考古学的な検証でもそれは証明されつつあります。, こうして「カナンの地」に定住したユダヤ人は「イスラエル王国」を建国し、この地を支配します。 ヨーロッパには45万人ものユダヤ人難民がいましたし、ホロコーストに同情的なアメリカなどの難民受け入れの要望にも拘らず、イギリス政府は移民制限を継続したのです。, こうしたイギリスの姿勢に対してユダヤ人の反英感情はさらに高まります。 イスラエルのネタニヤフ首相は記者会見で、米国より合意の条件として、ヨルダン川西岸の併合の「一時停止」を求められたとしたが、「ユダヤ・サマリア[注 7]に主権を適用し、米国と完全に協調するという私の計画に変更はない」と、将来の併合を進める計画に変わりは無いとする見解を示した[188]。一方、アラブ首長国連邦のムハンマド・ビン・ザーイド・アブダビ皇太子は、「パレスチナ領土のさらなるイスラエル併合の停止に合意した」として、将来についてはイスラエル側と見解の相違を見せた[189]。, 国交正常化交渉でパレスチナの領土問題が協議されたにもかかわらず、当のパレスチナに事前の連絡は無く、協議に加わることもできなかった[190][191]。パレスチナのアッバース大統領は「パレスチナの人々に対する攻撃だ」と国交正常化を非難し、マルキ外相は駐アラブ首長国連邦大使の召還を発表した[192]。ハマースのマシャアル前政治局長も、国交正常化を「我々の国民と、パレスチナの大義に後ろから刺すようなもの」と非難した[193][194]。また、ハマース関係筋によると、ハマースのハニーヤ政治局長と、アッバース大統領は非公式に協議し、「パレスチナの全勢力は一丸となり国交正常化を拒否する」ことで一致したという[195]。, しかしネタニヤフ首相は意に介さず、自らの方針である「平和のための平和」「力による平和」の正当さを自賛した。これは、従来の和平交渉での「土地と平和の交換」を否定する主張で、パレスチナへの占領地(イスラエルの見解に拠れば、固有の領土)返還を行わず、一方的に屈服させることが平和に繋がるという意味である。その上で、領土問題を「人質に取った」パレスチナを無視してアラビア諸国と国交を結ぶことで、パレスチナを従わせることが平和に繋がるとする見解を示した[196]。さらに、ネタニヤフは自らの「ネタニヤフ・ドクトリン」の説明として、エフード・ヤアリの「パレスチナとの泥沼の交渉に引きずり込まれるよりも、パレスチナは後回しにしてアラビアはじめ諸外国との国際関係を構築し、パレスチナの拒否権を奪う」「(パレスチナの声明は)怒りよりも欲求不満を示している。アブ・マーゼン(アッバース)らはもはや、アラビア諸国にイスラエルと敵対するよう命令することはできない」とする論説を引いた[197][198]。一方、イェシャ評議会のエルハヤニ委員長は「もしネタニヤフが入植地へのイスラエルの主権適用を諦めたのなら、(首相から)交代させる必要がある」と不満を表明し、入植地の早期併合を訴える右翼による散発的な抗議デモも行われた[199][200]。C地区全域のイスラエル併合法案提出など、クネセトにおける活動も行われている[201]。, アラブ首長国連邦のアンワル・ガルガッシュ(英語版)外務担当国務大臣[注 12]は、ネタニヤフ首相の発言について「イスラエルの(国内)政治についてはよく分からない」「短期間の(併合)停止では無いと思う」と問題にはせず、改めてパレスチナ・イスラエルの両者に交渉に戻るよう呼びかけた[202]。, イスラエル・アラブ首長国連邦の国交正常化は、日本を含め多くの国が歓迎の意志を示し、あるいは賛否そのものを示さなかった。明確に批判したのはイラン、トルコ、シリア(アサド政権)のみであった。パレスチナ問題についても、イスラエル非国交国を含め、多くはパレスチナの独立や2国家共存への支持を表明したのみで、先の3ヶ国以外で明示的にイスラエルやUAEに遺憾や懸念を示した国は、ルクセンブルク(後に撤回)、南アフリカ共和国[203]のみに留まった。, 同じく8月13日、イスラエル国防軍は、ガザ地区のハマースの拠点を空襲した。ガザ地区からの風船爆弾などに対する報復措置としている。また、イスラエル国防省は、報復措置としてガザ地区への燃料の輸送を中止すると発表した[185]。イスラエル軍による空襲は、8月26日までほぼ連日行われた[204]。, 8月26日、『ハアレツ』はイスラエル国防軍第933"ナハル"歩兵旅団(英語版)の兵士が、ヨルダン川西岸のカドゥム村に少なくとも3個の爆発物を仕掛けたと報じた[205]。国防軍は、「数年前から暴力的な暴動が起きており、スタングレネードを抑止力のために置いた」と主張した。, 8月30日、イスラエルのネタニヤフ首相は、エルサレムで米国のクシュナー大統領上級顧問らと会談した。ネタニヤフは共同記者会見で「もはやパレスチナに(イスラエルとアラブの和平進展を)拒否する権利はないと理解すべきだ」と主張し、クシュナーは「パレスチナにも現実的な提案をしている」「彼らに和平を実現する意思があれば、そのチャンスはある」と主張した[206]。, 9月4日、コソボとセルビアは、アメリカ合衆国の仲介で、経済関係の正常化で合意した。米国はまた、コソボとイスラエルの国交正常化と、セルビアの在イスラエル大使館をテルアビブからエルサレムに移転すると発表した[207]。また、イスラエルのネタニヤフ首相は、「エルサレムに大使館を開設する、初めてのイスラム教徒が多数を占める国家であるコソボ」と述べ、コソボの在イスラエル大使館も、エルサレムに開設されることを明らかにした[208]。