ヒラリー・ロダム・クリントン(英語: Hillary Rodham Clinton, 1947年 10月26日 - )は、アメリカ合衆国の政治家・弁護士。 第67代国務長官・上院議員を歴任。 第42代アメリカ合衆国大統領 ビル・クリントンの妻であり、1993年1月20日から2001年1月20日までアメリカ合衆国のファーストレディだった。 --このテキストは、, 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 2017年9月にアメリカで刊行されたヒラリー・クリントン前民主党大統領候補の最新自伝『what happened』(邦題『what happened 何が起きたのか?』高山祥子訳)はたちまちミリオンセラーとなりました。このタイトルが示すように、あの歴史に残る大統領選を事細かに振り返った内容です。 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, トランプとの何度目かの討論会で、私は弱い者いじめはしないと言っていたのが印象に残っています。この人なら大丈夫と思っていましたが、選挙戦は残念な結果となりました。とても素晴らしい人だと思います。大統領になった時の為に準備していたスピーチが載っています。何度読み返しても泣けてきます。, こちらの内容はもちろんトランプに負けたクリントンの、自分自身を整理する意味においても書かれた内容の書籍だと思う。, 非常に率直に、失敗は正直に認め、グチもいっている。功績や褒められたことも正面から書いていて、日本人は誤解しやすいかもしれない。だがこうした態度はアメリカでは推奨されているようだ。ちょっとしたHow to本にも「黙っていても誰も(長所を)褒めてはくれません」とあるぐらい。, 「WHAT HAPPENED~何が起きたのか?」は原書も購入した(kinndle版)。, 自分の敗因を冷徹に分析してるのはさすがだが、そういうとこがまたミソジニーを呼んでいる。, 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. 大統領就任式、何が起きたのか? 『WHAT HAPPENED』#3ヒラリー・ロダム・クリントン, トランプが勝った今、わたしの身に何が起きるかわからない『WHAT HAPPENED』#2ヒラリー・ロダム・クリントン, 選挙当日の夜、何が起きたのか?『WHAT HAPPENED』#1ヒラリー・ロダム・クリントン, 「なぜ日露戦争の講和条約が大暴動に発展したのか?」受験生&親は必読!近現代史を“逆”からざっくり解説(5), 現役看護師の僧侶が語る、死の予兆が現れ始める「死の3か月前」頃から起こる3つのこと. 株式会社光文社Copyright (C) Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved. 以下の記事は謎の MH17 / MH370 事故で本当は何が起こっ ... オランダはヒラリー・クリントン の人身売買リングのスポンサーであり、オランダの政治家は郵便番号宝くじからクリントン財団に 2500 万ユーロを支払います。 グリーン・ディール. 歴史上、最も論争的で結果が予測できない大統領選の最中に、彼女は何を考え、感じていたのか?憤怒、男性上位主義、気持ちの激しい浮き沈み、フィクション以上の不可解さ、ロシアの妨害、そして、全てのルールを破る対抗者―嵐のような日々から解き放たれ、初めて大政党の大統領候補となった女性としての強烈な体験を白日の下に。ドナルド・トランプのような人間と大統領選を戦うとはどういうことか?彼女が犯した過ちとは?衝撃的で破滅的な結末とどう折り合いをつけたのか?そして、元の自分に戻るための力をどのように得たのか?全米大ベストセラー、待望の邦訳! Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。, トランプとの戦い、ロシアの介入、氾濫するフェイクニュース、私用メール問題とFBIの再捜査、政界で女性であること――歴史上、最も論争的で結果が予測できない大統領選の最中に、彼女は何を考え、感じていたのか? 彼女の犯した過ちとは? そして衝撃的で破滅的な結末とどう折り合いをつけ、元の自分に戻るための力をどのように得たのか? 初めて大政党の大統領候補となった女性としての強烈な体験を、白日の下にさらす。, 歴史上、最も論争的で結果が予測できない大統領選の最中に、彼女は何を考え、感じていたのか?憤怒、男性上位主義、気持ちの激しい浮き沈み、フィクション以上の不可解さ、ロシアの妨害、そして、全てのルールを破る対抗者―嵐のような日々から解き放たれ、初めて大政党の大統領候補となった女性としての強烈な体験を白日の下に。ドナルド・トランプのような人間と大統領選を戦うとはどういうことか?彼女が犯した過ちとは?衝撃的で破滅的な結末とどう折り合いをつけたのか?そして、元の自分に戻るための力をどのように得たのか?全米大ベストセラー、待望の邦訳! ヒラリー・クリントンさんのフロフィール 出典:blog.goo.ne.jp ヒラリーさんは1947年10月26日にイリノイ州シカゴで誕生しました。 父親のヒュー・ローダムは繊維業界の大物で保守主義者として有名だったそうです。 ヒラリーさんは3人兄弟で、ふたりの弟(ヒューとトニー)がいます。 amazonでヒラリー・ロダム・クリントン, 髙山祥子のwhat happened 何が起きたのか?。アマゾンならポイント還元本が多数。ヒラリー・ロダム・クリントン, 髙山祥子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またwhat happened 何が起きたのか?もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 二〇一六年一一月八日の夜は、孫娘を追いかけて、どうしてもぎりぎりで捕まえられないふりをすることから始まった。シャーロットがはしゃいで、「もう一度!」と叫び、同じことを繰り返す。これがしばらく続いた。それで、テレビから気持ちを逸らしておけた。家族と主要なスタッフは、ニューヨークのペニンシュラ・ホテルに集まって、開票結果報告を見ていた。わたしは選挙の夜が嫌いだ。もう何もできず、待っているしかない。何時間か前、夜明け前の暗闇の中、わたしたちはピッツバーグからミシガン州グランド・ラピッズへの最後の選挙運動の旅を終え、フィラデルフィアでオバマとブルース・スプリングスティーンと共に大規模な大会に出た。それからノースカロライナ州ローリーでまた別の大会に出て、そこではジョン・ボン・ジョヴィとレディー・ガガの深夜のデュエットが披露された。ようやくニューヨーク郊外のウェストチェスターに戻ると、午前四時近いというのに、たくさんの支持者が舗道で出迎えてくれた。わたしは疲れ果てていたが幸せで、チームが誇らしかった。フィラデルフィアのインディペンデンス・ホールでビル、チェルシー、バラクとミシェルと共に、何万人もの人々の前に立ったときが、選挙運動全体を通してピークの一つだった。大統領はわたしをハグし、囁いた。「よくやった。誇りに思うよ」自宅に帰ってシャワーを浴びて着替えをし、ビルと共にチャパクアの小学校で投票をした。わたしが投票しようとしているのを見て、人々は携帯電話を取り出して友人に電子メールを送ったり、こっそり写真を写したりした。わたしはボランティアのスタッフがいるテーブルに行き、有権者の名簿にサインをした。本当にわたしであることを証明するものが必要かどうかと、冗談を言った(わたしは写真付きの身分証明書を求められることはなかったが、多くの国民はこれを見せなければならず、その日、あまりにも多くの国民が追い返された)。