1st LIVE "ROCK and KICKS 1号"(2013年6月2日), ワンマンMINI LIVE 超GIRLS祭‼︎〜お待たせしました。私達、仮面ライダーGIRLSと申します。〜東京・大阪(2015年10月21日・25日), ワンマンMINI LIVE 超GIRLS祭‼︎〜お待たせしました。私達、仮面ライダーGIRLSと申します。〜11月の巻〜(2015年11月3日), 超GIRLS祭!! ~お待たせしました。私達、仮面ライダーGIRLSと申します。~in HARAJYUKU(2016年1月24日), 超絶GIRLS祭 ~仮面ライダーGIRLS 5人で5周年、 5度目の宴! 東京・大阪の陣~(2016年6月5日・19日), 仮面ライダーGIRLS LIVE TOUR 2016~戦う相手は己のみ~(2016年12月11日・17日・18日), 仮面ライダーGIRLS 7thワンマンライブ2017 ~GAME START~(2017年5月3日), 仮面ライダーGIRLS 新宿LOFT見参!!「7周年だぞーん そだね~」(2018年4月20日), 仮面ライダーGIRLS「7周年だぞーん そだね~」大阪・名古屋(2018年6月23日・7月7日), 仮面ライダーGIRLS LIVE TOUR 2019〜それしかないわけないでしょう!〜大阪・名古屋・東京(2019年2月3日・15日・3月1日), 仮面ライダーGIRLS「7回転んで、8回立つ!だって8周年だもの。」(2019年4月20日), 仮面ライダーGIRLS「030804-01」LIVE TOUR 2019 大阪・名古屋・仙台・東京(2019年10月3日・4日・18日・24日), MASSIVE ROCK FES 2011 "SUMMER SPECIAL"(2011年9月7日・8日), ガンバライド&ダイスオーDX 仮面ライダー×スーパー戦隊クエスト「爆笑!ヒーローステージ」(2012年1月1日・2日), 仮面ライダー生誕40周年×スーパー戦隊シリーズ35作品記念 40×35 感謝祭 Anniversary LIVE&SHOW(2012年1月10日・11日、, everset VS 仮面ライダーGIRLS 向かい風一本勝負! ), K.R.G.S. 【新番組】仮面ライダージュウ この話は自分自身を探す物語。 かまど たかや マキヤ みくのしん 夢顎んく 山下ラジ男 神田 長イキアキヒコ !〜」〜第1夜@新宿ReNY〜, 『東映特撮ファン感謝祭2017』仮面ライダー回のトークイベントに出演する豪華ゲストが決定!, 劇場版『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』公開直前プレミア音楽祭 〜EAT,KILL ALL〜, RIDER CHIPSと仮面ライダーGIRLSのツーマンライブをレポート! KRGSは2019年のワンマンツアーも発表!! 新メンバーも発表!!躍進続けるKAMEN RIDER GIRLSのワンマンライブレポート, 仮面ライダーGIRLS『7th ワンマンライブ 2017 〜GAME START〜』レポート! « ハイパーホビー公式サイト, 「仮面ライダーGIRLS」ワンマンライブレポート! 仮面ライダービルドも登場! 大阪、名古屋の追加公演も決定!! 『仮面ライダー (スカイライダー) 』(かめんライダー スカイライダー)は、1979年 10月5日から1980年 10月10日まで、tbs系列で毎週金曜19:00 - 19:30(jst)に全54話が放送された、毎日放送・東映制作の特撮テレビドラマ作品、および作中で主人公が変身するヒーローの名称である。「仮面ライ … ライブ「向かい風一本勝負 東二局~」開催”, http://news.mynavi.jp/news/2012/06/25/005/, 超英雄祭 KAMEN RIDER × SUPER SENTAI LIVE&SHOW 2013, 超英雄祭 KAMEN RIDER × SUPER SENTAI LIVE&SHOW 2014, 超英雄祭 KAMEN RIDER × SUPER SENTAI LIVE&SHOW 2015, 東映特撮ファンクラブ1周年記念イベント&公開収録の「東映特撮ファン感謝祭2016」が10/30に開催!第1部の模様を少しだけご紹介します!! 『仮面ライダー (スカイライダー) 』(かめんライダー スカイライダー)は、1979年 10月5日から1980年 10月10日まで、tbs系列で毎週金曜19:00 - 19:30(jst)に全54話が放送された、毎日放送・東映制作の特撮テレビドラマ作品、および作中で主人公が変身するヒーローの名称である。「仮面ライ … 鈴村健一さん・神谷浩史さんのラジオが、KAMEN RIDER GIRLSのSPライブを放送! そしてあの2人が卒業に!? - 名倉メインボーカル, E-X-A (Exciting × Attitude) (instrumental), 藤岡弘・佐々木剛(初代) | 宮内洋(V3) | 速水亮(X) | 岡崎徹(アマゾン) | 荒木茂(ストロンガー), 村上弘明(スカイライダー) | 高杉俊介(スーパー1) | 菅田俊(ZX:TVSP), 倉田てつを(BLACK→BLACK RX) | 石川功久(シン:OV) | 土門廣(ZO:映画) | 望月祐多(J:映画), 黄川田将也(THE FIRST・THE NEXT:映画)| 藤田富・谷口賢志・前嶋曜(アマゾンズ:Webドラマ), オダギリジョー(クウガ) | 賀集利樹(アギト) | 須賀貴匡(龍騎) | 半田健人(555) | 椿隆之(剣) | 細川茂樹(響鬼) | 水嶋ヒロ(カブト) | 佐藤健 (電王) | 瀬戸康史(キバ) | 桜田通(電王劇場版) | 井上正大(ディケイド) | 稲垣吾郎(G:TVSP), 桐山漣・菅田将暉(W) | 渡部秀(オーズ/OOO) | 福士蒼汰(フォーゼ) | 白石隼也(ウィザード) | 佐野岳(鎧武/ガイム) | 竹内涼真(ドライブ) | 西銘駿(ゴースト) | 飯島寛騎(エグゼイド) | 犬飼貴丈(ビルド) | 奥野壮(ジオウ), 高野八誠・加藤和樹(THE FIRST・THE NEXT:映画) | 朝日奈寛・(ゲスト)姜暢雄(アマゾンズ:Webドラマ), 要潤・友井雄亮・菊池隆則・(ゲスト)唐渡亮(アギト) | 松田悟志・涼平・萩野崇・高野八誠・高槻純・木村剛・一條俊・日向崇・(ゲスト)黒田アーサー・(ゲスト)和田圭市・(ゲスト)加藤夏希・小山剛志(声)・(ゲスト)弓削智久(龍騎) | 