All rights reserved. 台湾プロ野球の味全ドラゴンズに、日本人の川﨑宗則さんが客員コーチとして参加することになりました。, 味全ドラゴンズは、一時期解散していましたが、このほど台湾プロ野球への復帰を果たしました。これにより、台湾プロ野球は合わせて5チームとなりました。味全ドラゴンズは、2021年のシーズンからのリーグ参加を目標としています。, 川崎さんは、1981年生まれで、鹿児島県出身。内野手として福岡ソフトバンク・ホークスやアメリカのメジャーリーグのトロント・ブルーウェイズに所属した選手です。その後、フリーエージェントとなっていました。, このほか、味全ドラゴンズには、統一ライオンズで打撃コーチを務めたことがあるトーマス・アンドリュー・ニエトさん、アメリカ・メジャーリーグのワシントン・ナショナルズでの走塁コーチを務めたことがあるゲイリー・サーマンさんの2人の外国人コーチも加わりました。また、葉君璋さん、張泰山さんの2人の台湾のコーチも併せて、味全ドラゴンズは、充実した監督・コーチ陣を揃えました。, また、今年のドラフト全体1位指名選手の劉基鴻さんが、台湾プロ野球では過去2番目に高い590万台湾元(日本円およそ2000万円)の契約金で、味全ドラゴンズに加入しました。, こう中国語であいさつするのは、台湾プロ野球の味全ドラゴンズの客員コーチに就任した、日本人の川﨑宗則(かわさき・むねのり)さんです。日本のプロ野球、アメリカのメジャーリーグで選手としての経験があります。, 味全ドラゴンズの葉君璋・監督は、「私としては、選手として出でほしいですね。まあ、チームに最も有利な体制で臨みたいです」と話します。, 今年、台湾プロ野球への復帰が認められた味全ドラゴンズは、解散後のブランクの時期に選手がいなかったため、一気に32人の選手を採用しました。, そのうち、今年のドラフト全体1位指名選手の劉基鴻さんが、590万台湾元(日本円およそ2000万円)の契約金で、味全ドラゴンズに加入しました。この契約金額は、台湾プロ野球では蔡仲南さんの600万台湾元に次いで、過去2番目に高い金額となります。, コーチ陣には、日本人の川﨑さんのほか、統一ライオンズで打撃コーチを務めたことがあるトーマス・アンドリュー・ニエトさん、アメリカ・メジャーリーグのワシントン・ナショナルズでの走塁コーチを務めたことがあるゲイリー・サーマンさんの2人のアメリカ人コーチも加わり、外国人コーチが3人となりました。, 味全ドラゴンズは、台湾プロ野球元年の1990年に優勝した名門チームで、97年から99年まで3年連続で優勝しましたが、99年のシーズン終了後に解散を宣言しました。最近、台湾プロ野球への再加入が認められ、10年ぶりの復帰となりました。, Please post to your Podcast client to complete subscription. 皆さんこんにちは!!今回は、台湾のプロ野球についてです!最近は、7月9日に元ソフトバンクホークスやメジャーリーグでプレーされた川崎宗則選手が選手兼コーチで味全ドラゴンズに入団されたことが報じられましたね!新聞の約半ページ以上が川崎選手につい 味全ドラゴンズ(ウェイチュアン・ドラゴンズ、繁体字: 味全龍)は、台湾・中華職業棒球大聯盟に所属しているプロ野球チーム。, 1997年から1999年まで3年連続で優勝を果たすが、1999年台湾プロ野球界で蔓延してる八百長事件の影響で、当時のオーナー魏應行が解散を宣言。その直後ファンが猛反発、球団に存続を訴えたり署名活動が行われるなどの騒動に発展、12月12日中正紀念堂正門にて抗議運動「棒球迷大遊行」が行われた。さらに行政院や立法院に政府にプロ野球の救済を求めた。しかし魏應行オーナーはファンに一切耳を向けず強行。記者会見の場では「野球の試合は八百長のためにある」と豪語した。ファンに惜しまれつつもその翌日解散を発表。