隠れて本を読んでいた女性を小さな女の子たちの前で処刑するシーンなどが挿入される。 ★ネルソン大尉には『アベンジャーズ』シリーズのソー役で知られるクリス・ヘムズワース、共演に オスカーに2度ノミネート、『シェイプ・オブ・ウォーター』の怪演も記憶に新しいマイケル・シャ ノン、『フューリー』のマイケル・ペーニャ、『ムーンライト』のトレバンテ・ローズ等、実力派俳 優が集結。 ★全世界を震撼させたアメリカ同時多発テロから17年、これまで明かされなかった〈9.11直後の最初 の戦い〉の全貌が、遂に映画化! とにかく、さまざまな想像力はもっていたいものです。 そのために、反タリバン勢力の協力が必至で、その文化の違いも粘り強く交渉していく、主人公に焦点が当てられる。, 実はこの作戦は秘密裏に行われたため、ずっと封印されてきた史実。 映画「ホースソルジャー 」ネタバレあらすじとラストまでの結末・動画やみんなの感想を掲載。起承転結でわかりやすく徹底解説しています。ホースソルジャー のストーリーの結末・感想や感想を含んでいるので、観ていない方はご注意ください。この映画のカテゴリーは アクション映画 です。 つまりは、人の行動には後付けでよいので、どの動機には何らかの折り合いや落としどころが必要だということです。 祖国を愛する12人の志願兵は、険しい山道を移動するのに馬を使うしかなく、 『ホース・ソルジャー』(原題: 12 Strong)は、2018年制作のアメリカ合衆国の戦争映画。 アメリカ同時多発テロ事件直後のアフガニスタン戦争の際、アメリカが最初に行った反撃として、総勢5万のターリバーン軍にわずか12人で、それも馬に乗って戦ったアメリカ陸軍特殊部隊員の実話の映画化。 元アメリカ特殊部隊のミッチ・ネルソン大尉は休暇中に家族で過ごしているとき、テレビでアメリカ同時多発テロの映像を目にします。 ネルソンは直近まで特殊部隊員として部下を率いており、アフガニスタンを中心に活動していました。 彼は内勤を希望して部隊は解散していましたが、テロ攻撃に対する反撃作戦を上司に志願し、部下であるスペンサー准尉の後押しもあって部隊に復帰することになります。 部隊を再結成しアフガニスタンへと舞い戻ったネルソンたちは、12人だけで敵地へと潜入しタリバ … 映画『ホース・ソルジャー』を観て 過日、GWに公開予定の映画『ホース・ソルジャー』の試写会に行ってきました。 9.11直後に志願したアメリカ軍人12名が、アフガニスタンのテロ集団の拠点を制圧するまでの過酷な闘いが描かれたもの。 馬に乗ってテロ集団の拠点の位置の正確な座標を確認して米軍基地に空爆を要請するもの。 むろん、テロは許されるべきものでは決してないと思います。 過酷ななかで部隊をまとめ、時には自ら危険に身を投じたり、隊員の考えを尊重したりするリーダーシップを上手く演じていたし、 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。, このショッピング機能は、Enterキーを押すと商品を読み込み続けます。このカルーセルから移動するには、見出しのショートカットキーを使用して、次の見出しまたは前の見出しに移動してください。, 日本語 (Dolby Digital 5.1), 英語 (Dolby Digital 5.1), アフガンの混沌とした状況を見た時、日本では当たり前と言われている平和という言葉の意味、尊さを再確認できる映画だと思います。さて、米軍物語としてはめずらしく無様な戦いをしない米軍映画だと思います。作戦本部の上級指揮官も現場の指揮官も馬鹿ではないのがイイ!大抵指揮官が馬鹿すぎて部隊が危機的状況になるパターンが多いですが、そうじゃないのがイイです!グリンベレー隊員も全体的に優秀な人物ばかりで、ドジで間抜けでヘタレな奴はいないです、みんな適材適所でいい仕事をしているから、映画としてはキャラが立ちづらくて主人公と脇役に差が出来ないので、いわゆるアクションヒーロー映画ではないです。航空支援も兵站補給も大体滞りなく行っているので、劇的な状況という展開でもないから、ドキュメンタリーな感じになっていると思いました。アフガンの現地の状況は昔から軍閥が群雄割拠している、いわゆる戦国時代なので、いつまで戦いが続くのか分からない、未来が見えない暗い気持ちになりますが、現地武装勢力の少年戦闘員のナジーブとグリンベレー隊員の交流が微笑ましく、ほっこりさせられる部分だと思いました。米軍装備に関しては初期アフですが、細かいディテールに関しては、ちょっと違う所もあったりします。製作陣もマニア的なこだわりは、あまりないようですので、ミリタリーマニアにはあまり響かないかも知れません。でも少年戦闘員のナジーブがもっているリーエンフィールド小銃がいい味出しています。1億丁以上も製造されたと言われる小銃なので、世界中の戦場に散らばっているのでしょう。でもナジーブもAK47でもいいような気がしますが、多分大人達に「お前の様なガキにはコレで十分だ」と言われ骨董品の様なお古を当てがわれているのだと思いました。