, 9月9日、アラブ連盟はオンラインで外相会議を開き、イスラエルとアラブ首長国連邦の国交正常化について意見交換をした。パレスチナのマリキ外相は、両国の国交正常化はアラブ和平イニシアティブに反する物と主張し、合意への非難声明のとりまとめを求めた。しかし、アラブ連盟内部でも、既にイスラエルと国交のあるエジプト、ヨルダンに加え、バーレーン、オマーンも国交正常化を支持したことから、非難声明の採択を行うことはできなかった[209]。, 9月11日、米国のトランプ大統領は、イスラエルのネタニヤフ首相、バーレーンのハリーファ国王と会談し、イスラエルとバーレーンの国交正常化で合意したと発表した。パレスチナ問題については、併合の是非には触れず、「紛争の公正かつ包括的で永続的な解決を達成するための努力を続ける」とした[210][211]。また、(イスラエル占領下の)東エルサレムにあるアル=アクサー・モスクへの、イスラム教徒の自由な往来を認めると表明した。 「新約聖書」に登場し、イエス・キリストの処刑にかかわったとされるピラトは有名です。, その後、ローマの支配に対してユダヤ人は数度に渡って大規模な抵抗を繰り返します。 Could normalisation be the cause? #kyoto #inenofuna, Bridge in heaven / Amanohashidate ユダヤ人にとって決議は、エルサレムの管理に関する問題を除き、概ね歓迎されるものでした。 十字軍の時代がやって来ました。, 東ローマ帝国皇帝・アレクシオス1世コムネノスの要請によりローマ教皇ウルバン2世が呼びかけ、聖地エルサレムの奪回を目指して十字軍が組織されます。 #kyoto #nanzenji #temple #japan #京都, 【コロナ対策】帰国者のPCR検査、移動、宿泊先、自粛生活について【6月末最新情報】. しかし、イスラエルのガザ地区攻撃については「パレスチナ領域がテロ組織の天国になってはならない」と理解を示し、イスラエル領への帰還を望むパレスチナ難民についてはこれを認めず、保証金で解決する考えを示した[21]。入植地についても、具体的にまとまったのはイスラエル政府が違法とする入植施設の撤去を約束したことだけで、既存の入植地・検問所については追認する考えを示すなど、イスラエルに有利な現状を追認するに留まった。『東京新聞』『中日新聞』は、これを「イスラエルの『独り勝ち』」と評した[22]。パレスチナではブッシュに抗議するデモが行われ[23]、イスラエルでの世論調査では、和平の進展に懐疑的な意見が多数を占めた[24]。, 並行して、ハマース側はイスラエルをロケット弾で攻撃し、イスラエルは報復にガザ地区を攻撃。1月15日にはガザ市街に侵攻し、民間人5人を含む17人を殺害した。ハマース側は、イスラエルの集団農場(キブツ)で作業していたエクアドル人ボランティア1人を殺害した。1月18日には、イスラエルの空襲でガザにある内務省ビルが破壊された。1月の間に、パレスチナ側からは少なくとも96人の犠牲者が出た。イスラエルのバラク国防相はロケット弾攻撃の報復にガザ地区の完全封鎖を指示し、国連の援助車両も閉め出した。燃料の供給が止まったため、ガザ地区唯一の発電所は操業不能となり、ガザの電気の1/3(イスラエル側の主張によれば、1/4)が供給できなくなった。また、食料などの生活必需品も、イスラエルの兵糧攻めにより深刻な状況となっているという[25]。17日には、国連の潘基文事務総長が「パレスチナ人による襲撃の即時停止、ならびイスラエル軍の最大限の自制を求め」る声明を出したが[26]、イスラエルとハマースはこれを無視した。, 2008年2月28日、来日中のオルメルト首相は、コンドリーザ・ライス米国国務長官と会談し、同日帰国した。オルメルトは、攻撃の自重を求めるライスに対し、「脅威が去るまでは(攻撃を)続ける」とこれを拒否した。また、2月29日、イスラエルのマタン・ヴィルナイ国防副大臣は、「カッサムロケット弾がさらに撃ち込まれ、遠くまで着弾するようになれば、パレスチナ人はわが身のうえに大規模なהשואה(shoah、ショアー、ナチスによるユダヤ人大虐殺を意味する)を引きよせることになるだろう。というのは、我々は防衛のために全力を使うからだ。」[27]と述べ、ハマースが攻撃を止めないならば、パレスチナ人を大虐殺すると脅した。この発言にイタン・ギンツブルグ国防副大臣などは、「ショアーは災害を表す普通名詞で、ジェノサイド(大量虐殺)を意味しない」[注 2]と火消しした。ハマースは、この発言に「(やはりイスラエルは)新しいナチス」であったと反発した。, 3月1日、イスラエルはガザ地区への地上部隊の侵攻を本格化させ、この日だけでパレスチナ側に61人の犠牲者が出た。イスラエル軍は、これを「暖冬作戦」と称している。イスラエル軍が、ハマースのロケット弾攻撃による死者が出たことを理由に攻撃を激化させた2月27日以降、ガザ地区からひとまず撤退した3月3日までの6日間に、パレスチナ側は116人(約半数は非戦闘員)、イスラエル側は3人(1人は非戦闘員)殺害されている。3月2日、国連の潘基文事務総長は、イスラエルに作戦中止を要請し、またハマースのロケット弾攻撃を「テロ行為」と批判した。しかし、イスラエルのオルメルト首相は「テロとの戦いをやめるつもりはない」と作戦継続を宣言し、これを拒否した。同日、パレスチナ自治政府のアッバース大統領は、ガザ侵攻を止めるまで和平交渉の中断を発表した。