選挙運動は小さな苛立ちや大きな怒りの連続だったが、最終的に、我が民主制が動き始めるのを見るのは心が高ぶるものだ。あらゆる議論をし、大会を終え、テレビの宣伝が放映されて、一般の人々が列をなして意思表示をする。ウィンストン・チャーチルの、「民主制は最悪の政府の形態だ――他の全てを除いたら」という名言が大好きだ。現状はめちゃくちゃであっても、わたしはまだそれを信じている(選挙人団、あなたたちのことよ!)。候補者名簿に自分の名前があるのを見るのは、特別なことだ。二〇ヵ月のあいだ、一二回の討論会、そして数えきれないほどのスピーチや集会を経て、ついにここにたどりついた。全国で一億三六〇〇万人がわたしとドナルド・トランプの名前を見て、この国、そして世界の将来を形作る決定をする。候補者名簿にマークをつける前に、女性が歩み寄ってきて、一緒に自撮りしていいかと訊いてきた(自撮りを求める気持ちには境界線がない─投票場という聖域でさえ、禁止地域ではないのだ!)。わたしは自分の名前と下流(連邦議員など)の候補者の横の空所を埋め、それをスキャナーに滑りこませ、見えなくなるのを見守った。心の中にはプライドと謙虚な気持ち、そして緊張があった。とにかく全力を尽くしたというプライド。じつは選挙運動は容易な部分で、肝心なのはこれからだという謙虚な気持ち。そして緊張していたのは、選挙はいつも予測不可能なものだからだ。世論調査や分析は、わたしに有利だった。前日、世論調査員のジョエル・ベネンソンが、心強い報告書を送ってきた。それによるとトランプとの一対一の直接対決では五ポイント差で勝っていて、第三政党が入ると四ポイントのリードになる。「きっと勝つよ」ジョエルは言った。それでも、コミーやロシアのせいで、選挙運動はかなりの向かい風だった。何があってもおかしくない。投票はその日の山場になった。午後遅い時間にわたしたちがペニンシュラ・ホテルに着いたとき、情勢は良さそうだった。通りは警察官とシークレットサービス職員が封鎖していた。このホテルはトランプ・タワーからわずか一区画しか離れていない。結果が出るとき、二人の候補者は石を投げれば当たるようなところにいることになる。わたしは頭をはっきりさせておこうとした。夫は出口調査を熱心に追ったものだが、わたしは聞きたくなかった。その日のうちの性急な報道が信用できるとは思っていなかった。それに、もう何もできないのに、わざわざプレッシャーを抱えこむ必要はない。数時間もすれば、結果は分かる。, 何週間も、次期大統領としての引き継ぎや最初に手をつけたい仕事に関するメモが詰まった重たいバインダーを持ち歩いていた。閣僚の選択、ホワイトハウスのスタッフの雇用、上院で扱う立法議題。実際の仕事を考えるのは楽しかったが、選挙運動の終盤は、選挙後のことに気持ちを集中するのは難しかった。夜遅く、就寝前に時間を見つけて、引き継ぎに関するメモやレジュメを読んだ。途中で寝てしまうこともあった。逆に何かを思いついて興奮して、すぐにでも実行できるように準備してほしいと、スタッフに電話することもあった。選挙日、選挙運動は全て終わり、ようやく今後の仕事について本気で考えることができた。興奮した。過去二〇ヵ月間に提案した何百もの細かい政策は、マスコミには充分取り上げられなかったが、国の問題に取り組むための強固な基礎になるだろう。野心的なインフラ整備の計画から始めることにした。道路や鉄道、空港、港、大量輸送交通システム、そしてブロードバンド・ネットワークを改善するいっぽう、仕事を増やす。民主党が上院を奪回する可能性はおおいにあったが、下院では共和党が大多数となるだろう。理屈のうえでは、インフラ整備は二大政党連携の主張になるから、すぐにでも歩み寄りを始めるべきだ。インフラ整備一括法案を通すのに足る共和党の票を集めるのは難しいだろう。選挙は、我が国を厄介なやり方で分断した。政府や我々の仲間への信頼は、歴史的に低い。わたしたちはお互いに、階級や人種、性差、地域、そして政党の分断線をはさんでいがみ合っている。そこへ橋を架け、国を統一しようというのが、わたしの仕事になる。大統領一人でできる仕事ではないが、最初から正しい姿勢を打ち出すのが重要だ。またマスコミはわたしの引き継ぎ時期と最初の一〇〇日間を、トランプに投票した人々への対処の仕方で評価するはずだ。最初の試験――最初のチャンスでもある――は、何千万人という国民に見られるはずの、選挙日の夜のスピーチだろう。候補者としての最後の行為、そして次期大統領としての最初の行為だ。グレッグ・ヘイルが率いて先乗りしたスタッフが、マンハッタンのミッドタウンにある大型コンベンションセンター〈ジャヴィッツ・センター〉に、素晴らしい舞台を設営していた。本物のガラスの天井の下を歩いていって、アメリカの形のステージに立つ。演壇は、テキサス州の上だ。票が数えられていたとき、シンボルとしてのガラスの天井が、永久に割れるといいと思っていた。このとき何を言おうか、数週間ほど考えていた。スピーチ・ライターのダン・シュウェリンとミーガン・ルーニーが、上級政策顧問ジェイク・サリヴァンと広報部長ジェニファー・パルミエリと協力して草稿を書いていた。彼らが敗北宣言も用意しているのは分かっていたが、それについてはあまり考えないようにしていた。ペニンシュラの最上階のスイートルームに入って、ダンとミーガンを呼んだ。ビルとジェイクが合流して、小さな部屋で最終的に草稿を見直した。難問の一つは、トランプに投票した人々に歩み寄って和解の雰囲気をかもしだしながら、わたしの支持者には勝利を味わってもらう、そのバランスだった。歴史も考えなければならなかった。何もかも希望通りにいけば、わたしは初めて大統領に選出された女性として、このスピーチをするはずだった。それだけになってしまわずに、相応の意味を表わしたかった。そして何よりも、民主制の力をアメリカ国民に約束したかった。選挙によって、わたしたちの信頼が様々に試されてきた。トランプはあらゆる規範を乱し、もし落選したら投票結果を受け入れないなどと警告した。ロシアが介入した。長きにわたる司法省の方針に反してFBI長官もだ。そしてニュース・メディアが、全てをばかばかしい茶番に変えた。多くの国民が、将来にとって何がどんな意味を持つのか疑問に思ったはずだ。わたしはこうした不安に、勝利と平穏な引き継ぎ、そして真の結果をもたらす効率的な大統領の仕事をもって応えたい。大きな連携とともに勝利するのは、国が分断されているという考えを覆すのに役立つだろう。それぞれ違いを抱えながらも、アメリカ国民の大多数は、中核となる価値観を守るために一体になると主張したい。スピーチの冒頭でそれを伝えたかった。選挙戦でわたしは、「わたしたちは違いによって定義されるのではない。〝我々対彼ら〟という国ではない。アメリカンドリームは、どんな人とも分け合えるほど大きい」と訴えた。わたしに投票してくれた人だけでなく、全国民のための大統領になるつもりだ。選挙運動中に出会った人々から聞いた生の声、多くの人々が感じている怒りを忘れない。選挙の結果が、「泥沼のような政治でも掘り続ければ、何か真実が見つかる。それこそがアメリカ国民を結びつける基本的な価値観だ」ということを示していると言うつもりだった。スピーチの最後は、個人的な調子にしたかった。選挙運動中、いつでも母の話が心の試金石だった。母の忍耐力は、そのまま我が国が敵対国に対して持たなければならない忍耐力だった。女性の権利とチャンスを求める長い闘いにしてもそうだ。詩人のジョリー・グラハムの助けを得て、スピーチの締めくくりを書いた。これを読むとき、必ずわたしは涙ぐんでしまう。ご存じのように、あの晩披露するチャンスがなかったので、ここに掲載しようと思う。, スピーチライターたちが最後の校正をしに退出し、わたしは待機戦術に戻った。東海岸で投票所が閉まり、結果が出始めた。最初の警戒標示は、ノースカロライナ州だった。オバマ大統領は二〇〇八年には勝ったが、二〇一二年には僅差で負けた州だ。