サラ系3歳オープン (国) 牡・牝 (指) 定量  上がり:4F 49.7 - 3F 37.3, ペース:ミドル (+0.2)テン:4F 46.8 - 3F 35.1/ 第3回 1941(昭和16)年. 最も速い馬が勝つと言われている、牡馬クラシックの第一冠・皐月賞。過去20年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券 … 第4回 1942(昭和17)年. 晴 良・芝2000m 18頭, 2010年  晴 稍重・芝2000m 18頭, 【皐月賞】旋風再び!? たった一票の勝者 ロツクパーク. 第2回 1940(昭和15)年. 上がり:4F 46.4 - 3F 34.5, ペース:ハイ (-1.1)テン:4F 45.9 - 3F 34.2/ 上がり:4F 50.6 - 3F 38.4, ペース:ミドル (0)テン:4F 48.3 - 3F 36.4/ 1: 名無しマン 2020/04/23(木) 13:39:37.43 120コントレイル 119サリオス 119サートゥルナーリア 118エポカドーロ 118アルアイン 120ディーマジェスティ 11 晴 稍重・芝2000m 18頭, 2011年  上がり:4F 48.0 - 3F 35.6, ペース:ミドル (+0.2)テン:4F 47.0 - 3F 35.2/ 皐月賞のレース動画 第79回 2019年4月14日 サートゥルナーリア c.ルメール サラ系3歳オープン (国) 牡・牝 (指) 定量  サラ系3歳オープン (国) 牡・牝 (指) 定量  2015年4月19日 3回中山8日目 3歳オープン (国際) 牡・牝(指)(定量) 上がり:4F 46.9 - 3F 34.7, ペース:ハイ (-2.4)テン:4F 47.0 - 3F 35.5/ サラ系3歳オープン (国) 牡・牝 (指) 定量  サラ系3歳オープン (国) 牡・牝 (指) 定量  2020/4/19(日)皐月賞の予想です。過去の傾向(人気・枠順・血統・馬体重・前走)から好走データに該当する注目馬をピックアップ。中山芝2000mのコース分析やリーディング上位種牡馬のデータ分析も行 … 上がり:4F 47.3 - 3F 35.3, ペース:ハイ (-2)テン:4F 45.7 - 3F 34.1/ 曇 良・芝2000m 18頭, 2013年  サラ系3歳オープン (国) 牡・牝 (指) 定量  サラ系3歳オープン (国) 牡・牝 (指) 定量  上がり:4F 48.0 - 3F 35.3, ペース:ミドル (-0.6)テン:4F 47.5 - 3F 35.4/ 晴 良・芝2000m 18頭, 2016年  晴 良・芝2000m 18頭, 2012年  曇 良・芝2000m 15頭, 2014年  皐月賞(さつきしょう)は、日本中央競馬会 (JRA)が中山競馬場で施行する中央競馬の重賞競走 (GI)である。「皐」の字が常用漢字外のため、「さつき賞」と表記されることもある 。 上がり:4F 48.2 - 3F 35.9. © Do innovation Co.,Ltd. 上がり:4F 46.8 - 3F 34.7, ペース:ミドル (+0.8)テン:4F 47.5 - 3F 35.6/ サラ系3歳オープン (国) 牡・牝 (指) 定量  皐月賞でコントレイル、サリオスと共に三強を形成しそうな馬は? 1 : 2019/12/28(土)19:46:50 ID:Mf/3RBIm0 マイラプソディかアルジャンナやろか? 2chまとめ 第1回 1939(昭和14)年. 晴 良・芝2000m 18頭, 2015年  皐月賞 関連記事 Related post 【皐月賞】大外を回ったコントレイルが圧巻の戴冠劇を披露! - トピックス 【皐月賞】総勢13人が大予想!プロが選んだ本命馬 はコレだ! - トピックス 【皐月賞】土曜の競馬からラッキー番号&超人気薄が急浮上! - トピックス 来日から2週間待機したレーン騎手の好走率がヤバすぎる - トピックス, 【皐月賞】3週連続G1ズバリの『激うまポイント』今週は爆穴馬が浮上! - トピックス, 【皐月賞】歴史は繰り返す!? 