, 3月3日、イスラエル軍はガザ地区から撤退し、ハマースは勝利宣言を出した。しかし、オルメルト首相は「寛大な措置を施す時期ではない。(パレスチナへの)応戦を続けるが、応戦は具体的な作戦や日時に限ったものではない」と再侵攻の意志を示し、さらにあるイスラエル政府高官は、3月4日と5日にライス米国務長官がイスラエルとパレスチナを訪問する予定に触れ、「(ライス)長官の訪問に合わせ、二日間の中休みを取っただけ」と言った[28]。3月4日夜、イスラエル軍は戦車で再侵攻を行い、武装勢力幹部宅を襲撃し、幹部を殺害。ライス米国務長官は、アッバース大統領に対し、ガザ侵攻中止は和平交渉再開の条件にはならないとの見解を示し、またイスラエルのガザ侵攻については、「自衛の権利があることを理解する」とこれを容認した。アッバースは、和平交渉の再開は認めたが、双方の見解の相違もあり、具体的な日程の見通しは立っていない。イスラエルは、「暖冬作戦」の第2弾として、都市に隠された武器捜索を予定しているという。, 3月6日、イスラエルの神学校にパレスチナ人の男が乱入、生徒ら8人を射殺し、男はイスラエル治安当局に射殺された。神学校は、ユダヤ人入植者の思想的拠点だった。アッバース大統領、米ブッシュ大統領、潘国連事務総長らは相次いでテロ非難声明を出した。また、ブッシュ大統領は、オルメルト首相に電話で弔意を伝えると共に、「米国はイスラエルを強く支持する」と述べた。一方、ハマースは「(パレスチナ人)虐殺に対する自然な反応だ」と、犯行を支持する声明を出した。米国は、国連安保理でテロ事件として非難声明の採択を要求したが、リビアがイスラエルによるパレスチナ攻撃も非難すべきと主張し、採択は見送られた。犯行そのものについては、ハマースが認めたという報道[29]と、ヒズボラ関係者とする報道[30]があり、情報は錯綜している。 その後、国際連盟によりイギリスの委任統治が決まると“パレスチナ”としてイギリスの軍政下におかれていた地域からヨルダン川東岸のトランスヨルダンが分離されアラブ人の国家とされ、ヨルダン川から西の地域をパレスチナとしてイギリスが委任統治することとなりました。, 当初は移住するユダヤ人は少なかったのですが、ヨーロッパで反ユダヤ人感情が高まるようになるとヨーロッパからのユダヤ人入植が増加し始めました。 ", “All eyes on Germany as UN Security Council debates anti-Israel resolution”, https://thehill.com/opinion/international/482368-all-eyes-on-germany-as-un-security-council-debates-anti-israel, UN rights office issues report on business activities related to settlements in the Occupied Palestinian Territory, "Netanyahu advances plans for 3,500 settler homes in West Bank's E1". この旅団が後にイスラエル軍の中核となるのは戦後の話です。, こうして戦後を迎えたパレスチナにホロコーストから逃れたユダヤ人が押し寄せようとしましたが、イギリスは移民の制限をやめようとはしませんでした。 イスラエルに追われた7つの民族のうちのひとつで、地中海東岸地域に居住していたとされます。 彼の死後、彼の弟子たちによって広められたのが「キリスト教」です。, キリスト教徒にとってユダヤ人は“イエスを磔刑に処させた民族”として、この後長く忌み嫌われることになりました。, キリスト教は当初、ローマ帝国によって迫害されましたが、コンスタンティヌス帝の時代に公認され、その後テオドシウス帝の時代には国教となって、その後のヨーロッパ世界に広まり、大きな影響を与えました。 となった。高い人口増加率のため一人あたりGDPは停滞し、経済は十分な雇用を生まず、特にガザの失業率は40%以上と高止まり、若者を中心に住民は大きな不満を抱えている。, ア 対日輸入 医療機器、建機等, イ 対日輸出 オリーブオイル、石けん等, ア 対日輸入 466,780千円(2019年), イ 対日輸出 51,222千円(2019年). さらにイスラエル国内でも政府と軍のやり方に疑念が生まれるようになるのです。, 一方でパレスチナ勢力の中でもこの後の歴史に大きな影響を与える出来事がこのインティファーダの中で起こります。 13 יום חמישי, 13 באוגוסט 2020, כ"ג באב תש"פ, בשעה12:00 C המאבק של שטחי, "Knesset Foreign Affairs and Defense Committee Convenes for Hearing on "The Battle for Area C, "Israel Is Proud to Have Halted International Projects for Palestinians in Area C", Sovereignty in reverse: Palestinians have seized 30 percent of Israeli land in territories, "How Israel is waging war on Palestinians in Area C", "Israel Suspends West Bank Annexation in Deal to Normalize Relations With the UAE", イスラエルとUAE 国交正常化へ「歴史的な外交上成果」と強調 2020年8月14日 10時00分, "Netanyahu says no change in West Bank annexation plans despite UAE peace deal". これを契機にイギリスもユダヤ人の入植を制限し、パレスチナを分割の上でユダヤ人国家を創設し、パレスチナ人との対立を鎮めようと考え始めました。 