Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 「 今夜、ロマンス劇場で 」は、綾瀬はるか& 坂口健太郎主演の、映画が起こした奇跡のロマンティックラブストーリーです。映画が娯楽の王様だった古き良き時代への、数々のオマージュがちりばめられた、どこか懐かしくて切ない物語です。そのあらすじと見 ↓ ↓ ↓「今夜、ロマンス劇場で」を今すぐ無料視聴「今夜ロマンス劇場で」は、ファンタジー系のラブコメディが観たい人にオススメの映画です。「今夜ロマンス劇場で」のラストシーンが感動する理由について考察しました。今夜ロマンス劇場で! /「今夜、ロマンス劇場で」 映画には、 ハンフリー・ボガート と イングリット・バーグマン の 「カサブランカ」 のような永遠に語り継がれる名セリフ満載の名作も数多くありますが、今日は、野にひっそりと咲く花のように目立たないですが妙に心をくすぐるセリフをひとつ。 はいどうもこんにちは、ミギーです!今回紹介する映画は【今夜、ロマンス劇場で】©2018 映画「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会綾瀬はるかに坂口健太郎と言う美男美女カップル。映画のスクリーンから飛びだしたヒロインと、映画好きの少年の恋・・・正 誰にでも忘れられない映画ってありますよねえ・・・あの場面、あのセリフ、あの音楽・・そしてあの頃!!そんな大好きな映画をのんびり語っていきます。, 映画には、ハンフリー・ボガートとイングリット・バーグマンの「カサブランカ」のような永遠に語り継がれる名セリフ満載の名作も数多くありますが、今日は、野にひっそりと咲く花のように目立たないですが妙に心をくすぐるセリフをひとつ。映画「今夜、ロマンス劇場で」から!, 物語の終盤に、北村一輝演じるスター龍之介が、落ち込んでいる助監督の牧野(坂口健太郎)に言うセリフ!この映画での北村一輝の弾けっぷりは相当なもので、大仰な演技が、少し真面目でおとなしいこの映画にインパクトを与えています。この映画と同様、映画愛に溢れた「蒲田行進曲」(82年)でいう「銀ちゃん」のような存在で、このセリフは妙にキマッテましたね!, 映画監督を目指す青年(坂口健太郎)と、スクリーンから飛び出した彼の憧れだったお姫様(綾瀬はるか)との不思議な恋模様を描くファンタジーロマンス!, 栄華をきわめた映画界にテレビの出現によって陰りが見え始めた昭和30年代の半ばの映画撮影所が舞台_, 映画監督志望の健司(坂口健太郎)は、毎夜、映画館「ロマンス劇場」に通い詰めていた。彼はそこで一人の女性と出会うが、彼女こそ健司がずっと恋い焦がれてきたスクリーンの中のお姫さま・美雪(綾瀬はるか)だった。ある日、美雪はモノクロのスクリーンの中から抜け出して、色にあふれた現実の世界を満喫するが・・・。, ノスタルジックな風情溢れる映画の撮影所や映画館、田園風景など見ているだけで安心できる心地よさが何とも言えません。それでいて妙に洗練されていて、よくありがちな猥雑さがなく、上品なアンバランスさと気軽さがいい!多分、主演の綾瀬はるかのせいなのでしょうが、彼女だけ映画の中では別次元の印象でした。実は観る前は「ローマの休日」をパロッたコメディ映画と思っていたのですが意外にイケます!, 個人的な印象としては、多部未華子の「あやしい彼女」(16年)に近いですが、物語としてちょっと弱いのが気になります。ただ、ノスタルジックな画像は好感が持てますし、随所に楽しい場面があります。綾瀬はるかのファッションも見どころの一つで、彼女のファンなら堪らないでしょうね。電話BOX越しのキスなど見どころも多いですし、やはりラストが印象的でした。加藤剛と姫(綾瀬はるか)の連想ゲームをするくだりは泣けます。ネタバレはなるべく避けたいので是非本編をどうぞ!, 劇中で、姫(綾瀬はるか)がひとりで観て泣いていた映画が、あの名作「カサブランカ」でした. 『今夜、ロマンス劇場で』(こんや、ロマンスげきじょうで)は、2018年 2月10日公開の日本映画。主演・綾瀬はるかと坂口健太郎によるラブストーリー 。 公開から4ヶ月後に死去した加藤剛の最後の映画 … 6,322 Followers, 3 Following, 97 Posts - See Instagram photos and videos from 今夜、ロマンス劇場で (@romance_gekijo) 製作:フジテレビジョン ホリプロ 制作プロダクション:フィルムメイカーズ 配給:ワーナー・ブラザース映画 ©2018 映画「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会
2020 今夜ロマンス劇場で ワンピース