わたしはそこで積極的な運動を行なったが、形勢はうまくなさそうだった。黒人やラテン系アメリカ人の投票率は希望していたより低く、トランプ支持の白人労働者階級が精力的に活動したらしい。同じことがフロリダ州でも起きた。二〇〇〇年の選挙全体を決定づけた激戦州だ。今回はフロリダ州で共和党の根幹を砕き、目標である二七〇の選挙人の票を手にしたいと望んでいた。この州の人口統計は変化していて、オーランド周辺ではプエルトリコ人が増え、選挙日前の期日前投票数も増えていたので、わたしたちに有利かと思われた。だが選挙運動マネジャーのロビー・ムックが最新の票数を知らせにきたとき、彼が緊張しているのが分かった。彼はとても前向きな人物なので、わたしには、悪い知らせだと分かった。まもなく、また別の鍵となる州でも同じ展開になった。二〇〇四年の選挙を決定したオハイオ州で、悪い状況だった。だがこれは予想していたことで、わたしは自分に、あらゆる場所で勝つ必要はないと言い聞かせた。二七〇に達すればいい。ロビーとジョン・ポデスタが絶えず最新情報を教えてくれたが、あまり言うべきことはなかった。ただ見守るだけだった。ビルはひどく緊張し、火のついていない煙草を噛み、長年の友人であるヴァージニア州知事のテリー・マコーリフに一〇分ごとに電話をし、ロビーのもたらす情報に聞き入った。チェルシーとマークは静かだったが、やはり不安げだった。当然だろう。待っているのは辛いものだ。わたしは最もありえないことをすることにして、仮眠を取った。願わくは、目覚めたときに状況がよくなっていますように。わたしは疲れ果てていたので、こんな重圧下でも、目を閉じたらすぐに眠りに落ちた。起きたとき、ホテル内の雰囲気はかなり重苦しくなっていた。ロビーとジョンは動揺していた。古い友人たちが集まっていた。マギー・ウィリアムズ、シェリル・ミルズ、カプリシア・マーシャルなどがいた。弟たちや、その家族もいた。誰かがウィスキーを用意した。アイスクリームを調達してきた者もいた――ホテルのキッチンにあった、全部の味を。ヴァージニア州とコロラド州は勝ったが、フロリダ州、ノースカロライナ州、オハイオ州、アイオワ州はだめだった。今や全員がミシガン州、ペンシルヴェニア州、ウィスコンシン州という、わたしたちが頼りにしていた、一九九二年以来どの大統領選挙でも民主党が勝ってきた州に注目していた。白人の労働者階級が多く住む田舎と準郊外の地域では負けた。埋め合わせをするには、フィラデルフィア、ピッツバーグ、デトロイトやミルウォーキーなどの都市で数を稼がなければならず、そのうえで、郊外で全てが決まるはずだった。時間が経つにつれ、悪い展開になった。都会の選挙区の中には結果が遅い場所もあったが、充分な票数を獲得できるとは期待できなくなってきた。なぜこんなことになったのか?もちろん、選挙運動中、数々の試練に遭った。一一日前のジム・コミーの手紙も衝撃的だった。だがわたしは、一つひとつ困難を乗り越えてやってきたつもりだった。遊説中は、うまくいっているような気がした。エネルギーと熱気がびりびり感じられた。基本的には――世論調査も予想も――わたしたちに勝算があったはずだ。それが消えかかっている。ものすごくショックだった。こんな事態になるとは、気持ちの準備ができていなかった。最終日に頭の中に破滅のシナリオなどはなく、もし負けたら何を言うべきか、考えてもいなかった。だが今やそれが現実になりつつある。室内の空気がなくなり、息ができないような気がした。真夜中を少し回ったころ、AP通信が、わたしのネヴァダ州での勝利を伝え、これは救いだった。ニューハンプシャー州で勝つ可能性はあったが、それでもミシガン州、ウィスコンシン州、ペンシルヴェニア州で勝たなければ充分ではない。専門家は、あまりにも僅差なので数え直しになるか、少なくともあと一日かけなければ結果は出せないと言った。午前一時過ぎ、わたしはジョン・ポデスタに、ジャヴィッツ・センターにいる支持者たちに帰宅して休むように伝えてほしいと頼んだ。勝ちか、負けか、引き分けか、水曜日の朝まで発言は控えることにした。ちょうど同じころ、ジョンとわたしはホワイトハウスからメッセージを受け取った。オバマ大統領は、結果を先延ばしにするのは国にとってよくないことだと心配していた。結果を受け入れると約束せずに民主制を傷つけるトランプの姿勢を批判してきた手前、自分たちははきちんと対処するべきだという重圧があった。もし負けたら、速やかに潔く敗北を認めるべきだ。わたしも同感だった。午前一時三五分、APから、ペンシルヴェニア州でトランプが勝ったと報道があった。勝負がついたも同然だった。ウィスコンシン州とミシガン州でどんなに頑張っても、勝利は難しい。まもなく、トランプが近くのヒルトン・ホテルでの勝利祝賀パーティーに出かける準備をしているという報道があった。潮時だ。わたしは電話をすることにした。「ドナルド、ヒラリーよ」人生で最も奇妙な瞬間だった。わたしはトランプにお祝いを言い、速やかな引き継ぎのためにできることは何でもすると申し出た。彼はわたしの家族と選挙運動についてお愛想を言った。電話をかけるのは辛かったろうとかなんとか言われたような気がするが、今では全てがぼやけ、はっきりしない。まるで友人にバーベキューに参加できないと電話しているように、おかしなくらい普通の、そつのない会話だった。ありがたいことに、短かった。それからわたしは、オバマ大統領に電話をかけた。「がっかりさせてごめんなさい」わたしは言った。喉が締めつけられた。大統領は大丈夫だと言った。わたしは強力な選挙運動を繰り広げ、我が国に尽力した、わたしを誇りに思うと。敗北のあとも人生は続き、彼とミシェルが側にいてくれると言った。わたしは電話を切って、しばらく黙って座りこんでいた。ショックのあまり、呆然としていた。午前二時二九分、APがウィスコンシン州の結果を告げ、トランプの当選を発表した。その後まもなく、トランプがテレビで勝利を宣言した。わたしはホテルの部屋で、愛する人や信頼する人たちに囲まれていた。彼らはわたし同様に傷つき、ショックを受けていた。こんな具合に、みんなで力を合わせて目指してきたものが消え去った。一般投票は、かなりの票差でわたしが勝つようだった。その事実に、いくらかの慰めを感じた。アメリカ国民の多数派はトランプの〝我々対彼ら〟の運動を支持せず、わたしの政策と将来のヴィジョンを選んでくれたということだ。わたしは拒絶された─だが肯定もされた。非現実的なことだ。わたしは自分を責めた。恐れていた候補者としての限界が、最悪の形で現実になってしまった。二〇〇八年の経験を教訓にして、より良い運動を行なってきた。だが根深い怒りを抱えた国民と繋がれず、現状維持を目指す候補者だというイメージを振り払えなかった。それに、わたしの身に降りかかったことを見てほしい。わたしはドナルド・トランプに対抗していただけではない。ロシアの情報機関、心得違いのFBI長官、そしてとんでもない選挙人団を相手にしなければならなかった。そう、規則は理解していた。勝たなければならない州は分かっていた。それでも過去五回の選挙で二回目の、民主党がより多くの票を獲得しながら、わたしたちの立憲制度の古臭いかぎ爪に勝利を奪い取られる選挙となったことは、腹立たしいことだった。わたしは二〇〇〇年以来、選挙人団は人口の少ない州に不適切な力を与える、非民主的な制度だと訴えてきた。「一人一票」の方針をあざ笑うものだ。皮肉なことに、創設者たちはそれを、民主制における外国の介入に対する防護策として作った─建国の父の一人アレクサンダー・ハミルトンは論評『フェデラリスト・ペーパー六八号』に、外国の影響からの保護を、選挙人団を正当化する理由として挙げている。そして今、ウラジーミル・プーチンのお気に入りの候補者に、勝利が手渡された。わたしの頭の中で、トランプの大会で鳴り響いていた「投獄しろ!」という声が聞こえた。二度目の討論会で、トランプは、もし当選したらわたしを刑務所送りにすると言った。