村上幸平・原田篤・(ゲスト)河西りえ・泉政行・(ゲスト)溝呂木賢・(ゲスト)ピーター・ホー(555) | 天野浩成・森本亮治・北条隆博・(ゲスト)黒田勇樹・(ゲスト)三津谷葉子・(ゲスト)杉浦太雄(剣) | 渋江譲二・川口真五・松田賢二・(ゲスト)片岡礼子・(ゲスト)松尾敏伸・(ゲスト)山中聡・(ゲスト)北原雅樹・(ゲスト)湯江健幸(響鬼) | 佐藤祐基・徳山秀典・内山眞人・加藤和樹・山本裕典・(ゲスト)弓削智久・(ゲスト)小林且弥・(ゲスト)虎牙光揮・(ゲスト)武蔵(カブト) | 中村優一・大塚芳忠(声)・三木眞一郎(声)・(ゲスト)渡辺裕之・(ゲスト)緑川光(声)・(ゲスト)神谷浩史(声)・(ゲスト)松村雄基・(ゲスト)古川雄大・(ゲスト)高尾日歌(電王) | 武田航平・加藤慶祐・柳沢なな・高橋優・松田賢二・熊井幸平・山本匠馬・新納慎也・(ゲスト)堀内健(キバ) | 戸谷公人・村井良大・森カンナ・デビット伊東・池内万作・牧田哲也・川岡大次郎・栗原功平・山中聡・累央・川原一馬・成松慶彦・鈴木拡樹・岡野友紀・北村栄基・水谷百輔・森陽太・岩間天嗣・坂本恵介・エンリケ・(ゲスト)入江雅人・(ゲスト)秋山奈々・(ゲスト)稲田徹(声)・(ゲスト)藤本たかひろ(声)・(ゲスト)田中大文(声)・(ゲスト)赤羽根健治(声)・(ゲスト)根本幸多(声)(ディケイド), 木ノ本嶺浩・(ゲスト)吉川晃司・(ゲスト)コン・テユ・(ゲスト)松岡充(W) | 岩永洋昭・君嶋麻耶・(ゲスト)荒井敦史・(ゲスト)浜田賢二(声)(オーズ/OOO) | 吉沢亮・(ゲスト)真野恵里菜(フォーゼ) | 永瀬匡・中山絵梨奈・相馬眞太・川口真五・高階俊嗣(声)・池田成志・(ゲスト)戸塚純貴・(ゲスト)高山侑子・(ゲスト)瀧澤翼・(ゲスト)載寧龍二・(ゲスト)小倉久寛・(ゲスト)陣内孝則・(ゲスト)奥仲麻琴(ウィザード) | 小林豊・高杉真宙・久保田悠来・松田岳・(ゲスト)百瀬朔・白又敦・松田凌・青木玄徳・佃井皆美・吉田メタル・波岡一喜・(ゲスト)小山力也(声)・(ゲスト)板尾創路・(ゲスト)田中偉登・(ゲスト)片岡愛之助・(ゲスト)安藤穂乃果・(ゲスト)斧アツシ(声)・(ゲスト)岩田さゆり・(ゲスト)河相我聞・(ゲスト)中村龍介・(ゲスト)鳥羽潤・(ゲスト)鷲見友美ジェナ(鎧武/ガイム) | 稲葉友・上遠野太洸・(ゲスト)綾部祐二・(ゲスト)及川光博・(ゲスト)松岡充(声)・(ゲスト)真剣佑・(ゲスト)片岡鶴太郎・(ゲスト)蕨野友也・(ゲスト)松島庄汰(ドライブ) | 山本涼介・磯村勇斗・(ゲスト)かでなれおん・(ゲスト)竹中直人・(ゲスト)八十島弘行・(ゲスト)ツネ・(ゲスト)高山侑子・(ゲスト)木村了・(ゲスト)沢村一樹(ゴースト) | 岩永徹也・瀬戸利樹・松本享恭・松田るか・小野塚勇人・甲斐翔真・貴水博之・(ゲスト)堂珍嘉邦(エグゼイド) | 赤楚衛二・武田航平・越智友己・小久保丈二・水上剣星・前川泰之・金尾哲夫(声)・(ゲスト)勝村政信・(ゲスト)進藤学・(ゲスト)趙珉和・(ゲスト)勝杏里(声)(ビルド) | 押田岳・渡邊圭祐・(ゲスト)大幡しえり・(ゲスト)多和田任益・(ゲスト)鈴木勝大・(ゲスト)入江甚儀・(ゲスト)財木琢磨・(ゲスト)菅原健・(ゲスト)中島健・(ゲスト)斉藤秀翼・(ゲスト)パパイヤ鈴木・(ゲスト)山口大地・(ゲスト)篠田諒・(ゲスト)ISSA・(ゲスト)杉田智和(声)・(ゲスト)坂井易直(声)(ジオウ), 岡田龍太郎・井桁弘恵・砂川脩弥・中川大輔・桜木那智・山口大地・中山咲月・速水奨(声)・(ゲスト)山本耕史・(ゲスト)伊藤英明・(ゲスト)福士誠治・(ゲスト)畑芽育・(ゲスト)小山悠・(ゲスト)後藤洋央紀(ゼロワン) | 山口貴也・青木瞭・富樫慧士・生島勇輝・岡宏明・唐橋充(セイバー), KAMEN RIDER GIRLS REMODELED FOR SHOCKER GIRLS名義, 2015年4月に発表された「Believe in my flush」や2015年10月に発表された「Girls be Ambitious」のミュージッククリップでは、既にベルトなしの衣装となっている, 仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー, 仮面ライダーGIRLS「ミュージック・ビデオ撮影では、ライダーやショッカー戦闘員の皆さんに助けてもらいました」-インタビュー(CloseUp NetTube) - Anigema ~あにげマ!~, 仮面ライダーGIRLS 秋田知里『仮面ライダーGIRLSワンマンライブツアー2019〜それしかないわけないでしょう〜』, 仮面ライダーGIRLSが再びアニメイトTVに登場―― 極寒のなか撮影したPVも必見の3rdシングル『咲いて』についてメンバーにインタビューしてきました!, 新メンバーフォーゼも加わりさらに加速!仮面ライダーGIRLSの3rdシングル『咲いて』インタビュー, 仮面ライダーGIRLS : 新メンバーに秋田知里 RIDER CHIPSと新ED曲を初お披露目, “仮面ライダーウィザード公開記者発表イベント~仮面ライダーウィザード G&Cミュージックマジック~”, http://blog.excite.co.jp/exanime/18800043/, “『仮面ライダーウィザード』を音楽で盛り上げる!G&Cミュージックマジック記者発表”, https://web.archive.org/web/20120924013819/http://tvlife.jp/news/detail.php?news_id=51430, 廣川 由里香 | DO初心者予備校 - 講師&予備校生プロフィール | ストライクガール, KAMEN RIDER GIRLS REMODELED FOR SHOCKER GIRLS / SSS~Shock Shocker Shockest~ [CD+DVD], SHOCKER GIRLS / SSS~Shock Shocker Shockest~, 文化放送『鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー』でKAMEN RIDER GIRLS・名倉かおり卒業記念SP. « ハイパーホビー公式サイト, 仮面ライダーGIRLS - ケーブルテレビ(CATV)のJ:COMの番組つながるセブン, 仮面ライダーGIRLSオフィシャルブログ「敵は地獄のデストロン!! 