年末年始は東京ドームシティでウルトラマン体験! 『ウルトラヒーローズEXPO 2018 ニューイヤーフェスティバル IN 東京ドームシティ』, “16歳・濱田龍臣「僕の幼稚園の頃の夢」ベリアルの息子「ウルトラマンジード」に抜てき”, http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170426-OHT1T50291.html, “「龍馬伝」で龍馬の幼少期を演じた9歳の濱田龍臣、大好きな「ウルトラマン」出演にやった!”, “【速報!! ウルトラマンレイガ ジードを含む11人のウルトラマンが融合した戦士。 ウルトラマンゼット デルタライズクロー 登場怪獣・宇宙人・ヒーロー. 願い! データカードダスオリジナルフュージョンライズ形態、『ウルトラマンジード ムゲンクロッサー』登場!! !マチャアキ - 笑ってポン! 久々のM78星雲直結『ウルトラマンジード』は新旧ファンが楽しめる仕掛け満載! 登録日:2020/10/11 (日曜日) 00:49:00 更新日:2020/10/28 Wed 04:24:08NEW! そのこともあり、媒体によってはウルトラマンたちに共通する呼称として、ウルトラ ... ガルネイドバスター ウルトラハリケーン : ルナミラクルゼロ: ミラクルゼロスラッガー フルムーンフェーブ パーティクルナミラクル: シャイニングウルトラマンゼロ: シャイニングエメリウムスラッシュ シ - Legend of Galaxy 〜銀河の覇者 - Starlight - 英雄の詩 - TWO AS ONE - Project DMM - voyager, TBS - NHK - 日本テレビ - 毎日放送 - CBC - BS11 - テレビ東京 - tvk - チバテレ - テレ玉 - サンテレビ - メ〜テレ - フジテレビ - WOWOW, タケダアワー - TBS金曜7時枠の連続ドラマ - TBS系列水曜夜7時台枠のアニメ - TBS水曜7時枠の連続ドラマ - 毎日放送制作土曜夕方6時枠のアニメ - テレビ東京平日夕方6時枠のアニメ(アニメ530), うるとら7:00 - 情報局 - すべて - 検定 - テレマガ - てれびくん - チャイヨー - レッドマン - ハッチャキ! 願い! データカードダスオリジナルフュージョンライズ形態、『ウルトラマンジード ブレイブチャレンジャー』登場!! *2 カブラギがガンQとレイキュバスのメダルを手に入れる為にそれらの細胞を探し求めていた事を考えると、ウルトラメダルを作るには該当する生命体の細胞や使うか本人から直接力を分け与えてもらう必要があると思われる。即ち、ベリアルがいなければメダルも作ることは出来ないのである。デビルスプリンターは不純物でも多いのか、はたまたレイブラッドの要素も強いのか、これだけでベリアルメダルを製作出来なかったので、リクのベリアル因子を狙っていた訳である。なお、精製時にデビルスプリンターも混ぜたせいか、黒縁のメダル=怪獣扱いされている。, *3 それを示すかの様にメダルリード完了後の効果音がノイズが走った様な音となり、他のゼットライザーでの変身形態と若干異なる。, *4 強いて言えば胴体のモールドがアトロシアスの肋骨をモチーフにしているように見えるぐらい。, *5 どちらもグリーザ第二形態の撃破に成功している為、あちらも「宇宙の穴を縫う針」だったのでは?という考察がファンの間でなされている。, *6 当初ゼットはただの武器と思っており「速やかに抜きやがりなさいよぉ!!」と力づくで引き抜こうとしたが、ハルキはベリアロクを「これから一緒に戦う仲間」として受け入れ挨拶し、「宇宙の穴を斬る」という目標をしっかり伝える事でなんとか引き抜くことに成功した。, *7 あちらはギンガ・ビクトリー・エックス・オーブ・ジード・ロッソ・ブル・グリージョのニュージェネレーション勢とタイガ・フーマ・タイタスの11体。ただし、各ウルトラ戦士の力の源となる戦士も含めればそれ以上(ギンガ、ビクトリー、エックスおよびティガは二つ分と言え、ルーブ誕生に必要な面子等も含めるとさらに……)。, …と、錚々たる顔ぶれと凄まじい数の宇宙人やウルトラマンの力が結集して誕生に至っている。, ベリアロクのスイッチを3回押すことで発動する、ベリアロクを用いた技の中では最大の威力を誇る必殺技。, ベリアロクの輝きに導かれハルキもベリアロクの扱い方を把握。3人の意志が一つになったことで放たれたデスシウムスラッシュによりグリーザは爆散。, 先述した通りゼロとベリアルのメダルは強化形態の物を使っているのに対し、ジードのメダルだけ基本形態であるプリミティブのままであるが、, 画像出典:ウルトラマンZ(2020年6月20日~) 第15話「戦士の使命」 第17話「, 項目乙。ベリアロクはエクスラッガーに似てるけど、デザインだけで玩具の金型自体は完全新規です。 -- 名無しさん (2020-10-11 00:53:33), 陛下の親バカ説がだんだんマジになってきた…ジード以外で拒否反応なかったのセレブロだけだぞ陛下の力使うやつで -- 名無しさん (2020-10-11 01:03:11), 黄金の嵐で息子のいるラスボス…DIO様かな -- 名無しさん (2020-10-11 07:19:58), ジードだけ絵柄変わんないっていうのはまぁ大人の事情なんだろうけど、穿った見方すると基本形態の時点で最強クラスのウルトラマンの強化形態に匹敵できるポテンシャル持ってるってスゲーなりっくん先輩 -- 名無しさん (2020-10-11 08:39:07), そら陛下自慢の息子ですから -- 名無しさん (2020-10-11 09:02:36), プリミティブ自体がフュージョン形態だしでギャラクトロンMk2にトドメ刺してるしプリミティブのままでも悪くないんじゃないかな -- 名無しさん (2020-10-11 09:15:31), あーそっか”原始的”な姿のプリミティブだからこそジードの力を最も反映しやすいっても考えられるな。くんぱいの成長次第でそのうちプリミティブが最強形態になったりするのかしら -- 名無しさん (2020-10-11 09:22:28), タグにゴリライズあって草w -- 名無しさん (2020-10-11 09:26:06), そもそもベリアルの遺伝子宿しといてベリアルの力を使うプリミティブ(もしくはロイメガ)以外でジードとしての力を最大限に反映できる形態って無いような気がする -- 名無しさん (2020-10-11 09:36:33), ウルティメイトファイナルも一応リク自身の力だけどギガファイナライザー介してるから純粋なリク自身の力じゃないしね。(ただデルタライズクローのカラーリング的にウルティメイトファイナルの要素がない訳ではなさげ。ウルティメイトファイナル寄りのプリミティブ?)