彼が勝った今、何が起きるのか見当もつかなかった。スピーチライターたちが、敗北宣言の草稿を持って、遠慮がちに近づいてきた。いったい誰がわたしのスピーチなど聞きたいだろうというのが、正直な気持ちだった。その草稿は喧嘩腰の調子が強すぎた。偏見と憎しみに基づいて当選した新大統領に対する国民の恐怖に語りかけるものだった。あなたたちは一人じゃない、選挙が終わっても、わたしはあなたたちのために闘い続けると訴えていた。だが人々は、わたしに闘ってもらいたいのだろうか? 感謝して負けを認め、立ち去るべきなのではないか?だがジェイクは違う意見だった。確かに潔さは大切だ。だが過去半年間、わたしたちはこの男が我が国にもたらす危険について警告してきたのだから、今さらそれが真実でなかったような行動は取れない。これからどうなるのだろうと、怯え、心配している人々がいる。彼らはあなたの声を聞きたがってる。さかんな話し合いを重ねて、わたしはスピーチライターに、内容は甘くせず、もう少し短くて丁寧な調子に手直しするように頼んだ。ビルはテレビでトランプのスピーチを見ていた。とても信じられなかったのだ。誰も、信じられなかった。やがてみんながその場を去り、二人だけになった。わたしはまだ泣いておらず、泣きたいのかどうかも分からなかった。心底疲れ果て、一〇年も寝ていないような気分だった。二人でベッドに横になり、天井を見詰めた。ビルが手を握ってくれた。, 朝になると、それが現実になっていた。一一月九日の夜明けは、寒々しい雨が降っていた。オレンジジュースを飲もうとしたが、食欲がなかった。やらなければならない仕事がある。それだけに意識を集中した。明るくなるころには、自分の言うべきことが少しはっきりしてきた。スピーチライターが新しい草稿を持ってきた。わたしは民主制が意味するものについてもっと話したいと考えた。そう、平和な権力の引き継ぎは、わたしたちの大切な伝統だ――自ら敗北を認めるのも同様だ。だが法の規則や平等、そして自由というものも、敬意を持って守らなければならない。「ドナルド・トランプがわたしたちの大統領になります。彼に心を開き、主導するチャンスを与えます」と、わたしは言うことになる。だがそのいっぽうで、自分の支持者やアメリカ国民には、より強くて公正なアメリカというヴィジョンを持って動き続けようと働きかけたかった。若いスタッフや支持者に希望を失わせるわけにはいかない。「この敗北が辛くても、ぜったいに、正義のための闘いに価値があることを疑わないで」そう言いたかった。最後にわたしに信頼を寄せてくれた女性や少女たちに、直接語りかけたかった。彼女たちの気持ちを考えると胸が痛んだ。初の女性大統領という歴史を作れず、女性たちは、国民が女性を物扱いし性的暴力を自慢げに話すような人物を選んだという事実に向き合わなければならない。多くの女性――男性も――は朝起きて、アメリカはまだ自分たちの思っていた国のままなのだろうかと疑問を抱いただろう。トランプのアメリカに、自分たちの安全な居場所はあるのだろうか?価値を認められ、敬意を払われるのだろうか?こうした疑問に、わたしが答えることはできない。自分でも訊きたいくらいだ。だが最後のステージで、わたしは今回の闘いを誇りに思うと言いたかった。高い天井を割ることはできなかったが、「いつの日か誰かが割るでしょう――願わくば、今思っている以上に早くに」そして幼い少女たちに、心から信じている言葉を伝えたい。「自分には世界にあふれているチャンスをつかむだけの価値と力があるということを、ぜったいに疑わないで」わたしは着替えをし、持ちものをそろえた。「いつか、ゆうべのステージの写真を見せてね」と、フーマに言った。「すごい舞台でしたよ。大統領のための舞台です」出かける時間だった。国が待っている。先延ばしにしても、物事は容易にはならない。母のことを思った。小さいとき、近所のいじめっ子にからかわれたことがあった。わたしは家に逃げ帰ったが、母が玄関で言った。「臆病者は入らないで。通りに戻りなさい」玄関から通りまでの道のりが、人生で一番長く感じられた。でもわたしは戻った。いつでも母は正しかった。わたしは家族を集め、深呼吸をして、ドアの外へ出た。(了), よろしければサポートをお願いいたします。もっと読んでいただけるコンテンツを発信できるように、取材費として大切に使わせていただきます!, 一冊まるまる公開、もしくは本の一部を全文公開している記事をまとめたマガジンです。すべて無料!, 新刊、イベント情報ほか、ぜひ手にとっていただきたい既刊本のご紹介や注目の連載をアップしていきます。お気に入りの光文社新書について書かれたnoteをまとめたマガジン「#私の光文社新書」は、アイコンのキャラクター「アランちゃん」ともども投稿をお待ちしています!. 何が足りなかったのか、彼女ですら間違えたと悔やむ点はどういったことなのか。彼女から学びとれることはとても多いです。 続きを読む . LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲 (日経ビジネス人文庫), 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 クリントンには、1992年アメリカ合衆国大統領選挙前から多くの疑惑やスキャンダルが存在していた。なおこの多くに妻のヒラリーが関係しており、ヒラリーが後に大統領選挙において落選する原因の一つ … 2014年2月にウクライナでクーデターがありました。暴力的なクーデター。首都キエフのメイン広場で虐殺がありました。100人が殺された。, 3.広場を取り囲む高層ビルの窓にスナイパーがいた。戦略的に配置されていた。建物の狙撃兵は100人の抗議者と警察官の両方を射殺した。それは恐ろしい大虐殺でした。, 4.100人がスナイパーによって殺されました。両方のウクライナ市民、両方の警察官。それはウクライナのホロコーストでした。, 5.スナイパーはプロの傭兵でした。彼らはその仕事をするために雇われ、支払われました。彼らの割り当てられた仕事は約100人を殺すことでした。彼らは正確な指示を与えられていました。誰によって雇用され、支払われましたか?, 6.なぜ100人が残忍に殺されなければならなかったのですか?CIAディレクターのJジョン・ブレナンとヴィクトリア・ヌーランド(州務省)が100人の殺害を望んだからです。それはウクライナでクーデターを引き起こすためで、実際に起こった。, https://www.dagelijksestandaard.nl/2020/02/lachen-naar-het-vogeltje-dit-zijn-mark-rutte-en-soros-junior-erg-indrukwekkende-europese-staatsman/, 小鳥を笑う!これらはマーク・ルッテとソロスのジュニアです: '非常に印象的なヨーロッパの政治家!, ソロス家はルッテ首相の資質に非常に感銘を受けました。これは、父親のジョージ・ソロスと緊密に協力していた政治帝国の息子であるアレクサンダー・ソロスが、今週末ソーシャルメディアに投稿したスナップショットから明らかです。二人はドイツでの会議で会った。, ジョーとハンター・バイデンはオバマから彼ら自身の利益とオバマ・イシスと-クリントン財団のために米国の税金を洗浄するように委託されました、ちょうどそれが中国でも起こったようです。, https://www.scribd.com/document/477156881/Read-Republicans-Biden-report?fbclid=IwAR1B-xuzHO_ieyzg0ROYUqhgftXYPD3QhHVdakXTEHI-FcBpMjrjEJWTQ6k, ヒラリーが、ウラニウム・ワンで販売された燃料から汚い爆弾を作り、それは誰を指しますか? ロシアではなく、米国。