勝っているのですが、 佐藤 康光(さとう やすみつ、1969年10月1日 - )は、将棋棋士。タイトル通算13期(歴代7位)。永世棋聖の資格を保持する。棋士番号は182。田中魁秀九段門下。京都府八幡市出身。いわゆる「羽生世代」の一人に数えられる。2011年4月から2017年1月まで日本将棋連盟の棋士会長、2017年2月から日本将棋連盟会長。, 少年時代に憧れていた棋士は米長邦雄。隣接の大阪府枚方市にあった師匠・田中の将棋教室に通うようになった頃、『米長の将棋』という本で勉強。また、最初に読んだ棋書は有吉道夫の自戦記『玉頭位取り戦法』であり、真っ黒でボロボロになるまで繰り返し読んだという[2]。, 1981年の春、小学生将棋名人戦に6年生として出場し、NHK教育テレビで全国放送される準決勝に進出して3位となる[3]。, 1982年12月(中学1年の冬)、6級で関西奨励会に入会。その半年後、谷川浩司が史上最年少の21歳で名人となる。関西将棋会館の控え室で詰将棋を棋士・奨励会員数名が解けずに悩んでいたところに谷川が現れて数十秒で解き、皆を唖然とさせる。この光景を目撃した佐藤は子供心に「A級の恐ろしさ」を知ったという[4]。, 奨励会入会後、僅か1年弱で2級に昇級。その直後(中2の終わり)父親の転勤のため八幡から東京都区内に転居したことで関東奨励会に移籍する[5]。このとき「名人候補を東京に取られた」と関西の棋士たちが嘆いたという[6]。プロの対局の記録係を務めるため中学校を頻繁に休んでいたことから、「学校やすみつ君」とからかわれていた[7]。佐藤はその後、國學院高校に進学し、卒業をしている。, 奨励会二段の頃、島朗主宰の、いわゆる「島研」に、森内俊之とともに参加。二人が対局し、残った一人が記録係を務めるという、一風変わった研究会であった。そして、17歳の頃、二段の途中から8連勝して三段へ昇段。さらに続けて13勝1敗[8]で四段(プロ)に昇段(1987年3月25日)。合わせて21勝1敗というラストスパートでのプロ入りを果たす。, 1987年のプロ入りから約3年後の1990年、五段のとき第31期王位戦で、谷川浩司王位への挑戦権を得、タイトル戦に初登場。フルセットの3-4で退けられる。, 同年(1990年)、第9回早指し新鋭戦で、決勝で森内俊之を破り棋戦初優勝。翌年(1991年)も決勝で森下卓を破って2連覇。1990年度は、将棋大賞の新人賞を受賞している。, 1993年、六段のとき第6期竜王戦で挑戦者となる(これにより規定で七段へ昇段)。当時の竜王は五冠王の羽生善治であったが七番勝負を4-2で制して羽生から竜王位を奪取し、初のタイトル獲得を果たす。しかし、翌年(1994年)の第7期竜王戦では、逆に羽生の挑戦を受け2-4で失冠し、羽生に史上初の六冠王を許してしまう。以後1年間、「前竜王」の称号を名乗った[9]。その翌年(1995年)の第8期竜王戦は、また逆に佐藤が羽生に挑戦し3年連続の同一カードとなったが、奪取はならなかった。羽生は、この竜王戦の直後の王将戦も制し、史上初の七冠独占を達成することとなる。, 1996年にA級八段となる。そして、A級参加2期目(1997年度)のA級順位戦において6勝3敗同士でのプレーオフで羽生善治を下し、第56期(1998年)名人戦で谷川浩司名人への挑戦権を得る。そして、七番勝負を4-3で制して初の名人位獲得。また、名人1期獲得の規定により九段に上り詰めた。, 1999年、第57期名人戦では谷川と2年連続の対決。2勝3敗で迎えた第6局では、2日目深夜に及ぶ203手の激戦に勝ってフルセットの戦いに持ち込み、最終局でも勝って、名人位を防衛。, 2000年、丸山忠久の挑戦を受けた第58期名人戦は、丸山の得意戦法を逃げずに堂々と受けて立つシリーズとなったが、3勝4敗で名人失冠。, 2002年(2001年度)、第51期王将戦で羽生善治に挑戦。4-2で王将位を奪取。, 2002年度、第73期棋聖戦で郷田真隆に挑戦、3-2で奪取に成功。初めて二冠(棋聖・王将)となる。さらに王座戦で羽生に挑戦したが敗退し、一気の三冠達成はならなかった。また、王将の防衛戦は、羽生を挑戦者に迎え前年と同一カードとなったが、0-4で羽生に奪還され、棋聖のみの一冠に後退した。, 2003年、第74期棋聖戦で丸山忠久の挑戦を3-0で退け防衛。羽生善治(当時七冠)が棋聖位を失ってから、棋聖位保持者は7年連続で入れ替わっていたが、この防衛によって終止符が打たれた。同年、第11期銀河戦で中川大輔を下して優勝、タイトル戦以外の全棋士参加棋戦での初優勝を飾った。