[1], 2019年1月、かつてのオーナー企業だった頂新国際集団が2021年シーズンからのリーグ参加を目標にCPBLへの申請を表明した[2]。新本拠地については新球場の構想がある新竹市、雲林県立斗六野球場のある斗六市、澄清湖棒球場のある高雄市[3]、KANOの聖地である嘉義市などが候補に挙がっている[4]。, その後、GMを務めることになった台湾のIT実業家呉徳威(繁体字: 吳德威)は同球団OBの葉君璋を監督、黄煚隆(中国語版)を守備コーチ、張泰山を打撃コーチに据える人事を発表した[5]。, 5月13日、CPBLの審査を通過し、20年振りのリーグ参入が正式に決定[6]。2020年から2軍に、2021年から1軍に参入することとなった[7]。, 6月、2軍の本拠地を斗六市に決定した[8]。7月に選手兼任コーチとして前福岡ソフトバンクホークスでメジャーリーグ経験も有する川﨑宗則加入を発表した[9]。, 11月4日、1軍の本拠地を新竹市に決定。ただし新竹市立中正野球場跡地に建設される新スタジアムの「新竹市立棒球場」の完成は2021年秋となるため、それまでは高雄市または台北市の球場使用を申請している[10]。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=味全ドラゴンズ&oldid=79660179. 川﨑 宗則(かわさき むねのり、1981年6月3日 - )は、鹿児島県姶良市出身のプロ野球選手(内野手)、コーチ、元メジャーリーガー。右投左打。現在は台湾プロ野球の味全ドラゴンズに選手兼任コーチとして所属。(w完コ 台湾プロ野球の味全ドラゴンズの客員コーチに就任すると発表された元ソフトバンクの川崎宗則内野手。味全ドラゴンズの発表を受けて日台両メディアが続々と報じているが、そんな中、川崎氏には台湾で現役復帰する可能性があったことを地元メディアが報じている。, 【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト, 川崎市は昨年3月末に自律神経の病気のために、ソフトバンクを退団。その後回復に努めていた。客員コーチという形で久々にグラウンドに立つことになりそうな川崎氏。まだ具体的な指導期間や、どの部門のコーチをするかは発表されていないものの、7月13日に行われる台湾でのファンミーティングで元気な姿を見せてくれるようだ。, 昨季は静養に努めながら、城所龍磨氏やイチロー氏のトレーニングのサポートをするなど、野球に触れる機会も増えていた。そんな中で台湾メディア『ETtoday運動雲』は、今年5月、新外国人選手として川崎氏が台湾プロ野球の統一ライオンズに入団する可能性があったと報じている。, 記事では今年5月に川崎氏が代理人を通じて統一ライオンズに接触し、台湾での現役復帰の可能性を模索していたことを紹介。記事では、同球団の蘇泰安オーナーのコメントを伝え、蘇オーナーは「川崎氏の代理人と(川崎氏に)台湾でプレーする機会があるかどうかを話をしました。川崎氏については高い守備力を誇り、有名な選手であることを認識していました。当時は外国人野手の獲得を考えていましたが、チーム戦力を評価、検討し最終的に獲得には至りませんでした」とコメントしている。, また、同時に「川崎氏が味全ドラゴンズの客員コーチに就任すると聞きました。これは台湾の野球にとってとても良いことだと思います」と川崎氏が味全ドラゴンズの客員コーチに就任することを歓迎している。統一ライオンズは選手やコーチとして積極的に日本人を受け入れており、近年では西武とのコラボイベントを開催するなど友好的なチーム。「統一ライオンズ・川崎宗則」は実現しなかったが、もし入団していればより台湾プロ野球のシーズンを盛り上げていたことだろう。, 「日本の野球はしっかりしている」 元U-23代表が頂点を極めた舞台で感じた強み(侍ジャパン応援特設サイトへ). Copyright © RTI (Radio Taiwan International). All Right Reserved. 