, オランダはヒラリー・クリントンの人身売買リングのスポンサーであり、オランダの政治家は郵便番号宝くじからクリントン財団に2500万ユーロを支払います。, 。https://twitter.com/beek38/status/1110890253706059777, 「郵便番号宝くじだけで数百万ドルがクリントン財団に寄付されただけでなく、オランダ政府はこのクリントン党のクラブに私たちの税額440万ドルを寄付しました。シャロン・ダイクスマ、彼女を覚えていますか?PvdA大臣」, https://www.postcodeloterij.nl/goede-doelen/overzicht/clinton-foundation, グローバル・ペド・ネットワークは、オランダのペド・エリートによって共同で支払われます。, クリントン財団は、2001年に元アメリカ合衆国大統領クリントン大統領によって設立されました。クリントン財団は、世界37か国で活動しています。ヘルスケア、女性と女児のより良い機会、病気(肥満を含む)の防止、経済的機会と成長の創出、気候変動の影響の緩和に焦点を当てています。, 協力の開始以来、組織は宝くじから3320万ユーロを受け取りました。郵便番号宝くじの無印の寄付は、「国際および気候変動活動」の分野における財団の活動に費やされています。, https://www.youtube.com/watch?v=jYqilrj0IdY, バイデンのペド・リンク: https://www.youtube.com/watch?v=J0EAHK7EtQs, https://www.portofrotterdam.com/nl/nieuws-en-persberichten/aankomst-ever-glory-groen-containerschip, https://www.ad.nl/show/lady-gaga-bedankt-hugo-de-jonge -voor-steun-aan-corona-onderzoek〜a51c3802 /?referrer = https%3A%2F%2Fwww.google.com%2F, 更新 世界のスター・レディーガガはオランダがコロナワクチンの研究に貢献した5000万ユーロを、彼女の8120万人のTwitterフォロワーで、私たちの国に感謝しました。アメリカの歌手は、ヒューゴデジョンゲ 大臣(公衆衛生、CDA)を名前で呼び出します。, 34歳の歌手は、オランダとコロナワクチンと世界保健機関への支援に感謝します。彼女は、他の国々がオランダの例に倣って、流行前イノベーションのための連合であるCEPIを支援することを望んでいます。, このノルウェーの財団は、世界中から寄付を集めて、感染症に対するワクチンの研究に資金を提供しています。水曜日、De Jongeはオランダ議会への手紙で、オランダが5000万ユーロを拠出していることを発表しました。, 私たちは喜んでお手伝いします」と、大臣は今晩ガガに返答しました。ワクチン迅速に見つけることは、コロナとの世界的な戦いにおいて重要です。私たちはそれを成功させるために協力する必要があります。, 他のヨーロッパ諸国もCEPIを通じて資金を提供しています。これまでのところ総額は6億3,200万ユーロを超えています。財団は2020年までに8億人以上が必要になると予想しています。2021年には、おそらく同じ程度の規模になるでしょう。オランダはまた、次の調査段階に投資する予定です」とヒューゴデジョンゲ(Hugo de Jonge)は言います。, https://nos.nl/nieuwsuur/artikel/2033268-nederland-geeft-miljoenen-aan-clinton-foundation.html, ニュースアワー-外交政策(NEWS HOUR-FOREIGN POLICY)-30-04-2015、16:54, オランダ経済省は、クリントン財団の慈善団体を440万ユーロ支援しています。しかし、アメリカ人はなぜ外国の勢力がそれをするのか疑問に思いますか?大統領府への直通電話であるヒラリー・クリントンは大統領選挙で勝利することを許可されましたか?, ニースールは、ヒラリー・クリントンについての本を書いたジョナサン・アレンと話します。また、ニューヨークのコロンビア大学教授で、キャンペーンとその資金調達を専門とするグレゴリー・ワウロ(Gregory Wawro)と一緒に。, オランダの陰謀団と偽の王が彼らの犯罪に決して屈服しないことは明らかであり、アライアンスによる介入は、ゲサラを始めるためにオランダの大悪を取り除くために避けられないでしょう。, https://twitter.com/truthhitsevery1/status/1277194884085145600, 「ロジャー・ストーンは、フリン将軍がボーイポン引きマースダムのペド(小児性愛者)顧客リストを所有していることを知っています(#Demminkは顧客でした!), ストーンop 5/8/2017: 'フリン将軍は、ディープステートの、「オランダ」の高レベルの小児性愛者のリストを持っています。, https://operationdisclosure1.blogspot.com/2020/09/breaking-dutch-cabal-exposed-rinus.html, 事故で本当は何が起こったか、そして、オランダのディープステートに支配された国内政治事情も完全に日本と類似しています。オランダでは偽の王室、日本でも偽のヤクザ, ハザール血統の皇室が国民を騙し、国民から血税を巻き上げ、これらの国際ディープステート・マフイアのアドレナクロム抽出の為に子供達が大量に誘拐され殺害されています。, 今週のベンジャミン・フルフォード・レポート:「京都と東京の地下基地は鹿児島県志摩市経由で中国の海南島に年間, 人の日本人子供を日本がカザリアンマフィアに提供」とあり、日本はそれを余儀なくされた, とあります。しかし、「余儀なくされた」のではなく、日本の政権、警察全ての当局が「子供のために戦うことをしないで、目をつぶり、パンツを下げ、国民に内緒で、卑怯にもハザール・マフイアに長い間 貢いだ, 。日本はオランダのように、彼らグローバリストにとって、アフリカ大陸の動物狩猟のような子供と富略奪の狩猟地だった, 人口がグローバリストの嘘メデイアのテレビの前に痴呆状態になっている時に、日本の子供たちは誘拐され、保護するはずの政府、警察は共謀していた, 子供達は拷問、強姦され、生きて皮を剥がされ、これらアドレノクロ・エリートの赤い靴の皮になり、殺されていた, このような政権、警察、政治家、きちがいエリートはもう要らない。このようなシステムを生む選挙システムはもう要らない。市民自身が必要な憲法や規則をもっと簡潔に作り、市民が自ら力を集めて書き、連帯し、市民議会, で必要な全てを決める。それを始める時は今熟し初めている。市民は「人に言われたからする、のではなく自分の頭でまず考える」ことから始める習慣をつけることが重要です。, 国民がノーと言った協会条約の国民投票がなぜウクライナからの人身売買もまた、アドレノクロームをエバーグリーンを供給するためにオランダのペド政府によって確保されなければならなかった理由も明らかです。(ヒラリー・シークレットサービスのコード名, チップについて、ロスチャイルドとともに特許権者であった人々がいて、ビル・ゲイツは今、私たちにワクチンを接種したいと考えています。, が発見された場所では、夏着の一人のオランダ人もありませんでしたが、しかし、スーツケースに、冬服を着たアジアの殺害された, は、オバマとジョー・バイデンに代わって、ウクライナの政権を打倒し、国を戦争と搾取にさらに操作するための原動力でした。