少年のナジーブには.303ブリティッシュ弾の反動は強いと思いますが、ナジーブにはオートマティックのAK47より装弾数の少ないボルトアクションの方が、無駄な撃ち方をしないし、構造がシンプンなので暴発の心配も少ないし、安全だし、という部分もあるのでしょう。, 全てが良し。実際に起こった事で、グリーンベレーの12名が敵数5万人に立ち向かい任務を完了させ全員が生還した所が凄かった。更に、この事が世界中に知られる事なく軍事機密で遂行した所が何故か感動した。また1つ9.11の歴史を知り、アメリカの特殊部隊グリーンベレーの凄さに魅了した。これが実話の事だから凄い!, 予約注文で購入しました。このような911後リアルストーリーがあったなんて知りませんでした。この作品は「報復」として描かれてますが、911前の真実は未だに知るよしもありません。, 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. しかし、なぜ、そもそもテロは起きたのか。そして、テロに対しての報復が始まり、いわゆる憎しみの連鎖が繰り返される。, 何も考えず、12人の米軍兵士の視点にだけ立って、手に汗握る映画として観ればとてもすっきりするし、それはそれでひとつの映画の見方である。, こうした実話を賞賛する映画が作られる現状のアメリカを否定はしないけれど、まあ、いろいろ考えさせられた映画である。, 百聞は一見にしかず、5月4日よりロードショーです。ぜひ、ご覧になり、アメリカという国は何なのか、映画を通して実感するのもよいかもしれません。, ちなみに、憎しみの連鎖を断ち切るために、アメリカの社会学者のC.W.ミルズは「動機の語彙論」を提唱しています。 タイムリミットは3週間、最新鋭の兵器を駆使する5万人の敵を相手 に、前時代の遺物のはずの“騎馬隊"で反撃するグリーンベレーの12人の男たちの戦いを描く。 [内容解説] 2001年9月11日のその翌日、ミッチ・ネルソン大尉は、最も危険な対テロ戦争の最前線部隊に志願 し、特殊作戦の隊長に任命される。わずか12人でアフガニスタンへ乗り込み、反タリバンの地元勢力 を率いるドスタム将軍と手を結び、テロ集団の拠点マザーリシャリーフを制圧するのだ。だが、現地 に着いた彼らに、次々と予期せぬ危機が襲いかかる。敵の数はまさかの5万人、しかも彼らは米兵の 命に高額の懸賞金をかけていた。さらに、将軍から険しい山岳地帯で勝利を収めるための最大の武器 は、ほとんどの隊員が1度も乗ったことのない“馬"だと言い渡される──。 [特殊内容/特典] 【初回限定特典】 アウタースリーヴケース 【特典映像】 ・メイキング:極秘任務再現の舞台裏 ・オリジナル予告編5種 ・日本版予告編 [スタッフキャスト] 【CAST】 ミッチ・ネルソン大尉::クリス・ヘムズワース『アベンジャーズ』シリーズ ハル・スペンサー准尉::マイケル・シャノン『シェイプ・オブ・ウォーター』 サム・ディラー::マイケル・ペーニャ『フューリー』 ドスタム将軍:ナヴィド・ネガーバン『アメリカン・スナイパー』 ベン・マイロ::トレバンテ・ローズ『ムーン・ライト』 ショーン・コファーズ::ジェフ・スタルツ『J・エドガー』 バーン・マイケルズ/製作::サッド・ラッキンビル『オンリー・ザ・ブレイブ』 パワーズ中佐::ロブ・リグル『ミッドナイト・サン タイヨウのうた』 マルホランド大佐::ウィリアム・フィクナー『アルマゲドン』 ジーン・ネルソン::エルサ・パタキー『ワイルド・スピード』シリーズ 【STAFF】 監督::ニコライ・フルシー 製作::ジェリー・ブラッカイマー 原作::ダグ・スタントン「ホース・ソルジャー」(ハヤカワ・ノンフィクション文庫) 脚本::テッド・タリー『羊たちの沈黙』、ピーター・クレイグ [発売元] ギャガ [クレジット表記] (C)2018 BY HS FILMS. テロ集団の拠点、マザーリシャリーフが制圧されたことが、タリバンにとってはとてつもない敗北だったと声明を出したらしいし、 空爆のシーンなどの迫力もあり、カメラアングルなどとても凝られた映画だったと思います。何より、戦闘シーンは迫力があった。, この映画は、アメリカを愛する、そしてアメリカ人の愛国心を賞賛するものであり、アメリカ人がみたら 最高機密として封印された戦いの全貌がついに 明かされる―≫ ★『ブラックホーク・ダウン』『アルマゲドン』の製作者ジェリー・ブラッカイマーが、デンマーク CM界の鬼才でコソボ紛争を追った報道写真家でもあるニコライ・フルシーを監督に抜擢! テロは憎い、だから報復すべきだという構図そのものである。 『C.W.ミルズとアメリカ公共社会  動機の語彙論と平和思想』(伊奈正人/著)です。