新番組・令和仮面ライダー第2弾『仮面ライダーセイバー(聖刃)』9月6日放送スタート! Twitter Facebook はてブ Pocket LINE 2020.07.29 仮面ライダーGIRLS(かめんライダーガールズ、KAMEN RIDER GIRLS)は、日本のガールズダンスユニット[1]。, 「仮面ライダーシリーズ40周年を記念して結成されたシリーズ初の女の子ライダーユニット」[2]。, 主な活動としては、仮面ライダーを題材にした映画の主題歌や劇中歌、ゲームのテーマソングなど楽曲の歌唱、超英雄祭など東映特撮関連イベントへの出演がある[3]。, ワンマンライブや兄貴分ユニットRIDER CHIPSとのツーマンライブなども積極的に開催しており、彼女たちのライブには仮面ライダーが出演することもある[4]。, 結成から2015年までは各メンバーに担当の仮面ライダーを設定し変身ベルトを衣装の上から着用していたが、のちに担当ライダー制は廃止となった(後述)。, 結成当初アイドルユニットとしてスタートしているが[5][2]、後にハードロック路線へ音楽性を再設定している[6][1]。, 2010年10月、東映、日本コロムビア、エイベックス・エンタテインメントによる3社合同イベント『スーパーヒーローミュージックスタジオ VOL.0』[7]の出演者として、「仮面ライダーガールズ」の名を発表[8]。, 同年11月、オーディションにより名倉、吉住、廣川、井坂、安田の5人が選ばれる[9]。, 同年11月29日に『スーパーヒーローミュージックスタジオ VOL.0』でデビューした[7]。, 2011年4月、ファーストシングル『Let's Go RiderKick 2011』をリリース[10]。, 同年12月、廣川が病気療養に入り[13]、以降は名倉、吉住、井坂、安田、遠藤の5人で活動した[14][15]。, 2012年9月、『仮面ライダーウィザード公開記者発表イベント〜仮面ライダーウィザード G&Cミュージックマジック〜』より秋田が加入し、名倉、吉住、井坂、安田、遠藤、秋田の6人で活動することを発表した[16][17][18][19]。なお、廣川については、公式サイトおよび公式ブログからプロフィールが外されたが、脱退は発表されていない(2014年10月時点)[注釈 1]。, 同年10月、メンバーが週替わりでアシスタントを務めるラジオ番組『東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー』が放送を開始。, 2013年7月、SHOCKER GIRLS(ショッカーガールズ)名義でシングル『SSS〜Shock Shocker Shockest〜』をリリース[21][22][23]。, 同年5月、ディレクターの河野裕介がavexを退社し、ユニットのプロデュースから外れる。, 同年11月、黒田の加入が公式サイトで発表され、『超GIRLS祭!! ~11月の巻~』で紹介された[28][29]。同月末に吉住の卒業予定を発表[30]。, 2016年1月、『超GIRLS祭!! ~お待たせしました。私達、仮面ライダーGIRLSと申します。~in HARAJYUKU』にて、安田と吉住が卒業[31]。また黒田の加入をもって、それまで個々につけられていた担当ライダーを外し、衣装からも担当ライダーの変身ベルトを排除したことを発表した。これを機にライダーだけではなく、全特撮を応援する意気込みも表している[注釈 2]。, 同年4月、地上波では初の冠ラジオ番組となる『レッツゴー!仮面ライダーGIRLS』放送開始。, 同年5月3日、4人体制初のワンマンライブとなる『7thワンマンライブ~GAME START~』第二部にて遠藤が一夜限りの復帰を果たし、完全卒業となる卒業式を行った[33]。, 2018年3月22日、ファンクラブ「ハートの秘密基地」をプレオープン、同年4月1日に正式オープンした。, 本ユニットのメンバーカラーは基本的に各自担当する仮面ライダーのカラーとなっておりメインカラーと差し色の2色が設定されていた(井坂のみ3色)。担当ライダー制が廃止となって以降はメインカラーのみとなっている。, 初期メンバーから遠藤、秋田、鷲見までの追加メンバーはそれぞれシリーズに登場するいずれかの仮面ライダーを割り当てられており、各自割り当てられた仮面ライダーをモチーフとした衣装と変身ベルトを着用していた[51][52]。, 2015年11月の黒田の加入以降ベルトを外している。これは従来のような担当の仮面ライダーだけでなく、東映特撮全体を応援するという意気込みの意味であると4thワンマンの際に表明している。, いろいろな権利のからむベルトを外すことで、活動の場が制限されるのを回避しいろいろなメディアやイベントに進出するためという狙いもある[53]。, E-X-A (Exciting × Attitude)TV ver. ※当サイトでは現在、機械翻訳を導入中です。固有名詞や文法について、正しい翻訳ではない可能性がある点、予めご了承の上ご利用ください。 主な活動としては、仮面ライダーを題材にした映画の主題歌や劇中歌、ゲームのテーマソングなど楽曲の歌唱、超英雄祭など東映特撮関連イベントへの出演がある 。 大きな話題となっている「S.H.Figuarts(真骨彫製法) 仮面ライダーBLACK」。11月6日の店頭予約解禁に向けた取材企画の第2弾として、お待ちかねの南光太郎/仮面ライダーBLACK役俳優・倉田てつを氏へのインタビューをお送りする。 仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z 映画主題歌 決定!! *This website is now introducing machine translation. ※お問い合わせ窓口ではございません。ご回答は致しかねます。, 最新技術で蘇る漆黒の戦士!「S.H.Figuarts(真骨彫製法)仮面ライダーBLACK」商品化決定&11月6日(金)店頭予約解禁!, 「真骨彫製法 仮面ライダーBLACK」商品化記念インタビュー<1> 石森プロ・早瀬マサト. KAMEN RIDER GIRLS「Girls be Ambitious」MV - YouTube, 仮面ライダーGIRLS『7th ワンマンライブ 2017 〜GAME START〜』レポート!, 仮面ライダーGIRLS「ハートの秘密基地」 仮面ライダーGIRLSより大切なお知らせ, ロックで魅せる!