, アダム・シフの娘の友人であるエリック・シアリアメラは、(アレクサンダー・ソロス)ロシアによく似たスイッチ・ブレードのフィサ・ゲートがキエフのマイダン広場で射手に命令して、支払いをしたように見えます。, https://twitter.com/gregrubini/status/1223001808827797516, 月にウクライナでクーデターがありました。暴力的なクーデター。首都キエフのメイン広場で虐殺がありました。, 広場を取り囲む高層ビルの窓にスナイパーがいた。戦略的に配置されていた。建物の狙撃兵は, 人がスナイパーによって殺されました。両方のウクライナ市民、両方の警察官。それはウクライナのホロコーストでした。, スナイパーはプロの傭兵でした。彼らはその仕事をするために雇われ、支払われました。彼らの割り当てられた仕事は約, 人を殺すことでした。彼らは正確な指示を与えられていました。誰によって雇用され、支払われましたか?, 人の殺害を望んだからです。それはウクライナでクーデターを引き起こすためで、実際に起こった。, クリントン財団のために米国の税金を洗浄するように委託されました、ちょうどそれが中国でも起こったようです。, ヒラリーが、ウラニウム・ワンで販売された燃料から汚い爆弾を作り、それは誰を指しますか?, オランダはヒラリー・クリントンの人身売買リングのスポンサーであり、オランダの政治家は郵便番号宝くじからクリントン財団に, https://twitter.com/beek38/status/1110890253706059777, 「郵便番号宝くじだけで数百万ドルがクリントン財団に寄付されただけでなく、オランダ政府はこのクリントン党のクラブに私たちの税額, 年に元アメリカ合衆国大統領クリントン大統領によって設立されました。クリントン財団は、世界, か国で活動しています。ヘルスケア、女性と女児のより良い機会、病気(肥満を含む)の防止、経済的機会と成長の創出、気候変動の影響の緩和に焦点を当てています。, 万ユーロを受け取りました。郵便番号宝くじの無印の寄付は、「国際および気候変動活動」の分野における財団の活動に費やされています。, 歳の歌手は、オランダとコロナワクチンと世界保健機関への支援に感謝します。彼女は、他の国々がオランダの例に倣って、流行前イノベーションのための連合である, このノルウェーの財団は、世界中から寄付を集めて、感染症に対するワクチンの研究に資金を提供しています。水曜日、, 年には、おそらく同じ程度の規模になるでしょう。オランダはまた、次の調査段階に投資する予定です」とヒューゴデジョンゲ, 万ユーロ支援しています。しかし、アメリカ人はなぜ外国の勢力がそれをするのか疑問に思いますか?大統領府への直通電話であるヒラリー・クリントンは大統領選挙で勝利することを許可されましたか?, ニースールは、ヒラリー・クリントンについての本を書いたジョナサン・アレンと話します。また、ニューヨークのコロンビア大学教授で、キャンペーンとその資金調達を専門とするグレゴリー・ワウロ, フリン将軍は、ディープステートの、「オランダ」の高レベルの小児性愛者のリストを持っています。, < 米国大統領候補者/バイデンの法と秩序!(子供人身売買/アドレノクロム・ビジネス・モンスター家族), ベンジャミン・フルフォード・レポート:「京都と東京の地下基地は鹿児島県志摩市経由で中国の海南島に年間16,000人の日本人子供を日本がカザリアンマフィアに提供‼︎」 >, MH17 / MH370の真実とヒラリー・クリントン人身売買リングの国際子供誘拐船エバーグリーンの真実(日本の誘拐された子供達も船舶で国外に連れ出されたのか?), https://www.bitchute.com/video/NrBrRr3OYxaA/, https://www.youtube.com/watch?v=J0EAHK7EtQs, https://www.ad.nl/show/lady-gaga-bedankt-hugo-de-jonge -voor-steun-aan-corona-onderzoek, グローバル通貨リセット(GCR)を介して共和国を復元 : 不正投票に対するおとり捜査「計画を信頼する」を開始. 大統領になった時の為に準備していたスピーチが載っています。何度読み返しても泣けてきます。 ヒラリーのどこが原因で負けたというより、全世界的に自分さえ良ければいいという人達が増えている事、邪魔が入り過ぎた事などではないかと思います。 Babel. バイデンは、不正投票により、廃止された米国株式会社(USInc)の社長に選出されました。, 花子の今日の特別ミニ・ニュース&ビック情報:米国大統領選挙のおとり捜査の説明(2), 偽ニュース・メディアはアメリカのガスライト(心理的虐待)を試み、バイデンが勝者だと主張しています…トランプは究極の真実で反撃します:メディアは選挙を決定しません, 花子の今日の特別ミニ・ニュース&ビック情報:米国大統領選挙のおとり捜査の説明(1). COVID-19生物兵器の本当の目的は民主党員が郵送による投票詐欺で選挙を盗むことを可能にすることであった! 何が起こっていたのか?メール事件問題の発端は2012年9月まで遡ります。 当時オバマ政権下で国務長官を務めていたヒラリー・クリントン氏が、私的に利用していたメールサーバーでメールを送受信していたことが発覚します。 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, トランプとの何度目かの討論会で、私は弱い者いじめはしないと言っていたのが印象に残っています。この人なら大丈夫と思っていましたが、選挙戦は残念な結果となりました。とても素晴らしい人だと思います。大統領になった時の為に準備していたスピーチが載っています。何度読み返しても泣けてきます。, こちらの内容はもちろんトランプに負けたクリントンの、自分自身を整理する意味においても書かれた内容の書籍だと思う。, 非常に率直に、失敗は正直に認め、グチもいっている。功績や褒められたことも正面から書いていて、日本人は誤解しやすいかもしれない。だがこうした態度はアメリカでは推奨されているようだ。ちょっとしたHow to本にも「黙っていても誰も(長所を)褒めてはくれません」とあるぐらい。, 「WHAT HAPPENED~何が起きたのか?」は原書も購入した(kinndle版)。, 自分の敗因を冷徹に分析してるのはさすがだが、そういうとこがまたミソジニーを呼んでいる。, 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. コメント 違反を報告. 以下の記事は謎のMH17 / MH370事故で本当は何が起こったか、そして、オランダのディープステートに支配された国内政治事情も完全に日本と類似しています。オランダでは偽の王室、日本でも偽のヤクザ/ハザール血統の皇室が国民を騙し、国民から血税を巻き上げ、これらの国際ディープステート・マフイアのアドレナクロム抽出の為に子供達が大量に誘拐され殺害されています。, 今週のベンジャミン・フルフォード・レポート:「京都と東京の地下基地は鹿児島県志摩市経由で中国の海南島に年間16,000人の日本人子供を日本がカザリアンマフィアに提供」とあり、日本はそれを余儀なくされた(sic)とあります。しかし、「余儀なくされた」のではなく、日本の政権、警察全ての当局が「子供のために戦うことをしないで、目をつぶり、パンツを下げ、国民に内緒で、卑怯にもハザール・マフイアに長い間 貢いだ…日本を支配するハザール・コミュニティにとって喜びであり容易だった…政権、大企業、高位官僚、政治家、メディア、芸界…に君臨する鍵の徒党がすべてハザール/朝鮮/グローバルマフイア系統だった…。日本はオランダのように、彼らグローバリストにとって、アフリカ大陸の動物狩猟のような子供と富略奪の狩猟地だった…ようです。