マルチレイヤーやプルーフを発動したのもプリミティブだし、プリミティブが1番リク自身の力に近いんだろうね -- 名無しさん (2020-10-11 09:46:36), ハルキとゼットが光のもの過ぎて素でベリアルを完全に抑え込めてるの笑うわ。サンブレの時のガイさんとかは多分長年の戦いで闇の恐ろしさを知ってるからこそベリアル分が強く出たんだろうし、若さと純粋さが前に出たというかなんというか -- 名無しさん (2020-10-11 10:51:18), この形態の誕生経緯のおかげで、ベリアロクはジードとグリーザの子供だの、デルタライズクローは助産師だの、いろいろ言われることに -- 名無しさん (2020-10-11 11:09:47), メダル借りパク形態 -- 名無しさん (2020-10-11 11:15:37), ↑当のセレブロがカブラギの体を借りパクしているので完全にブーメランである -- 名無しさん (2020-10-11 11:20:33), 情報公開時に「さらし首」、「光の国の論理感を疑う」、「リクの願いはなんだったんだ」なんて言われてたベリアロクだけど、児童誌情報でベリアルとはイコールじゃないって知ってからは「はやく登場しないかな~♪イコールだと思ってる奴らなんて言うかな~♪」ってニヤニヤしてた。 -- 名無しさん (2020-10-11 11:39:27), ってか力借りてる人数の記述いる?結構無理矢理な理屈だしその理屈で言うと結局レイガが歴代最多になるんだけど。 -- 名無しさん (2020-10-11 11:43:23), デルタライズクローの名前の由来って、ゼロビヨンド、ジード、ベリアルアトロシアスの三体がジードライザーでフュージョンライズしたからかな? -- 名無しさん (2020-10-11 11:45:15), もしかしたらフュージョンライズとネオフュージョンライズとデモニックフュージョンの3種類が含まれてる事もあるかもしれない -- 名無しさん (2020-10-11 16:46:18), ↑3 別にあっても良いだろ -- 名無しさん (2020-10-11 17:30:14), ビヨンドとアトロシアスに関してはあくまでパワーアップしたことを示してるだけでニュージェネ達やエンペラ星人達の成分が入ってるかは微妙なところではあるか -- 名無しさん (2020-10-11 17:45:03), ↑続き 快く渡してくれた相手から借りパク野郎呼ばわりされるとは思わなんだ -- 名無しさん (2020-10-11 19:33:29), ↑×8 気持ちはわかるけど正直言って引くのでそれ言わないでくれる…? -- 名無しさん (2020-10-11 20:08:15), なんでクローなんだろう。別にツメ攻撃が得意とかじゃないのに -- 名無しさん (2020-10-11 21:13:51), いろいろ苦労しているからでは・・・ -- 名無しさん (2020-10-11 22:01:40), ジードクローもあるしベリアルもベリ銀で爪攻撃使ってたし -- 名無しさん (2020-10-12 03:07:34), デスシウム歯磨きがどこで出てくるのか気になる -- 名無しさん (2020-10-12 07:51:39), 父:ジード 母:グリーザの魔剣ベリアロク -- 名無しさん (2020-10-12 08:45:06), 名乗り口上はこの前の回が初めてだけど記載は大丈夫なのかな?1週間ルールだと -- 名無し (2020-10-12 09:25:05), しかし、ベリアロクのおかげでエクスラッガーの正体もぼんやり見えてきたな エックスが太陽に叩き落としたときにグリーザに混ざったエックスの因子と大地の父母と大地の願いが生み出した宇宙の縫い針がエクスラッガー…だったりして -- 名無しさん (2020-10-12 10:44:47), エックスラッガーだけだとグリーザにボコられまくってたあたりベリアル因子ってやっぱり強いな -- 名無しさん (2020-10-12 12:13:01), 名乗り口上の初出は15話直後のオンライン座談会だから問題ないよ。 -- 名無しさん (2020-10-12 12:15:00), 余所の連中の力を借りてパワーアップした連中の力を借り…を繰り返した結果総合メンバー数がえらいことになっているという笑い話。それだけ過去作品由来のコレクション玩具商法を毎年繰り返してきたって証拠でもある -- 名無しさん (2020-10-12 15:18:09), ↑コレクション玩具商法しないと子供に売れない情勢なんだから仕方ない、単体かつスイッチ1つで変身の時代は終わったんだよ -- 名無しさん (2020-10-13 14:26:22), 力の一端とか言い出したらそれこそレイガがブッチギリで上回らないか(主にギンガビクトリー・ベータスパークアーマー・オーブトリニティ) -- 名無しさん (2020-10-13 14:32:48), ↑2 実際昔のウルトラ系変身玩具なんてどれも似たり寄ったりの光って鳴る懐中電灯でプレイバリューもクソもなかったからな。造形をはじめとする出来の善し悪しとはまた別に純粋におもちゃとしてつまらない。そういう視点から見るとゼットライザーはここ最近でもかなり幅があって面白い部類 -- 名無しさん (2020-10-13 17:05:37), さりげなく混ざるマン兄さん -- 名無しさん (2020-10-13 18:55:47), 発表当時にビジュアルで槍玉に挙げられてたベリアロクだけど、よくよく考えるとウルトラマンの体の一部をモチーフにしたアイテムが出ることはウルトラ界隈で割りとあることだからそこまで問題とは思わなかったな。顔面のモチーフだとダイナのリーフラッシャーとかあるし。 -- 名無し (2020-10-13 20:23:11), ↑流石に本人の変身アイテムと他人(敵対勢力)の武器とでは別じゃないの。どっちかって言うとエックスだかが怪獣の一部を武器として装備してたのが近いと思う。 -- 名無しさん (2020-10-15 20:50:01), ベリアロクほどまんまなブツは普通に珍しい。もっというと悪の権化のラスボスキャラを100%剣に化けさせたような最終武器なんてヒーロー販促史上空前絶後の発明だと思う -- 名無しさん (2020-10-15 23:13:57), ベリアロク見て白虎神剣っぽいと思った -- 名無しさん (2020-10-17 13:27:32), ↑ミス もうなんかべリアロクだけのページが必要なレベルでキャラが濃いぞww列伝の陛下見てる気分になってきたわ -- 名無しさん (2020-10-17 13:48:59), セレブロがメインかと思いきやジャグジャグが主役、そう思っていた時期が俺にもありました -- 名無しさん (2020-10-18 10:30:36), ベリアルに散々苦労させられたゼロが見たら、事情が判明するまで捨てろそんなもんとか言いそうだな -- 名無しさん (2020-10-24 13:00:56), α(αエッジ)、β(ベータスマッシュ)、γ(ガンマフューチャー)、そしてΔ(デルタライズクロー)が出たってことは、イプシロンもあるかな?