日本通運「侍ジャパン」応援サイトでもFull-Countスペシャル記事を配信中!! 中華職業棒球大聯盟(ちゅうかしょくぎょうぼうきゅうだいれんめい、繁体字: 中華職業棒球大聯盟、英語: Chinese Professional Baseball League, CPBL)は、中華民国(台湾)のプロ野球団体、リーグ。略称は「中華職棒」、「中華職棒聯盟」、「中華職棒大聯盟」、「CPBL」。日本では、「台湾プロ野球」とも称される。 ソフトバンクや大リーグで活躍し、昨年7月から台湾プロ野球の味全で選手兼客員コーチを務めていた川崎宗則内野手(38)が退団することが濃厚となった。, 5日に報じた複数の台湾メディアによると、呉徳威GMは「今年、川崎が選手やコーチとして味全に戻ることはない」とコメント。川崎は18年3月に体調不良でソフトバンクを退団したが、味全で現役復帰した。, ヤクルト奥川 中学生にミニ講演「3つ勝てれば…」 23日ぶりキャッチボールには巨人007感嘆, 侍J稲葉監督、ロッテ朗希に助言「体だけには気を付けて」 代表入り可能性は…「まだ半年ある」, 【キャンプ隠しマイク】阪神・矢野監督 岩貞は侍入り?と関係者直撃も…即オチのトーク力発揮, ヤクルト・高津監督 奥川1軍デビューは五輪後“イメージ”「早ければ夏休みぐらいには」, 【記者の目】前田にとってメリット大きい移籍 先発で勝負させてもらえる環境求めていた, 阪神・藤川「笑」タイム!1日キャプテンがフル回転 藤浪に助言、ブルペン投球、サイン会も, 阪神・山本昌臨時コーチ“柔の及川、剛の西純”絶賛 「将来、虎の屋台骨背負う可能性」, DeNA・ビスケル特別コーチ 2軍キャンプ視察 ドラ1森らに熱弁「守備はリズムが全て」, 巨人1軍投手陣の競争激化、8日の紅白戦で桜井VS今村 宮本チーフ「バトっていただきます!」, ソフトB・ドラ1佐藤 自慢の俊足で開幕1軍狙う!肩も武器の即戦力 外野戦線に名乗り, ソフトB新人5選手 ハンバーガー作り体験 ドラ1・佐藤「料理は小学校の調理実習以来」, マエケン ツインズに電撃トレード!「先発」求めた前田側と補強急務の球団“思惑一致”, 記者が見た現役続行の日本ハム・斎藤佑樹投手の葛藤 11年目へリハビリ後の変身を見たい. 台湾メディア報じる「プレー機会を模索してた」. 今は、僕のように日本に留学したことある選手が20人ほど台湾プロ野球界にいるので、日本から学んできたことを生かした化学反応を期待されています。味全ドラゴンズの蕭一傑コーチのように日本のプロ野球を経験して台湾の球界に戻ってくる人も多いです。 (台北中央社)台湾プロ野球、味全ドラゴンズは23日、台北市内で新入団選手のお披露目会を開き、米大リーグでのプレー経験を持つ左腕・王維中(ワン・ウェイジョン)投手と約208万米ドル(約2億2000万円)で5年3カ月の契約を結んだと発表した。契約金額は台湾プロ野球史上最高額となる。 台湾プロ野球の味全ドラゴンズに、日本人の川﨑宗則さんが客員コーチとして参加することになりました。味全ドラゴンズは、一時期解散していましたが、このほど台湾プロ野球への復帰を果たしました。これにより、台湾プロ野球は合わせて5チームとなりました。 味全ドラゴンズ(ウェイチュアン・ドラゴンズ、繁体字: 味全龍)は、台湾・中華職業棒球大聯盟に所属しているプロ野球チーム。 *1 味全(指名11名) ①王維中(ワン・ウェイジョン) パイレーツ 188cm 83kg 28歳 左左 LHP 〇経験 ストレート スタミナ 変化球 年齢 主要国際大会経歴(高校以降) 10年:AAA世界野球選手権 ついに台湾に帰ってきた経験豊富な左腕。兄は王躍霖(樂天桃猿)。12~13年にパイレーツ、14~17年… Copyright © SPORTS NIPPON NEWSPAPERS. 