パレスチナ(Palestinian Territory, Occupied)の地図を掲載しています。詳細な場所を示した地図ですので海外旅行やパレスチナ旅行・観光などに役立ちます。グーグルマップ(Google Map)の地図でパレスチナや中東を探検。 さらにユダヤ人居住地≒ユダヤ人国家と考えたシオニストから見ても、戦後の結果は不満の残るものであったことに違いはありません。 イギリスの高等弁務官マクマホンと協定を結んだフサイン・イブン・アリーは、「アラビアのロレンス」で有名なトーマス・エドワード・ロレンスと共に「アラブの反乱」を組織し、ユダヤ人もアメリカやロシアなど各国から集結してユダヤ人軍団をつくり、ともにイギリス側で戦いました。, こうしてシリア・パレスチナでの作戦はイギリス側が勝利し、パレスチナのオスマン帝国による支配は終わりをつげたのです。, 第一次世界大戦が終わると、パレスチナは一時的にイギリスの軍政下におかれます。 1650 Order regarding Prevention of Infiltration (Amendment No. パレスチナ立法評議会(PLC:Palestinian Legislative Council 132名。 3 内政 (1)【大統領】2004年11月にアラファトPLO議長・パレスチナ自治政府(PA)長官が逝去したことを受け,2005年1月,PA長官(現在の呼称は大統領)選挙が実施され,アッバース氏が就任し(PLO議長も兼任),現在に至る。 それまでの軍事行動は「自衛のための戦争」と認識されていました。 再びエルサレムを追われた王国はパレスチナの海岸部・アッコン周辺に追い込まれ、その後も存続しましたが、13世紀の末にはマムルーク朝により完全に駆逐され、パレスチナは再びイスラム勢力の土地となったのです。, パレスチナを支配するマムルーク朝は13世紀中ごろから16世紀にわたってパレスチナを支配しましたが、1517年にオスマン帝国に滅ぼされます。, オスマン帝国は13世紀末に小アジアで興った国家です。 アラブ諸国は建国間もないイスラエルに対して宣戦布告、第一次中東戦争が勃発します。, 国連により軍事力の保有を禁止されていたイスラエルはエジプト・ヨルダンの精鋭部隊に攻め込まれ、エルサレムの旧市街を手放しますが、新市街は保持し続けました。 紀元前2世紀には再びユダヤ人の国家が建国されましたが、まもなくローマの干渉を受けるようになります。, はじめはユダヤ人の王を支援することでこの地域に干渉していたローマは、紀元6年にユダヤ人の王を廃し「属州」とします。 しかし、時と共にシオニストたちの要求はパレスチナ人の自治に対して制限を求めるようになり、さらには単なる居住地としての“ナショナル・ホーム”ではなくユダヤ人の「国家」を認めさせようとする方向へと変容して行きました。, パレスチナ人のうち、アラブ人は大規模な反乱を起こします。 アイユーブ朝のスルタンとの交渉により、聖地を血を流すことなく奪還したのです。, しかしそれもほんの一時のことでした。 「嘆きの壁」を含むエルサレムの旧市街がヨルダンの手に渡ったことは、イスラエルのユダヤ人にとっては不満が残りました。, その後も緊張関係が続くイスラエルとアラブ諸国の間では戦闘が断続的に続きます。 これに対してイギリス・フランス・ロシアは戦後のオスマン帝国の領土分割について「サイクス・ピコ協定」と呼ばれる秘密協定を締結します。, 一方でイギリスは、オスマン帝国からの独立を画策するアラブ人に対し「フサイン・マクマホン協定」によって戦後のアラブ人国家の独立支持を約束する代わりに、オスマンに対して反乱を起こし戦争に協力することを求めました。, さらにユダヤ人の戦争協力を獲得するためにシオニズム運動を支持し、「バルフォア宣言」によってパレスチナをユダヤ人居住地(ナショナル・ホーム)とすることを約束したのです。, この“三重外交”の矛盾がこの後のパレスチナ問題のひとつの原因となった、といわれましたが、それぞれがすべての面で矛盾していたわけではありません。 ひとつは現在のイスラム過激派勢力「ハマス」の誕生です。 “旧約”というのは後のキリスト教の「(新約)聖書」に対して使う言葉です。 ユダヤ人もまた、シオニスト大会で分割案拒否を決議した。しかし全面否定では無く、ユダヤ人国家の拡大や、あわよくばパレスチナ全域の占有を目的とした議論の継続がされた。また、ピール委員会案では、ユダヤ人国家にアラブ人225000人、アラブ人国家にユダヤ人1250人が少数民族として残ることが想定された。このため、ユダヤ人の中では、アラブ人の「移送」もまた議論されるようになった[2]。, 第二次世界大戦後、後にイスラエル首相となるベギン率いるイルグン、シャミル率いるレヒ等のユダヤ人テロ組織のテロと、アメリカ合衆国の圧力に屈したイギリスは遂に国際連合にこの問題の仲介を委ねた。