, 映画を観た後でもよいですし、公開までの間に本書を手に取り、それから映画を観てもよいですし、 それこそが人文学が、現在こそ必要な証左なのですから この動機論は、「心のなか」に何らかの真の動機があって、それに突き動かされて人間は行動するというような考え方ではなく、動機というものは状況ごとに、「心のなか」ではなく「心の外」であらかじめ決まっていて、適切な語彙を選択してあてはめることでその場をおさめるものである。人間は自省的なシミュレーションを行って社会を構成するという考えです。 (小鳥遊), お問い合わせ  会社概要  アクセス  リンク ヘタクソですが、趣味でbd・dvdラベルを作っています。当ブログの掲載ラベルに使用している画像の著作権・肖像権等は、各製作会社、映画会社、販売元に帰属いたします。 営業利用、再配布を禁止いたします。個人利用でのみでお願いします。 ホース・ソルジャー[dvd] クリス・ヘムズワース (出演), ニコライ・フルシー (監督) 形式: DVD 5つ星のうち4.1 38個の評価 彩流社の社員によるもの、上記以外のものの著作権は株式会社彩流社にあります。. 主演:クリス・ヘムズワース/製作:ジェリー・ブラッカイマー|9.11直後、敵勢5万人に対し、たった12人で戦いに挑んだ米軍騎馬隊<グリーンベレー>|映画『ホース・ソルジャー』大ヒット上映中! 脇を固めるマイケル・シャノンの演技もとてもよかった。 個人情報保護方針  特定商取引法に基づく表示, このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載されている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。 ホース・ソルジャー アメリカ同時多発テロから17年、最高機密として長年伏せられてきた“9.11直後の最初の戦い”の全貌が、遂に映画化された。 「アベンジャーズ」シリーズのクリス・ヘムズワース主演による戦争アクション。2001年9月11日の翌日、ミッチ・ネルソン大尉は対テロ戦争の最前線部隊に志願し、特殊作戦の隊長に任命される。彼らはわずか12人でアフガニスタンに乗り込むが…。, 2001年9月11日のその翌日、ミッチ・ネルソン大尉は、最も危険な対テロ戦争の最前線部隊に志願し、特殊作戦の隊長に任命される。わずか12人でアフガニスタンへ乗り込み、テロ集団の拠点マザーリシャリーフを制圧するのだ。だが、現地に着いた彼らに、次々と予期せぬ危機が襲いかかる。敵の数はまさかの5万人、最大の武器は、ほとんどの隊員が1度も乗ったことのない“馬”だと言い渡される─。, 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意は, 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。, 全体的な星の評価と星ごとの割合の内訳を計算するために、単純な平均は使用されません。その代わり、レビューの日時がどれだけ新しいかや、レビューアーがAmazonで商品を購入したかどうかなどが考慮されます。また、レビューを分析して信頼性が検証されます。, さらに、映画もTV番組も見放題。200万曲が聴き放題 武器は魂と馬。 9.11直後、敵勢5万人に対し、たった12人で戦いに挑んだ米軍騎馬隊〈グリーンベレー〉。 [セールスポイント] ≪『ブラックホーク・ダウン』のジェリー・ブラッカイマー製作×『アベンジャーズ』シリーズのク リス・ヘムズワース主演で贈る戦争アクション大作! ALL RIGHTS RESERVED. 憎しみの連鎖をどのように断ち切るか、その想像力を獲得するため、ミルズ社会学を再読してみるのもよいかも知れません。 ところどころ、いかにタリバンが“野蛮”なのかを浮き彫りにするため、女性は8歳をすぎたら教育は不要であり、 ホース・ソルジャー(2017)の映画情報。評価レビュー 1011件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:クリス・ヘムズワース 他。アメリカ同時多発テロ発生直後、初めて対テロ戦闘に身を投じたアメリカ陸軍特殊部隊の活躍を描いた実録ミリタリーアクション。 彼等陸軍特殊部隊の騎馬像が立っています。, 隊を率いるネルソン大尉を演じるクリス・ヘムズワースの演技はとても迫真に迫るものだし、 9.11直後に志願したアメリカ軍人12名が、アフガニスタンのテロ集団の拠点を制圧するまでの過酷な闘いが描かれたもの。 こうした”野蛮”な行動をとるアルカイダは殲滅してもいいのだといっているかのごとくである。 「動機の語彙論」とは、「後付け」的な「おりあい」「落としどころ」、納得の付与等として動機を捉える着想です。 手前味噌ですが、それらがまとまった本が弊社より出ております。 一方、アメリカ側ではこの12名の偉業を讃えて、ワールド・トレードセンタービルの跡地、いわゆる「グラウンド・ゼロ」に 憎いテロ集団は殲滅させるべき。それはあたかもアメリカ人に課せられた天命であるかのような構図も見え隠れして、考えさせれた。
2020 ホースソルジャー 敬礼