仮面ライダーGIRLSが新曲「Just The Beginning」リリース, ライブ前なのにゲームに熱中!? « ハイパーホビー公式サイト, https://news.mynavi.jp/news/2010/11/30/001/index.html, DJ HURRY KENN Ride the Groove:仮面ライダーavex SOUND WEB WEBRADIO, 谷本貴義公式ブログ TANI-MEDIA : スーパーヒーローミュージックスタジオ VOL.2について, 「劇場版 仮面ライダーオーズ/OOO 将軍と21のコアメダル」公開記念スペシャルイベント 怒涛のトーク&ライブショー「仮面ライダーオーズ/OOO グリードナイト」, 「ライダーを見てると戦いたくなる」土屋アンナさんが『仮面ライダーフォーゼ』主題歌「Switch On!」を担当!, 仮面ライダー生誕40周年×スーパー戦隊シリーズ35作品記念 40×35 感謝祭 Anniversary LIVE&SHOW, eversetと仮面ライダーGIRLSのスペシャルライヴ、ショッカーの妨害に遭うも仮面ライダーが撃退, “everset vs 仮面ライダーGIRLS! ?」の表記になっている。 シノビ、クイズ、キカイに続く4人目の「ジオウ」オリジナルの仮面ライダーであるが、その目的は地球を滅ぼすことらしく明確にジオウ達と敵対している。 テレビ朝日「令和仮面ライダー第2弾」番組公式サイト 令和仮面ライダー第2弾|テレビ朝日 ©2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 !/井坂仁美」より, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=仮面ライダーGIRLS&oldid=80328606, E-X-A (Exciting × Attitude) - 『仮面ライダー鎧武/ガイム』エンディングテーマ, SSS〜Shock Shocker Shockest〜(instrumental), alteration - 『仮面ライダーウィザード』エンディングテーマ(仮面ライダーウィザード オールドラゴン テーマソング), HEAVY METAL STRIKES BACK-血まみれの救世主(メサイア)たち-(EXTRA TRACK) - 作詞作曲に, 時の華 - 『仮面ライダー鎧武/ガイム』エンディングテーマ(仮面ライダー鎧武 ジンバーレモンアームズ テーマソング), ドラゴン・ロード2014(串田アキラ& KAMEN RIDER GIRLS) - 『, feeling... (Primary colors rewriting by 秋田知里), 帰り道 (Primary colors rewriting by 鷲見友美ジェナ), SSS ~Shock Shocker Shockest~ / SHOCKER GIRLS, Believe in my flush - 『ぱちんこ 仮面ライダーV3 GOLD Version』使用曲, B.A.T.T.L.E G.A.M.E (KAMEN RIDER GIRLS version), Stormy Story - from EX-AID LV2 BATTLE SONG, Let's Try Together (album version) - 『仮面ライダーエグゼイド』挿入歌(仮面ライダーエグゼイド ダブルアクションゲーマー テーマソング), Girls Anthem〜with our BIG LUV〜 (album version), The theme song of Sunagawa-shi, Hokkaido (Lets`s Dancing)(Bonus Track), O.K Alright feat. 雄斗「いいよね~焼き肉~。ジュウ~~っつって焼ける音がしてね。カルビ喰いたいなぁ…。カルビで白米をかっこみたいよね~。」, 雄斗「ご…ごめんなさい定員さん! めちゃくちゃお腹空いてて、焼肉食べたいな~って思って」, 雄斗「…いや~。信じて貰えないと思うけどさ、さっき芋ともやしの化け物みたいなのに追いかけられてたんだよね」, 雄斗「だからかな…なんか食べる気がしなくて…。いや! 不味いとかじゃないのよ本当に!」, 美川「店員さん、だ。記憶喪失は深刻みたいだな。…とにかくもう帰れ。これからディナー営業なんだよ」, 美川「…そこまで面倒見れるか。……ただ、どうしても思い出せなかったら、またここに来い。」, 雄斗「痛っ…!  なんなんだよこれ! 動けない! すごく痛いって!! ちょっ… そこの人黙ってみてないで助け…」, ???「あひゃ… あひゃあひゃあひゃあひゃあひゃあひゃあひゃあひゃあひゃあひゃあひゃあひゃあひゃあひゃあひゃあひゃあひゃあひゃあひゃあひゃあひゃあひゃあひゃあひゃあひゃあひゃあひゃあひゃあひゃあひゃあひゃあひゃあひゃあひゃあひゃあひゃ」, 雄斗「足もこんなんだからちっとも動かないし…! ていうかなんでこんな事するんだよ! そもそもおかしくない!? 変じゃん! 色々と! 見た目とか! 色々と! ほら! 変じゃん! ねぇ! ねぇてッ!!」, 雄斗「ヤダヤダヤダヤダヤダヤダ!! 本当に嫌だから! マジで! ねぇ! ちょっと本当にやm(ry」, 雄斗「定員さん! ねぇ! このベルトでどうしたらいいんですか! ちょっと! あーもう! バックルがデカすぎるし、なんか熱くて嫌だな!!」, 雄斗「て、定員さん!! 俺はどうすればいいの? このまま焼いてていいの? えーと、体は大丈夫!? 」, 雄斗「あ?うーん。なんか芋もモヤシも、すげえ旨かったんだ。なんで食えなかったのか思い出せねえ」, 雄斗「なあ、何で俺は変身したの? あいつらはなんで襲ってきたの? わかんねえことが多すぎるんだけど、何も… 思い出せないんだ…」, 福岡から来ました。銃声は子守唄、手榴弾は落とし物、自転車は共有物。よろしくお願いします。, みくのしんと言います。好きな物は自分が好きな物、嫌いな物はカリフラワーです。よろしくお願いします。. EP35・36のキバ編にて登場した謎の仮面ライダー。 公式サイトには“時空を超え、天より飛来した未来の仮面ライダー”との記述があり、どうやら彼もまた未来からやってきた模様。 後に発売されたDXミライドライバーのパッケージでは「A.D.??? « ハイパーホビー公式サイト, 【notall】「今夜はアナタのフェス vol.2 〜春の大祭典! 『仮面ライダー (スカイライダー) 』(かめんライダー スカイライダー)は、1979年10月5日から1980年10月10日まで、TBS系列で毎週金曜19:00 - 19:30(JST)に全54話が放送された、毎日放送・東映制作の特撮テレビドラマ作品、および作中で主人公が変身するヒーローの名称である。