, ユダヤ人の人口はパレスチナ人口の3分の1に過ぎなかったが、1947年11月29日の国連総会では、パレスチナの56.5%の土地をユダヤ国家、43.5%の土地をアラブ国家とし、エルサレムを国際管理とするという国連決議181号パレスチナ分割決議が、賛成33・反対13・棄権10で可決された[3]。ピール案よりユダヤ人に有利になったこの決議は、国内の選挙において、ユダヤ人の投票獲得を目当てにした米国大統領トルーマンの強烈な圧力によって成立している。ユダヤ人を自国から追い出したいキリスト教徒が主なアメリカ、ソ連、フランス、ブラジルなどが賛成し、アラブ諸国が反対した。(イギリスはこれ以上反感を買うことを恐れて棄権), 1948年2月アラブ連盟加盟国は、カイロでイスラエル建国の阻止を決議した。アラブ人によるテロが激化する中、1948年3月米国は国連で分割案の支持を撤回し、パレスチナの国連信託統治の提案をした。1948年4月9日、ユダヤ人テロ組織、イルグン、レヒの混成軍が、エルサレム近郊のデイル・ヤシーン村で村民の大量虐殺を行い、その話が広まって、恐怖に駆られたパレスチナアラブ人の大量脱出が始まった。1948年5月イギリスのパレスチナ委任統治が終了し、国連決議181号(通称パレスチナ分割決議)を根拠に、1948年5月14日に独立宣言しイスラエルが誕生した。同時にアラブ連盟5カ国(エジプト・トランスヨルダン・シリア・レバノン・イラク)の大部隊が独立阻止を目指してパレスチナに進攻し、第一次中東戦争(イスラエル独立戦争、パレスチナ戦争)が起こった。, 勝利が予想されたアラブ側は内部分裂によって実力を発揮できず、イスラエルは人口の1%が戦死しながらも列強からの豊富な物資援助により勝利する。1948年の時点でパレスチナの地に住んでいた70〜80万人のアラブ人などが難民となった(いわゆるパレスチナ難民)。パレスチナ人を主とするアラブ人は、「ナクバ(النكبة)」(アラビア語で「大破局」「大災厄」を意味する)と呼ぶ。, パレスチナ難民の発生原因については、当時は、ユダヤ人軍事組織によって追放されたというパレスチナ側の主張とパレスチナ人が自発的に立ち去ったというイスラエル側の主張があった。現在では、イスラエルの政府資料や米国の諜報資料が公開され、イスラエル側の主張が虚構であり、大多数のパレスチナ難民は、ユダヤ人軍事組織による大量虐殺(イスラエルの歴史学者のイラン・パペによれば、総計2千人〜3千人が犠牲になった)、銃器による脅迫、また、ユダヤ人軍事組織による攻撃を恐れて、難民となったことは、学術的に明らかになっている。現在の学術的な争点は、パレスチナ人の追放が計画されたものか、それとも戦闘激化に伴った偶発的なものかという点である。, また、イスラエル建国に伴うアラブ諸国におけるユダヤ人への迫害の増加により、セファルディムなどアラブ諸国のユダヤ人住民40万人がイスラエルに移住し、アラブ諸国に残された財産の大部分は没収された。, 1949年2月にエジプトとイスラエルの停戦協定が成立。イスラエルがパレスチナの80%を占領し、残り20%のヨルダン川西岸地区はトランスヨルダンが占領した。エルサレムは旧市街はヨルダンに新市街はイスラエルに占領された。ガザ地区がエジプト領となり、パレスチナ難民が押し寄せた。, イスラエルに残留した非ユダヤ人(パレスチナ人)は、イスラエル国防軍の軍政(占領統治)下に敷かれた。すなわち、イスラエル政府による民政下のユダヤ人と、イスラエル軍による軍政下の非ユダヤ人という、二重体制が敷かれた。非ユダヤ人は参政権など市民権は与えられたが、居住移転の自由や職業選択の自由などを厳しく制限された[4]。, 1950年、イスラエルで不在者財産没収法が施行された。これにより、1947年のパレスチナ分割決議から翌年9月までの間に居住地を離れて近隣に避難するなどしたパレスチナ人は家屋・財産を没収されることになった。こうして没収された土地はユダヤ人入植者たちに与えられた(これが下記の難民の帰還権問題に繋がる。イスラエルは、難民であること自体を認めていない)。ヨルダンは占領しているヨルダン川西岸地区の正式併合を宣言する。, 1954年、イスラエルで潜入禁止法(英語版)が施行された。これは、パレスチナ難民がイスラエル領に帰還しようとする行為を犯罪化したものである。イスラエルはパレスチナ難民を追い返したが、一部はイスラエルの裁判所で滞在が認められる判決が出た。このため、イスラエルは一律に犯罪化する法律を制定したのである。また、レバノン、エジプト、シリア、サウジアラビア、ヨルダン、イラク、イエメンを敵国指定し、敵国と相互の出入国も同様に規制した[注 1]。, 1956年7月エジプトがスエズ運河国有化を宣言し、それを阻止するために10月にイスラエル・イギリス・フランスがエジプトに侵攻し、第二次中東戦争(シナイ作戦、スエズ戦争)が勃発した。米国とソ連の即時停戦要求を受け入れ、イギリス・フランスは11月に戦闘を中止した。アメリカの共和党のアイゼンハワー大統領が経済援助の停止という圧力をかけて、1957年3月にイスラエルをシナイ半島から撤退させた。この戦争により、中東の主導権はイギリス・フランスから米国・ソ連に移った。, 1967年5月エジプトのナーセル大統領はシナイ半島の兵力を増強し、国連監視軍の撤退を要請し、イスラエル艦船に対するチラン海峡封鎖を宣言した。6月4日にイスラエルはエジプトを奇襲し、6日戦争(第三次中東戦争)が勃発した。