(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 昔と今の子育て論はここまで違う!さいたま市発行の「孫育てのための祖父母手帳」が秀逸, 日本人にはなかなか馴染みのない「モスク」とはイスラム教の礼拝堂のことを意味する。原則として異教徒がモスクの内部に入ることは禁止されているため、その美しい装飾を目にする機会はほとんどない。この記事では、鏡で幾何学模様の細工を凝らしたイランにある「シャー・チェラーグ廟」の写真をご紹介したい。, 「すしざんまいの社長がソマリアの海賊を壊滅させた武勇伝はインチキ」 ノンフィクション作家が指摘. ▼なんて美しいんだ…。このモスクは霊廟として835年に殉教したセイイェド・ミール・アフマドを祀っている。, ▼豪華な装飾が全面に施されているのに、不思議と敬虔な気持ちになる。緑色もまた綺麗。, ▼「聖なる場所」として乱反射した光で内部から輝いているように見える。建築には相当お金がかかっていそう…。, ▼異教徒は内部に入れないが、門番に頼めば入れる場合もあるとのこと。駄目元でも交渉してみる価値はあるかもしれない。, イスラム教では偶像崇拝が厳格に禁止されていることから幾何学模様の装飾文化が花開いた。こちらのモスクがあるシーラーズだけでなく、イスラム王朝下のイランは経済・政治・文化などあらゆる面で繁栄を極め、今でも多くの美しい建築物が残っている。当時の首都は「イスファハンは世界の半分」と称えられるほど人と富を集めたといわれている。一度この目で見てみたいものだ。. イランの次の王朝、カージャール朝、パフレヴィー朝でも国王はシャーを称し、パフレヴィー朝では「皇帝」とも訳す。 現在のイランは1979年の イラン革命 によって イラン=イスラーム共和国 となったのでシャーは存在しない。 [TB-1986], イラン西部シャーセバン族のマフラシュ表皮(布団袋) キリム(つづれ織り)アゼルバイジャン〜ダゲスタンから北イランのモーガン山周辺の山岳地帯と高原地帯をテリトリーに遊牧生活をするのがシャーサ…, ガズヴィンキリム シャー・チェラーグ廟はイランのシーラーズにあるモスクである。シャー・チェラーグは「光の王」を意味し、モスク内はその名の通り、瞬く美しい光の洪水が訪れる者を迎える。 なんて美しいんだ…。 OPEC第2位の石油産出国で、宗教規律が厳しく、傍目から見ると戦争、アメリカとの関係悪化、人権問題など色々問題のある国と見られているイラン。でも実際は人々は優しく、日本からの旅行者も多く、遺産など見どころも多いです。そんなイランの見どころをご紹介しましょう。, イラン・ペルセポリスの見どころ大特集!壮麗な宮殿跡が残るアケメネス朝ペルシャの遺跡群へ, 焼き肉チェーン店人気ランキング10!食べ放題も!おすすめのお店の特徴とメニュー紹介!, ニッポン東西南北の面白い「すごいラブホ」を集めました!2人の夜が100倍楽しくなる!, ワークマンでおすすめのアウトドアウエア・用品10選!丈夫でお手頃なマストアイテムをご紹介, キャンプでも家でも使えるアウトドアソファ20選!人気のブランドからお洒落なアイテムまでご紹介, MIYASHITA PARK周辺でおすすめのカフェ15選!渋谷の新スポット、ミヤシタパーク付近の人気カフェをご紹介, 【最新】東京のスパイスカレー屋さん10選!カレー激戦区東京の本当におすすめできるお店を調査. Bialer, Uri. ここは万華鏡の中?それとも宝石箱の世界?いいえ、こちらはイランにあるイスラム教シーア派の聖地である霊廟なんです!世にも珍しいキラキラと光り輝く室内。壁から天井にかけて、ガラスと鏡で埋め尽くされています!では早速この美しすぎる世界をご覧ください。, シャー・チェラーグ廟とはイラン南西部にある都市・シーラーズの中心部に位置する霊廟のこと。イスラム教シーア派の聖地です。835年にシーラーズで殉職したイマーム(指導者)レザーの弟、シャー・チェラーグ。彼のお墓があったところにシャー・チェラーグ廟が建てられました。, シャー・チェラーグ廟の最大の特徴は、内部のガラスモザイク。まるで万華鏡の中に入りこんだかのようなキラキラまばゆい世界になっていることです。しかし、聖廟は元来イスラム教徒のみが入れる場所。