Ԑl‹C”n‚́y1.4.1.4z‚Å08”NƒAƒhƒ}ƒCƒ„ƒWƒ…ƒsƒ^‚ªŸ—˜‚µA•¡Ÿ—¦60“‚Í‚Q”Ԑl‹C”n‚ÉŽŸ‚¢‚ō‚‚¢BˆÈ‰ºA‚SE‚VE12E14”Ԑl‹C”n‚ª‚PŸ‚¸‚B‚QE‚R’…”n‚à‰ºˆÊl‹C‚Ü‚Å•L‚­•ª•z‚µ‚Ä‚¨‚èAl‹C”–‚ÌŒƒ‘–‚ª–Ú—§‚B, ”z“––Ê‚Å‚Í”n˜A‚Ì–œ”nŒ”‚Í09”NE12”NEˆêð”N‚Ì‚R‰ñB“Á‚É12”N‚Í14”Ԑl‹Cƒr[ƒgƒuƒ‰ƒbƒN‚ªŸ—˜‚µA‚R˜A’P145–œ2520‰~‚Ì‘å”g—‚Æ‚È‚Á‚½Bð”N‚Í‚S”Ԑl‹CˆÈ“à‚ÅŒ˜‚­‚¨‚³‚Ü‚Á‚½‚ªA‘S‘Ì“I‚É”g—ŒXŒü‚ª‹­‚¢ˆêí‚¾B, ‘O‘–ƒŒ[ƒX•Ê¬Ñ‚́Ao‘–”Å‘½‚̍ã_‘åÜ“T‘g‚ªy3.2.4.48z‚ŁA15”NƒS[ƒ‹ƒhƒVƒbƒv‚ç‚RŸB˜A‘Η¦8.8“E•¡Ÿ—¦15.8“‚Æ’á‚¢‚à‚̂́A‹ß‚R”N‚Å‚Í‚Q“ª‚¸‚‚R’…ˆÈ“à‚É“ü‚Á‚Ä‚¢‚éB‚±‚Ì‘g‚Å‘O‘–ã_‘åÜ“T‚Å‚P’…‚¾‚Á‚½”n‚́y2.0.3.5z‚Å•¡Ÿ—¦50“B‚R’…ˆÈ“à”n‚X“ª’†‚V“ª‚Í‘O‘–‚S’…ˆÈ“à‚¾‚Á‚½B, ‚Ü‚½A“úŒoÜ‘g‚́y3.3.2.44z‚Å13E14”N˜A”e‚̃tƒFƒm[ƒƒm‚ç‚RŸ‚ð‚ ‚°‚Ä‚¨‚èA˜A‘Η¦11.5“E•¡Ÿ—¦15.4“B‚±‚Ì‘g‚Í‘O‘–“úŒoÜ‚ŘA‘΂µ‚½”n‚ªD¬ÑB‘O‘–‚P’…”n‚́y1.3.0.4z‚ŘA‘Η¦E•¡Ÿ—¦50“A‘O‘–‚Q’…”n‚ày1.0.2.5z‚Å•¡Ÿ—¦37.5“‚Å‚Æ‚à‚É—DG‚¾B‚±‚Ì‘g‚Ì‚R’…ˆÈ“à”n‚W“ª’†‚V“ª‚Í‘O‘–˜A‘΂µ‚Ä‚¨‚èA—áŠO‚Í14”N‚P’…ƒtƒFƒm[ƒƒmi‘O‘–‚T’…j‚Ì‚Ý‚¾‚Á‚½B, ð”N‚©‚ç‚f‚P‚֏¸Ši‚µ‚½‘åã”t‘g‚Í‚f‚QŽž‚à‡‚킹‚āy3.3.2.10z‚ōð”N‚̃Lƒ^ƒTƒ“ƒuƒ‰ƒbƒN‚ç‚RŸ‚ŁA˜A‘Η¦33.3“E•¡Ÿ—¦44.4“‚ƍ‚‚¢B‚±‚Ì‘g‚Í‘O‘–‚R’…ˆÈ“à”n‚É’–ځB‘O‘–‘åã”t‚Å‚R’…ˆÈ“à‚¾‚Á‚½”n‚́y3.2.2.3z‚ŘA‘Η¦50“E•¡Ÿ—¦70“‚Æ”ñí‚É—DG‚¾B‘΂µ‚āA‘O‘–‚S’…ˆÈ‰º‚©‚犪‚«•Ô‚µ‚½‚Ì‚Í08”NƒƒCƒVƒ‡ƒEƒTƒ€ƒ\ƒ“i‘O‘–‚U’…j‚¾‚¯‚¾‚Á‚½B, ‚»‚Ì‘¼‚Ì‘g‚ł́A­”‚È‚ª‚ç‹ž“s‹L”O‘g‚ªy1.1.0.3z‚Å10”NƒWƒƒƒK[ƒƒCƒ‹‚ªŸ—˜B‚Ü‚½Aƒ_ƒCƒ„ƒ‚ƒ“ƒh‚r‘g‚́y0.1.0.12z‚ŁA˜A‘΂µ‚½‚Ì‚Í15”N‚Q’…ƒtƒFƒCƒ€ƒQ[ƒ€‚Ì‚Ý‚¾‚Á‚½B, ‰ß‹Ž10”N‚Ń}ƒCƒlƒ‹ƒLƒbƒcAƒEƒCƒ“ƒoƒŠƒAƒVƒIƒ“AƒtƒFƒm[ƒƒmAƒJƒŒƒ“ƒ~ƒƒeƒBƒbƒNAƒLƒ^ƒTƒ“ƒuƒ‰ƒbƒNAƒVƒ…ƒ”ƒ@ƒ‹ƒOƒ‰ƒ“‚Ì‚U“ª‚ª•¡””N‚Å‚R’…ˆÈ“à‚ɍD‘–‚µ‚Ä‚¢‚éB‚È‚©‚Å‚àƒ}ƒCƒlƒ‹ƒLƒbƒc‚Í09”N‚P’…‚ª12”Ԑl‹CA10”N‚Q’…‚ª‚S”Ԑl‹C‚ł̍D‘–B‚Ü‚½AƒJƒŒƒ“ƒ~ƒƒeƒBƒbƒN‚à15”N‚R’…‚ª10”Ԑl‹CAˆêð”N‚Q’…‚ª13”Ԑl‹C‚Ɛl‹C”–‚Å‚ÌŒƒ‘–‚¾‚Á‚½B, ‹ž“sŽÅ3200‚‚Ì“K«‚ð–â‚í‚ê‚éƒP[ƒX‚ª‘½‚­A‰ß‹Ž‚ɏt‚Ì“VcÜ‚ōD‘–‚µ‚Ä‚¢‚é”n‚̓`ƒFƒbƒN‚µ‚Ä‚¨‚«‚½‚¢B.
2020 第157回 天皇賞(春)