, 2004年、第75期棋聖戦で森内俊之の挑戦を3-0で退け防衛。JT将棋日本シリーズでは、決勝で久保利明を下して初優勝。, 2006年度は、佐藤にとって大活躍の年となる。まず、第77期棋聖戦で鈴木大介の挑戦を3-0で退け防衛。これで通算5期となり、規定により永世棋聖の資格を得る。JT将棋日本シリーズは決勝で郷田真隆を破り2度目の優勝。NHK杯も決勝で森内俊之を破り優勝(3度目の決勝進出にして初優勝)。史上初のタイトル戦5連続挑戦の記録を作り、うち、森内俊之から棋王位を奪取。再び二冠(棋聖・棋王)となる。また、成績だけではなく、「佐藤新手」[10]と呼ばれる数々の新手や独創的な戦法を大勝負で用いたことは評価された。これらの活躍により、将棋大賞の最優秀棋士賞と升田幸三賞を同時受賞する(いずれも初受賞)[11]。, 2007年、第78期棋聖戦で渡辺明竜王の挑戦を3-1で退けて防衛し、6連覇。一方、同年の竜王戦では、逆に渡辺に2年連続で挑戦するも2-4で再び奪取に失敗し、三冠制覇のチャンスを逃す。互いに自分のタイトルを防衛・連覇し合う結果となった。, 2007年度、初の生放送となるNHK杯戦決勝(2008年3月16日)で鈴木大介を破り優勝。47、48期(1998、99年度)の羽生善治以来、同大会9年ぶり3人目の連覇を達成した。また、第33期棋王戦では羽生を3勝2敗で下して防衛に成功、1勝2敗の角番からの粘りで二冠を死守した。しかしながら、A級順位戦では苦戦する[12]。残留争いのライバル2名(行方尚史・久保利明)との直接対決が残っていたため、残り3局を3連勝すれば残留できるという「自力残留」の目が残されていた。まず、行方を破り、次に久保を破る。そして最終9回戦[13]では、挑戦者争いにも残留争いにも絡んでいない木村一基が対戦相手であった。木村は羽織袴を着て闘志(「米長哲学」)を露わにして佐藤の前に登場するも、佐藤はこの一局に勝ち、A級の座を死守した。, 2008年6月からの第79期棋聖戦でも羽生を挑戦者として迎える。初戦から2連勝して早々に防衛に王手をかけたが、そこから3連敗して棋聖位を奪取され、一冠(棋王)に後退。大山康晴に並ぶ棋聖戦7連覇の達成はならなかった。, 2009年(2008年度)の第34期棋王戦では、久保利明に2連敗後の2連勝でフルセットまで持ち込んだが、最終局に敗れ3連覇を逃し、7年ぶりに無冠となる(久保にとっては初タイトル)。, 第68期(2009年度)順位戦A級の8回戦、対・藤井猛戦(2010年2月3日)で敗れ、B級1組への陥落が決定。A級連続在籍(名人在位2期を含む)は14でストップし、順位戦・竜王戦を通じて自身初の降級を喫する。翌朝、久保棋王への挑戦者(リターンマッチ)として、第1局のため9時前に羽田空港に集合し、上海へ移動。対局場の検分と前夜祭を済ませ、2月5日に対局という過酷なスケジュールであったが、筋違い角の乱戦を制して先勝する。この五番勝負は前期と同じくフルセットとなったが、第5局(3月30日)で190手の熱戦の末に敗れ、昨年奪われた棋王位をすぐに取り返すことはできなかった。この一局は、翌日に行われた第37回将棋大賞の選考で、名局賞に選ばれた[14][15]。また2009年度最後の対局である棋王戦第5局で敗れたことにより、同年度はデビュー以来初の負け越し(24勝25敗)となった。, 降級して迎えた第69期(2010年度)順位戦では、A級14期連続在位の貫禄を見せつけ、9勝3敗の成績でA級に返り咲きを果たした。勝率こそ7割を超えた(34勝14敗)ものの、タイトル戦線に絡むことはなかった。, 第61期(2011年度)王将戦挑戦者決定リーグ戦で5勝1敗の成績を残し、同星だった豊島将之六段との決定戦も勝利し挑戦者の権利を得る。2012年1月から、久保利明二冠に挑んだ王将戦七番勝負では、第1局から久保を圧倒し3連勝。久保の地元である兵庫県加古川市で行われた第4戦こそ敗れたが、第5戦に勝ち4勝1敗で王将位を奪取。王将位在位は11年ぶり2期目。佐藤自身も約3年ぶりのタイトル奪取となった。しかし第62期(2012年度)王将戦で渡辺明に対し1-4で敗れ、王将位から失冠した。, 第29期(2016年度)竜王戦にて1組の5位決定戦1回戦で阿久津主税と対局するも敗れ、24期連続で保持してきた1組の座から陥落することになった。その後、第30期竜王戦において2組準優勝となり[16]、本戦進出と1組に復帰が決定している。, 第75期(2016年度)順位戦A級では、勝ち星が振るわず、第68期(2009年度)以来の降級の危機となったが、辛くも順位差により降級を回避した。