(ボトムズのPSではありません) -- 名無しさん (2020-10-25 14:52:01), そもそもハルキとゼットは既に悩み終えてるからガイさんみたいにならずに済んでるのでは おかけで超体育会系的解決をみたけども -- 名無しさん (2020-10-28 04:24:08), バラバに苦戦してたのはベリアロクがあくまでグリーザ特攻だったからなのかな…? -- 名無しさん (2020-10-31 18:46:26), なんというか強いのは間違い無いけどグランドジオウみたく状況や相手に恵まれずイマイチ戦績が微妙な気がする... -- 名無しさん (2020-10-31 18:51:10), バラバがヤプールブーストで強かったのもあるがやっぱゼットの経験の浅さがあったと思う、エースは武器折られても冷静に対処してるし -- 名無しさん (2020-10-31 19:10:46), ベリアロクの記事あるし、ベリアロクの部分はリンクでよくない? -- 名無しさん (2020-10-31 21:44:22), 辻本監督「光の呼び捨て」 -- 名無しさん (2020-11-01 09:47:57), ↑5いやアレはバラバが強すぎる。主に立ち回り的な面で -- 名無しさん (2020-11-03 18:03:44). - 帰マン(DAICON FILM版) - スーパー特撮大戦2001- SVS - TANK!3 - 巨影都市 - 怪獣擬人化計画, 円谷プロ - 円谷エンターテインメント - バンダイ - バンダイナムコグループ - ナムコ - バンダイナムコエンターテインメント - プレックス - バンダイビジュアル - マルサン商店 - ブルマァク - マーベル・コミック, 第10話監督の冨田卓は、ザンドリアスが登場することから『80』の先生編を意識し、モアの恋愛観は中高生程度と解釈している, 『超全集』によれば、自身に変身能力はなく、ベリアルから授与された怪獣を操る能力を応用して怪獣カプセルの力を取り込みベリアル融合獣にフュージョンアップしている, ペダニウムゼットンがジードの必殺技を受けて爆発した際、ケイの体内に埋め込まれていたウルトラカプセルは周囲に散逸したが、後にリクたちによって回収される。, Blu-ray『ウルトラマンタイガ Blu-ray BOX II』(バンダイビジュアル BCXS-1490)封入 SPECIAL NOTE(構成・執筆:トヨタトモヒサ), Blu-ray『ウルトラマンタイガ Blu-ray BOX I』(バンダイビジュアル BCXS-1489)封入 SPECIAL NOTE(構成・執筆:トヨタトモヒサ), 仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー, “主人公はベリアルの息子!新TVシリーズ『ウルトラマンジード』テレビ東京系2017年7月8日(土)あさ9時より放送スタート!主演:濱田龍臣×シリーズ構成:乙一×メイン監督:坂本浩一”. - 帰マン(DAICON FILM版) - スーパー特撮大戦2001- SVS - TANK!3 - 巨影都市 - 怪獣擬人化計画, 円谷プロ - 円谷エンターテインメント - バンダイ - バンダイナムコグループ - ナムコ - バンダイナムコエンターテインメント - プレックス - バンダイビジュアル - マルサン商店 - ブルマァク - マーベル・コミック, そもそもウルトラセブンの身長が「ミクロ~40m」とされている等、少なくとも設定身長の範囲内では自在に大きさを変える事が可能。, ウルトラマンジャック(帰ってきたウルトラマン)及びほかのウルトラマンとの区別のため、このように呼ばれる。, 『ウルトラマンティガ』では円谷英二が召喚した別世界のウルトラマン(人間体:なし)が登場。, 5000年前にバラージの町に出現し、青い石を持つ石像が残されていたウルトラマン。ウルトラマンに似た姿をしている。初めて地球に飛来したウルトラマンであるゾフィー、ウルトラマン本人、ウルトラマンの先輩、(他にもウルトラマンマックス、ウルトラマンノア)といった説がある。なお、漫画『ウルトラマンSTORY0』(真船一雄)には古代のバラージにゾフィーが飛来し、アントラーを撃退している。, 『ウルトラセブン』第48・49話(最終回)で、セブンに忠告をしたウルトラマン。セブンとほとんど同じ外見をしている。『怪獣・怪人大事典』をはじめとした昔の児童誌では、「, 北斗と南に分離憑依。南が月星人の仲間の元に去った(第28話)後は、北斗の単独変身となる。, ウルトラマン、ゾフィー、セブン、ジャック、エースの5兄弟と合体してスーパーウルトラマンに変身できる。, 3000年前に出現したというウルトラマン。ウルトラマン80に似たシルエットをしており、スーツは80のスーツにスコッチライトテープを貼り付けた物。劇中で80=矢的猛が「, 古代のアメリカに出現し、隕石からパワードテレスドンを操る地底人の「太陽の民」を救ったと言われるウルトラマン。詳細不明。, 最終回では邪神ガダノゾーアの手で石像となったティガにヤナセ・レナとウクライナの少女カチュアなど世界中の子供達(主に日本人)が光となってティガになり、復活した瞬間だけ金色に輝いているが、戦闘時は120mというサイズ以外はマルチタイプと全く同じ外見である。劇場版『, ウルトラマンティガと共にティガのピラミッドで眠っていた2体の巨人。巨人像の姿のままで破壊されたため、詳細不明。ティガがタイプチェンジ能力を持ったのはこの2体の巨人の力が宿ったためとされる。彼らの残骸である砂塵「アーク」は研究資料としてTPCに回収され、後にマサキ・ケイゴ(イーヴィルティガ)の研究やF計画(人造ウルトラマン計画)で重要な役割を果たした。, 互いに争い合い滅んだ超古代の巨人たち。スーツはすべてダイナ3タイプの顔や身体に手を加えたもので、ティガのプロテクターを肩や脇腹、腰に張り付けて差別化している。劇場版『ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY』で一度は力が尽きかけたティガに光を与えた(崩壊した石像にはグレート、パワード、アグル、アストラ、ウルトラの母、テラノイド、エースなどに似た石像がある)。, ミラクルナモードを経て力を取り戻し、ルナモードに戻ったコスモスが最後に使用した技なので、厳密にはルナモードの必殺技である。, ウルトラマンコスモスとウルトラマンジャスティスが合体して一体のウルトラマンになった姿。, 西条凪だけは、「ジュネッス」が不明である(石堀光彦に光を奪われる直前しか変身していないため)。