「仮面ライダーシリーズ」第6作に当たる。, 本作品の正式な番組タイトルは、シリーズ第1作と同じ『仮面ライダー』(ロゴはオリジナルに一新)であるが、本放送当時より新聞のラテ欄・文献・その他においては第1作目との識別を容易にする目的で、『仮面ライダー(新)』[1]、『仮面ライダー(スカイライダー)』など、カッコ部分を加えた表記が通例的に用いられている[注釈 1]。本項目でも便宜上『仮面ライダー(スカイライダー)』表記で統一している。, 「仮面ライダー」シリーズは1975年の『仮面ライダーストロンガー』で一度完結したが、1970年代末のSFブームの中で、歴代の日本製特撮ヒーローが子供から大人まで幅広いファンの注目を集めるようになる。その流れの中で登場した新しい「仮面ライダー」が、本作品である[2]。, 制作はこれまでのシリーズと同じく東映と毎日放送で、スタッフもプロデューサーに平山亨と阿部征司、監督に本作品へと参加するために同時期の『バトルフィーバーJ』を離脱した山田稔と『仮面ライダーアマゾン』以来の田口勝彦、音楽に菊池俊輔、メイン脚本家に伊上勝、殺陣に大野剣友会、ナレーションに中江真司と、これまでのシリーズを支えてきた顔ぶれが揃っており、基本的に初代の『仮面ライダー』から大きなスタッフ変更はない[3]。平山側[4]からの「ライダーのスーツアクターは大野剣友会の中屋敷鉄也(現:中屋敷哲也)で」との要望を酌み、技斗(殺陣師)にはこれまでのシリーズでスーツアクターと技斗を担当していた岡田勝を迎えた。中屋敷は、ライダーマンを除いて1号からストロンガーまでの全ライダーを演じた経験を持っていた[注釈 2]。美術はエキスプロダクションの高橋章、キャラクター造形は同社を退社した三上陸男が立ち上げたコスモプロダクションが担当した[5][6]。, 主役に関しては東映主催による一般公募形式のオーディションが開催され、3786人[7]の応募者の中から新人の村上弘明が選ばれた[8][注釈 3]。また主役オーディションと同時にヒロイン3役のオーディションも開催され、応募者2010名の中から2名が選ばれたが、叶みどり役は該当者なしとなり、養成所の推薦により田中功子が起用された[10]。, 撮影所はこれまでのシリーズの拠点だった東映生田スタジオが前年に撤退したため、東映東京撮影所が制作拠点となった[11]。ロケ地も以前は生田スタジオがあった川崎市北部が中心だったが、本作品からは関越自動車道沿いの埼玉県南西部が中心となった[11]。アクションの撮影は、生田スタジオ時代は赤土の多い三栄土木を用いていたが、本作品以降は石の多い場所だったため、岡田はロケ場所探しが難しかったと述べている[12]。, 1977年に公開されたアニメ映画『宇宙戦艦ヤマト』のヒットをきっかけとしてアニメなどのリバイバルブームが起こり、『仮面ライダー』や『ウルトラマン』などの特撮作品にも注目が集まっていた[13]。児童向け雑誌『テレビマガジン』では、1978年6月号での特集「きみはぜんぶおぼえているかい?ウォンテッド!ライダー怪人」が大反響を起こし、この後、仮面ライダーシリーズがカラーページで特集され、関連のムック類もヒットするようになった[9][14]。石森プロでは旧作品の上映会を実施し、1979年4月からはTBS系列で第1作『仮面ライダー』の再放送が開始されるなど、本放送当時に視聴者であった青年層を中心に仮面ライダーブームが広がっていった[9]。, プロデューサーの平山はこのブームの動向を分析しており、1978年9月に毎日放送からの要請に応じ、本格的に新たな仮面ライダーの制作に乗り出した[15]。企画に際し、平山は仮面ライダーファンクラブの会合に出席してファンからのアイデアも取り込もうとしていた[16]。, 当初、希望していた1979年4月からの放送開始は放送枠が確保できなかったために見送られたが、出版方面が堅調であることや同年正月に後楽園ゆうえんちで開催された仮面ライダーショーが例年の倍以上の集客となったことなどを理由として企画は継続され、同年10月からの放送に至った[17]。, また、平山はスタッフに監督の山田と脚本家の伊上らそれまでのシリーズの中心人物を迎えたが、前作までの共同プロデューサーであった阿部征司は、前作までの番組制作で得た達成感や本作品が失敗した場合のデメリットなどから、仮面ライダーシリーズの新作の制作に否定的であったため、参加を拒否した[18]。, 本作品の大きな2つの特徴として、前半の「原点回帰」と後半の「先輩ライダーの客演エピソードの多さ」という点が挙げられる。, 当初は「初代」の『仮面ライダー』を意識し、仮面ライダー旧1号をベースにディテールアップした新たな仮面ライダー・スカイライダーと、人間に既存の生物の能力を加えて改造したシンプルな怪人との戦いを主体にしたハードなストーリーが展開された[19]。また、主人公にはそれまでの仮面ライダーと差別化するセールスポイントとして、重力低減装置による飛行能力セイリングジャンプと、専用オートバイ・スカイターボで壁を破る必殺技ライダーブレイクが加えられた[9][3]。この2点は、再放送の視聴率が低く毎日放送の局長会議が不調に終わったことから旧シリーズにない新要素として導入された[20]。セイリングジャンプのシーンを始めとする本作品の特撮技術には、『宇宙からのメッセージ』で初めて使用された東通ecgシステムのビデオ合成が取り入れられた[9][14]。, しかし、原点回帰を意識したがためにやや地味になったストーリーと、主役である仮面ライダーのキャラクター性の弱さのため、期待通りの視聴率は得られなかった(平均視聴率は、関東13.2%、関西14.2%)[注釈 4]。また、飛行能力などの新機軸も充分にストーリーに生かすことができず、次第に使用されなくなった[注釈 5]。, こうした苦境の中で、多くの番組強化策が行われた。まず、舞台をハンググライダークラブから喫茶店「ブランカ」に移してレギュラーキャラクターを一新し、主人公が仲間たちのバックアップを受けて戦うことが強調された[注釈 6]。また、ネオショッカーの指揮官を軍人色の強いゼネラルモンスターから派手で陽性な魔神提督に交代させ、コミカルな作戦も取り入れた。, そして第20話からは、歴代の仮面ライダーが次々にゲスト出演する[注釈 7][9][23][24]。さらにサブヒーローとして9番目の仮面ライダーとなる「仮面ライダーV9」の登場も予定されたが、ゲストライダー編が好評を得て視聴率が向上したことによりV9の登場は見送られ、次作『仮面ライダースーパー1』の設定の基となった[25][24]。