, 第66回NHK杯テレビ将棋トーナメント初戦となる2回戦で増田康宏四段、3回戦で斎藤慎太郎六段(当時)、準々決勝で去年度の準優勝となる千田翔太六段、準決勝で佐藤天彦名人にそれぞれ勝利し、決勝戦で初の決勝進出となる佐藤和俊六段に勝利し、9年ぶり三度目のNHK杯を優勝した[17]。, 2017年7月28日の第76期順位戦A級で広瀬章人八段に勝ち、史上9人目の公式戦通算1000勝(特別将棋栄誉賞)を達成した[18][19]。, 第76期(2017年度)順位戦A級では、自身も含めた6人が6勝4敗の同率トップとなり、6人による挑戦者決定プレーオフになる。プレーオフでは佐藤は2回戦から参加することになったものの、豊島将之に敗れた。, 若手時代は既存の定跡形を多く指していたが、2005年前後からは創造的で新基軸な序盤作戦を選ぶことが多くなっている[20]。, ゴキゲン中飛車を相手にしての序盤の新手である9手目▲9六歩は、多くの棋士達によって採用されている(ゴキゲン中飛車 を参照)[21]。, 若手時代から「緻密流」と称される読みの深さで知られ、「1秒間に1億と3手読む」と形容されるほどである[22]。, 開幕から谷川浩司とともに4連敗し、「このまま2人そろって降級か」ということで一般紙でも話題として取り上げられた。その後、谷川は連敗を4で止め最終局を前に残留を確定させたが、佐藤は6連敗を喫した。, なお、棋王戦第2局と第3局の間の3月2日に行われたA級順位戦最終局(いわゆる‘将棋界のいちばん長い日’)は、勝っても負けても次期のB級1組での順位さえ変わらない全くの, 室岡は当初「10億」と言った筈がいつの間にか「1億」になった、と将棋世界2009年9月号で述べている。もちろん佐藤自身も否定しているが、『日本将棋用語事典』p.173 -によれば、1000手を超えることはあるとのことである。, なお、佐藤本人は2手目△3二金について、将棋世界の「イメージと読みの将棋感」の中で「挑発ではなく、論理に基づく手」と語っている。実際、第19期竜王戦第7局では2手目△3二金のあと4手目△4一玉の新手を披露しており、これが矢倉戦法を指向する相手に効果的だったことから、渡辺竜王も「ただの挑発ではありませんでした」と評価している。, 将棋世界2012年6月号「プレイバック2011」に於いても、本局を評した棋士の全てが佐藤の▲5七玉についての驚きを口にした。一方、やられた久保は同誌2012年8月号「イメージと読みの将棋観」に於いてこの局面が取り上げられた際に、「もう一度この局面が現れたら、(本局と同じく)後手を持ってみたい」と述べた。, 先崎学著 先崎学の「浮いたり沈んだり」の「敗戦の夜に…」にて対局に負けた後に「わんわん泣きます」と佐藤が語ったエピソードが紹介されている。, 朝日新聞digital・トップニュース「日本将棋連盟の新会長に佐藤康光九段」(村瀬信也 2017年2月6日20時59分)ほか, 【インタビュー】【佐藤康光の感謝】将棋を愛するすべての人に届けたい「ありがとう」のメッセージ, 第66回NHK杯戦決勝は佐藤康光九段が勝ち、3回目の優勝|将棋ニュース|日本将棋連盟, 「一門の中では、若い弟子たちがよく将棋を指しています。そのうちの一人は、兄が佐藤さんという棋士とか」, 【王手報知】超異例!佐藤九段&森内九段&羽生竜王のスーパー同期トリオがトークショー, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=佐藤康光&oldid=79406851, B級2組 - C級2組の*は降級点の数(B級2組・C級1組は2点、C級2組は3点で降級), ()内は連勝数。5連勝以上で公式棋戦優勝相当。連勝が次年度に継続した場合も勝抜きの対象。2003年(第22回)で終了。, 第32回(2005年)までの敢闘賞を廃止し、第33回(2006年)より新設。前年度の活躍が対象。, 第32回(2005年)で廃止、第33回(2006年)より新たな敢闘賞を創設。前年度の活躍が対象。, 2000年の第58期名人戦においては、挑戦者であった丸山忠久の得意戦法(丸山が先手の場合は角換わり戦法、丸山が後手の場合は, 渡辺明に挑戦した2006年の第19期竜王戦の第6局で、渡辺の初手▲7六歩に対して2手目△3二金と指し、居飛車党の渡辺を「挑発」, 熱血漢でアツくなり易いという一面を持っており、対局で負けたときは涙を流して悔しがることもある, 2017年2月、谷川浩司の会長辞任を受け、第二次世界大戦後16人目となる日本将棋連盟会長に就任した, NHK杯テレビ将棋トーナメント 3回(2006年度 = 第56回、2007年度、2016年度), タイトル連続挑戦 5連続挑戦(2006年度 王位戦、王座戦、竜王戦、王将戦、棋王戦). 