異教徒である私たちが入るには、「服装や言動などで無礼がないこと」「門番へ交渉」で入れることもあるそうです。写真撮影も本来は禁止なのですが、「神のご意思」によりOKをもらえることも!いずれにせよ、交渉してみる価値はありますね!なんといっても内部は息をするのも忘れてしまうほど美しいと言われている廟なのですから…。, 内部には信じられない光景が広がっていました!巨大なシャンデリアと壁から天井にかけて鏡のモザイクで埋め尽くされています!なんとキレイな世界…!シャー・チェラーグ廟はもともと普通の霊廟でしたが、芸術が大好きなタシ・カツンという女王が改修をしたときに内部をガラスと鏡張りにし、ほかに類を見ない驚きの眩さをもつ霊廟へと変貌したのでした。, シャー・チェラーグとはペルシャ語で「光の王」という意味です。その名にふさわしく、廟内部は外から差し込む光が反射しあってキラキラと輝いています。, モザイクガラスはその大きさも大小さまざまで、緑色、青色、黄色、赤色などのガラスのより装飾されています。違う大きさと違う色のモザイクガラスが配置されることで霊廟内はより一層輝きを増します。, イスラム教の信者たちが真剣にお祈りを捧げています。皆、シャー・チェラーグの棺桶に口づけをします。神聖な空間ですね。まるで時が止まったかのような静寂が空間を包みます。, 天井のモザイク画も緻密で美しいですね。イスラム圏の建築物はどれも美しいですが、シャー・チェラーグ廟の美しさは群を抜きます。, 夕暮れ時から夜にかけては外観がライトアップされ、昼とは違った美しさを醸し出しています。, いかがでしたか?グリーンのガラスと鏡で埋め尽くされた霊廟、シャー・チェラーグ廟。こんなにも眩くて美しい霊廟があるでしょうか?幻想的で夢のような世界が広がっています。私たち日本人には縁遠い場所だからこそ、ぜひ行ってみてほしい場所です。, 国内外問わず旅行によく行きます。 パフラヴィー朝イランの第2代にして最後の皇帝モハンマド・レザー・シャー・パフラヴィー(在位:1941年9月26日 - 1979年2月11日)の3番目の妃ファラとベルギー王国パオラ妃のお写真。. イランの古都イスファハーン。世界遺産にも登録されているこの街には、いくつもの重要な宮殿やモスクがあり、観光客の目を楽しませています。そんなイスファハーンの街中には、あまり日本では知られていない特別なお宝が存在するのです!今回はその知られざるお宝をご紹介!! La princesa Paola con la emperatriz de Irán, Farah Diba. [T-502], イラン北西部 シャーセバン族 キリム(敷物)イラン北西部のモーガン山脈〜サヴァラン高原地域を移動生活していた、遊牧シャーセバン族の綴れ織り。色彩、文様ともにこれこそシャーセバンと言えるような典型的シャ…, シャーセバン キリム Copyright © 2001- 2017 All Right Reserved. Joseph S. Bermudez, Jr., "Iran's Missile Development," The International Missile Bazaar: the New Supplier's Network (San Francisco: Westview Press, 1994), William C. Potter and Harlan W. Jencks, eds., p. 48. イスラム建築は中東諸国などでたくさん見られますが、イランのそれは美術的、技術的に大変優れていると言われています。その中でも感動を呼び起こす寺院10選をご紹介します。, ここは約150年ほど前、当時シラーズを治めていた貴族の寺院として建てられました。バラやあやめの花が咲き誇るタイル模様は見る人の目を楽しませてくれます。このころからピンクや赤がタイルに使われるようになったことから別名ピンクモスクと呼ばれています。, 1979年イラン革命前はシャー(王)モスクと呼ばれていました。 [T-2769], イラン北西部 ビジャー周辺 シャーセバン族 キリム(綴れ織)イラン北西部は古くからクルド族やシャーセバン族など遊牧民の多く暮らす地域で、多くのキリムやラグの生産が盛んですが、ビジャー、サヴェ、ガズヴィ…, シャーセバン キリム その美しいマスジェデ・ナスィーロル・モスクの魅力を紹介します。