, 東映は、前シリーズプロデューサーの阿部征司にも参加を打診。前述の通り制作開始前には本作品に否定的であった阿部も、何をやってもいいという条件でこれを受諾した[26][27]。阿部は自身が好む明るく楽しいシンプルなヒーロー像へのイメージの一新を目指し、スカイライダーの配色や主題歌の変更を決定した[27]。, スタッフ面では、監督陣にも新しい人材をという毎日放送からの要請を受けて、シリーズ初参加となる田中秀夫が監督に加わった[28]。また阿部はメイン脚本の伊上勝が行き詰まっていると感じ、伊上を降板させた[26][注釈 8]。, 第28話で歴代仮面ライダーの特訓によってスカイライダーはパワーアップを遂げ、より明るい体色にスタイルを一新した[9][23]。この新たなスカイライダーは、劇場映画『仮面ライダー 8人ライダーVS銀河王』でテレビに先駆けて披露され話題を撒いた[9]。その後も様々な工夫が凝らされ、歴代ライダーの素顔での登場[注釈 9]、コミカルな脇役ヒーロー・がんがんじいの活躍、怪談シリーズと銘打たれたホラー色の強い連作など、話題を提供し続けた。伊上に替わりメインライターを務めた江連卓は、「改造された人間がすごい力で敵をやっつける」という内容を嫌い、「人間は肉体の鍛錬や思考を限界まで行って敵に打ち勝つ」ということを伝えるため、主人公を過酷な目にあわせる内容を中心としたと述べている[26]。江連は恋愛要素も盛り込みたいと考えていたが、阿部の賛同は得られず実現に至らなかった[26]。, こうした番組強化の流れの中で、主人公も徐々にキャラクターが定着して魅力を発揮するようになり、当初の予定から若干延長した1年間強の放映となった[注釈 10]。それ以降は、村上のスケジュール調整がかなわずに放映を終了し、『仮面ライダースーパー1』に引き継がれた。, 7人ライダーがデルザー軍団を滅ぼしてから数年。かつて世界で猛威を振った秘密結社ショッカーの名を受け継ぐ新組織・ネオショッカーが現れた。, 城北大学の大学生・筑波洋(つくば ひろし)はハンググライダーの練習中、ネオショッカーの魔手から逃れようとしていた人間改造工学者・志度敬太郎(しど けいたろう)博士を助けた。志度博士は、非情な組織のやり方に良心の呵責に耐え切れずに脱走したのだ。博士を匿う洋だったが、博士を追ってきたネオショッカーの怪人ガメレオジンによって瀕死の重傷を負ってしまう。洋を救うため、博士は洋を改造人間として蘇らせた。復活した洋は、ネオショッカーから人類を守るために戦うことを決意する。変身した洋の姿を見て、博士は洋を「仮面ライダー」と名付けた。, やがて、海外に旅立った志度博士に頼まれ、洋の大学の先輩・谷源次郎(たに げんじろう)が洋に協力することになった。, さらに、世界各地でネオショッカーと戦っていた7人ライダーが帰国。彼らとの特訓によって、スカイライダーはパワーアップした。, 本作品以前の仮面ライダーシリーズに登場し、日本を守った7人の仮面ライダー。デルザー軍団壊滅後は日本を離れ、世界各地でネオショッカーと戦っていた。そして、ネオショッカーを追って海外から次々に帰国し、第20・21話のストロンガーを機に、スカイライダーと共闘する。, 当初は声優のアフレコによる変身後のみの登場だったが、1号ライダーとアマゾンライダーを除いた5人は第31話以降、オリジナルキャストのゲスト出演もあった。また、素顔も含めてゲスト出演したライダーは、いずれも変身ポーズの効果音が変更されている。, 掛け声[注釈 15]とともに一定のポーズを取ることで、変身ベルトトルネードの風車から風圧エネルギーを取り入れ、スカイライダーに変身する[注釈 16]。その最大の特徴は、ベルトの両脇に付いた重力低減装置によりセイリングジャンプで滑空飛行が可能な点である[注釈 17]。, 第28話で先輩ライダー全員の特訓を経て強化した。それに伴い体色が明るい色使いになる。それまでメイン必殺技だったスカイキックに加え、重力低減装置を利用した99種類の空中殺法を編み出した。強化後、セイリングジャンプを使用する描写は見られなくなった[注釈 18]が、第49話では映像による具体的描写はないものの、セイリングジャンプを使って危機を脱している。最終話では7人ライダーと組んでセイリングジャンプを使用した。, 赤いFマフラー[38]に黒い斑点が複数見られる。マフラーはセイリングジャンプ時には翼の役割を果たし、強化後は取り外すことでロープとなるローピングマフラーとなった。また、強化後はベルトのトルネード部分が大型になり、重力低減装置は逆に小型化している[注釈 19]。, 怪人アブンガーにより、スカイライダーの1日に必要とするエネルギー量(基礎代謝)は10万カロリー(=100キロカロリー)、スカイキックに必要とするエネルギー量は2万カロリー(=20キロカロリー)であると分析されている。, 尚、変身前に洋が着ていた服は、変身後には胸の人工強化筋肉と人工強化皮膚の間に収納される[39]。, スカイライダーの専用バイクで2話より登場。制作者は志度博士[63][64]。水素エンジンを搭載し、フロントカウルに内蔵されたHVG(高振動発生装置)から発生する超振動波による体当たり技ライダーブレイク[32]やスカイターボアタックやスカイターボジャンプは強力。コンピューターによる無人走行が可能[32]。車体に専用エンブレム[注釈 27]がプリントされている。22話では洋の常用バイクから変形するシーンが描写された。後にスカイライダーの強化に伴いチューンナップされた。変身前はTS250 9型。, 世界征服を目論む巨大な秘密組織で、歴代の秘密結社で最初期に猛威を振るったショッカーの名を継ぐ組織だが、直接の関係は不明[注釈 29]。, 動植物や妖怪をモチーフとした怪人を操り、来るべき食糧危機に備えて世界の増えすぎた人口を3分の1に減らし、残った支配者層になるべき優秀な人間は改造人間として手先に使い世界を支配するのが目的[32][注釈 30]で、中盤からは怪人や兵器などを前面に押し立てた日本征服を展開する。初期では倒された怪人やアリコマンド、その手にかかった犠牲者は、青い光を発しながら蒸発するシーンが随所にあった。初代幹部のゼネラルモンスターが怪人ヤモリジンとして敗北し粛清された後は魔神提督が着任、8人ライダーと死闘を繰り広げた。, シンボルマークは「N・S」の文字を繋げ、かつてのショッカーの如く鷲のように見立てたものが用いられている。, スカイライダー役の中屋敷鉄也は、東映プロデューサーの平山亨から指名されたが、面をつけての芝居に嫌気が差しており『戦国自衛隊』への出演も決まっていたことから思い悩んだが、後輩の仕事を確保するために本作品への出演を決めた[12]。