なお、凪に関してはピクトリアルにおいて「闇に取り込まれ、ダークザギ(その時点では脚本上の設定が異なる模様)に変身する」という旧設定が存在することが記されている。, 雑誌展開と異なり、TVではウルトラマンネクサスの最終形態となっている。雑誌展開ではデュナミスト(適能者)が登場していない。, 4000年前に滅びた中央アジアの王国「バラージ」の遺跡で眠っていた「バラージの青い石」を持つ石像に残されたウルトラマン。姿は初代ウルトラマンではなくウルトラマンマックスに似た姿である。, メビウスとヒカリとCREW GUYS隊員(アイハラ・リュウ、カザマ・マリナ、イカルガ・ジョージ、アマガイ・コノミ、クゼ・テッペイ)が合体した姿。, 『ウルトラヒーローバトル劇場 第18弾』にて、ストロングコロナの状態でウルティメイトゼロになった姿。, 『ウルトラゼロファイト 第1部「新たなる力」』にて、触角宇宙人バット星人グラシエによって恨みのテクターギアを装着させられた姿。, 『ウルトラヒーローバトル劇場 第15弾』にて、ベリアルによってテクターギアブラックを装着させられた姿。, ウルトラマンゼロとウルトラマンダイナとウルトラマンコスモスが合体して一体のウルトラマンになった姿。, この変身器具はスパークドールズ化した怪獣や魂を持たないウルトラ戦士にも変身可能である。, スーパーグランドキング(SD)に変身(ダークライブ)した石動 美鈴を救出する際、彼女がヒカルと共に一体化している。, ウルトラマンギンガではなく、変身者の礼堂ヒカルが使用する。ウルトラマンタロウ(SD)が変化したアイテム。, ストリウム光線、M87光線、スペシウム光線、ワイドショット、ウルトラショット、メタリウム光線等, ウルトラマンタロウ(SD)は魂を持つので変身者はなく、降星小学校の卒業生達が生み出した複数のギンガライトスパークの力で実体化した姿。, この変身器具は怪獣のスパークドールズをライブすると「ウルトランス」という怪獣の一部を模した武器になる。, ゼペリオン光線、ソルジェント光線、フォトンエッジ、メビュームシュート、ワイドゼロショット等, ヒカルとショウの心が一つになった時に誕生する新たなウルトラマン。ウルトラマンギンガとウルトラマンビクトリーが合体した姿。, ウルトラヒーロー クリスマスファミリーブッフェ 2015ではウルトラマンネクサスのサイバーカードを使って装備している。, この変身器具はサイバーカードで怪獣やウルトラマンの鎧を纏うモンスアーマー、サイバーアーマーの能力がある。, ジードライザーから放出されるエネルギーで初期変身を遂げた素体となる姿。カラータイマーの形状以外にウルトラマンベリアル(アーリースタイル)とほぼ差異はない。, ウルトラマンタイガとタイタス、フーマ、ギンガ、ビクトリー、X、オーブ、ジード、ロッソ、ブル、グリージョの11人が合体した姿。, 初代がセザル、2代目がゾフィー、3代目の現アンドロメロスがセザルの息子ブノワである。, ウルトラ兄弟が合体して新たなウルトラマンになるという後のレジェンド、メビウスインフィニティ、サーガのような存在。, 目やつま先が尖っており、身体に黒いラインが入っているのが特徴。メビウスは初代マンより本物に近い。, 変身するウルトラマンと全く同じ姿へと変身する上に、ボディの装飾品もコピーしているため一切見分けがつかない。, このババルウ星人はただの田舎者で善人だったが、雇い主のザゴン星人にどんな善人でも邪な心を宿す「邪」と書かれた「ヨコシマフラー」を巻かれている。掛け声は「ジャァー」。, モンスアーガーIIを倒す際にはフラッシュタイプ、本物ダイナと戦う際にはミラクルタイプに化けた。目の下に黒い隈のような縁取りがあり、フラッシュタイプは爪先がとがっている以外全く同じだがミラクルタイプには身体に黒と金のラインが追加されている。, スーツはアグルV1のリペイント。目がピンクがかった色で、黒いラインがガンメタルになっている。, 変身するウルトラマンオーブ スペシウムゼペリオンと全く同じ姿へ変身する。味方・善人になってしまった偽物。, 実は孤門一輝と初めて会話したその晩に家族をノスフェルに、自身も溝呂木眞也に殺されていた上に自覚もないまま、溝呂木眞也の傀儡(操り人形)としてネクサスやナイトレイダーと死闘を繰り広げていたことが11・12話で判明。, SR(サロメロボ)タイプのウルトラ兄弟(セブン、マン、ゾフィー、ジャック、エース、レオ)は量産化されている。, ダークロプスのプロトタイプ。ゼロと違い、赤の一つ目を有する。鎧を装着していた時のテクターギアブラックはテクターギア・ゼロに似ているが、鎧の色と発光した目の色が異なる。, スーツは、本作より前には公演の銀座博品館劇場『ウルトラヒーローバトル劇場 第5弾』・『ウルトラヒーローバトル劇場 第10弾』・『ウルトラヒーローバトル劇場 第12弾』において登場した, ジャックのウルトラブレスレットのように「キラープラズマランス」、「キラープラズマディフェンダー」などに変形できる万能武器。, Vシネマ『ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ』にてレイモン (バーストモード)で登場。, #『ウルトラセブン』 / 『平成ウルトラセブン』 / 『ULTRASEVEN X』, 渋谷に超巨大怪獣が突如出現して超絶リアルなウルトラマンが街を大破壊しながら戦う円谷公式ムービー「ULTRAMAN_n/a」がすごすぎ - GIGAZINE, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ウルトラマン一覧&oldid=80337586, 必殺技:グラニウム光線、ウルトラスライサー、ウルトラ・シンクロビーム(チャック、ウーマンベスとの合体技), アニメ本編の3DCGとアトラクション用スーツではデザインが若干異なり、前者の身体の各所に細く引かれている(アップ時に確認できる)黒いラインは後者では省略されているため、より初代ウルトラマンに似た姿となっている。, 容姿はアトラクション用スーツに準拠しており、リブットブロッカーも防具として用いている, 主な必殺技:アンドロビーム、グレートスパークレイランサー、スパークハイパー、グランビーム、グランフリーズ, 使用武器・道具:ダブルサーベル(強力ダブルサーベル)、ダブルランサー(強力ダブルランサー)、コスモクロス、グランテクター、キングサーベル, 主な必殺技:フロルスパーク、アンドロビーム、レーザーショット・グランファイナル(アンドロ超戦士の合体技), 必殺技:スペシュッシュラ光線、ウルトラかかと落とし(ゼアス・ヒールクラッシュ)、クロス・スペシュッシュラ光線, 変身器具:ナイスドリーマー(厳密にはその内部に収納されているチョコボール、シークレット・チョコ)(企画:ドリームスター), 初稿では決定稿となったもののベースとなった初稿1の他にトリプルファイターやAnotherティガをベースにデザインされたものも存在しているが、人が入ることを想定して描かれていなかったが、初稿1をベースに人が入ることを前提にデザインしたものが決定稿となった, 闘士ウルトラマンメビウス/メビウスバーニングブレイブ/メビウスブレイブ/メビウスインフィニティ, ULTRAMAN SUIT Ver.7(7.0、7.1、7.2、7.3、7.4、7.5)(装着者:諸星弾), ウルトラ・オペレーションを施されたヴェンダリスタ星の小動物。