見ておくべき頼りになる無料情報! ──────────────── →1万2950円獲得/回収率259% 【ワイド的中一覧】 2着:メイショウテンゲン(ハナ) スタートから一気に先頭に立ったのは、ランスオブプラーナ。2番手にサイモンラムセス、人気の一角ジナンボーが3番手、ヴェロックスはその1列後ろの外目5番手からレースを進める。 かなり縦長の展開となって2周目へと入るが、3コーナー過ぎから隊列は徐々に縮まり、レノヴァールやステイブラビッシモなどが進出。さらに最後方にいたタガノディアマンテは大外を回っていく。 最後の直線コースに入って、内から2頭目を通って先に抜け出したのはミライヘノツバサ。しかし、外からメイショウテンゲンが一気に差を詰め、ゴール前は大接戦となった。かなり際どい写真判定の結果、16頭中16番人気だったミライヘノツバサが勝利し、重賞初制覇を飾った。 的確でありながら高配当を見込めます。 3、4コーナー中間地点からレースは動きはじめ、ジナンボーが先頭に立って直線へと攻防は移る。しかし外からドゥオーモ、そしてカデナが並んで追い込む。しかし今の小倉は外が伸びるという特殊な馬場状態。大外を回ったカデナが力強く突き抜け、弥生賞以来3年ぶりの重賞制覇を果たした。また鞍上の鮫島克駿騎手もこれが重賞初勝利。昨年は重賞勝利のチャンスもあったが、怪我で騎乗できないという不運もあっただけに、そうした思いも込められたガッツポーズだったのだろう。 3連複・ワイド好調の無料情報はコチラ, , ○ミライヘノツバサ(渋太さ生かす)  伊藤大師――前走は8着でも、着順の印象以上に内容はあった。稽古はいいし、ヨーイドンの競馬にさえならなければ、この距離で渋太さを生かせるかもしれない。, 日経賞でシャケトラの2着・・・・・しかし明け4歳馬だったから強かっただけだし覚えてもいないわ, 菊では印回してたけどな。長距離向くと思って。とは言え追いかけ続けるのは難しいわな。, 元々素質はあったにしろ3年前とかだし、菊花賞惨敗と2000~2200での好成績みると買えん, [競馬] キングカメハメハには一頭も強い産駒がいないのに成功種牡馬と思う奴が多いのはなぜなのか, 【乃木坂46】絢音ちゃん嬉しそうwww 鈴木絢音と卒業生 斉藤優里が夢の共演!!!写真が続々公開キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!, 【競馬】エリザベス女王杯の予想オッズ見るとラッキーライラックが抜けた1番人気になりそう, 【悲報】Youtuberへずま氏、涙の訴え!「釈放されても即日で再逮捕される!無限逮捕地獄!」←これwwwwww, 【エ□漫画】旦那に内緒でソープで働いていた清楚系な人妻さんがお客に濃厚フ●ラやパイズリしてあげたり激しいプレイをしてたんだけど、ある日旦那に尾行されてすべてバレてしまい…, 本当にこんな世界があったのかよ…『保険のおばちゃんに契約と引換えに咥えさせた』スマホ動画がこちら, 【韓国団体】在日朝鮮人の帰国事業は「強制移住 到着した瞬間から監視対象、差別・強制労働の被害者に」 国連に調査要求, 鬼滅映画「もののけ姫(193億)超えた」←うおおお! 「ハウルの動く城(196億)超えたで!」←お、おう…, [競馬] アーモンドアイ「球節が腫れてるぅ!」 サリオス「疝痛がぁ!死んじゃうよー」, 北村友一(34)「騎手人生はこれからも続くが、今後クロノジェネシスほどの馬に乗れる機会はまず無い」. ミライヘノツバサ(英:Miraieno Tsubasa, 2013年4月27日 - )は、日本の競走馬。主な勝鞍は2020年のダイヤモンドステークス。 「芝もこの馬には悪くありませんでした。飛びの大きな馬ですが、内に入れて脚をやめてレースができました。他馬とは斤量の差もありましたし、最後は手応えがなくなりました」, 9着 ヴァントシルム(M.デムーロ騎手) 13着:リッジマン 元PRIDE コールマン氏が心臓発作 // -->, 1 シャケトラ    日経賞、AJCC、阪神大賞典、(天皇賞春) 2 ミライヘノツバサ  3 アドマイヤデウス 日経新春杯、日経賞 4 レインボーライン 阪神大賞典、天皇賞春, エリザベス女王杯前に 東京、京都、小倉の各競馬場開催が終了。最終週に行われたダイヤモンドS(GⅢ・芝3400m)、京都牝馬S(GⅢ・芝1400m)、小倉大賞典(GⅢ・芝1800m)のレース結果について、それぞれ振り返っていこう。 「一週目に力んだところはありましたが、その後は良い位置でイメージ通りのレースでした。最後は後方で脚をためていた馬に交わされました」, 4着 レノヴァール(高野友和調教師) 春G1は8戦6勝 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 ダイヤモンドステークス2020の結果・動画をまとめた記事です。2020年のダイヤモンドステークスの着順は1着:ミライヘノツバサ、2着:メイショウテンゲン、3着:オセアグレイトとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。 15着:ダノンキングダム 今週はエリザベス女王杯&デイリー杯2歳S3連複と他ワイドを無料公開なので、ここは目を光らせておくべきです! 直線では強い向かい風が吹き、良馬場ながらレースの上がり3Fは38.1。道悪並みのスタミナを要する展開となった。