, 本作品、そして次作『スーパー1』で多数の脚本を執筆した土筆勉は、かつて「高田裕史」の名で俳優として活動しており、『仮面ライダー』や『V3』にも端役で出演した経験がある[91]。, 『組曲 仮面ライダー』と題した前期BGM集(作曲・編曲ともに菊池俊輔)が番組開始時に発売された。これはシリーズで初めて商品化を前提にステレオ録音されたBGM集で、前期オープニングとエンディングや「変身!仮面ライダー」の各アレンジ曲も含まれていた。, 番組前期に発売されたセリフ&効果音入り「アクションシリーズ」EPには「燃えろ!仮面ライダー」、「復活 〜よみがえる仮面ライダー」(『組曲 仮面ライダー』序曲)、「変身!仮面ライダー」、「はるかなる愛にかけて」の4曲が収録された。, 劇場版『仮面ライダー 8人ライダーVS銀河王』および番組後期では、追加録音されたBGM(編曲は武市昌久)も使用された。CDには『組曲 仮面ライダー』のみのものと、後期BGMを含めたものの両方がある(組曲 仮面ライダー#関連音盤を参照)。武市は後期EDや挿入歌の編曲にも参加した。, 第2話以降の恒例となっていたオープニングラストの中江真司によるライダー説明ナレーションは、本作品の前期が最後となった。また第1作『仮面ライダー』と同様に、番組途中でオープニングテーマも変更された。これに伴い映像も刷新され、さらにエンディングも含めて歌詞テロップが表示されるようになった。, 主題歌・挿入歌LPには「8人ライダーヒットメドレー」というインスト曲も収録された。これは歴代オープニング曲と「ぼくのライダーマン」および「いま斗いの陽が昇る」のメロディーを繋げたものである(編曲:武市昌久)。同曲は劇場版およびテレビ版後期の戦闘シーンのBGMとして使用されたが、現在でもBGM集ではなく主題歌・挿入歌CDに収録されている。, 他の挿入歌として、第45話で山口百恵の「ロックンロール・ウィドウ」、第50話でジューシィ・フルーツの「ジェニーはご機嫌ななめ」がそれぞれブランカのシーンで使用されている。, 本作品の放送開始に先駆け、1979年9月8日には放送開始記念の特別番組『不滅の仮面ライダースペシャル』が放送された[9]。, 藤岡弘・佐々木剛(初代) | 宮内洋(V3) | 速水亮(X) | 岡崎徹(アマゾン) | 荒木茂(ストロンガー), 村上弘明(スカイライダー) | 高杉俊介(スーパー1) | 菅田俊(ZX:TVSP), 倉田てつを(BLACK→BLACK RX) | 石川功久(シン:OV) | 土門廣(ZO:映画) | 望月祐多(J:映画), 黄川田将也(THE FIRST・THE NEXT:映画)| 藤田富・谷口賢志・前嶋曜(アマゾンズ:Webドラマ), オダギリジョー(クウガ) | 賀集利樹(アギト) | 須賀貴匡(龍騎) | 半田健人(555) | 椿隆之(剣) | 細川茂樹(響鬼) | 水嶋ヒロ(カブト) | 佐藤健 (電王) | 瀬戸康史(キバ) | 桜田通(電王劇場版) | 井上正大(ディケイド) | 稲垣吾郎(G:TVSP), 桐山漣・菅田将暉(W) | 渡部秀(オーズ/OOO) | 福士蒼汰(フォーゼ) | 白石隼也(ウィザード) | 佐野岳(鎧武/ガイム) | 竹内涼真(ドライブ) | 西銘駿(ゴースト) | 飯島寛騎(エグゼイド) | 犬飼貴丈(ビルド) | 奥野壮(ジオウ), 高野八誠・加藤和樹(THE FIRST・THE NEXT:映画) | 朝日奈寛・(ゲスト)姜暢雄(アマゾンズ:Webドラマ), 要潤・友井雄亮・菊池隆則・(ゲスト)唐渡亮(アギト) | 松田悟志・涼平・萩野崇・高野八誠・高槻純・木村剛・一條俊・日向崇・(ゲスト)黒田アーサー・(ゲスト)和田圭市・(ゲスト)加藤夏希・小山剛志(声)・(ゲスト)弓削智久(龍騎) | 村上幸平・原田篤・(ゲスト)河西りえ・泉政行・(ゲスト)溝呂木賢・(ゲスト)ピーター・ホー(555) | 天野浩成・森本亮治・北条隆博・(ゲスト)黒田勇樹・(ゲスト)三津谷葉子・(ゲスト)杉浦太雄(剣) | 渋江譲二・川口真五・松田賢二・(ゲスト)片岡礼子・(ゲスト)松尾敏伸・(ゲスト)山中聡・(ゲスト)北原雅樹・(ゲスト)湯江健幸(響鬼) | 佐藤祐基・徳山秀典・内山眞人・加藤和樹・山本裕典・(ゲスト)弓削智久・(ゲスト)小林且弥・(ゲスト)虎牙光揮・(ゲスト)武蔵(カブト) | 中村優一・大塚芳忠(声)・三木眞一郎(声)・(ゲスト)渡辺裕之・(ゲスト)緑川光(声)・(ゲスト)神谷浩史(声)・(ゲスト)松村雄基・(ゲスト)古川雄大・(ゲスト)高尾日歌(電王) | 武田航平・加藤慶祐・柳沢なな・高橋優・松田賢二・熊井幸平・山本匠馬・新納慎也・(ゲスト)堀内健(キバ) | 戸谷公人・村井良大・森カンナ・デビット伊東・池内万作・牧田哲也・川岡大次郎・栗原功平・山中聡・累央・川原一馬・成松慶彦・鈴木拡樹・岡野友紀・北村栄基・水谷百輔・森陽太・岩間天嗣・坂本恵介・エンリケ・(ゲスト)入江雅人・(ゲスト)秋山奈々・(ゲスト)稲田徹(声)・(ゲスト)藤本たかひろ(声)・(ゲスト)田中大文(声)・(ゲスト)赤羽根健治(声)・(ゲスト)根本幸多(声)(ディケイド), 木ノ本嶺浩・(ゲスト)吉川晃司・(ゲスト)コン・テユ・(ゲスト)松岡充(W) | 岩永洋昭・君嶋麻耶・(ゲスト)荒井敦史・(ゲスト)浜田賢二(声)(オーズ/OOO) | 吉沢亮・(ゲスト)真野恵里菜(フォーゼ) | 永瀬匡・中山絵梨奈・相馬眞太・川口真五・高階俊嗣(声)・池田成志・(ゲスト)戸塚純貴・(ゲスト)高山侑子・(ゲスト)瀧澤翼・(ゲスト)載寧龍二・(ゲスト)小倉久寛・(ゲスト)陣内孝則・(ゲスト)奥仲麻琴(ウィザード) | 小林豊・高杉真宙・久保田悠来・松田岳・(ゲスト)百瀬朔・白又敦・松田凌・青木玄徳・佃井皆美・吉田メタル・波岡一喜・(ゲスト)小山力也(声)・(ゲスト)板尾創路・(ゲスト)田中偉登・(ゲスト)片岡愛之助・(ゲスト)安藤穂乃果・(ゲスト)斧アツシ(声)・(ゲスト)岩田さゆり・(ゲスト)河相我聞・(ゲスト)中村龍介・(ゲスト)鳥羽潤・(ゲスト)鷲見友美ジェナ(鎧武/ガイム) | 稲葉友・上遠野太洸・(ゲスト)綾部祐二・(ゲスト)及川光博・(ゲスト)松岡充(声)・(ゲスト)真剣佑・(ゲスト)片岡鶴太郎・(ゲスト)蕨野友也・(ゲスト)松島庄汰(ドライブ) | 山本涼介・磯村勇斗・(ゲスト)かでなれおん・(ゲスト)竹中直人・(ゲスト)八十島弘行・(ゲスト)ツネ・(ゲスト)高山侑子・(ゲスト)木村了・(ゲスト)沢村一樹(ゴースト) | 