三冠馬の一冠目 セントライト. å´©ã‚Œã§æ³¢ä¹±, ヴェロックス、ダノンキングリーとの接戦を制し、, 新型コロナウイルスの影響により無観客開催. 皐月賞 Satsuki Sho (Japanese 2000 Guineas) Home > JRA主要競走 > 歴代勝ち馬: 回次 開催年月日 開催地 距離 優勝馬 (生産国) 性齢/斤量 タイム 騎手 調教師(所属) 備考; 第1回 1939/04/29: 横浜 芝1850m: ロツクパーク Rock Park (JPN) 牡3/55.0kg 1:58.8 (良) 稲葉 幸夫 稲葉 秀男 (中山) 株式会社Do innovationが運営する競馬ラボに掲載されている記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。勝馬投票券は個人の責任においてご購入下さい。, 2019年  2歳戦線で主役を務めた両雄が、ともに3歳初戦として臨んだ皐月賞(gⅠ)。弥生賞ディープインパクト記念快勝のサトノフラッグも大きな注目を集めたが、レースは無敗馬2頭の一騎打ちとなる。この壮絶な追い比べを制したのは、コントレイルだ。 11 R 第75回皐月賞(G1) 芝右2000m / 天候 : 曇 / 芝 : 良 / 発走 : 15:40 過去の皐月賞. ランスオブプラーナ、ダディーズマインドが競り合う様な形で皐月賞恒例のハイペースが形成された1戦。淀みない流れも馬群は凝縮された形で4コーナーでまで進み、先に仕掛けたのはヴェロックス。捲る様な進出の仕方で直線早め先頭の競馬を見せるも、外からサートゥルナーリアが強引にかわして行き叩き合いとなる。最後は内から詰め寄ったダノンキングリーとの3頭による熾烈な争いで同時にゴールイン。僅かに差し切ったサートゥルナーリアが無敗でクラシックの第一冠目を制した。, 宣言通りアイトーンが逃げ、そこにジェネラーレウーノとジュンヴァルロが競りかけ3頭が後続を引き離しながら逃げる展開。前半59秒2のハイペースとなり、10馬身近く離れた集団馬群は4コーナーでも大きく動かず待機の状態。それでも前が止まりだすと、直線に向いてエポカドーロが鮮やかに抜け出し後ろから迫るサンリヴァルの追撃を難無く振り切って皐月賞を制覇。3着に粘り込んだジェネラーレウーノが入線。上位人気だったワグネリアン、ステルヴィオ、キタノコマンドールなどは後方追走から大外に出して追い込んだがあと一歩の所で届かず、展開と馬場に泣かされた形に終わってしまった。結果、ダノンプレミアム不在で未だに混戦と化したまま日本ダービーに向かう事となる。, アダムバローズが逃げるもトラストが道中ハナを奪い、4コーナーでクリンチャーが積極的に先頭に立つ出し入れの激しい展開。前を行く馬にとってはかなり厳しい流れとなった。その中でタフな競馬を得意とするアルアインが先頭に立ち、後方から押し上げたペルシアンナイトを内に引き連れて勢い衰える事なくゴール。タイムもレコード勝ちというおまけ付き。3着にダンビュライトが入って3連単は何と100万円オーバーという大波乱の決着となった。この要因として、牝馬で1番人気に支持されたファンディーナの大敗が大きく影響している。, リスペクトアースが逃げ、かかる様にしてリオンディーズが道中の途中からハナを奪う前がやり合う展開。前半1000mが58秒4と言う超ハイペースでレースは流れ、後方待機の馬には絶好の流れとなった。直線先ずは中団から脚を伸ばしたサトノダイヤモンドが先頭に立つも、その外を一瞬でかわして行ったディーマジェスティがそのまま突き抜けて一冠目を制した。2着には最後方から追い込んだマカヒキ、そして3着に1番人気サトノダイヤモンドが入線。波乱の決着。, ややハイペースを番手追走のキタサンブラック、それをマークするリアルスティールが主となって直線コースへ。リアルスティールがキタサンブラックを競り落とす様に先頭へ立つとそのまま押し切るかに思われたが、ラスト200mで異常な伸びを見せたドゥラメンテが一瞬の脚でかわして皐月賞を制圧。第一冠目の王者に輝く。