上位2頭はともにステイヤーとしての適性が高いのは言うまでもないが、天皇賞(春)のような高速馬場に向くかと言えば、疑問符が付く。やはり次走以降狙うのであれば、道悪または36秒以上の上がりを要する馬場ということになるだろう。, 同日の京都競馬場で行われたのは牝馬限定重賞の京都牝馬S。雨の影響を受け、重馬場でのレースとなった。1番人気は京都コースを大得意としているサウンドキアラ、2番人気は昨年の牝馬クラシックでも活躍したシゲルピンクダイヤとなっていた。 1着 ミライヘノツバサ(木幡巧也騎手) 「ビックリしました。馬には感謝しかありません。正直ゴール前は負けたという第一印象でした。 まずは、2月22日に東京競馬場で行われたダイヤモンドS。東京コースでは年に1度のみ施行されるマラソンレースにスタミナ自慢たちが集結した。1番人気は前走の万葉Sを快勝したタガノディアマンテ、2番人気は2200〜2600m戦で安定した活躍を見せているオセアグレイトだった。 ダイヤモンドステークス2020│ミライヘノツバサ 2020.02.23 日時:2020年2月22日 開催:東京競馬場 格付:GIII 距離:芝3400m 天候:曇 馬場:良 →(春G1集計表(無料)) 東京、京都、小倉の各競馬場開催が終了。最終週に行われたダイヤモンドS(GⅢ・芝3400m)、京都牝馬S(GⅢ・芝1400m)、小倉大賞典(GⅢ・芝1800m)のレース結果について、それぞれ振り返っていこう。 ダイヤモンドSは16番人気ミライヘノツバサが勝利 見どころ十分の重賞3レースを振り返る, 勝利したカデナは、道中は内を追走して直線だけ外に持ち出すという見事な騎乗が好結果に繋がったと言える。このようなロスのない競馬ができるのであれば、今後もローカル重賞での活躍が期待できそうだ。. Copyright© 2020 Glad Cube Inc. All Rights Reserved. 【ダイヤモンドステークス 2020】のレース後の関係者のコメント. 3位 32,550円 ミライヘノツバサ 2020年ダイヤモンドステークス(gⅢ) 4位 27,210円 コパノリッキー 2014年フェブラリーステークス(gⅠ) 5位 25,750円 ダイタクヤマト 2000年スプリンターズステークス(gⅠ) 青森産馬の重賞制覇 ワイド情報もかなり激アツなんです! 「まさかここで勝てるとは…。本当に馬に感謝しかない。正直、ゴール板過ぎてから、負けたな、というのが第一印象だったが、あとは神様に祈って、勝っていればいいな、と。大外枠がすごい嫌だなと思っていて、出てなりでいこうと思っていた。内(の馬)もみんな出していったので、無理せずにためること重視で。この間のレースで我慢させたのが、今日にプラスになったのかも。でもこんなに伸びるとは。最後に根性を見せてくれました」, (伊藤大士調教師) 秋は菊花賞&天皇賞的中とギアMAXです! 「良い手応えでレースを進めることができました。しかし最後はやはり甘くなってしまいます。この馬としては良く頑張っています」, 7着 タガノディアマンテ(川田将雅騎手) 「障害練習の効果か、折り合いがつくようになった。ただ、この距離は長かった」, 13着 リッジマン(S.フォーリー騎手) 同時公開の3連複も熱い! ──────────────── ◆11/01 カシオペアS 7着:タガノディアマンテ ◎ワイド実績(無料) ワイド3-8的中/3.7倍×3500円 「すべてうまく行きました。休み明けが不甲斐ない競馬だったので、前走は思い切ってやってみようと思っていて、その前走が良い内容の競馬が出来たのが今回生かされて良かった。この馬はキレる脚はないが、バテずにしぶとい脚を持っている。また、東京の広い馬場が合うと思っていた。今後は、脚元が大丈夫だったら、天皇賞を見据えたい。(重賞初制覇に関しては)正直長かった。他の馬でもチャンスはあったけど、、、でも今回は嬉しい」, 2着 メイショウテンゲン(池添謙一騎手) ミライヘノツバサの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 内から先頭に立ったのは、これが最後の重賞騎乗となる四位騎手が騎乗していたメイショウショウブ、その外にモアナ、アマルフィコーストと続く。前半600mの通過が36.0とスローで流れ、馬群が一団となって4コーナーから直線コースへ。 注目されたヴェロックスは、馬場が合わなかったのか直線で全く伸びずに9着という結果に終わっている。, 【WIN5】史上最高払戻金額4億7180万9030円!的中までの票数推移を追ってみた, プロ野球3D一球速報やBリーグ、Jリーグのスタッツデータをはじめ、幅広いジャンルのスポーツコラムが読める!プロアスリートやスポーツビジネス界のトップへの独自インタビューなど無料ですべて楽しめるウェブメディアSPAIA(スパイア)をお楽しみください。. 天皇賞春は10人気で回収率1300%超え。 逃げるメイショウショウブに迫り、早めに先頭に立ったのはプールヴィル。外からメイショウグロッケも迫ってくるが、さらに外から一頭違う脚で伸びてきたのは、サウンドキアラだった。そのまま一気に突き抜け、京都金杯に続いての重賞連勝となった。 「ゴール前で前をカットされるような形になりましたが、最後まで力を出し切ってくれました」, 5着 タイセイトレイル(中谷雄太騎手) 8着:サトノティターン 「一生懸命走っている。いい感じで最後の直線に向いたが、急に止まってしまった」, 10着 ウインテンダネス(内田博幸騎手) // -->,