ヴェンダリスタ星人キップが憑依。, 得意技:カミーラウィップ、アイゾード、デモニックチェンジ(闇黒魔超獣デモンゾーアに変貌), 主な必殺技(得意技):ベリアルジェノサンダー、ベリアルショット、百体モンスロード(百体怪獣召喚), 必殺技:ダークオリジウム光線、ダークストビュームダイナマイト、オーブダークロックカリバー、オーブダークインフェルノカリバー、オーブダークアイスカリバー, 必殺技:トレラアルティガイザー、トレラケイルポス、イスキュロス・イーバ、オプトダクリス、トレラ・スラー、ギアギダージ、イスキュロス・ダイナミス、トレラアルディガ、トレラ・パンタスマ、トレラテムノー, 登場作品:『ウルトラヒーローバトル劇場 第5弾』、『ウルトラヒーローバトル劇場 第10弾』、『ウルトラヒーローバトル劇場 第12弾』, 登場作品:『CRぱちんこウルトラマンタロウ〜戦え!!ウルトラ6兄弟〜』、『ぱちんこウルトラマンタロウ 暗黒の逆襲』、『ぱちんこウルトラバトル烈伝 戦えゼロ!若き最強戦士』、『, 登場作品:『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』、『ウルトラマンゼロ外伝 キラー ザ ビートスター』、『ウルトラゼロファイト』、『ウルトラマン列伝』、『新ウルトラマン列伝』, 登場作品:『ウルトラマンゼロ外伝 キラー ザ ビートスター』、『ウルトラゼロファイト』、『ウルトラマン列伝』、『新ウルトラマン列伝』、『. !マチャアキ - 笑ってポン! !』公開記念 濱田龍臣・小澤雄太インタビュー, 久々のM78星雲直結『ウルトラマンジード』は新旧ファンが楽しめる仕掛け満載! Fighting Evolution - バトルコレクション - コンパチ - 大怪獣ラッシュ - フュージョンファイト! 『ウルトラマンタイガ』は、2019年7月6日から12月28日にかけてテレビ東京系列で毎週土曜 9:00 - 9:30 (JST) に放送された、円谷プロダクション制作の特撮テレビドラマ、および作中で主人公が変身する巨大変身ヒーローの名称 。 - Legend of Galaxy 〜銀河の覇者 - Starlight - 英雄の詩 - TWO AS ONE - Project DMM - voyager, TBS - NHK - 日本テレビ - 毎日放送 - CBC - BS11 - テレビ東京 - tvk - チバテレ - テレ玉 - サンテレビ - メ〜テレ - フジテレビ - WOWOW, タケダアワー - TBS金曜7時枠の連続ドラマ - TBS系列水曜夜7時台枠のアニメ - TBS水曜7時枠の連続ドラマ - 毎日放送制作土曜夕方6時枠のアニメ - テレビ東京平日夕方6時枠のアニメ(アニメ530), うるとら7:00 - 情報局 - すべて - 検定 - テレマガ - てれびくん - チャイヨー - レッドマン - ハッチャキ! 久々のM78星雲直結『ウルトラマンジード』は新旧ファンが楽しめる仕掛け満載! もしレイガがいなければ間違いなく詰んでいただろう。 ... そうしてタイガがパワーアップしたニュージェネレーション全ての力を持つ ウルトラマンレイガ には全ての攻撃を軽く弾かれ、レイガ・アルティメットブラスターを正面から受け爆発四散した。 ウルトラマンルーブ、ルーゴサイト、ウルトラマングルーブ、ウルトラマンレイガ: 輝: ウルトラマンオーブ ゼペリオンソルジェント: 絆: ウルトラマンオーブ スペシウムシュトローム: 聖: ウルトラマンレジェンド、ウルトラマンキング、ウルトラマンサーガ また、2013年に円谷プロにより円谷プロ50周年企画として実施されたウルトラ怪獣総選挙並びにウルトラヒーロー総選挙にて放送後17年経ってもその人気は健在である[13]。, 地上が闇で覆い尽くされていた超古代の地球に宇宙の何処からともなく現れ、闇の魔神を倒した光の巨人[39]。, 闇の魔神たちから人々を救った後は、魂と肉体を分離させ本来の光の姿となって星雲へと帰り[ep 1]、肉体を山の奥深くに隠されたピラミッドの中で石像に姿を変え、長い眠りについていた[39]。それから3000万年の時を経て、GUTS隊員のマドカ・ダイゴと一体化して復活を遂げた[ep 1]。, またティガの存在は「人々の願いに光が応え、この地上に遺わす地球の守護神であり、全ての人の中にも宿る神聖なる魂の光[39]。その人の光と石像の巨人が一体となり、光の巨人は誕生する」とされている[39]。, 「ティガ(TIGA)」にはマレー語、インドネシア語で聖なる数字の「3」の意味を表す[40]。, 東北地方の光のピラミッドの中に3体の石像が眠っていたが、他の二体がゴルザやメルバに破壊され、残った一体がダイゴと一体化することで変身できるようになった。, 当初は、ピラミッドの中に眠る巨人像は当初5体であり、壊された2体分の巨人からタイプチェンジ能力を得たという設定だった[41]。, ダイゴが第1話でティガの石像と一体化し、ティガの力を得た後に彼のGUTSスーツの中に入っていた変身アイテム。水晶や大理石のような意匠が見られるデザインで、普段は先端部分にあるティガの胸部プロテクターと酷似したパーツが、変身時に発光するレンズ部分を覆っている。ダイゴの体を光に変えるシステムを持ち[42]、これがないとダイゴはティガに変身できない。マサキ・ケイゴに奪われて彼の開発した光遺伝子コンバーターに組み込まれ、マサキを強制的にイーヴィルティガの石像に一体化させたこともある。第52話のラストシーンで、ダイゴが取り出した際には石化し、レナに手渡すと消滅してしまった。, 第43話では付近にあるイーヴィルティガやガーディーの石像に反応したのか青白く光り輝いたこともあった。, 『大決戦!超ウルトラ8兄弟』では、別次元のダイゴが自身をティガだと自覚した際に、彼の右手の中に通常のスパークレンスが光と共に登場した。, 変身の際は、時計回りに両腕を回しスパークレンスを手に天に掲げる。すると、スパークレンスの先端部分にあるティガの胸部プロテクターと酷似したパーツが左右に展開し、レンズ部分から放たれた光がダイゴを包み込んで変身が完了する。, 緊急時など場合によってはそのポーズを省略するかスパークレンスを真横にした状態で行うこともある。また、ガッツウイング1号に搭乗している際は脱出レバーを引いて脱出した後、その反動で空中で前方宙返りを行いながら変身する場合もある(第11・31・43話)。