第03回(1986年) スカイウォーカー 第20回(2003年) プレザントリーパーフェクト ディープインパクトの種牡馬情報。2019年までの種付け料の推移や種付け頭数を掲載。イチオシは2018年の配合相手と幼駒情報。ほかに代表産駒や血統、近親馬などをまとめています。 第36回(2019年) ヴィーノロッソ 第16回(1999年) キャットシーフ 第22回(2005年) セイントリアム 海外幼駒購入83-90 海外幼駒購入91-00 海外幼駒購入01-10 海外幼駒購入11-輸入種牡馬82-90 輸入種牡馬91-00 輸入種牡馬01-10 輸入種牡馬11-輸入繁殖牝馬82-90 輸入繁殖牝馬91-00 輸入繁殖牝馬01-10 輸入繁殖牝馬11-子孫史実馬が多くいる牝馬 過去作 距離適性早見表. そのポテンシャルは秘められたまま。 第27回(2010年) ブレイム 第29回(2012年) フォートラーンド 第35回(2018年) アクセラレート 第26回(2009年) ゼニヤッタ 第31回(2014年) バイエルン 第33回(2016年) アロゲート 第14回(1997年) スキップアウェイ 日本軽種馬協会が運営する国内最大級の競馬情報サイトjbisサーチの、スクリーンヒーローの種牡馬情報:産駒一覧(現役馬)に関するページです。競馬に関する膨大なデータを手軽に検索・入手できます。 P. スミスウィック記念スティープルチェイスステークス、. 近代日本競馬の結晶。 シンボリルドルフ以来となる史上2頭目の、無敗でのクラシック三冠(皐月賞、ダービー、菊花賞)を達成。国内唯一の敗戦はハーツクライの2着となった3歳時の有馬記念。国内でのレースはすべて単勝オッズ1.3倍以下と圧倒的な支持を受けた。 国内に敵なしと挑んだ凱旋門賞は、本来の走りをみせることができずレイルリンク、プライドの両牝馬に差され3着入線。レース後には禁止薬物の投与が発覚し、失格処分となる。 生年: 2002年: 生国: アルゼンチン: 毛色: 鹿毛: 供用開始年 引退又は死亡年: 2008年供用開始: タ イ ト ル 競走馬: 米年度代表馬(2006),米最優秀古牡馬(2006),ウルグアイ三冠(2005) リオンディーズについて 第09回(1992年) エーピーインディ ステイゴールドについて 第10回(1993年) アルカング 第30回(2013年) ムーチョマッチョマン 1400m以下は12戦11勝。  …, ステイゴールド(Stay Gold)の種牡馬情報です。 第05回(1988年) アリシーバ 第15回(1998年) オーサムアゲイン わずか1戦のキャリアで朝日杯FSを優勝し、最優秀2歳牡馬に …, サクラバクシンオー(Sakura Bakushin O)の種牡馬情報です。 第28回(2011年) ドロッセルマイヤー ティズナウ (Tiznow) は、アメリカ合衆国の競走馬、種牡馬である。2000・2001年にはブリーダーズカップ・クラシックを史上初めて連覇し、競走馬として高い能力を示した。2000年にはエクリプス賞年度代表馬に選出されている。同年の3歳牡馬チャンピオン、2001年の古牡馬チャンピオンでもある。, 2000年にサンタアニタ競馬場の未勝利戦でデビュー。このレースでは6着に敗れるが、その後3戦目で初勝利を果たす。次走のG3のアファームドハンデキャップを勝利すると、G1のスワップスステークスへと駒を進める。しかし、ここではキャプテンスティーヴの2着と敗れ、続くパシフィッククラシックステークスでも2着となるなど、なかなかG1には手が届かなかった。しかし、スーパーダービーでは6馬身差で圧勝し、初めてのG1タイトルを手にする。その後G2勝ちを挟み、そのまま勢いに乗ってブリーダーズカップ・クラシックに出走する。このレースでは積極的に先手を取り、最後の直線では欧州からの刺客ジャイアンツコーズウェイとの壮絶な叩き合いをクビ差凌いで優勝する。この競走には他にも、キャプテンスティーヴやフサイチペガサス、キャットシーフ、レモンドロップキッドなどの強豪が名を連ねていたため勝利した同馬の評価を高め、同年のエクリプス賞年度代表馬の選出に繋がった。カリフォルニア産馬、3歳クラシック未出走馬のブリーダーズカップ・クラシックの勝利という点でも、稀有なレースであった。また、この前年には全兄バドロワイヤルがキャットシーフの2着に敗れており、その雪辱も果たす形となった。, 2001年も現役を続行した。G2競走を2戦使った後、サンタアニタハンデキャップを5馬身差で圧勝。しかし、その後は腰を痛めた影響もあったか、3着が続く。引退レースとなったブリーダーズカップ・クラシックでは、前走までやや精彩を欠いていたことや、サキーやガリレオといった欧州の有力馬も出走したことから、4番人気にとどまった。レースは前年と同様に、最後の直線で壮絶な叩き合いとなったがサキーとの競り合いを制し、同レース史上初の連覇(2016年現在で唯一)を達成した。