1番人気サトノクラウンは直線入口の大きな不利が響いて6着に敗退した。, ウインフルブルームが作る平均ペースの中、1番人気トゥザワールドが早めに動く展開で各馬が4コーナーで慌ただしくなる展開。そのままトゥザワールドが先頭に立つも、中団から一気に加速したイスラボニータがあっさりとかわして突き放した所がゴール。少々強引な競馬だったが、完勝の内容で皐月賞を制した。3着はウインフルブルームが粘り込んで入線。最速の上がりを繰り出したワンアンドオンリーは4着が精一杯だった。, コパノリチャードが作る前半58秒のハイペースを、中団でピタリと折り合い追走したエピファネイア。そこから抜群の手応えで4コーナーを回るとそのまま直線コースへ入るも、更に外から押し寄せたロゴタイプが難なくかわして2歳チャンピオンの意地を見せつけ完勝。終わって見れば1番人気の支持に堂々と応える横綱相撲だった。3着には素質馬コディーノが入線。上位人気3頭による決着となった。, 稍重馬場ながら前半59秒1のハイラップ。メイショウカドマツとゼロスの2頭がやり合う形で先行争いを繰り広げ、隊列はかなりの縦長のまま4コーナーへ進出。ここで最後方を追走していたゴールドシップが馬場の悪い内目に進路を取り、各馬が外々を回る中で最短距離から直線に入ると勢いそのままに突き抜けて快勝。内田博幸騎手のファインプレーによる勝利となった。2着は逆に大外を回って距離ロスを犯したワールドエース、3着先行のディープブリランテが入線。, この年は東京競馬場での代替開催となった皐月賞。平均ペースで馬群が固まる中、直線で最も弾けたのは後の三冠馬となるオルフェーヴルだった。馬群を縫う様にして伸びたオルフェーヴルが最後は2着サダムパテックに3馬身差を付ける完勝で一冠目を制覇。3着には武豊騎手騎乗のダノンバラードが入線。歴史的名馬の第一話目がこの時は静かに完結した。, バーディバーディが平均ラップを刻み馬群はひと塊のまま直線コースへ。各馬一斉に追い出しにかかるも、馬群をスルスルと内目から強烈な脚で抜け出したヴィクトワールピサがラストは1馬身半引き離して一冠目を奪取。武豊騎手からの代打騎乗となった岩田康誠騎手がゴール前で歓喜のガッツポーズ。ネオユニヴァース産駒の制覇で親子二代に渡る勝利となった。2着ヒルノダムール、3着には後のダービー馬エイシンフラッシュが入線。, 前半59秒1のハイラップを追い掛ける先行勢にはきつい流れ。後方待機していたアンライバルドが中団から4コーナーで一気に追い上げ、直線入口では既に先頭に立つ積極的な競馬を見せた。そこから脚を余す事無く伸び続け、最後は2着トライアンフマーチに1馬身半差をつける内容で完勝。3着にはセイウンワンダーが入線し、1~2番人気のロジユニヴァースとリーチザクラウンは揃って10着以下に大敗となった。, キャプテントゥーレが作る61秒台のスローペースに有力各馬もなかなか動けない均衡状態。4コーナーでも大きな動きは無くそのまま直線コースへ入ると、キャプテントゥーレがそのまま脚を伸ばして後続を突き放す完封劇。7番人気ながら完勝の内容で、騎乗する川田騎手は嬉しい初GⅠ制覇となった。2着にタケミカヅチ、3着には1番人気のマイネルチャールズが入線した。, 平均よりやや早めのペースでヴィクトリーが逃げ、それを番手でサンツェッペリンが追う展開。後続も続くが、それ程執拗に追い掛けず縦長の展開で直線コースへ。前を行く2頭が相変わらず先頭をキープしながら坂を駆け上がり、唯一後方から強烈な末脚で追い込んだフサイチホウオーが捉えに掛かるも、最後はハナ差際どく残ったヴィクトリーが優勝。2着に15番人気サンツェッペリンが入り、3連単は160万円を超える特大の万馬券が飛び出した。, ステキシンスケクンがハナを主張、そこから馬群を縦長に展開し各有力馬がそれぞれのポジションで追走する流れとなった。番手のフサイチリシャールが積極的に早目先頭へ立つも坂の所で後退、代わって躍り出たのはメイショウサムソンだった。しぶとい脚で中団から追い込んだドリームパスポートを半馬身振り切って6番人気に応える勝利を飾った。3着には後方から伸びたフサイチジャンクが入線。