将棋世界2004年10月号、河口俊彦七段の「新・対局日誌」より。 8月1日、佐藤棋聖の結婚式に招かれた。対局場、いや式場は名人戦で有名な「羽澤ガーデン」。華やかな式のありさまはグラビア頁でご覧いただくとして、まず参会者全員が感嘆したのは、新 将棋に疎い私でも知っているのが羽生善治さん。 佐藤森内の受賞祝いの三人座談会が放送されたけと羽生妻の件はカット去れてた。 32 名無し名人 2018/02/25(日) 22:21:18.04 ID:Xqm+HeRr まじで触るの禁止なんだな 佐藤康光さんのことを 3), さらに公式戦で負け越しても罰金があったので、駆け出しの若手棋士には相当きつかったと思います。, 佐藤 相当きつい罰金でしたよ。研究会での罰金を払うのと別に、公式戦の罰金がきついんですよ。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 初代竜王になった島朗九段が主催し、若き日の羽生善治三冠、森内俊之九段、佐藤康光九段が揃って所属していたとなれば、いやがおうにも伝説になるというもの。, 後に将棋界の覇を競い合うライバル同士ですが、やはり頭一つ抜きんでた存在なのは羽生善治三冠。, 「島研」は元々、島朗五段(当時23歳)、森内俊之奨励会三段(当時16歳)、佐藤康光奨励会二段(当時17歳)の3人で始まりました。, 森内 ぼくたちはまだ奨励会員だったので、記録係の人に読んでもらう秒読みにまだ慣れていなかったんです。そういう配慮もあって。, 島研が始まったのは昭和61年夏、その約1年後に羽生善治四段(当時17歳)が加わります。, 島 島研のメンバーに入ってもらうように羽生さんに声をかけて頂いたのは佐藤さんと森内さんだったと思います。, 羽生 ええ、それしかないという気もするんですけど(笑)。でも、正確には覚えていないですね。, 島 いずれにしろ、そろそろ研究会のスタイルを変えてみようということで羽生さんにお願いしたんですね。, 昭和62年といえば1987年ですから、現代の若手棋士はまだ生まれてすらいない人も多い時代ですね。, 一例を挙げると、豊島将之八段は1990年生まれ、佐藤天彦名人と糸谷哲郎八段は1988年生まれです。, 「2002年の「伝説の島研同窓会」(前編)・(後編)」で引用されている企画『伝説の「島研」同窓会』は、【将棋世界Special.vol3「森内俊之」】に全文が掲載されています。, 将棋世界Special.vol3「森内俊之」 ~宿敵・羽生との闘いの軌跡~ (マイナビムック) (マイナビムック 将棋世界Special vol. そのダメージに打ち勝たないと 「京子」さんという噂があるのですが、 Copyright©   2018/04/28, また今現在独身なのか?それとも結婚して妻や子供など家族がいるのかも紹介していきますね。, 小学生の頃から将棋を始められた佐藤康光さん。小学生の頃から注目を集める選手で小学生将棋名人戦にも出場されたことがあります。, と、関西出身ということで親しみがあったのですが、その後は佐藤康光さんは関東に引っ越されています。, その後なんと、17歳でプロになられています。高校も卒業されたということで、勉強との両立が大変だったという事はうかがえますね。, そう思うと、将棋と言う勝負の世界ってかなり若い頃から培われていないといけないんですよね。, 小さい頃から初めて一生をかけて極めていくスポーツのようにもかんじてしまいました。それだけ将棋の奥が深いという事でしょう。, 将棋ソフト不正使用問題で、ごたごたになっていましたがこれで将棋界も仕切り直しです。, 私も気になって調べてみたところ、10年以上前に一般人の方と結婚されていて娘さんもおられます。, で、今回将棋連盟の会長ですよね。家庭も持たれて仕事もうまくいくなんて、なんかうらやましい限りです。, 兄弟そろって日本の伝統を継承するって凄過ぎないですか?と言うかご両親の育て方がすごかったんでしょうね。, ただ、これからは将棋界を背負っていく人物で、いろんなメディアにも登場されること思います。, 将棋は一長一短でプロになれるものではなく、小さい頃の積み重ねがあって佐藤康光九段の今があります。