, 砂漠の国・イラン。独特の「土の文化」をもつ彼の地には「バム遺跡」という巨大な城塞都市がありました。繰り返される他国からの侵略、そして近年起きた大地震…。悲しい出来事を乗り越え今に至る素晴らしい古都をご覧ください。, イランの世界遺産、パサルガダエ。世界史の教科書に載っているイランの遺跡ペルセポリスに有名度では負けちゃいますが、パサルガダエはペルセポリスよりも古い古代遺跡なんです。歴史好きは必見です!, その昔「世界の中心」とまで称えられた大帝国アケメネス朝ペルシャの首都とされるペルセポリス。廃墟となった今も、往時の栄華と繁栄の痕跡が見られる貴重な遺跡です。国は決して永遠のものではなく、儚く滅びていくという事実が感じられる世界遺産の旅をご一緒にいかがでしょうか。, イランは中東にある国で、世界を代表する石油産出国です。豊かな自然と深い歴史のある国で、見所もたくさんあります。ここではイランの気候を、イランを訪れる際の服装について紹介しましょう。, 「世界中の美しさの半分が、このイスファハーンに集まっている」当時を生きたヨーロッパ人にそう言わしめたきらびやかな都市、イスファハーン。砂漠の国に花開いた魅惑の街は、今も訪れる人々を幻惑させるほどに妖しく美しくたたずんでいます。. シャー・チェラーグ廟とはイラン南西部にある都市・シーラーズの中心部に位置する霊廟のこと。イスラム教シーア派の聖地です。835年にシーラーズで殉職したイマーム(指導者)レザーの弟、シャー・ … 20. 問題のある投稿を連絡する, マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。 [T-3244], イラン北西部 アゼルバイジャン地方のシャーセバン族のキリムメインのフィールドは綴れ織りの特徴を生かした、幾何学的モチーフで埋め尽くされています。最大の特徴はボーダー部分で他ではほとんど見たことも無い不…, 部族の絨毯と布(キリム・トライバルラグ・テキスタイル) tribe-log.com. - New York: St. Martin‘s Press. フォートラベルポイントって?, おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします! [t-744], イラン 北西部 ガズヴィン地方 キリム(綴れ織り)イランを代表するキリムの産地のひとつがガズヴィンで、半定住したシャーセバン族が綴れ織りの敷物用のキリムを多く織っいます。イラン北西部のアゼルバイジャン…, シャーセバン ビジャーキリム モハンマド・レザー・シャー・パフラヴィー(ペルシア語: محمدرضا شاه پهلوی‎, ラテン文字転写: Mohammad Rezā Shāh Pahlavi、1919年10月26日 - 1980年7月27日)は、パフラヴィー朝イランの第2代にして最後の皇帝(シャーハンシャー、在位:1941年9月26日 - 1979年2月11日)である。パフラヴィー2世とも呼ばれる。亡命前後の日本の報道ではパーレビ国王と呼ばれることが多かった。, 父である先代の皇帝レザー・シャーの退位により即位し、「白色革命」を推進してイランの近代化を進めたが、イラン革命により失脚した。, 1919年、ガージャール朝の軍人レザー・ハーンの長子としてテヘランに生まれた。1925年に父がレザー・シャーとして皇帝に即位しパフラヴィー朝を開くと、皇太子となった。, その後、上流階級の子弟が通うスイスの私立寄宿学校「ル・ロゼ」へ留学した。なお、同校においてはその後アメリカのCIA長官となるリチャード・ヘルムズら同級生からの信頼も厚く、多くの友人を作った。, 1939年9月1日に勃発した第二次世界大戦中には、レザー・シャーがイラン国内に居住するドイツ人の追放を拒否し、連合国に鉄道の使用を拒否するなど、イランは急速に枢軸国のドイツに傾斜した。, このために連合国のイギリスとソビエト連邦は、1941年8月25日に鉄道を含む補給路と、石油などの豊富な資源の確保のためにイランへの侵攻を行った。