更に、スパークレンスを天に掲げずに胸元にかざして起動することで、人間大サイズのティガに変身することも可能(第5・13・35話)。, 通常は無言で変身するが、第28話や『大決戦!超ウルトラ8兄弟』では例外的に「ティガー!」と叫んで変身した。劇場版『ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY』では、ブラックスパークレンスで過去の姿、ティガダークに変身した。また、OV版に登場するツバサやアムイが変身するティガの方は両者とも『青銅のスパークレンス(青銅の神器)』を手に掲げて変身した。, ウルトラマンティガのデザインは、オリジナルのデザインに装飾するという従来の発想を脱し、頭部を削るという発想となった。またボディのデザインも過去のウルトラマンの多くがそうだった赤・銀主体のカラーリングではなく、赤・青紫・銀の3色が主体のデザインとなる。これらの要素は以後の平成ウルトラマンシリーズにも踏襲される。, 最初の粘土原型はマーブリング・ファインアーツで作られ、仕上げは開米プロで行われた。その際、マーブリング・ファインアーツが他に2つティガ候補として粘土原型を提出し、3体の光の巨人像の元となった[54]。, ティガの後頭部にあるへこみは太陽光線をそこから取り込みクリスタルから放つという設定の名残[55]。, 本作品以前のウルトラシリーズでは飛行シーンには人形を用いていたが、本作品からはスーツアクターを吊ってグリーンバックで合成するという手法も用いられるようになった[56]。, デザイン画で使用されていた青色がなく、好みの色を特注するには大量に作らなければいけないため、3種類の青系の色の中からカメラテストをして、現在の色となった[57]。, 頭部のえぐりは、照明が当たるとマスクの一部が飛ぶため、写真でも間違えて切り抜きされてしまうため、陰影をつけてシルエットをはっきりさせるためにつけたもの[57]。, スーツアクターを務めた権藤俊輔は、面合わせで最初にマスクを被った時に思ったよりも視界が良かったためそのままOKを出したが、実際には内部に電飾が加わるため目隠しされたような状態となってしまい、平成3部作では最も視界が悪かったと述べている[58]。また、目やカラータイマーの電飾は後年のようなLEDではなく通常の電球であったため、権藤は電飾部分と接触していた眉間が低温火傷になったこともあったという[58]。, 戦闘時の構えは、テレビシリーズではカラータイマーを見せるため左腕を下げていたが、『THE FINAL ODYSSEY』などでは左腕を上げたポーズとなっている[58]。, ウルトラマンティガは、戦闘の場面に応じて、マルチ・スカイ・パワーの3つの形態をとることができる。このタイプチェンジ能力は、基本形態であるマルチタイプの能力をある方向に特化させるものであり、これに伴って正反対の能力が低下するため、いわゆる「パワーアップ変身」とは異なる。この設定は『ウルトラマンダイナ』や『ウルトラマンオーブ』、『ウルトラマンジード』でも継承された。また、『ガイア』以降のシリーズでは『ウルトラマンマックス』を除き「パワーアップ変身」が採用されている。タイプチェンジの所要時間は僅か0.5秒[59]。, タイプチェンジを行う際は、額の「ティガクリスタル」の前で両腕を交差させて組んだ後、両腕を左右に振り下ろす。場合によっては片手を額の前に当てるかティガクリスタル自体を発光させてポーズなしで行うこともある。, また、ティガのタイプチェンジ能力は、ティガの地で復活せず石像のまま破壊された二人の巨人から受け継いだものとされる[42]。, Global Unlimited Task Squad(世界規模で無制限に仕事をするチーム)の略称でガッツと読む。地球平和連合TPC(Terrestrial Peaceable Consortium)の極東本部に属する特別捜査チーム。, GUTSは元来地球を覆う超常現象を捜査することを目的とした、解体した地球防衛軍の理念から離れた非武装集団であり、当初は航空機等に武器は搭載されていなかったが、怪獣や宇宙からの侵略者から人類を守るために再防備され、高度な防衛力を有するため武装化された。ただしその装備は、災害要因としての怪獣や地球外からの侵略者に対してのみ使用が認められており、人間同士の争いには絶対に使ってはいけないとされている。, ウルトラマンティガのスーツアクターは、スタミナを必要とする場合は筋肉質の中村、ボディラインを重視する場合は細身の権藤が演じた[2]。権藤は、タイプチェンジの設定を知る前に2人で演じることが決まったため、体型がかけ離れたもの同士であることに困惑したという[58]。, いわゆる番宣の一環として、制作・系列局のバラエティ番組に協力し、バラエティ番組のレポーターが番組出演に挑戦する企画にエキストラ出演させる形で応じている。TBSアナウンサーの小川知子が第36話で群衆や、市民を誘導するTPC隊員に扮したものと毎日放送アナウンサーの田丸一男が番組『あどりぶランド』の一企画で第49話で『ウルトラQ』に出演するエキストラ俳優に扮したものの2例が確認されている。いずれも、演技指導を受ける様子、『あどりぶランド』では共演した円谷浩へのインタビューも放送され、撮影当時の舞台裏を知ることの出来る資料的価値の高い映像だが、商品化には至っていない。, 本作品以降、作品によっては特撮ソングを活動の中心としないアーティストとのタイアップも行われる。また、『ウルトラマンガイア』まではオープニングテーマとエンディングテーマが異なるレコード会社から発売される。, 中華人民共和国では日本と同時期に放送された後[110]、2004年に世紀華創文化形像管理有限公司が中国における代理人となり、放送及び商品展開が行われている[111]。, アメリカ合衆国では2002年9月からフォックス放送(Fox Box)にて英語吹替版が放送されたが[112]、視聴率が振るわず打ち切られた[113]。DVD(日本オリジナル版英語字幕収録)は4キッズ・ホームビデオ / ファニメーションから発売[114]。, Q OV - 初代マン(宇宙探検 - TVゲーム大冒険 - VS仮面ライダー - 怪獣伝説) - 平成セブン, ウルトラ作戦 - 初代マン(怪獣帝国の逆襲 - 出撃科特隊 - 91年版 - PS2版) - 倶楽部 - セブン - ウルトラ警備隊AC - ウルトラ警備隊MA - 闘魂伝説, コスモス(映画 - 映画2(新世紀伝説) - 映画3(新世紀03伝説)) - ネクスト 映画(ULTRAMAN) - メビウス 映画 - 超8兄弟, 列伝・新列伝(ゼロファイト - ギンガ - 大怪獣ラッシュ - ギンガS - ファイトビクトリー - X) - オーブ - ゼロ CHRONICLE(ファイトオーブ) - ジード - オーブ CHRONICLE - R/B - ニュージェネクロニクル - タイガ - クロニクル ZERO&GEED - Z, ゼロ THE MOVIE - サーガ - ギンガ(映画 - 映画2) - ギンガS 映画 - X 映画 - オーブ 映画 - ジード 映画 - R/B 映画 - タイガ 映画, ゼロ(OV1・OV2) - オーブ ORIGIN - ウルトラギャラクシーファイト. ハヌマーン(ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団) - USA - G - パワード - リブット, Another Genesis - 妹 - 多々良島ふたたび-ウルトラ怪獣アンソロジー- - デュアル - F, かっとび!