, 日本人の子供が東京、京都の近くの運搬船に、下の記事にあるエバーグリーン(Evergreen)船の写真のような過酷な状態で誘拐後、外国に連れ出された…日本人は知らされていなかったが、政権、エリートは知っていた…多分、何十年も続いていた…膨大な数にのぼるはずなのに…国民は誰も知らなかった…, 人口がグローバリストの嘘メデイアのテレビの前に痴呆状態になっている時に、日本の子供たちは誘拐され、保護するはずの政府、警察は共謀していた…子供達は拷問、強姦され、生きて皮を剥がされ、これらアドレノクロ・エリートの赤い靴の皮になり、殺されていた…, このような政権、警察、政治家、きちがいエリートはもう要らない。このようなシステムを生む選挙システムはもう要らない。市民自身が必要な憲法や規則をもっと簡潔に作り、市民が自ら力を集めて書き、連帯し、市民議会(市町村の)で必要な全てを決める。それを始める時は今熟し初めている。市民は「人に言われたからする、のではなく自分の頭でまず考える」ことから始める習慣をつけることが重要です。, 速報:オランダのカバル、より悪魔的なディープステートの前線としてさらされる、MH17 / MH370は、ウクライナとクリントン財団の2つのデバイスとは異なり、グローバリストの結束と人道に対する犯罪, これらは、非常に多くの発作です。同じディープステート・アジェンダに参加していない限り、通常の世界では決して起こりません。, 飛行機は交換されました。MH17の古いロゴとMH370の新しいロゴは、サイトの写真の画像にこれを示しています。, 古いロゴと新しいロゴの傾斜には明確な違いがあります。古いのはMH17、新しいのはMH370です。, https://www.youtube.com/watch?v=N4piuRv61pI, 2つの飛行機が同時に墜落し、画像と遺体が交換されました。その場での写真は、MH17の古いロゴのように、新しいロゴが少し傾斜したMH370のように見えるためです。, 彼らは、詐欺を偽装するために2つの墜落したデバイスのフランケンシュタイン再構成を行いましたか?, ウクライナのサイトでは、新しいロゴが付いた航空機MH370が、災害の20分後にMH370の乗客リストに対応する対応するアジア機関とともに発見されました。, https://www.india.com/loudspeaker/missing-malaysia-airlines-flight-mh370-passenger-manifest-full-list-28120/, 国民がノーと言った協会条約の国民投票がなぜウクライナからの人身売買もまた、アドレノクロームをエバーグリーンを供給するためにオランダのペド政府によって確保されなければならなかった理由も明らかです。(ヒラリー・シークレットサービスのコード名Evergreen), 詳細な証拠については、Rutte the Movie https://www.bitchute.com/video/NrBrRr3OYxaA/を参照してください。, 9/ 11の7号館と崩壊した3つの建物と2つの飛行機 のように、発見された遺体についてオランダでは誰も話しません。, 発見されたアジアの遺体は分解状態にあり、災害直後の20分にはあり得ない耐え難い臭いを放ち、スーツケースには冬着しかなかったため,夏の飛行便であるMH17ではあり得なかった。, 墜落現場の遺体には血がありませんでした。約1400遺体の血があるはずでしたが血はありませんでした。, どうしたら誰かが出血し、血液がなく、おそらく臓器が盗まれた可能性があり、したがって分解の状態になりますか?, ここオランダには政党があり、臓器の盗難、D666を合法化した。小児性愛者は政治家や高官によっても実践されている。, MH370の死から恩恵を受けたIDチップについて、ロスチャイルドとともに特許権者であった人々がいて、ビル・ゲイツは今、私たちにワクチンを接種したいと考えています。, それから、アジアの遺体が発見された場所にある斜めの新しいロゴと、それがMH370であったに違いないことを示す写真が真実です。, オランダの再建装置のロゴは、ドアの上の左側のMH17からはっきりと見えます。別の場所から来た部品が交換されている必要があります。, フライトレコーダーとデータは、ここでより多くの情報を提供する可能性がありますが、残念ながらそれらはリリースされておらず、共謀のように見えます。, MH370が発見された場所では、夏着の一人のオランダ人もありませんでしたが、しかし、スーツケースに、冬服を着たアジアの殺害されたMH370の乗客とともに、オランダのパスポートの無効な旅行書類がありました。, これは、通貨システムの崩壊をロシアのせいにして戦争を誘発することを目的とした計画的な攻撃と欺瞞でない限り不可能です。, オランダのパスポートは、MH17の乗客リストのおかげで政府に知られていたに違いなく、その結果、無効な旅行書類がMH370に預けられました。, ウクライナのオランダ大使は、戦後のヒトラー政府と偽のウィリー王の余分な命令によって、これにどの程度関与していますか。, グロリア・ニゥランド(Gloria Nuland)は、オバマとジョー・バイデンに代わって、ウクライナの政権を打倒し、国を戦争と搾取にさらに操作するための原動力でした。, Guy VerhofstadtやHans van BaalenなどのEUのナチスが参加しました。, アダム・シフの娘の友人であるエリック・シアリアメラは、(アレクサンダー・ソロス)ロシアによく似たスイッチ・ブレードのフィサ・ゲートがキエフのマイダン広場で射手に命令して、支払いをしたように見えます。https://twitter.com/gregrubini/status/1223001808827797516, 2. Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。. Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube. 想像するに、ヒラリー氏自身もそうだったに違いありません。本記事では、2018年7月刊行のヒラリー・クリントン氏の最新自伝『what happened 何が起きたのか?』から、選挙の夜の記述を抜き出しま … 2017年9月にアメリカで刊行されたヒラリー・クリントン前民主党大統領候補の最新自伝『what happened』(邦題『what happened 何が起きたのか?』高山祥子訳)はたちまちミリオンセラーとなりました。このタイトルが示すように、あの歴史に残る大統領選を事細かに振り返った内容です。 ヒラリー・ロダム・クリントン著『WHAT HAPPENED 何が起きたのか?』より, 選挙は総計一億三六〇〇万票のうちの七万七七四四票で決定した。ウィスコンシン州、ミシガン州、ペンシルヴェニア州の四万人が気持ちを変えたら、わたしが勝っていた。こんな票差だとわたしが負けた理由について様々な意見が出てくるものだが、いずれにしても一〇月二八日にジム・コミーが電子メールの件を再び持ち出すまではわたしが勝っていたという事実を、念頭においておいてもらいたい。, たとえばある批評家は、中西部での選挙運動が不充分だったせいだと言った。確かにサギノーにあと数回行ったり、ウォーキシャでもっと広告を流したりしたら、二〇〇〇票ぐらいは集まったかもしれない。, だが、わたしたちは常に工業地域である中西部が成功への鍵であることを意識していて、これらの州を無視したことはなかった。, 公式と非公式両方の世論調査によると、二〇一二年同様の接戦だったペンシルヴェニア州では、今回は五〇〇人近いスタッフを使ったが、これは四年前のオバマの選挙運動のスタッフよりも一二〇人多い。