この侵攻を受けてレザー・シャーは、連合国の一国でイランとの関係も深かったアメリカ合衆国のフランクリン・ルーズベルト大統領に仲介を求めたものの拒否され、9月17日にはイラン軍は制圧された。その後イランは両国による共同進駐を受け、両国の圧力を受けて退位した父に代わり、モハンマド・レザーはモハンマド・レザー・シャーとして皇帝に即位した。, 同年にムハンマド・アリー朝エジプトの国王フアード1世の長女ファウズィーイェ・ビント・フォアードと結婚したが、のちに不和となり1948年に離婚した。, 次いで1951年にイラン南部のバフティヤーリー族 (英語版)の貴族の長女ソラヤー・エスファンディヤーリー・バフティヤーリーと再婚したが、後に彼女が不妊症であることが発覚し、帝位継承の安定のため、1958年にやむなく離婚した。そして1959年にイラン軍軍人の一人娘ファラー・ディーバー(英語版)とみたび結婚した。, 皇帝は、1951年より石油国有化を進めるとともにソ連に接近したモハンマド・モサッデク首相と対立したが、1953年にCIAとMI6の支援を受けた皇帝派のファズロラ・ザーヘディー(en:Fazlollah Zahedi)将軍らによるクーデター(アジャックス作戦)が起きてモサッデク首相は失脚し、権力を回復した。, 1960年代より、秘密警察サヴァク(SAVAK)(英語版)を動かして左右の反体制運動を取り締まるなど権威主義体制を敷く一方、上からの改革を図って経済成長を目指すという、いわゆる開発独裁体制を確立した。, 日本の飛躍的な経済成長に注目して1963年からは石油の輸出により獲得した外国資本とアメリカ合衆国による経済援助を元手に白色革命に着手し、土地の改革、国営企業の民営化、労使間の利益分配、婦人参政権の確立、教育の振興、農村の開発などの改革を実行してイランの近代化を進めた一方、親欧米路線のもと引き続き欧米諸国の外国資本の導入に努めた。また自らも、英語やフランス語を駆使して親欧米外交を進めるなど、政策の先頭に立った。, また、イスラム圏ではトルコに次いでイスラエルと国交を樹立した[1][2]。イスラエルには石油を供給し[3][4]、エリコやガブリエルの射程を延伸させた長距離ミサイルの共同開発で軍事的にも協力関係にあった[5][6]。, このような政策を支持した欧米諸国、とりわけアメリカ合衆国は革命直前の1970年代に至っても深い関係を続け、1970年代中盤には、まだ他の同盟国にも販売したことのない最新鋭のグラマンF-14戦闘機とボーイング747空中給油機をイラン空軍に納入したほか、同じく最新鋭のボーイング747-SP旅客機をイラン航空に販売するなど、イランを事実上の最恵国として扱った。, 後にイラン・イラク戦争を起こすことになる隣国イラクとは、アルジェリアで当時のサッダーム・フセイン副大統領とアルジェ合意を結んでシャットゥルアラブ川およびフーゼスターンにおける国境問題の解決と敵対関係の停止を合意した。, また、モハンマドは改革の一環として、女性解放をかかげてヒジャブの着用を禁止するなどイランの世俗化を進めたが、これらの政策はホメイニーらイスラム法学者の反発を招いた。, 例えば1962年10月6日に、地方選挙において選挙権と被選挙権をムスリムのみに限った条項を撤廃し、バハーイー教徒などにも市民権への道を開こうとした時には、異教徒、とりわけシーア派保守派からは「邪教徒」「カーフィル」とされるバハーイー教徒がムスリムと対等になることを嫌ったホメイニーらの抵抗にあい、法改正の撤回を余儀なくされた[7]。, その後ホメイニーは反体制派に対する影響力を警戒されて国外追放され、イギリスのロンドンへ向かおうとしたがイギリス政府に拒否されたため、最終的にイラン人亡命者コミュニティのあったフランスのパリへ亡命したが、その後もイラン国内の反体制派に影響を与え続けた。, モハンマドはさらに自らの称号を「アーリア人の栄光」を意味する「アーリヤー・メヘル」と定め、1971年には古代のアケメネス朝ペルシア帝国の遺跡ペルセポリスでイラン建国二千五百年祭典を開催し、イラン人の民族意識を鼓舞する「イラン・ナショナリズム」をイランの新たなイデオロギーに据えることを目標にした。この行事には多数の国賓が出席し、エチオピア帝国のハイレ・セラシエ皇帝や、日本の皇族で古代オリエント史学者の三笠宮崇仁親王等といった世界各国の王族だけでなく、西側諸国・東側諸国・非同盟諸国の首脳なども招いた盛大な式典だった。