中東は現在も混迷をきわめていますが、いつか平和は可能だと信じるしかありません。 それには当事者たち、国際社会のわたしたちが認識の転換をして、平和を実現するという心が大切です。 現在中東地域は西はエジプト、トルコ、キプロス、東はイランとペルシャ湾 、北はトルコとイラン、南はイエメン、オマーンに至る。 紛争は、少なくとも100人の死者を出した別個の事件であり、副次的紛争を含む総死亡者数が記載されている 現在でも紛争が起こっている国は決して少なくありません。 そして、何年も何十年も解決せずに紛争状態が長引いている地域では多くの死亡者が出ています。 2019年10月時点で解決していない紛争(内戦)について解説します。 中東和平問題は、最も長く続く地域紛争の一つであり、国連やアメリカ、euなど国際社会が問題の解決に向けて努力を続けてきました。 具体的には、イスラエル・パレスチナ双方に対する働きかけや国連での決議採択、国際会議の開催、経済的・人道的支援などを行っています。 2019年12月時点で起こっている世界の紛争や地域をまとめました。 (出典:外務省「アフガニスタンの現状と問題」) (出典:外務省「シリア・アラブ共和国 基礎データ」,2018) (出典:日本貿易振興機構JETRO「IDEスクエア 世界を見る目」,2019) (出典:外務省「地球儀を俯瞰する外交-中東と北アフリカ-」,2019) (出典:外務省「日本と国連-日本の外交政策と国連の重要性」,2019) シリア内戦や、イスラム教徒同士の衝突や、クルド人問題など、「中東」という地域で紛争や戦争が多すぎることの原因について調査したので分かったことを報告します。中東の国々で、やたらと戦争や紛争や内戦が多い理由予備知識:中東の位置イランという国と、
2020 中東 紛争 現在