イスラエルを米国が支援し、アラブ諸国をソ連が支援した。, イスラエルは東エルサレム、ガザ地区、シナイ半島、ヨルダン川西岸、ゴラン高原を占領し、国際連合安全保障理事会は停戦決議を可決した。11月に国連安保理でイスラエルの承認、イスラエルの占領地からの撤退、中東地域の航海自由の保障、避難民問題の解決などを決議した(国連安保理決議242号)。しかし、イスラエルの占領地については、英文版と仏文版で解釈が異なり、英文版では、必ずしもすべての占領地から撤退する必要はないと解釈できる余地があった[5][6][7][8]。いずれにせよ、イスラエル、PLO及びアラブ諸国の双方共に、この時点では安保理決議242号に従わなかった。 イスラエルやパレスチナの問題、ニュースではよく聞く地名ですが、何が起きているか実はあまりわかっていないという方向けに、イスラエル・パレスチナのことを簡単に解説しました。 この時、彼は「イスラエル」に改名しました。 ネジャード大統領が伝えられたところでは、イスラエルを取り除くことを述べたときに、国際社会がどう激しく抗議をしたかを私たちは知っている。イランのアフマディネジャドを非難して、ご機嫌取りをしていたすべてのEU官僚は、このイスラエルの前首席ラビに対して、同じような強く、公的な立場を取るのだろうか?」と批判した。, 6月28日、イスラエルはガザに地上部隊を侵攻させ、軍民合わせて少なくとも12人を殺害。さらに、15歳から50歳の男性に家から出るように命じ、町の広場に集めさせた。, 11月27日、米国の仲介で開かれた中東和平国際会議において、ブッシュ米大統領、オルメルト・イスラエル首相、アッバース・パレスチナ自治政府議長は和平交渉再開を確認した。だが、イスラエルは交渉再開を表明する一方、連日ガザ地区の攻撃や空襲を行い、11月30日には、ガザ再侵攻の準備が整ったことを発表した。, 2008年1月、ブッシュ米大統領はイスラエル・パレスチナを歴訪。1月9日にはイスラエルでオルメルト首相と会談し、1月10日には初めてパレスチナを訪問し、アッバース議長と会談した。ブッシュ大統領は、イスラエルの入植地について「1967年に始まった占領を終結させる必要がある」と述べ、またパレスチナ自治区を入植地が分断している現状について「スイスチーズ(穴あきチーズ)ではうまくいかない」と批判した[20]。一方、パレスチナに対しては「テロとの戦い」の継続と、ハマースからのガザ地区奪還を要求した。 סרביה תהיה המדינה הראשונה שתפתח שגרירות בירושלים - בהמשך לפריצת הדרך ההיסטורית עם איחוד האמירויות. 同日、クシュナーは「アルジャジーラ」の取材に応え、トランプ政権は従来と「異なる」アプローチをしており、その一つがパレスチナの財政的コミットメントの優先だと説いた。また、アラブ諸国は2002年に採択された「アラブ和平イニシアティブ」をパレスチナ問題の基本線としていた。これは原則として、安保理決議242に基づく要求である。しかしクシュナーは、それは不可能だと主張し、イスラエルの立場との妥協をすべきだと主張した。また、エルサレムをイスラエルの首都と公認したことを、「主権国家であるイスラエルには、首都を決める権利がある」と改めて擁護した[114]。, 11月4日、ヨルダン川西岸の、150以上のユダヤ人入植地を管理するイェシャ評議会の次期委員長に、デイビッド・エルハヤニ(ヘブライ語版)が選出された。エルハヤニは「併合の時が来るまでに、パレスチナ人によるC地区の乗っ取りを防ぎ、(我々の)インフラ改善要求を、積極的に行う必要がある」と、入植地の早期のイスラエル併合を主張した[115]。占領地のC地区は本来、パレスチナに移管されるはずであったが、イスラエルでは固有の領土という認識の元、永続的な支配が公然と主張されるようになっていた。, 11月6日、UNRWAのクレヘンビュール事務局長が、職権濫用の疑いで事実上の辞職に追い込まれた[116]。, 11月18日、米国のマイク・ポンペオ国務長官は記者会見で、ヨルダン川西岸のイスラエル入植地は、国際法に反しているとは認識しないとの見解を示した。これは従来の政府見解を変更するものであるが、ポンペオは1981年にレーガン元大統領が示した見解を正当としたと述べた[117]。イスラエルのネタニヤフ首相は、米国の方針転換を「歴史の過ちを正す」ものだと歓迎した。PLOのサエブ・アリカット(英語版)事務局長は、「世界の安定と安全、平和」を危険にさらすものと批判した[118]。, 12月1日、イスラエルのナフタリ・ベネット国防相は関係当局に、ヘブロンの内側にあるユダヤ人入植地を拡大するよう指示した。このことで、ユダヤ人入植者を800人から倍増させるとしている[119]。, 2019年の1年間では、パレスチナ側は149人(うち、子供31人)、イスラエル側は10人(うち、子供1人)が紛争で殺害された[120]。, 2020年1月5日から6日にかけて、イスラエルはヨルダン川西岸での、新たに入植地1900棟の計画を承認した。日本の大鷹正人外務報道官は「強い遺憾の意」を表明した[121]。, 1月8日、イスラエルのベネット国防相は、C地区を「領土」と称し、「C地区を(併合するための)『戦い』をパレスチナと進めている」と述べた。ベネットは、入植地の建築を進めることで、10年以内に100万人のユダヤ人を移住させると述べ、「我々は国連にはいない」と述べた。