オバマ大統領の就任演説を英語で聞いて読む 彼がアメリカ大統領となって訴えたこととは? 2009年1月20日にワシントンで行われたオバマ大統領の就任演説(Inaugural Speech)のスピーチ全文、日本語訳、解説を紹介します。 演説の内容は、練りに練った内容なので、英語習得には非常によいツールです。 しかしまず音声を聴いて、「だめだ、こりゃ」とあきらめて しまった人もいるかもしれません。 演説は、普通の会話やニュースキャスターが話すスピードに いくつかの例外を除いて、アメリカ大統領はいつも演説が上手です。その中でも、第44代アメリカ大統領、バラク・オバマ(Brack Obama)さんの演説は特別といわれています。英語の生きた教材としては、一級品の価値を持っているといえるでしょう。 オバマ大統領の最後の演説が、昨晩ありました。本日、アメリカのニュースの中心は、そのスピーチについてです。さすが!なスピーチでした。折角なので、日常生活でも普通に使われる表現をいくつか紹介したいと思います。
2020 オバマ 演説 英語学習