ランド - 忍法帖 - 超闘士激伝 - 出光人 - ULTRAMAN - セブンきゅ〜ぶ, キッズ(ゆかいな仲間・ことわざ物語・母をたずねて3000万光年) - グラフィティ - カンパニー - ニャン - M78劇場 - 怪獣酒場 - 怪獣娘 - かいじゅうステップ, ウルトラマン一覧 - ゾフィー - セブン - ウルトラの父 - ウルトラの母 - ウルトラ兄弟 - キング - ノア - ゼロ - ベリアル - キヨタカ - ロビン - 大怪獣バトル, 怪獣シリーズ - ガシャポン(HG・DG) - 光の巨人コレクション - ポピニカ - ウルトラコイン伝説 - 超合金 - ULTRA-ACT - ウルトラエッグ - S.H.Figuarts, 黒部進(初代マン) - 森次晃嗣(セブン) - 団時朗(ジャック) - 高峰圭二・星光子(A) - 篠田三郎(タロウ) - 真夏竜(レオ) - 長谷川初範(80), 長野博(ティガ) - つるの剛士(ダイナ) - 吉岡毅志(ガイア) - 杉浦太陽(コスモス) - 川久保拓司(ネクサス) - 青山草太(マックス) - 五十嵐隼士(メビウス) - 根岸拓哉・宇治清高(ギンガ&ギンガS) - 高橋健介(X) - 石黒英雄(オーブ) - 濱田龍臣(ジード) - 平田雄也・小池亮介(R/B), 関口正晴(ゼアス) - 山﨑勝之(平成セブン) - 宮坂ひろし(ナイス) - 高槻純(ネオス) - 別所哲也(ULTRAMAN) - 小柳友(ゼロ) - DAIGO(サーガ) - 斎藤工(シン), マイケル・レムベック・チャット・エレベット・エイドリアン・バーボー(USA) - ドーレ・クラウス(G) - ケイン・コスギ(パワード), 富山敬・伊武雅刀(ザ☆マン) - 古谷徹・小川真司・鶴ひろみ(USA) - 京本政樹(G) - 森川智之(パワード), 金城哲夫 - 山田正弘 - 山浦弘靖 - 上原正三 - 藤川桂介 - 佐々木守 - 若槻文三 - 市川森一 - 田口成光 - 石堂淑朗 - 長坂秀佳 - 阿井文瓶, 円谷一 - 飯島敏宏 - 野長瀬三摩地 - 満田かずほ - 実相寺昭雄 - 鈴木俊継 - 筧正典 - 山際永三 - 東條昭平, 高野宏一 - 的場徹 - 有川貞昌 - 大木淳 - 佐川和夫 - 川北紘一 - 矢島信男, 成田亨 - 高山良策 - 開米栄三 - 佐々木明 - 池谷仙克 - 鈴木儀雄 - 井口昭彦 - 大澤哲三 - 飯塚定雄, ウルフェス - ランド - ジャングル - スタジアム - M78パーク - プレミアステージ - 大集合 - バトル劇場 - わくわくワールド - 怪獣酒場, 怪獣一覧 - マシン一覧 - スペシウム - カラータイマー - M78星雲 - 宇宙警備隊 - ウルトラ警備隊 - 地球平和連合TPC - スーパーガン - 怪獣墓場 - スペースチタニウム, ワンダバ - ウルトラマン80 - ウルトラまいどCD - TAKE ME HIGHER - 君だけを守りたい - ULTRA HIGH - ULTRAMAN ORIGINAL SOUNDTRACK - 英雄 - 青い果実 - いつも心に太陽を - 飛び立てない私にあなたが翼をくれた - 赤く熱い鼓動 - LIGHT IN YOUR HEART - 星のように… - 運命のしずく〜Destiny's star〜 - DREAM FIGHTER - 君だけを守りたい〜アスカの歌〜 - 君だけを守りたい〜リーサの歌〜 - Lost the way - ULTRA STEEL - ULTRA FLY - Final Wars! !マチャアキ - 笑ってポン! 『ウルトラマンティガ』(ULTRAMAN TIGA)は、毎日放送・円谷プロダクションが制作した巨大変身ヒーロー特撮テレビドラマ作品名と、本作品の劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前である。1996年(平成8年)9月7日から1997年(平成9年)8月30日まで、TBS系で毎週土曜日18:00 - 18:30に全52話が放映された。1998年、第29回『星雲賞』映画演劇部門・メディア部門を日本の特撮テレビドラマとして初めて受賞した。, 放映直前当時のキャッチコピーは「ウルトラマンはさらに進化! 敵の特徴に合わせて3タイプに変身する超マルチ戦士!」, ウルトラマン生誕30周年記念番組[1]。『ウルトラマン80』以来16年ぶりとなる、『ウルトラQ』や『ウルトラマン』放映から30年となるTVシリーズ。次作『ウルトラマンダイナ』や『ウルトラマンガイア』と合わせて「平成3部作」もしくは「平成初期3部作」と呼ばれ、以降の作品も含めると「平成ウルトラシリーズ」と呼ばれる。, ウルトラマン誕生30周年にあたる1996年9月に円谷プロは新たなテレビシリーズを立ち上げ、通称「世界初ウルトラマン」の『新ウルトラマン』が放送されることが決定した[2]。だが、再検討して調整され、M78星雲の宇宙人やウルトラ兄弟など、従来のウルトラシリーズでの設定を引き継がず、旧作の続編ではない物語として作られた[2][注釈 2]。本作でのウルトラマンは、滅び去った古代文明とその住人の守護者だった「光の巨人」で、新たな時代を迎えようとする人類を守る存在として復活したという設定である。それに対して「光」を手にしようとする人類を妨害、あるいは誘惑する者たちも現れる。, 時代設定は2007年 - 2010年、核兵器や公害などが完全に廃絶された世界が舞台となっている。東京は“メトロポリス”と呼ばれ、ハロウィンの習慣が定着している反面、風俗・文化は放送当時の現実世界と殆ど変わらずに描かれている。内容自体も整合性を重視した作風であり、重いテーマのエピソードも散見される。, 本作の放映前はビデオソフトで子供たちにウルトラマンが浸透しており、円谷一夫がこの時期のウルトラブームに関して「ブームはビデオの普及がなければなかった現代的なもの」としている。さらに、玩具の売上も過去最高ときわめて盛り上がっている時期だった。, 今までのウルトラシリーズ同様、主要スポンサーはバンダイ[注釈 3]であるが、本作は1995年には2,182億円だったバンダイグループの売上を1999年度までに5,000億円にする計画「プラン99」戦略の第1弾でもある。