, 途中で諦めることなく、高校時代は勉強を両立されていたということで積み重ねを諦めないという姿は見習うべきものがあります。, スポンサードリンク 笹野高史(ささのたかし)さんといえば日本を代表するバイプレー …, スポンサードリンク MBS毎日放送のちちんぷいぷいに毎日出演している人と言えば石 …, スポンサードリンク 2月に入ったら男女とも気になるのがバレンタイン!   …, スポンサードリンク タケノコ王として有名な風岡直宏(かざおかなおひろ)さんをご存 …, スポンサードリンク 「6月3日のたけしのニッポンのミカタ!に栗原友さんが出演され …. ?が注目された第77期C ... 2018年の将棋界は、「羽生善治竜王が通算100期を達成できるか?」が大きく注目 ... Copyright© たくさん好きなドラマがありますが、自分の中でNo.1のドラマは長瀬智也さん主演の『泣くな、はらちゃん』です。今をときめく菅田将暉さんや賀来賢人さんも出演していました。 「モテてモテてこまるらしいじゃないか」 近代将棋1999年3月号、読売新聞記者の西條耕一さんの「普段着の棋士たち 関東編」より。, 指し初め式。カメラマンとともに将棋会館へ。藤井竜王に1月9日付けから4週連続で土曜日の夕刊文化面に「週間日記」を書いてもらうことになったので、その撮影と原稿の打ち合わせも兼ねている。その欄は著名人に1周間を日記風に書いてもらっており、囲碁では趙棋聖が昨年3月に登場している, 藤井竜王は生まれたばかりの悠人君と奥さんの3人で年末から群馬の実家に里帰りしていたが、東京に戻るのを一人だけ早めた。「竜王ですから、これも公務と思いまして」と笑顔で会館にやって来たが、将棋堂の祈願祭には15分の遅刻。「遅刻するのは対局の時と変わらないね」と周りから冷やかされていた。, 指し初め式では、二上会長の初手▲7六歩、佐藤名人の2手目△3四歩でスタート。次が原田九段と藤井竜王だったが、原田先生は連盟の元会長だが、「巨匠に藤井システムを教えて頂こう」と、さっと下座に着いてしまったので、竜王が上座へ。, 「緊張して思わず飛車先を突いちゃいましたよ」と、なぜか▲2六歩と藤井竜王が居飛車にした。, 取材が終わると夕方になっていたので、中倉彰子女流2級宅に電話。三人で鮨一へ。藤井竜王、私ともに大の彰子ファン。男二人はかなり酩酊していたので、「彰子に出会えただけで棋士になって幸せ」 「将棋担当記者になって幸せ」 「一緒にニューヨークへ行けて幸せ」と佐藤名人の真似をして遊んだ。, 中倉彰子女流2級は、前年の10月にニューヨークで行われた竜王戦第1局〔谷川浩司竜王-藤井猛七段〕のNHK衛星放送の司会兼聞き手として同行していた。, そういうわけなので、「彰子に出会えただけで棋士になって幸せ」とともに、「一緒にニューヨークへ行けて幸せ」は藤井猛竜王(当時)の言葉ということになる。, 「◯◯◯になって幸せ」という佐藤康光名人(当時)の真似は、一昨日の記事に出てきた、この年の将棋世界2月号での佐藤名人の「藤井システムに出会えて幸せ」が元になっているようだ。, 将棋世界1999年2月号の記事は、佐藤康光名人(当時)と羽生善治四冠(当時)の対談「進化を続ける藤井システム」。, 羽生 居玉で最初からこの形でやっていくのは、どれくらいかは分かりませんが、しばらくは続くような気がします。でも10年後も藤井システムばかりやっているとは思えないですね(笑)。, 佐藤 そういう意味では今の時代に生まれてよかったかもしれませんね。藤井システムに出会えて幸せかもしれません。50年前にプロになっていたらこういう戦法は現れなかったわけですから。, 佐藤 藤井システムに出会えただけでもやりがいがありますし、棋士になってよかったと思います。, 鮨一で正しく真似をするとしたら、「彰子に出会えて幸せ。50年前なら会えなかった。彰子に出会えただけでもやりがいがある。棋士になってよかった」という感じになる。, 「三番勝負の初戦を落として後のない先崎は、いささかハデな格好で対局場に現れた。『ジャンボ尾崎が着てるような感じの柄のシャツですよ』と聞いて、おおっ、と思う」, 「一足先に四段になった村山聖が杉本昌隆三段の将棋を『振り飛車の本格正統派』と評したことがあった」. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); お嫁さんのお名前については、 将棋って戦いなんだな〜 郷田真隆王将がまさかの二歩の禁じ手で公式戦に敗れました。 ちなみに郷田さんが二歩で敗れたのは2度目! 