, 同時にキュロス2世が紀元前539年に新バビロニアを滅ぼした際、バビロン捕囚からユダヤ人などの諸民族を解放し、各々の故郷に戻して彼らの神殿を再建したと記録されているキュロスの円筒印章(キュロス・シリンダー)の複製(現物は大英博物館蔵)を、「世界初の人権宣言」として国際連合に贈呈した。, またモハンマドは、この行事を記念して首都テヘランに「シャーの栄光」を意味するシャーヤード・タワーと、その南にあるレイという町に先代の皇帝である父親レザー・シャーの霊廟を建設した。なお、シャーヤード・タワーは革命を期に「自由」の名を冠したアーザーディー・タワーと名称を変えられた。現在レザー・シャー霊廟は跡形もなく破壊され、跡地はイスラム教の神学校になっている。, 同年より従来のジャラーリー暦に代わって帝国暦を採用、キュロス2世がメディアを滅ぼしてアケメネス朝を起こした紀元前550年をキュロス紀元とした。しかし1979年の革命の後、イスラム共和制の成立によりヒジュラ紀元のジャラーリー暦に改定された。, しかしこの一連の事業に投じられた費用は2億ドル以上にも及んだとされ、反体制的なイスラム法学者をはじめとする諸方面から、国費の浪費である、などの批判が多くなされた。ちなみにフランス在住のイラン人漫画家マルジャン・サトラピは、著書『ペルセポリス』でこの式典について言及している。, 冷戦下において欧米や日本などの先進国との石油外交を基礎にした深い経済関係を元に進めてきた近代化政策は、1970年代中盤に起きたオイルショック後の急速な原油価格の安定化もあり、1970年代後半に入ると破綻した。それに伴い国民の間での経済格差が急速に拡大し、政治への不満も高まりを見せ、皇帝の求心力も急激に低下した。, アメリカ合衆国を後ろ盾とするシャーの開発独裁体制に対する反体制運動は、ホメイニーをはじめとするイスラム主義者のみならず、モジャーヘディーネ・ハルグやソ連[9]などが支援したイラン共産党(トゥーデ党)などの左翼なども参加して激化し、国内ではデモやストライキが頻発した。, モハンマドはテヘラン市内に戒厳令を敷き、夜間外出禁止令を発令するなどしてこれに対応したものの、ホメイニーなどが後からコントロールした事態は収拾がつかず、拡大する一方であった。, この間、1978年8月に皇帝を訪問した最後の外国首脳[10][11]である中華人民共和国の華国鋒党主席と会談した際には同行した黄華外相がソ連への対抗策を議論しようとするも、モハンマドは古代ペルシアの占星術師の話を持ち出して自らの政権が続くという確信が持てていないことを伝えた[12]。, 1979年1月16日に休暇のためにイランを一時的に去ると称して皇帝専用機のボーイング727を自ら操縦し、最初の妻の出身地でもあるエジプトに皇后や側近とともに亡命した。モロッコ、バハマ、メキシコを転々とした。, ホメイニーは2月1日にエールフランス航空のチャーター機で15年ぶりの帰国を果たすと、直ちにイスラム革命評議会を組織し、メフディー・バーザルガーンを首相に任命した。, その後、モハンマドが任命したシャープール・バフティヤール(en:Shapour Bakhtiar)首相の指揮下で皇帝への忠誠を誓っていた帝室親衛隊およびイラン陸軍の空挺部隊と内務省の治安部隊が、ホメイニーへの支持を表明したイラン陸軍内部の不満分子と戦闘状態になるものの、2月11日に制圧された[13]。, バフティヤール首相や帝室親衛隊隊長らは逮捕され、バフティヤール首相は2月13日に正式に辞任した。その後、イスラム革命評議会がイスラム主義を基礎に置いたイスラム共和制をしいた。, モハンマドはその後癌治療のためという名目で皇后らとアメリカに移ったが、アメリカがその入国を認めたことに反発した学生らが1979年11月4日にテヘランのアメリカ大使館を占拠してモハンマドの身柄引き渡しを求めるという、イランアメリカ大使館人質事件が起きた。, この事件によりアメリカとイランの関係は決定的に悪化した。モハンマドはこの事件の発生を受けて12月5日にアメリカを離れパナマへ向かった。, その後、モハンマドと「兄弟」[14]と呼ぶほど親交のあったエジプトのサダト大統領に受け入れられ、翌1980年7月27日にカイロで失意のうちに死去した。