1番人気アドマイヤムーンは差し届かずの4着だった。, レースの注目は何と言ってもディープインパクトの走り。スタートから意図的に後方へ下げ、馬場の良い外目を追走する形を取った。馬群に取り付いたのは3コーナー過ぎで徐々にエンジンを掛けて行くと直線入り口で大外へ。そこから一気に前をかわして後続を置き去りにすると、無敗街道を4連勝に伸ばして第一冠を手中に収めた。2着に12番人気シックスセンス、3着には3番人気アドマイヤジャパンが入線。, 戦前の予想通り、メイショウボーラーがスッとハナへ。番手に外からダイワメジャーが付け、そこから馬群は縦長の展開に。ペースがやや速めに流れるも、前目の馬が有利な形で番手のダイワメジャーが直線単独先頭へ。そこから後続に影をも踏ませぬ走りで見事10番人気の低評価を覆す波乱の勝利を飾った。2着には地方所属の1番人気コスモバルク、3着には逃げたメイショウボーラーが粘り込んだ。, 上位人気3頭が同じ様な位置取りで道中を追走。直線に入って1番早く抜け出したのはサクラプレジデント、その内から馬群を割ってネオユニヴァースが並びかけ2頭の壮絶なデッドヒートが繰り広げられる。両馬互いに譲らずそのままゴールするも、やや態勢的に有利なネオユニヴァースがアタマ差凌いで初GⅠタイトルを獲得した。離れた3着に2歳王者エイシンチャンプが入線し、人気馬の上位独占という決着になった。, メジロマイヤーが逃げるも番手のダイタクフラッグが後ろから突く形でレースは流れ、前半59秒2のハイペース。道中中団のインに構えていたノーリーズンがそのペースに乗じて進出、外から一気に伸びて前をかわし15番人気ながら勝利する大波乱の決着となった。2着には3番手からしぶとく伸びたタイガーカフェ、3着に大外へ回した1番人気タニノギムレットが入線している。, 無敗の圧倒的本命アグネスタキオンが、人気に応える圧巻の内容で第一冠をゲット。道中は先行集団の一角で追走し、4コーナーで後続の有力馬が上がって来るのに合わせて進出。直線ではそのジャングルポケットとダンツフレームを従え、完全なリードを保って1着でゴールイン。この後、無念の骨折で引退を余儀なくされるが、そのまま走っていれば三冠は間違いなく達成出来ていた幻の名馬と言える。, スタートから1枠のラガーレグルスが出ないアクシデントに見舞われた1戦。パープルエビスが逃げて平均ペースで流れる中、その直後のインを追走していたダイタクリーヴァが直線入り口で持ったまま先頭へ。完全な勝ちパターンかと思われたが、4コーナーで捲って上がって来たエアシャカールがゴール前で差し切り第一冠目を手中に収めた。3着に13番人気チタニックオーが入線。. 中央競馬重賞レース一覧 年別国内重賞レース一覧. All rights reserved. 曇 良・芝2000m 18頭, 2018年  サラ系3歳オープン (国) 牡・牝 (指) 定量  最も速い馬が勝つと言われている、牡馬クラシックの第一冠・皐月賞。過去20年分の同レース結果内容と合わせて、馬券購入の参考にどうぞ。タイムや上がりの時計、その他データ傾向などを掴んで万馬券を的中させよう!! 年 皐月賞 歴代優勝馬 性齢 開催 距離 頭 人 タイム 脚 r 20: コントレイル: 牡3: 中山: t-2000: 稍: 18: 1: 2:00.7 [差] *120 19: サートゥルナーリア 青毛の覇者 ウアルドマイン. 曇 稍重・芝2000m 16頭, 2017年  サラ系3歳オープン (国) 牡・牝 (指) 定量  前走完敗の武豊マイラプソディは復活できるのか? - トピックス, 【皐月賞】騎手に移動制限!今週から適用の『新ルール』がプラスに働きそうな1頭! - トピックス, ペース:ミドル (+0.1)テン:4F 46.6 - 3F 34.8/ 上がり:4F 47.9 - 3F 35.9, ペース:ハイ (-3.1)テン:4F 47.7 - 3F 35.8/ 三冠馬の弟 回 年 優勝馬 成績 レース映像; 第80回: 2020年: コントレイル: 成績: レース映像: 第79回: 2019年: サートゥルナーリア: 成績: レース映像
2020 皐月賞 歴代