実は8月27日に結婚していた郷田真隆さん。 結婚後初の公式戦で痛い敗戦となってし … 将棋ウェーブログ , とつくづく思っています。, この年は大活躍だったとのことで、 佐藤森内の受賞祝いの三人座談会が放送されたけと羽生妻の件はカット去れてた。 32 名無し名人 2018/02/25(日) 22:21:18.04 ID:Xqm+HeRr まじで触るの禁止なんだな 確認はできませんでした。, 「モテ光」は、 2020 All Rights Reserved. 2019 All Rights Reserved. とからかったことが由来だと言われています。, 追っかけのような女性ファンが、 今回はそんな佐藤康光九段のプロフィールを紹介していきます。 また今現在独身なのか?それとも結婚して妻や子供など家族がいるのかも紹介していきますね。 佐藤康光九段のプロフィール. NETALSTATION , 家事はそこそこに、年間200話以上のドラマを見ています。 山崎 隆之(やまさき たかゆき、1981年 2月14日 - )は、将棋棋士。 棋士番号は227。 森信雄門下。 広島県 広島市 佐伯区出身 。 本名は山﨑隆之。. 近代将棋1999年3月号、読売新聞記者の西條耕一さんの「普段着の棋士たち 関東編」より。1月某日 指し初め式。カメラマンとともに将棋会館へ。藤井竜王に1月9日付けから4週連続で土曜日の夕刊文化面に「週間日記」を書いてもらうことになったので、 私は頭がいいから将棋指しになった」 2017/02/06 たしかその月に負け越すと、段位×敗局数×千円、だから僕が四段の時、1勝4敗で3局負け越すと一万二千円…。, そうして罰金を集め、集まったお金はただ積み立てるだけではなく、規定の成績をとった人が総取りできる、というシステムになっていました。, 研究会ではどうしても本番ほどの本気を出すのは難しいので、それをモチベーションにするわけです。, ただ、その「規定の成績」とやらは、プロ同士ならあり得ないだろう、という前提で作られたルールでした。, この島研でも羽生さんは無類の強さを誇っていた。 佐藤康光九段。今回は現日本将棋連盟会長の佐藤九段のご紹介です。 …今改めて調べてみると、この方も「天才」なんだと思い知らされます。 戦績を見なおしても、永世棋聖のタイトル数を含めてタイトル獲得合計13期。 タイトル一期取るだけでも別格な将棋会で、この桁外れな獲得数ですよ。 (ちなみに歴代七位の記録。) 他にも棋戦優勝11回、タイトル戦登場回数37回と凄まじい記録が並びます。 いわゆる羽生世代の一人とし … 米長永世棋聖が言ったのではなく、 山崎 隆之(やまさき たかゆき、1981年2月14日 - )は、将棋棋士。棋士番号は227。森信雄門下。広島県広島市佐伯区出身[1]。本名は山﨑隆之。, 本名の「﨑」はいわゆる「たつさき」(山偏に竒)であるが、一部の日本語環境で表示できないなどの理由から、2006年度より日本将棋連盟による正式表記が「山崎」に統一された。本項でも「山崎」を用いる。, 1992年、11歳のときに、森信雄門下で新進棋士奨励会に入会。中学時代の1993年より森の家で内弟子として暮らしたが[2]、1995年に阪神・淡路大震災の影響で森の家が住めなくなったことに加え、山崎の「将棋のことしか頭に無い言動」に森が激怒し、内弟子関係を解消し広島の実家に戻る[3]。一方でほぼ順調に昇級昇段を重ね、1995年6月、中学3年のときに三段となる。しかしながら、三段リーグでは苦戦し、在籍した5期(2年半)の勝率は5割台であった。, しかし、1998年4月のプロデビュー後、特に3年目以降からは、一転して非常に高い勝率を挙げるようになり、通算勝率で羽生善治に次ぐ2番手を、木村一基、深浦康市らと長く争ってきている。度々タイトル戦の予選の上位に進出し、たとえば、王位戦では、第42期(2001年)、および、第45、46、48、49期の挑戦者決定紅白リーグに入っている。第45期(2004年)では白組で優勝したが、紅組優勝の羽生善治との挑戦者決定戦で惜しくも敗れ、タイトル初挑戦を逃した。, 2000年度、第31回新人王戦で棋戦初優勝(当時19歳)[4]。同棋戦での10代の優勝者は、森内俊之、羽生善治に次ぎ3人目である。さらには、4年後の第35回でも優勝している(後述)。, 2002年度、第21回早指し新鋭戦で優勝。この回をもって終了した同棋戦の最後の優勝者となる。, 2003年度、第16期竜王ランキング戦5組で優勝。本戦トーナメントでも2勝を挙げる活躍。