なお、イスラム革命後のイランはエジプトと断交した[15]。, ファラー・パフラヴィー(英語版)皇后は、サダト大統領の暗殺後、アメリカのロナルド・レーガン大統領の庇護を受け、再び渡米。一家はアメリカ東部に居を定めた。. シャーとは王様 サバン=サバンは使える者 アゼルバイジャン〜ダゲスタンから北イランのモーガン山周辺の山岳地帯と高原地帯をテリトリーに遊牧生活をするのがシャーサバン族です。 1935年 3月21日、レザー・シャーは諸外国に対して公式文書に本来の「イラン」という語を用いるよう要請し、正式に「イラン」に改められたものの混乱が見られた。 Ammann, Daniel (2009). [T-3279], イラン中部 ヴェラミン地方のダイニングソフレ遊牧毛部族のシャーサバン族やアフシャール族が暮らすイラン中央部のヴェラミン地方で織られた食事用の敷物(ソフレ) 中央部には撥水性の高いラクダ毛が使われ、回り…, シャーセバン キリム マフラシュ表皮 [T-3021 146x120cm], イラン中西部サヴェ周辺のキリム(綴れ織り)イラン北西部に位置していたシャーセバン族はセンス抜群の色彩感覚と、独特なデザインで世界のコレクターを魅了してきたが20世紀には多くの遊牧民達も、イラン西部~中…, シャーセバン キリム Wright, Robin (17 November 2004). The Washington Post. イランの歴史シリーズ第三弾!今回は、近代イランの歴史です。この時代のイランはヨーロッパ諸国の圧倒的武力により、非常に苦しい時代を送ることになり、結局はイラン革命の原因となる欧米の傀儡政権が作られることとなります。その辺りの流れをわかりやすく解説していきます〜! In: Israel Studies, Vol 12, No 3 (Fall 2007). イラン > ケルマーンシャー > ケルマーンシャー 旅行記 > 詳細; ケルマーンシャー旅行記(ブログ) 一覧に戻る イランに行ってきました ~ケルマンシャー編~ 4 いいね! 2007/10/24 - 2007/11/15 3位(同エリア3件中) # 世界遺産 0. 2007/11/15, ハマダーンからミニバスで3時間、ケルマンシャーに行きました。ケルマンシャーはクルド色がとても強く、そしてイラク国境に近いからか軍人の格好をした人が多く今まで回ったイランの町の中でも別の雰囲気をした町でした。中心地はこぢんまりしていて中心地にいれば観光地をまわるのに足の手配は便利だと思います。ターゲボスターンとビーソトゥーンを見るためだけに来たため1泊しかせず、時間がなかったため町の中はあまり散策しませんでした^^;, ホテルはガイドブック『地球の歩き方』にも載っていた「メエラージ」に宿泊。はじめ建物の中に入ったとき中の人から「外国人の泊まるような(良い)ホテルじゃないよ!ホテルを間違えているんじゃないかい?!」とビックリされました^^;たぶん外国人でしかも女の旅行者だったからでしょう^^;でもとても感じの良い方々でした。(入り口の広間?には地元のおじいちゃん達が 3〜4人くらい常時座っていて 世間話?をしているホテルでした)ちなみにこのホテルの斜め向かいに同じく長屋の建物の中にありながら新しそうなホテルがありました。(ホテルア−ザーディ?)メエラージホテルのホテルカードを帰ってくるときに迷子にならないようにともらったのですがなぜか写真がドバイの7つ星ホテルの外観。。。, ケルマンシャー名物のお菓子。このクッキー?を売るお店が多かったです。黄色いのはサフラン入り。白いのはサフランが入ってない物。サフラン入りのが高級品?なので少し高いです。(イランでのお菓子はなんでも サフラン入りのが高級品らしく 黄色に色づけされている物のが 白い物より少し高かった。)箱にはターゲボスターンの写真がプリントされていました。, ターゲボスターンの入場券売場。イランの観光遺跡の入り口にはだいたいこうして(光って見えにくくてすみません><)お土産物のミニチュア像が売っています。だいたい売っているのは同じ物なのですが人気のない物?は淘汰されるようで偶に1点物があります。欲しかったら見つけたときに買うのがベストかも。