, 競走馬引退後はケンタッキー州のウインスターファームで種牡馬となった。マンノウォー系種牡馬の貴重な繋ぎ手として初年度産駒からエクリプス賞最優秀2歳牝馬フォークロアを送り出した。以後も安定して活躍馬を出している。産駒の特徴として、フォークロアやティズワンダフルのように仕上がりが早い馬、Colonel JohnやDa' Taraのようにクラシック三冠戦線で活躍する馬がいる一方、ティズウェイやウェルアームドのように古馬となってから大成する馬も多い。2013年の種付け料は75,000ドルと高い評価を受けている[6]。また、孫世代も多くの重賞レースを制しており、サイアーラインの継続が危惧されていたゴドルフィンアラビアン、マンノウォー系もティズナウを中心に広まりつつあった。, しかし、2010年代後半に入ると、韓国に輸出された同系のOfficerが成功したことから、Tiz Wonderful、Colonel John、Tizwayと後継種牡馬が立て続けに韓国に輸出された。北米に残留したGemologistやTourist、Strong Mandate、Morning Line(2018年死亡)らは当初種付け数を非常に多く集めたものの成功できず、シェアは急激に縮小しつつある。, 第01回(1984年) ワイルドアゲイン 4歳の天皇賞春で2着となり、以後G1の常連 …. 第17回(2000年) ティズナウ 第11回(1994年) コンサーン 第19回(2002年) ヴォルポニ 第34回(2017年) ガンランナー 第23回(2006年) インヴァソール シンボリルドルフ以来となる史上2頭目の、無敗でのクラシック三冠(皐月賞、ダービー、菊花賞)を達成。国内唯一の敗戦はハーツクライの2着となった3歳時の有馬記念。国内でのレースはすべて単勝オッズ1.3倍以下と圧倒的な支持を受けた。, 国内に敵なしと挑んだ凱旋門賞は、本来の走りをみせることができずレイルリンク、プライドの両牝馬に差され3着入線。レース後には禁止薬物の投与が発覚し、失格処分となる。, 産駒のデビュー当初は早熟マイラーと揶揄されたりしたが、2世代目には早くもダービー(ディープブリランテ)とオークス(ジェンティルドンナ)を制し距離をこなせることを証明した。以後も活躍馬は絶えることなく、種付け料も年々高騰し、遂には4000万円までに達した。産駒はダービー計6勝と父サンデーサイレンスに並んだ。残る世代で父越えを狙う。, 2020年生まれの国内馬はわずかなので、実質的には2019年生まれが最終世代となる。晩年に無敗の二冠馬コントレイルが誕生し、繁殖能力の衰えは全く感じない。繁殖レベルは日本競馬史上最高級。残る世代を楽しみたい。, 注目すべきは3代前母のハイクレア。現役時代はエリザベス女王の所有馬として英仏のクラシックレースの勝利し、伝統あるキングジョージ6世&ダイヤモンドSでも2着(1着は名牝ダリア)の実績がある。, 母ウインドインハーヘアは、日本で一大基礎牝馬にならんとしてその牝系をひろげている。ブラックタイドも種牡馬として成功をおさめ、レディブロンドはダービー馬レイデオロを生んだ。, ディープインパクトは血統からしても晩成のステイヤーといえ、ミスプロ系やダンチヒ系の相手と配合することでスピードと早熟性を補強し、活躍馬を量産してきた。後継馬筆頭のキズナも母父はストームキャットである。切れ味を身上とし、マイルから2400mの基幹距離で圧倒的な実績を残してきた。ダービー馬の多くが3歳夏を越えて失速していくのも特徴といえる。これからは母父としての影響力を注視したい。, リオンディーズ(Leontes)の種牡馬情報です。 第32回(2015年) アメリカンファラオ 日本軽種馬協会が運営する国内最大級の競馬情報サイトjbisサーチの、ダイタクブレインズの繁殖牝馬情報:牝系情報に関するページです。競馬に関する膨大なデータを手軽に検索・入手できます。 第02回(1985年) プラウドトゥルース 第18回(2001年) ティズナウ 内国産サンデーサイレンス産駒、初の海外重賞勝利 サクラバクシンオーについて 第07回(1990年) アンブライドルド 第24回(2007年) カーリン, 第25回(2008年) レイヴンズパス ダイタクリーヴァ は日本の競走馬、種牡馬である。 競走馬時代に中央競馬で京都金杯2勝など重賞競走5勝を挙げた。 半弟は中長距離重賞で活躍し重賞3勝のダイタクバートラム、伯父にマイルチャンピオンシップを2勝したダイタクヘリオスがいる。 日本軽種馬協会が運営する国内最大級の競馬情報サイトjbisサーチの、ダイタクブレインズの繁殖牝馬情報:牝系情報に関するページです。競馬に関する膨大なデータを手軽に検索・入手できます。 第06回(1989年) サンデーサイレンス ティズナウ (Tiznow) は、アメリカ合衆国の競走馬、種牡馬である。 