具体的には玩具のみならずアパレル、生活雑貨、菓子などバンダイグループ全ての流通に本作の関連商品が展開された。このため「単独のキャラクターにバンダイグループ全社が取り組む」ことになった。これはバンダイ史上初の試みである。, 女性が社会進出した世相を反映し、男性に交じって対等に職務をこなす女性を特別な存在ではなく、一般的な事例として描いた。主人公が属する対怪獣チームのうち2人は女性で、1人はウルトラシリーズでは初めてチームを統率する責任者(隊長)で、もう1人は主人公と対等あるいは上回る能力で戦闘に従事する活動的な女性隊員である。なお、後者のヤナセ・レナ役には、『ウルトラマン』の主人公・ハヤタを演じた黒部進の実娘である吉本多香美が演じることも話題を呼んだ。, 主演としてV6の長野博を起用し、大人しくて爽やかな若者像を描くことに成功した。アイドルの起用はこれまでのシリーズと違う特色を目指したものであり、毎日放送プロデューサーの丸谷嘉彦の繋がりからジャニーズ事務所との交渉が行われた[4]。長野はV6としての芸能活動を並行させていたこともあり、特に前半はスケジュール調整にかなりの困難を伴っていたという。そのためかダイゴの出番は主人公としては少なく、他のレギュラーメンバーにスポットを当てた回が多い。結果的にはそのことが主人公以外の人物設定にも深みを与え、本作を充実させる一因となっている。, 本作の特徴として、ウルトラマンに状況に応じて能力の異なる3つの形態にタイプチェンジするという新しい設定が導入された。各タイプは「同一デザインでの色違い」で表現され、ティガの体色の変化で別タイプへの変身が直観的に分かるよう配慮されている。複数タイプの登場には、玩具展開を睨んでのバンダイを始めとするスポンサー側の意向が大きかったが、物語や演出面でうまく活用した印象が強い。なお、各タイプは2人のスーツアクターで演じる体制を生かしてタイプごとの特徴に見合った体型の俳優で演じ分ける演出上のフォローもなされ、効果的だった[注釈 4]。, 『80』以来、16年間のブランクで制作環境も大きく変化した。『電光超人グリッドマン』で確立したビデオ合成技術に加えて、本作品では初めて本格的にCGを使った。CGIはジャパンヴィステックが担当[5]。円谷プロからも数名がジャパンヴィステックに派遣され、2クール目からは円谷プロ社内での製作も行われるようになった[5]。怪獣の爆発シーンに一旦使われてすぐ従来方式に戻るなど、初期エピソードでは試行錯誤の跡も伺えるが、後にモデルや実景との合成も違和感が小さくなり、ガッツウイングの外観からコックピット内のパイロットに視点が一気に寄るといった印象的なカットが多数生み出されていった。ハードウェアベンダやシステムインテグレータが協賛企業として名前を連ねたり、ハードウェアベンダのウェブサイトにデザイン画が掲載されたのも、従来のウルトラシリーズでは見られない展開だった。, 音楽は『ウルトラマンネオス(オリジナル版)』のアレンジを手掛けていた矢野立美が起用されたが、これはクランクインの時期ギリギリの段階でようやく決まったという。矢野はウルトラシリーズをあまり知らなかったが、「平成ウルトラマン」風の音楽を求められ、第1話のラッシュフィルムを観てから作曲したという[6]。また、通常の録音とは別に、監督から各話ごとに必要な曲を要望されることもあり、予算がかかっていただろうと推測している[6]。オリジナル曲が少なめだったことから、流用曲も少なからず使用されており、その一部は放送終了後に発売された『ウルトラマンティガ MORE MUSIC COLLECTION』(1997年、日本コロムビア)に収録された。また、実相寺昭雄監督によるエピソードでは、既存のクラシック音楽を本作のために新たに録音している。, ウルトラシリーズは伝統的に制作費が高く、本作品の制作でもそのことが障害になったが、制作費の3分の1を円谷プロが負担することで決着した[7]。, そして、本作品は製作スケジュールが最大の問題となった。「1996年9月に放映開始」の決定が「1996年5月」にあったことから、準備が急ピッチで進められて第1話のクランクインは7月となった。そして、そのスケジュールのしわ寄せが後々尾を引き、妥協を許さない製作の姿勢もあって、現在のテレビドラマでは常識である「2〜3話分を先行ストックして作る」ことができず、完パケの納品が期限内に間に合わなかったら放送中止になるというタイトなスケジュール体制での製作となった[8]。, 本作は、ウルトラシリーズを次世代の児童層に浸透させ、かつその親を取り込む「2世代化」に成功した。以降、仮面ライダーシリーズやガンダムシリーズもこの手法を使うようになる。また、頭部に角などの装飾を増やすのではなく凹型の曲面を加えるというティガのデザイン技法はそれまでのウルトラマンでは見られなかった発想であり、以降の作品でもバリエーションが生み出されていった。, 本作の評価は高く、関連商品の売上が高い数字を残し、ウルトラシリーズの完全復活を印象付ける作品となり、次作『ダイナ』が本作の続編として制作されることに繋がった。しかし、本作によってバンダイのウルトラマン関連商品を「200億円規模」の上にするのが「難しくない」とする当初の目論見は崩れ、バンダイのウルトラマン関連商品は96年度が146億円、97年度が147億円の売上だった[9]。, 製作会社から見れば成功とはいえない状況で、平均視聴率は前番組『ママはぽよぽよザウルスがお好き』の7.8%より低い7.3%となった。最高視聴率は9.9%であった。円谷一夫は「(視聴率は)本当は2桁くらい欲しかったが、正直言ってイマイチだった」[10]と述べているが、一方で「子供たちの認知度は高い」を挙げて視聴率以外での反響の大きさを感受していた[4]。, プロデューサーの笈田雅人は、『ガイア』終了後のインタビューで平成3部作では予算やスケジュールの管理など商業ベースで割りきって制作する余裕はなかったと述べている[11]。後に第6代社長を務めた円谷英明は2003年6月ごろに経理を精査してみたところ、かかった製作費を放送月まで経理として計上しないことなどの慣習が原因で作品ごとの収支計算が正しくできておらず、実際に提出された経理報告書の数値の1.5倍以上の製作費がかかっていたものもあり、実態は本作品から『ガイア』までの収支は赤字だったと語っている[12]。, 放映終了後も根強い人気を保ち、再放送や『ダイナ』と『ガイア』の劇場版への客演を経て、2000年に完結編となる劇場版『ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY』が制作された。また、2008年にはティガ=ダイゴが主役の映画『大決戦!超ウルトラ8兄弟』が公開された。
2020 ウルトラマンレイガ wiki