また、2002年度から2003年度にかけて、歴代3位タイの公式戦22連勝をマークする。, 2004年11月4日、第35回新人王戦決勝で佐藤紳哉を破り2度目の優勝を果たす[5]。, 第54回(2004年度)NHK杯戦において決勝で羽生善治を破り、全棋士参加棋戦での初優勝を達成。そのすぐ後、準タイトル戦の朝日オープン将棋選手権で羽生選手権者に挑戦し、同じ顔合わせでの対決となる。自身初の和服での番勝負に臨んだが、0-3のストレートで敗退した。これらの活躍から、2005年(1月 - 12月)の獲得賞金・対局料ランキングで2299万円で全棋士中7位となった。無冠で六段の棋士がベストテンに入るのは異例である。また、これにより、2006年のJT将棋日本シリーズへの出場権を得た。, 2005年度、第64期順位戦C級1組で10戦全勝(渡辺明にも勝利)し、渡辺とともにB級2組へ昇級。, 連覇を期して臨んだ第55回(2005年度)NHK杯戦の準決勝(対渡辺明戦、2006年1月9日放送)で、詰みを逃して惜しくも敗れる。投了の直後、「馬鹿すぎるー」というぼやきを連発した。とはいえ、谷川浩司は、この一局を「終盤の名局」であるとして、2006年のNHK将棋講座の中で取り上げている。, 2006年に七段に昇段。これは、竜王戦の規定による昇段の条件(の一つ)が「竜王ランキング戦2回連続優勝」から「竜王ランキング戦2回連続昇級」へ緩和された後に適用された初のケースである(なお、大平武洋、片上大輔も同じ条件で同じ期に昇段している)。また、これにより師匠(森信雄)の段位を、師匠が現役のまま複数の弟子(村山聖と山崎)が追い抜く、珍しい記録も作った。, 2007年度、第66期順位戦B級2組で8勝2敗で1位の成績を挙げ、B級1組へ昇級。, 2008年5月2日、第21期竜王ランキング戦2組の準決勝で勝利し、初の1組入りを決める。決勝でも久保利明に勝って2組優勝し、賞金280万円を獲得した。この活躍もあり、2008年の賞金・対局ランキングでは1439万円で15位となり、出場枠の選出順で最後尾の16番目で2009年の第3回大和証券杯ネット将棋・最強戦への参加資格を得た。すれすれの出場権獲得ではあったが、ふたを開けてみれば、羽生善治名人、鈴木大介八段、久保利明棋王、そして、決勝(2009年8月2日)では当時絶好調の木村一基八段(称号・段位は、いずれも当時)という並み居る強豪を倒しての優勝という結果であった。, 2009年7月27日、第57期王座戦挑戦者決定戦において中川大輔七段を破り、初のタイトル挑戦を決める。しかし、王座戦五番勝負では羽生善治王座に3連敗を喫し、タイトル獲得はならなかった。, 2011年の竜王ランキング戦では2組2位で本戦出場・1組に復帰。1組に復帰した2012年は2位となり、豊島将之・飯島栄治を破って丸山忠久との挑戦者決定三番勝負を戦うも1-2で敗退し、またもタイトル挑戦はならなかった。2013年は1組5位となり、3年連続での本戦出場を果たす(本戦は準々決勝で郷田真隆に敗戦)。, 2015年、第1期の叡王戦で、決勝三番勝負において、2-0で郷田真隆を破り、優勝。初代叡王となり、第1期電王戦でコンピューターソフト「ponanza」との二番勝負に出場。第1局は2016年4月9-10日の二日制で岩手県・関山中尊寺にて行なわれ、85手で敗れた[6]。第2局は同年5月21-22日に滋賀県・比叡山延暦寺で行われたが118手で敗れ、連敗で幕を閉じた[7]。, 2016年の第2期叡王戦は、前回優勝につきシードで本選からの登場となったが、 1回戦で初出場の羽生善治に敗れた[8]。, 2017年11月19日、JT将棋日本シリーズ決勝戦において、豊島将之を破り同棋戦初優勝[9]。, 第67回(2017年度)NHK杯戦では、1回戦で中村太地との「将棋フォーカス」MC対決に勝利、2回戦では羽生善治に勝利する等で順調に勝ち進み、前回優勝時以来13年ぶりに決勝進出、2018年3月18日放送の決勝戦で稲葉陽を破り、2度目の優勝を果たした[10]。, 2018年4月22日天童人間将棋にて、詰みを認識した時に、相手である屋敷九段に「お前はもう詰んでいる!」と言い放ち、勝ち切った[11]。, 基本的には居飛車党である[12]。棋士デビュー直後は矢倉も好んで指していたが勝ちにはあまり恵まれず、[13]その後角換わり、相掛かりと得意戦法を変えていく[14]。, 早指しで力を発揮し、前述のNHK杯の他、早指し新鋭戦・叡王戦・JTプロ公式戦等、早指し棋戦の優勝が多い。