台北経済新聞に掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。 Copyright © SPORTS NIPPON NEWSPAPERS. ソフトバンクや大リーグで活躍し、昨年7月から台湾プロ野球の味全で選手兼客員コーチを務めていた川崎宗則内野手(38)が退団することが濃厚となった。 Copyright 2020 CAKEHASHI corporation All rights reserved. アーカイブス2020年11月号は「田中将大 伝説の24連勝、楽天 球団初の日本一」. 味全ドラゴンズは1999年にチーム解散したのですが、 2019年に台湾プロ野球に再加盟しました。 そのためチアガールもまだ世間に認知されていないため、 フォロワー数が少なく、5位という結果になっております。 ですが、 皆さんこんにちは!!今回は、台湾のプロ野球についてです!最近は、7月9日に元ソフトバンクホークスやメジャーリーグでプレーされた川崎宗則選手が選手兼コーチで味全ドラゴンズに入団されたことが報じられましたね!新聞の約半ページ以上が川崎選手につい 日本のプロ野球が6月19日、ついに開幕する。コロナウイルスの影響で例年より約3カ月遅いスタートとなった。そこで、今回は世界で真っ先にプロ野球を開幕させた台湾の「味全ドラゴンズ」林桀晨選手に、台北経済新聞編集長の秋山光輔が独占インタビューを行った。, 秋山:日本への留学経験もある林桀晨選手に本日は全編日本語でインタビューを行います。まずは読者の皆さんに自己紹介をお願いします。, 林:台湾プロ野球チーム「味全ドラゴンズ」背番号53番の林桀晨です。右投げ左打ちの内野手です。昨年度から味全ドラゴンズに所属し、今年で26歳。高校時代に岡山共生高校の野球部に留学、その後、奈良産業大学へ進学し、約5年間日本に留学しました。大学時代から野茂英雄さんの台湾での通訳を担当し、昨年度は味全ドラゴンズと契約されていた川崎宗則選手の通訳兼選手として味全ドラゴンズと契約し、今年は選手として支配下登録されました。味全ドラゴンズは20年前に3連覇した後に一度解散し、昨年再結成した粘り強いチームです。選手の年齢層も若く、元気と「雑草魂」のあるチームだと思います。, 秋山:なるほど。これまで日本と台湾の2カ国で野球をしてきたのですね。日本と台湾で野球文化の違いを感じることはありますか?, 林:国民性がプレースタイルに反映されていると思います。日本は、世界で通用する「細かな」野球で、綿密な作戦に緻密な技術を求められます。台湾は逆に、荒くていい、豪快なプレーを求められます。ピッチングよりもバッティングが強い選手が多い。今は、僕のように日本に留学したことある選手が20人ほど台湾プロ野球界にいるので、日本から学んできたことを生かした化学反応を期待されています。味全ドラゴンズの蕭一傑コーチのように日本のプロ野球を経験して台湾の球界に戻ってくる人も多いです。, 秋山:確かに映画「KANO」の中でも「漢民族は打撃が強い」というくだりがありましたね。そもそも、映画「KANO」の時代から日本と台湾の野球のつながりはありましたが、今もなお親善試合など深い交流が続いているように見受けられます。他のスポーツよりも特に野球の交流の頻度は多く感じます。これには何か理由があるのでしょうか?, 林:王貞治さんや郭泰源さんら、日本プロ野球界で活躍された大先輩方の影響は非常に大きいと思います。最近は、千葉ロッテマリーンズや楽天イーグルス等の日本のチームが台湾に来て交流試合を行っていました。, 秋山:日本のチームが台湾に来て試合を行うということは、台湾人のプロ野球ファンは日本の野球にも興味があるんですね。私自身がインバウンド従事者なので、日本のプロ野球は台湾から旅行客に足を運んでもらえるコンテンツの一つだと感じています。台湾人を日本の球場などに集客したい場合、何がポイントになりますか?, 林:台湾人は日本で頑張る台湾人を応援します。