また、パレスチナ人の「違法な」建築を止めるために何もしなかったとネタニヤフ政権を非難し、EUが「違法」建築に資金を提供していると非難した[122]。またベネットは翌週、7つの「自然保護区」を新たに承認した。これは、名目は自然保護区だが、パレスチナ人の立ち入りを禁じることで、事実上イスラエルの支配を進める施策である[123]。, 1月28日、米国のトランプ大統領とイスラエルのネタニヤフ首相は、共同で和平案"Peace to Prosperity"(「繁栄に至る平和(英語版)」)の全文を発表した[124][125][126]。クシュナーの素案に基づくもので、主な内容は以下の通りである。, トランプはTwitterで、イスラエルとユダヤ人のための和平案であることを自賛した[127]。パレスチナの国家承認を除き、全面的にイスラエルの主張に従った内容で、ネタニヤフは「我々の主権を認めた」内容を歓迎した[128]。パレスチナのアッバース大統領は、この案を「歴史のごみ箱に投げ捨てる」と拒否した[129]。また、元パレスチナ情報庁長官のムスタファ・バルグーティは、和平案の地図におけるパレスチナは、「かつての南アフリカにおけるアパルトヘイトでのバントゥースタンと同じ」「唯一の違いは、パレスチナ人の孤立した地理的状況はゲットーとも比較される」と非難した[130][131]。さらに、パレスチナは安保理非常任理事国のチュニジアの協力を得て、和平案に反対する決議案を安保理採決に掛けるよう働きかけた[132]。アッバース大統領はまた、イスラエル・米国との、(ヨルダン川西岸での)治安協力を含む全ての協力を打ち切ると表明した[133]。 ハマスはPLOの影響力を排除した民衆レベルでの対イスラエル抵抗組織としてこの時代に生まれました。, 他方、PLOもこの時期は苦境に立たされていました。 国連はパレスチナ問題に関する特別委員会を設置し、パレスチナ地域の状況を調査したうえで、パレスチナを分割したうえでユダヤ人国家とアラブ人国家を創設、エルサレムを国際管理の下に置くことを勧告します。 最初は宗教の問題で起きた紛争ですが、今では政治的な問題も絡んでおり、解決が難しくなっています。 一方で、ユダヤ人入植者からは、「ユダヤ・サマリア[注 7]」がイスラエル固有の領土という認識の元、入植地が敵対的なパレスチナ自治区に「包囲」され、これ以上の入植拡大が望めなくなることへの危機感も表明された[136]。また、イェシャ評議会のエルハヤニ委員長は、併合が一時凍結されたことを「クシュナーはナイフでネタニヤフを背後から刺した[137][138]」と非難した。エルハヤニによると、当初、米国はパレスチナが48時間以内に和平案に応じなければ、イスラエルの併合強行を認める予定だったが、後から翻意したという。, クシュナーはイアン・ブレマーによるインタビューで、パレスチナ側の批判に次のように反論した。「パレスチナは、長い間被害者カードを使ってきた」「和平案はイスラエルにとって大きな妥協だ。なぜならイスラエルにとって妥協をするこれと言った理由がないからだ。イスラエルがすでに強い国で、さらにその力を増す中で、我々が彼らに妥協を迫ったのだ」[139][140][141]。 エルサレムがキリスト教の聖地とされたのは、“ゴルゴダの丘でイエスが磔刑になった”ということに加え、コンスタンティヌス帝の母・聖ヘレナが巡礼してイエス磔刑の地を訪れたからです。, ローマ帝国が東西に分裂し、5世紀には西ローマ帝国が崩壊しました。 キャンプデービッド合意 - マドリッド会議オスロ合意 / オスロ2 - ヘブロン合意ワイリバー / シャルムエルシェイク覚書2000年のキャンプデービッドサミット - タバサミット中東和平へのロードマップ - アナポリス会議, パレスチナ問題(パレスチナもんだい、アラビア語: القضية الفلسطينية‎、ヘブライ語: הסכסוך הישראלי-פלסטיני‎)は、パレスチナの地を巡るイスラエル人(シオニスト・ユダヤ人ら)とパレスチナ人(パレスチナ在住のアラブ人)との関係から生じた紛争を一個の政治問題として扱った呼称。パレスチナ・イスラエル問題と表記することもある。, 古称は「フル」、「カナン」という。パレスチナあたりはペリシテ人の土地で、パレスチナという言葉はペリシテという言葉がなまったものと考えられている。紀元前13世紀頃にペリシテ人によるペリシテ文明が栄えていた。しかしペリシテ民族のその後は全く分かっていない。, その後は紀元前10世紀ごろにイスラエル民族によるイスラエル王国がエルサレムを中心都市として繁栄した。, やがて三大陸の結節点に位置するその軍事上地政学上の重要性からイスラエル王国は相次いで周辺大国の侵略を受け滅亡し、紀元135年にバル・コクバの乱を鎮圧したローマ皇帝ハドリアヌスは、それまでのユダヤ属州の名を廃し、属州シリア・パレスチナ (en:Syria Palaestina) と改名した。ローマとしては、幾度も反乱を繰り返すユダヤ民族を弾圧するため、それより千年も昔に滅亡したペリシテ民族の名を引用したのである。この地がパレスチナと呼ばれるようになったのはこれ以降である。, 7世紀にはイスラム帝国が侵入してきた、シリアを支配する勢力とエジプトを支配する勢力の間の対立戦争の舞台となった。11世紀にはヨーロッパから十字軍が攻め込んできた結果としてエルサレム王国が建国されるが、12世紀末にはアイユーブ朝のサラーフッディーンに奪還され、パレスチナ地の大半は王朝の支配下に入った。