2000・2001年にはブリーダーズカップ・クラシックを史上初めて連覇し、競走馬として高い能力を示した。 2000年にはエクリプス賞年度代表馬に選出されている。 同年の3歳牡馬チャンピオン、2001年の古牡馬チャンピオンでもある。 第21回(2004年) ゴーストザッパー 第04回(1987年) ファーディナンド ダイタクリーヴァ[1]は日本の競走馬、種牡馬である。競走馬時代に中央競馬で京都金杯2勝など重賞競走5勝を挙げた。半弟は中長距離重賞で活躍し重賞3勝のダイタクバートラム、伯父にマイルチャンピオンシップを2勝したダイタクヘリオスがいる。, デビューは1999年の11月で、安藤勝己を鞍上に勝利を挙げる。このときの2着馬はエイシンプレストンであった。次走の白菊賞(500万下条件戦)は2着だったものの、北九州3歳ステークス(平年開催では中京3歳ステークスにあたる)に勝利すると、明けて2000年のシンザン記念、スプリングステークスと3連勝を飾る。そして皐月賞では単勝1番人気に支持されるもエアシャカールのクビ差2着に敗れる。一度はNHKマイルカップに進むと発表されたが最終的に東京優駿(日本ダービー)に出走。2番人気に支持されたが、距離延長でまったく動けず12着と初めての惨敗を喫した。, 秋はマイル路線に目標を定め、富士ステークスで3着のあと、マイルチャンピオンシップに駒を進めるが、当日のレースで主戦騎手の高橋亮が落馬負傷。急遽安藤勝己への乗り替わりが発表されてから、急に人気が上がり最終的に1番人気となる珍事もあった。レースでは最短距離を通り内から抜け出したが、ゴール前でアグネスデジタルの強襲に遭い2着惜敗。次走の鳴尾記念では松永幹夫に乗り替わって勝利。2001年の京都金杯ではアグネスデジタルに雪辱を果たすが、次走の中山記念で3着に敗れ、のちに左前脚の骨折が発覚する。, 復帰した同年の秋は前年と同じローテーションで臨み、河内洋を鞍上に迎え、まず富士ステークスで2着。マイルチャンピオンシップでは1番人気に推されるが、スタートで出遅れ、第4コーナーも大外を回るロスが響き9着と惨敗。鳴尾記念では武豊の騎乗で2着に入り、翌2002年の京都金杯を史上初となる連覇で勝利する。しかしその後は精彩を欠き、安田記念17着惨敗後、レース中に屈腱を断裂していたことが発覚し、引退を余儀なくされた。, 引退後、フジキセキの後継種牡馬として、2003年から門別町のブリーダーズ・スタリオン・ステーションに繋養された。なお、本馬はサンデーサイレンスの孫で、かつ重賞勝ち馬のなかでは、最初に種牡馬入りした馬である。ちなみにもっとも早く種牡馬入りしたのは2002年に種牡馬入りし、同年限りで繁殖も引退した同じフジキセキ産駒のキタイである。, 初年度産駒は2006年にデビュー。2年目産駒のブライティアパルスが2010年のマーメイドステークスを制して初の中央競馬重賞勝ち馬となった。, 2007年、この年の種付けシーズン終了後の10月31日に日高軽種馬農協 (HBA) 門別種馬場に移動した。2010年の種付けシーズン終了後、この年いっぱいで門別種馬場が閉鎖されるのにともない、ブリーダーズ・スタリオン・ステーションにふたたび移動。2013年はむかわ町の個人牧場で、2014年からは太平洋ナショナルスタッドで繋養されていた[2][3]が、2017年8月31日に死亡した。, http://www.jbis.or.jp/topics/stallion/?year=2014&x=25&y=7, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ダイタクリーヴァ&oldid=75211430. レッドラルジュの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 第37回(2020年) オーセンティック, Cecilia Straub-Rubens, co-owner of Tiznow, Dies, WinStar announces 2021 stallion roster and fees, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ティズナウ&oldid=80094363, 共同馬主であるセシリア・ストラブ・ルーベンスは、ティズナウのブリーダーズカップ・クラシック勝利を見届けた直後、84歳でこの世を去った, Mr.Hot Stuff(A. 第12回(1995年) シガー, 第13回(1996年) アルファベットスープ 国内産の馬の中では歴代トップの性能を誇る強さ。2016から連勝街道が追加された。史実通りのローテだと金リターンには僅かに足りないので宝塚記念出走もしくは海外遠征を。2017ではホープフルsがg1になったので2歳の目標で狙うのも手。 第08回(1991年) ブラックタイアフェアー
2020 ダイタク リーヴァ 産 駒