そのため、高校から留学している選手のインタビューや密着取材をやってみると面白いと思います。学校生活や、野球部の練習の様子を多くの台湾の人に見てもらえたら、一般の方も日本の野球により興味を持ってくれるでしょう。, 林:野球部の上下関係に初めはびっくりしました。台湾より厳しかったので驚きましたが、現在西武ライオンズで活躍されている呉念庭選手のように面倒を見てくれる優しい先輩もいました。呉先輩にはこれからも日本で頑張ってほしいと応援しています。実は、僕が留学した岡山共生高校の野球部は今年で廃部になるんです。今年はコロナウイルスの影響で甲子園大会が春夏共に中止になってしまったので、完全燃焼できないまま廃部を迎える後輩の気持ちを考えると辛いです。, 秋山:コロナウイルスの影響で言えば、日本のプロ野球は無観客ながら6月19日にようやく開幕となりました。対して台湾は世界最速でプロ野球が開幕したことが世界的にもニュースになっていました。台湾政府とCPBL(中華職業棒球大聯盟)の今回のコロナ対策について教えてください。, 林:まず政府が1月に空港で入国者への検疫を強化し始めた段階でCPBLも対策を始めました。具体的には選手のバス移動時にはマスクが配布され、選手が球場に入る際に毎日検温を行っています。2軍の審判は試合中もきちんとマスクを着用していました。清明節の連休時には観光地に人が密集し、感染拡大の恐れがあるため、その場所へ行った人に政府からアラートメールが送られましたが、それを受け取った人は隔離対象者となり14日間の自宅隔離をしなければなりません。チームメイトの一人が、偶然実家が観光地の近くだったことからアラートメールの受信対象者となってしまい、隔離されていました。政府のアラート以外にも、各チームがCPBLと連携して報告しなければならず、陽性者や隔離対象者は14日間試合に出ることはできません。もし虚偽の報告をした場合はチームが罰金等のペナルティーが定められていて、一人でも陽性者が出た場合は台湾のプロ野球は中止となり開催されません。, 秋山:選手の皆さんも徹底して感染防止に取り組まなければならない訳ですね。では観客はどうでしょう?, 林:1軍も2軍も今は人数制限付き、ソーシャルディスタンスを保つことを条件に観客の入場が開放されました。開放当初は実名制の入場で、もちろん入場時に検温も実施。球場から感染者を出さないように関係者全員が努めています。やはり選手としても観客の応援があった方が興奮してやる気が出ます。味全ドラゴンズは再結成したチームなのでCPBLのルール上、来年まで1軍登録ができないので今は2軍でプレーしています。他のチームの2軍にはチアガールがいませんが、味全ドラゴンズはチアガールが居るので、ファンも選手もより一層盛り上がっています。, 林:通訳を通して素晴らしい野球の先輩方にいろいろな場所に連れていってもらえて、いろいろな経験をさせてもらいました。この大先輩から通訳の経験を通して知識を吸収できるのは僕にしかできない特権だと思います。まずは台湾のプロ野球で1軍の選手として頑張って、将来的には日本野球と台湾野球の交流を頻繁に行って台湾野球の発展に貢献したいと思います。, 林:日本のコロナウイルスの状況が一日も早く良くなることを祈っています。野球ファンの皆さんは今、球場に行けないと思うので、在宅時間にぜひ台湾のプロ野球もネットで見てほしいです。味全ドラゴンズを応援してもらって、コロナが落ち着いたらぜひ台湾に応援に来てください。皆でこの困難を乗り越えましょう。, 味全ドラゴンズ本拠地の球場へ取材に行った際に、林選手のインタビューでも話題に上がった蕭一傑コーチにも少し話を聞いた。高校から日本に留学し、その後選手として阪神タイガース、福岡ソフトバンクホークスでプレー。台湾に戻り引退後に通訳として1年間、日本ハムファイターズに在籍。日本プロ野球と台湾プロ野球の大きな違いは「食事面」だという。日本のプロ野球はケータリングで食事を用意されるが、台湾だと弁当が用意されるという。