岩永徹也・瀬戸利樹・松本享恭・松田るか・小野塚勇人・甲斐翔真・貴水博之・(ゲスト)堂珍嘉邦(エグゼイド) | 赤楚衛二・武田航平・越智友己・小久保丈二・水上剣星・前川泰之・金尾哲夫(声)・(ゲスト)勝村政信・(ゲスト)進藤学・(ゲスト)趙珉和・(ゲスト)勝杏里(声)(ビルド) | 押田岳・渡邊圭祐・(ゲスト)大幡しえり・(ゲスト)多和田任益・(ゲスト)鈴木勝大・(ゲスト)入江甚儀・(ゲスト)財木琢磨・(ゲスト)菅原健・(ゲスト)中島健・(ゲスト)斉藤秀翼・(ゲスト)パパイヤ鈴木・(ゲスト)山口大地・(ゲスト)篠田諒・(ゲスト)ISSA・(ゲスト)杉田智和(声)・(ゲスト)坂井易直(声)(ジオウ), 岡田龍太郎・井桁弘恵・砂川脩弥・中川大輔・桜木那智・山口大地・中山咲月・速水奨(声)・(ゲスト)山本耕史・(ゲスト)伊藤英明・(ゲスト)福士誠治・(ゲスト)畑芽育・(ゲスト)小山悠・(ゲスト)後藤洋央紀(ゼロワン) | 山口貴也・青木瞭・富樫慧士・生島勇輝・岡宏明・唐橋充(セイバー), ライダーブレイクも使用されなくなっており、これについてバイクスタントを務めた谷澤実は「手間がかかるのが原因だったかもしれない」と推測している, ヒロイン3名の降板について平山亨は、学業などにより遅刻することがしばしばあったためと述べている, 書籍『仮面ライダー1971-1984』では、長期入院のため第23話で降板したと記述している, 本作品の放送話数は2年間で98話も放送された『仮面ライダー』に次ぐ、13か月全54話の放送となった。, 2号ライダー客演時の白兵戦でアリコマンド戦闘員にパンチを見舞ってダメージを与える描写もある(すぐに反撃されているが)。, ただし35話で、動けなくなったところを怪人に後ろから蹴りを入れ捲られ、「痛い痛い」とベソをかいたことはある。, 仮面ライダーV3も滑空飛行能力グライディングマフラーが設定されているが、劇中では描かれていない。, ただし、48話のにせスカイライダーや、後続のシリーズの客演時では、旧タイプのベルトが使用されていた。, それまでは歴代の仮面ライダーとの共演回のみ他の仮面ライダーと区別する目的で用いられていた。主題歌『燃えろ!仮面ライダー』の3番の歌詞で既に『スカイライダー』の呼称は登場している。放送開始当時の『テレビランド』(徳間書店), 『仮面ライダーSPIRITS』にはJUDO(大首領)とは別の存在として登場している。, 劇中で実際に発動するシーンが出たのは初期の怪人のみであり、後にその設定が生かされなくなったため、中盤から登場した怪人にはつけられていない, 指揮官らしき白アリコマンド(52話)とドクロ暗殺隊隊長(53話 - 54話)は、怪人と同じくベルトのバックルは金色だった。, オオカミジンII世(声 - 永江智明、第27話)、サイダンプII世(声 - 村越伊知郎)、ドクガンバII世(声 - 梶哲也)、ジャガーバンII世(声 -, ホビージャパンMOOK「宇宙船別冊 仮面ライダー怪人大画報」(ホビージャパン・2007年)P94。, 「宇宙船vol.129特別付録 宇宙船Archives SPECIAL 仮面ライダー(新)&仮面ライダースーパー1」、pp30-31, 「宇宙船vol.129特別付録 宇宙船Archives SPECIAL 仮面ライダー(新)&仮面ライダースーパー1」、p5, 『レインボーマン ダイヤモンド・アイ コンドールマン大全 70's川内康範ヒーローの世界』(, 岩手県PR特使 いわて☆はまらいん特使 村上弘明氏 魅力発信PR動画(テレビ放映版3分) 「いわての不思議に会いたくて 〜遠野編〜」, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=仮面ライダー_(スカイライダー)&oldid=80263771, 『週刊仮面ライダーオフィシャルデータファイル』ではヒーローではなく怪人枠で紹介されている, 大首領の声はショッカーからデルザー軍団までの大首領と同じ声だが、両者の関係については劇中では語られていない, 第38話では、所長の怪人ガマギラスの下、ネオショッカーの科学者ドクター・メデオが若い男性たちにアリコマンドになるための脳改造手術を施していた。ちなみにマコリアインターナショナルという架空の警備会社の募集という形で、若い男性たちを集めていた。ストロンガーとスカイライダーの活躍により、養成所は破壊されている。その戦いの際、感電死したアリコマンドが1名、仮面ライダーたちに盾とされてガマギラスの溶解液を浴びて溶けてしまった不幸なアリコマンドが2名いた。, 第52話に登場した養成所は改造後のアリコマンドの訓練施設であった。所長は隊長蛇塚。一人前の戦闘員になるために訓練中のアリコマンドたち(画面上では20人および蛇塚付きの2人が確認できる)が、激情に身を任せて突入してきたスカイライダーによって攻撃を受けた。一時的に優勢に立ったもののストロンガーが加勢に加わり、形勢が不利になった途端に逃げ出すアリコマンドも多数存在した。, 叶シゲル - 白鳥恒視(6・4・14・16 - 19・21・22・24・26 - 28・31・33・41・42・44・46・47・51・53・54話), 当初、オープニングは「変身!仮面ライダー」に予定されており、テレビサイズの録音もされていたが、パンチ(迫力)不足と言うことで「燃えろ!仮面ライダー」に変更された。そのため、BGMのアレンジ曲も「変身!仮面ライダー」の方が多い。, 本作品用の歌曲において歌詞に「スカイライダー」が入っているのは本曲と「燃えろ!仮面ライダー」のみ。, 本来、劇場版のために作られた歌で、ささき版「輝け!8人ライダー」とともに劇場版主題歌のシングルに収録されたが、劇中では結局、使用されなかった。, 本曲は主題歌・挿入歌LPにも収録されたが、一方、ささき版「輝け!8人ライダー」は劇場版シングルと同ドラマ編LPのみで、主題歌・挿入歌LPには収録されなかった。, 2009年の放送のみ「アンコールアワー」枠にて、それ以外はいずれも「石ノ森章太郎劇場」枠にて放送。, 本作品以降のゲスト出演はスカイライダーとしてのみの登場で、筑波洋としての出演はなく、村上弘明が仮面ライダーにまつわる仕事を避けているという風評があった。これは、当時所属していた事務所の方針で仮面ライダーに関連する取材などを控えていたという事情がある。実際には関連書籍のインタビューに応じたこともあり、映画『, 『KODANSHA Official File Magazine 仮面ライダー』講談社.
2020 仮面ライダーギンガ 新番組