また、「将棋フォーカス」で行われた1分切れ負けの特別対局では、深浦康市に敗れるまで7連勝している。本人によれば一番好きな持ち時間は2時間とのこと[15]。, 工夫を凝らした独創的な序盤戦術で、相掛かり先手の▲6八銀からの指し方など[16]、「山崎流」と呼ばれる指し方がある。中終盤でも、低段時代から独特の感覚を持ち[2]、他の棋士とは違う読み筋を披露することが多々ある。, 本人によれば定跡を追い求めていくことは余り好きではなく、新しい将棋[* 1]を好む[17]。2013年のインタビューでは、独創的な棋風となった要因として、かつて関東ではトップ棋士が奨励会員と研究会を行う様な研究会花盛りの時代に、山崎の所属していた関西の棋界が「研究暗黒の時代」、「研究会など恥ずかしい」と言った風潮があったような状態であったことを挙げている。そのため特に山崎が意識をした訳ではないが、「互いに悪路を行く様な将棋」を指す様になったと語っている[18]。, 2013年現在は「自由度の高い」相掛かり、特に引き飛車[* 2]棒銀を好んで指すが、二筋からの攻めにはこだわらない。さまざまな所で戦いを起こす駆け引きが楽しいとのことである[19]。なお、後手番では2013年現在、一手損角換わりを得意とする[20]。, 2013年に佐藤康光が評した所によれば、「山崎将棋は独創と信念を感じる。彼くらい人まねをしない人も珍しい。よほど感性が豊かなのでしょう」とのことである(『 NHK杯伝説の名勝負 次の一手』 p.184より引用)[21]。第1期電王戦での二つ名は「独創の叡智」および「独創のプロ棋士」。, 朝日新聞DIGITALニュース「羽生三冠が初戦突破 将棋叡王戦、前回優勝者を破る」(2016年10月1日18時13分)ほか, 山崎、野月 (2013) pp.171, 176 矢倉は変化の余地が比較的少なく、変化の余地の多い相掛かりの方が山崎向きであるとのこと。, 山崎、野月 (2013) pp.175-176 共著者の野月は、それで五筋、六筋から戦いを起こすことが多いのか、との感想を語っている。相掛かりの自由度の高さについてはこのインタビュー全体において語られている。, 山崎、野月 (2013) pp.177, 183 ただし、相掛かりでは角交換の形は好まない。, https://shogipenclublog.com/blog/2016/10/13/yamasakimori/, 第35回新人王戦・・・優勝は山崎隆之五段 | トピックス(将棋) | 囲碁・将棋チャンネル, https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23877350U7A121C1GS9000/, https://www.asahi.com/articles/DA3S13427032.html, https://www.jiji.com/jc/article?k=2018042600522, https://www.shogi.or.jp/news/2013/07/post_786.html, https://www.shogi.or.jp/news/2012/04/_2442.html, https://www.shogi.or.jp/news/2019/04/600_14.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=山崎隆之&oldid=80317973, B級2組 - C級2組の*は降級点の数(B級2組・C級1組は2点、C級2組は3点で降級), 第32回(2005年)で廃止、第33回(2006年)より新たな敢闘賞を創設。前年度の活躍が対象。, 左利き。2016年の将棋電王戦では、対局相手の「新電王手さん」が初めての左利きの棋士との対局となり、急遽技術者がセンサ位置等の調整に追われるハプニングもあった, 勝負に集中すると頬を膨らませる癖があり、その時の顔から「たこやき」というあだ名をつけられている。, ユーモア精神に富んでおり、テレビや席上対局の解説で、過激なジョークをしばしば発する。, 第64期名人戦第1局2日目で、画面が中継に変わっている間にズボンのベルトを緩めていたところ、画面がスタジオに戻りその瞬間が映ってしまい、聞き手の矢内を失笑させた。, ひらめき次の一手 解き方講座付き 中級編(2006年6月、毎日コミュニケーションズ、, ひらめき次の一手 実戦次の一手付き 初段編(2006年7月、毎日コミュニケーションズ、.
2020 佐藤康光 妻