16世紀になると、マムルーク朝を滅ぼしたオスマン帝国がパレスチナの地の支配者となる。, 本来は民族紛争ではなかった。第一次世界大戦において連合国側のイギリスは同盟国側の一角であるオスマン帝国に対し側面から攻撃を加える意図の下、トルコの統治下にあったアラブ人(イエフディ(現地ユダヤ人)やキリスト教徒も含む)たちに対してオスマン帝国への武装蜂起を呼びかけた。その際この対価として1915年10月にフサイン=マクマホン協定を結びこの地域の独立を認めた。, 他方、膨大な戦費を必要としていたイギリスはユダヤ人豪商ロスチャイルド家に対して資金の援助を求めていた。この頃、世界各地に広がっているユダヤ人の中でも、ヨーロッパでは改宗圧力を含め差別が厳しかった為、シオンに還ろうという運動(初期シオニズム)が19世紀末以降盛り上がりを見せていた。そこでイギリスは外相バルフォアを通じ1917年ユダヤ人国家の建設を支持する書簡をだし、ロスチャイルド家からの資金援助を得ることに成功した(バルフォア宣言)。, しかしイギリスは同じ連合国であったフランス、ロシアとの間でも大戦後の中東地域の分割を協議しており、本来の狙いはこの地域に将来にわたって影響力を確保することであった(サイクス=ピコ協定)。, こうしたイギリスの「三枚舌外交」はロシア革命が起こりレーニンらによって外交秘密文書がすべて公表されるに至り公のものとなった。, 第一次世界大戦でアラブ軍・ユダヤ軍は共にイギリス軍の一員としてオスマン帝国と対決し、現在のヨルダンを含む「パレスチナ」はイギリスの委任統治領となった。, 現在のパレスチナの地へのユダヤ人帰還運動は長い歴史を持っており、ユダヤ人と共に平和な世俗国家を築こうとするアラブ人も多かった。ユダヤ人はヘブライ語を口語として復活させ、アラブ人とともに嘆きの壁事件など衝突がありながらも、安定した社会を築き上げていた。しかし、1947年の段階で、ユダヤ人入植者の増大とそれに反発するアラブ民族主義者によるユダヤ人移住・建国反対の運動の結果として、ヨルダンのフセイン国王、アミール・ファイサル・フサイニー(1933年アラブ過激派により暗殺)、ファウズィー・ダルウィーシュ・フサイニー(1946年暗殺)、マルティン・ブーバーらの推進していたイフード運動(民族性・宗教性を表に出さない、平和統合国家案)は非現実的な様相を呈する。, とはいえ初期の問題において、民族自体はあまり関係がなかった。衝突は、銀行と工業により避けようもなく次第に深まっていく。その主な原因は、オスマンから切り離された事で、外国貿易が重要性を増した事にある。そしてイギリスは荒廃した土地を復興させ、輸出農業の生産の増大を計った。農民の多くはアラブ人であった。ただし、農業金融を一手に引き受けていたのは1922年以後増大したユダヤ系銀行であり、製粉所等の加工工業もまたユダヤ人の手にあった。パレスチナの土地に適していたのはオレンジとリンゴであり、英国に対してはオレンジの輸出が多くアラブ人達は柑橘類を望んでいたが、製粉所含む食品工業のため銀行は穀物の増産を図っていく。また、葡萄園はユダヤ人の所有にあった。, 当時のパレスチナにおいて工業の外国貿易に対する価値は非常に大きかった。英国に次いでシリアがパレスチナを助けていたが、ドイツと米国もまたパレスチナに対し工業生産材の輸出を行っており、米国には加工した工業品を輸出することによって貿易のバランスを保っていたため、このバランスを維持するために工業の発展が不可欠だった。そして、パレスチナの外国貿易に関する諸々の取り決めは、委任統治領という立場にも関わらず、国内有力事業家の組合によって決定されていた。その事業家の多くが外部からの投資を受けた人間(即ち原住民ではなくユダヤ人の移民ら)であり、柑橘類を主軸に求めるアラブ人と、穀物類を主軸に求めるユダヤ人との農業問題への価値観の差異は、アラブ人への一方的な抑圧となり、やがて対立が深まっていく。16年設立のハマシュビール(en:Hamashbir Lazarchan)は勢力が大きくなり市場取引を支配し、また英国との連携を強め、ニール[要出典]はドイツ人に代わり産業を支配、耕地を購入し所有していった。また人口の増大、特にユダヤ人増大による小麦の需要に基づく土地の疲弊は著しく、39年には1ha辺り480kgの小麦しか収穫できない(英国では2200kg、エジプトでは1630kg)など、問題への期限は迫っていた。, 1936年4月に起きたパレスチナ独立戦争(アラブ暴動)で、イギリス側はアラブ人とユダヤ人の共存は困難であるとして、ピール委員会(英語版)は善後策の調査を始めた。ピール委員会は、暴動の原因をアラブ人・ユダヤ人相互の民族主義に求めたが、アラブ人の「後進性」も強調された。, 1937年7月7日、ピール委員会は、パレスチナをアラブ国家と小さなユダヤ国家(15%程度)、国際地域に分割する提案を行った。また、希土戦争 (1919年-1922年)後に行われたギリシャとトルコの住民交換を先例に、少数民族の交換(実質的な強制移住)も言及された。これが、公のものでは最初のパレスチナ分割案である。, アラブ人は全面的に拒否し、アラブ高等委員会(英語版)は「ユダヤ人とその他の少数民族の正当な権利をすべて保護し、イギリスの合理的な利益を守る」前提の上で、パレスチナ単一国家の独立を要求した[1]。ユダヤ人国家として、肥沃な土地が割り当てられたことも拒否の理由だった。また、全てのユダヤ人の新規移民の停止を要求した。
2020 パレスチナ 場所