テレビの宣伝は二一一パーセントに増やしたし、総選挙中に二五回以上もイベントを開いた。また、オバマ大統領やバイデン副大統領のような有名な代理人を立てた。, ミシガン州では、世論調査では優勢だったが、あまり差は大きくなくて、二〇一二年のオバマより一四〇人近く多いスタッフをおき、テレビに一六六パーセントを費やした。総選挙中に七回、直接出向いた。, 両方の州で負けたが、わたしたちができる限りのことをしたという点を否定はされたくない。, 意外だったのは、ウィスコンシン州だ。世論調査では、最後の最後までかなり有利だった。上院議員に立候補していたルス・フェインゴールドの調子もよさそうだった。現地には一三三人のスタッフがいて、テレビには三〇〇万ドル近くを費やした。秋には、わたし自身は行かなかったが、ティム・ケイン、ジョー・バイデン、バーニー・サンダースその他の有名な代理人が行った。, 何がまずかったのだろう? ウィスコンシン州ではトランプがミット・ロムニーとほぼ同じ数の票を獲得した。共和党の投票率が上昇したわけではなく、逆にかなりの有権者が気持ちを変え、投票所に行くのをやめたか、最後の最後で第三政党に移って、わたしはこの州を失うことになった。, 基本的にはこういうことだ。わたしはペンシルヴェニア州で熱心に運動し、積極的に広告を打ち、それでも四万四〇〇〇票差で負けた。ウィスコンシン州とミシガン州を合わせたよりも多い票差だ。大会を開いた場所を敗因とするのが適切だとは思えない。, もう一つ、わたしが経済的なメッセージを打ち出さなかったから負けたのだという安直な意見もある。, ジョー・バイデンは、二〇一六年の民主党は「ずっと主張してきたことを言わなかった─それが芽吹き始めた中流階級を保持する方法だったのに」と言った。彼は、「今回の選挙では、組み立てラインで働いて年間六万ドルを稼ぎ、妻はレストラン店員として三万二〇〇〇ドルを稼ぐ男についての話を一言も聞かなかった」という。ジョー自身がわたしの代わりに中西部じゅうを歩き回り、中流階級についてたくさん話したことを考えると、これは非常に注目すべき発言だと思う。, これは真実ではない。VOXはわたしの選挙運動を分析して、わたしが何よりも仕事や労働者、そして経済についてたくさん話したのを明らかにした。『アトランティック』誌の「ヒラリー・クリントンが労働者階級を無視したという危険な神話」というタイトルの記事によれば、わたしは「歴代の大統領候補者の中で最も総合的で進歩的な経済政策」を打ち出し、大会のスピーチでは仕事についてトランプ以上に話をした。これは八四〇〇万人が見た最初の討論会でも同じだった。, 選挙運動を通して、わたしたちは常に肯定的な広告を流し、わたしが何を目指しているか、経済的にどうするべきかを訴えるようにした。トランプが不適任だと強調するスポットを流しながらも、それは続けた。本部を海外に移すことによってアメリカ国内での納税を逃れようとしていた─外国親会社設立といわれるものだ─〈ジョンソン・コントロールズ〉という会社のミルウォーキーのオフィスの外でも、広告を撮影した。, その日は足がかじかむほど寒かったが、この会社が従業員や国民を犠牲にして行なおうとしている不正行為が許せず、なんとしてでも撮影すると決めていた。, 何ヵ月にもわたる遊説中、ほとんど毎日この〈ジョンソン・コントロールズ〉の税金逃れについて発言した。わたしの経済的なメッセージが有効だったかどうかはともかく、何もしなかったとは言わせない。, これがなぜこんなに苛立つことなのか、理解の糸口になりそうな話がある。フィラデルフィアで指名を受けた翌日、ビルとわたしは副大統領候補のティム・ケインとその妻のアンを伴って、ペンシルヴェニア州とオハイオ州の工場町をめぐるバス・ツアーに出発した。, それはかつてアル・ゴアと当時の夫人ティッパー・ゴアと一緒に行った、楽しいバス旅行を彷彿させるものだった。あれは九二年の選挙運動中でいちばん楽しい週だった。勤勉な人たちと会い、すばらしい国土を見て、行く先々で変化しつつある国のエネルギーを感じた。, あれから二四年後、わたしはそれを再び体験したかった。わたしたちは「ストロンガー・トゥギャザー」というスローガンの書かれた大きなバスに乗りこみ、一〇〇〇キロを超える旅に出かけた。, どこかに立ち寄るたびに、ティムとわたしは仕事を作って賃金を上げ、勤労者世帯を支援する計画について話した。ペンシルヴェニア州カンブリア郡の都市ジョンズタウンで重工業のためのワイヤーを製造している工場の鉄鋼労働者たちと話し合った。そののち、クレーン操縦者だという一人の労働者が、『フィラデルフィア・インクワイアラー』紙の記者に、自分は大統領選挙に投票したことがなかったが、今回はいい話を聞いたので、するかもしれないと語った。「労働者階級の賃金を上げる計画はいいと思った。必要なことだ」これを聞いて、わたしは嬉しかった。, だがこのバス旅行について記憶のある人はいないだろう。むしろ、わたしがこのような運動をしなかったと聞いていたかもしれない。「ラストベルト(錆びついた工業地帯)」(訳注:米国中西部から北東部の、鉄鋼や石炭、自動車などの産業が衰退した工業地帯のこと。ミシガン州・オハイオ州・ウィスコンシン州・ペンシルヴェニア州などが含まれる。ラスト(rust)は「錆び」のこと)を無視して、経済的メッセージは出さず、労働者階級の有権者と繋がりを持たなかったと。なぜだろう?, ティムとわたしがペンシルヴェニア州とオハイオ州を走り回っていたのと同じ週、ドナルド・トランプはカーン夫妻と闘って注目を浴びていた(訳注:トランプがイラク戦争で戦死したイスラム教徒の米兵の母を侮辱したとして、党派を超えて非難された一件のこと)。戦争で倒れたイスラム教徒アメリカ人の、金星章(戦死兵家族を示す徽章)の両親だ。マスコミはこれに大騒ぎをした。トランプにとっては災厄で、支持率は落ちた。だが長い目で見ると、わたしの経済的なメッセージは取り上げられず、トランプに好都合な運びになった。, まだ日本にやってきたばかりのころは、スーパーに行っても、プロシュート・クルード、すなわち生ハムなどというものを売っているところはほとんどなかった。   生ハムを使った料理を自分で作ろうと思って、何 […], 子どもたちのことは大好き。だけどその有り余るパワーを前にすると、ついついイライラしたり、カミナリを落としたり。   (ああ、何であんな風に怒っちゃったんだろうな)   そう思いながら眠り […], 生まれてはじめて七面鳥を見た。   いや、正しくは、はじめてではない。こんがりと焼きあげられ、おなかを上にして大きな皿に盛られているところは、何度も見たことがある。子どもの頃、まるごと一羽のローストターキーは、 […], 9月19日に光文社さんより「自分でも気づかなかった美しい声になる歌がうまくなる奇跡の3ステップmethod」を発売させて頂きました。   初めて自分を知って頂く方へのご紹介も兼ねて、少しこの本につ […], 「藤井は、羽生を超えるのか?」 「藤井は、AI(人工知能)に勝てるのか?」   現在、「史上空前」とも称される将棋ブームの中にあって、これこそがまさに現在の将棋界、および人々の関心が集約された問い […], ややこしい近現代史も、逆から読めば一気に理解できる!   『日本史は逆から学べ 近現代史集中講義』(光文社知恵の森文庫)の著者で『世界一受けたい授業』(日テレ系)の日本史講義などでもおなじみ、河合 […]. 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. 2016年3月にウィキリークスがヒラリー・クリントンの電子メールを公表、その中にはサンダースが同党の大統領候補になることを妨害するよう民主党の幹部に求めるものがあったのだ。当然、サンダースの支持者は怒る。 役に立った.
2020 何が 起こっ たの ヒラリー クリントン