また、日本の選手、特にピッチャーはレベルが違うとべた褒め。今後は台湾で、日本のプロ野球で自分が経験したことをコーチとして台湾の若者に伝えていくと言う。, 「TOKYU HANDS台隆手創館のQスクエア店」(台北市中正区)が11月6日、リニューアルオープンした。, 「スターバックス台北時代店」(台北市信義区忠孝東路)で11月3日、ホリデーシーズンに向けた台湾スターバックス限定新商品の発表会が行われた。, ホテル・ロイヤル・ニッコー・タイペイ(中山区)で10月29日~30日の1泊2日の日程で、日本航空(JAL)のビジネスクラスの食事を提供しながら現役キャビンアテンダント12人がおもてなしをする「JAL Sky Dining 空中饗宴」が開催された。, 誠亜国際有限公司(中山区)が10月14日、「“セミ”オンライン三重県台湾インバウンド商談会」を開いた。, 台湾の文化放送の賞で台湾の3大娯楽賞の一つ「金鐘獎(ゴールデン・ベル・アワード)」授賞式が9月26日、国父紀念館(信義区)で行われた。. (台北中央社)台湾プロ野球、味全ドラゴンズは23日、台北市内で新入団選手のお披露目会を開き、米大リーグでのプレー経験を持つ左腕・王維中(ワン・ウェイジョン)投手と約208万米ドル(約2億2000万円)で5年3カ月の契約を結んだと発表した。契約金額は台湾プロ野球史上最高額となる。 王は米大リーグのブルワーズやアスレチックス、パイレーツのほか、韓国のNCダイノスに在籍した経歴を持つ。台湾プロ球団への入団は初めて。味全は7月の中華職業棒球大連盟(CPBL)ドラフト会議で、全体1位で王を指名し、契約交渉権を得ていた。 (楊啓芳/編集:名切千絵), 掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。すべての著作権は中央通訊社に帰属します。 台湾プロ野球の味全ドラゴンズの客員コーチに就任すると発表された元ソフトバンクの川崎宗則内野手。味全ドラゴンズの発表を受けて日台両メディアが続々と報じているが、そんな中、川崎氏には台湾で現役復帰する可能性があったことを地元メディアが報じている。 通訳兼育成選手の林桀晨(左)を伴ってイベントに出演した川崎(中央) 台湾プロ野球・味全の 川崎宗則 内野手兼客員コーチ(38)が10日、台湾・台北市でビジネスセミナーという意外な組み合わせのイベントに出演した。 Copyright(C) 中央通訊社, 国営通信社・中央通訊社が運営する日本語ニュースサイト「フォーカス台湾」では、日台の経済、社会、文化、エンターテインメントなどに関する情報提供をお待ちしています。, 台日米の木造建築模型が集結 「Timberize TAIWAN」中部・台中で開催中, 推奨閲覧環境: Internet Explorer 9以上、Firefox 8以上、Google Chrome. All Rights Reserved. Sponichi Annexに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権はスポーツニッポン新聞社と情報提供者に帰属します。. 川崎宗則氏、現役復帰の可能性あった!? 著作権は台北経済新聞またはその情報提供者に属します。. 味全ドラゴンズは、台湾プロ野球元年の1990年に優勝した名門チームで、97年から99年まで3年連続で優勝しましたが、99年のシーズン終了後に解散を宣言しました。最近、台湾プロ野球への再加入が認められ、10年ぶりの復帰となりました。 *1 味全(指名11名) ①王維中(ワン・ウェイジョン) パイレーツ 188cm 83kg 28歳 左左 LHP 〇経験 ストレート スタミナ 変化球 年齢 主要国際大会経歴(高校以降) 10年:AAA世界野球選手権 ついに台湾に帰ってきた経験豊富な左腕。兄は王躍霖(樂天桃猿)。12~13年にパイレーツ、14~17年…
2020 台湾プロ野球 味全