ちなみにミニチュア、テヘラン市内などで買うよりはこのような遺跡入口で買った方が安いと思います。(ただし私が値段を聞いたのは ハマダーンとここケルマンシャーだけなので エスファハーンなどの大きな観光地の値段は 分かりません^^;)補足ですが(前にも書いたかな?)イランの遺跡には必ず文化庁の人がおられその方の手が空いていれば、頼めば気軽に無料で遺跡案内をしてくださいます。世界遺産くらいになると遺跡案内のための観光学を勉強された方がおられる場所もあります。ただし英語が出来るかどうかは分かりません。。。, ターゲボスターンの一番右端のレリーフ。アフラマズダ(善の神)と時の王・アルデシール2世の図(戴冠式)。両者の足の下に横たわっているのは戦の敗者であるローマ皇帝です。大昔前のものがこんなにキレイに残っているとは!シーラーズに行ったときに見たナグシェ・ラジャブのレリーフにも感動しましたがこちらもキレイです!しかも同じササン朝期の遺跡が、距離にしてかなーーーり離れている場所で見られるとは。。。高校時代世界史で学んだので頭の中では、ササン朝ペルシアが巨大帝国だとは分かっていたのですが、実際にこうして離れた場所のレリーフを見ると、実感がわいてきます。, ターゲボスターン3つ目の一番大きなレリーフ。2つ目のレリーフの写真をとりのがしましたorz実はこのとき、フィルムカメラも持っていたのですがその調子が悪くなり、ベンチに座ってカメラをいじくり回していたので、てっきりフィルムカメラに納めていたと思っていたのですが・・・デジカメにもフィルムカメラにもなく(T_T)右上の天使のレリーフは吉祥天のモデルと言われています。シルクロードを感じます。, ちょっと影になって見えにくいですが左上に色づけされたレリーフがあります。これ、ガージャール朝(近年の王朝)の権力者が自分の権威を示すためにわざわざ古い(ササン朝)レリーフの上から彫った物です。モッタイネー!!!ササン朝はイスラム国家ではなかったのでイスラム国家の権威づけでもあったのでしょうか。ちなみにこのターゲボスターンのレリーフには全て柵がしてあったのですがよく見ると全部落書きだらけorz特にこの一番大きいのはひどかった><ペルセポリスと同じくらいいろんな国の言葉で落書きが彫られています^^;私達は文化庁の人に説明を受けている流れで?!柵の中に入れてもらえましたが(今思えば中に入れてもらっている間写真を撮れば良かった>< なんか遠慮をしてカメラを出せなかった^^;)その様子を見て、後からこっそり入っていた人は怒られてました^^;でもあの柵、とっても軽く、簡易で設置されているので、簡単に持ち上げて移動させることが出来る物だった・・・。, 説明員さんがいなくても、遺跡の内容が分かるようにターゲボスターンには説明書きが1つ1つありました。今まで見てきた中で説明書きがきちんとキレイについている遺跡とそうでない遺跡があったのですが管理する自治体の問題なのかな???^^;, 入り口からレリーフのある場所までの間に広がる広場。出土品が飾られています。ターゲボスターンには泉があり、緑が多かったです。なので昔から動物が多かったので王達の狩りをするための別荘地だったそうです。そのためこのようなレリーフがあるのだとか。, この柱の頭は、ルーブル美術館が1億出して買うとまで言ったシロモノらしいです。それでも売らなかったと、誇り高く説明してくださいましたが外国の美術館が1億出して買うと言った物をポンと外に置いてあるというのが何だか日本から来た私には???でした(笑)その話は別としてもとてもレリーフがキレイです。(この裏側にも絵があり)これ以外に他にもこのような柱の頭が陳列されていました。, 入り口横に置かれていたバビロニア(イラク)のレリーフの型。ここの研究員さん(説明してくださった方)もイラク戦争から今のイラク国内混乱でイラク内の遺跡は壊滅的だと残念そうでした。, お昼を、遺跡前にあるたくさんのレストランの中から客引きを唯一していなかったレストラン(笑)で食べました^^;;;他のレストランは木々の中で広々と食べられるようになっていましたがここはどうやら普通の地元の人が食べに来るところの様子。警察官や地元の人がテイクアウトでシシカバブを買って帰っていました。外国人が来たので、お店の人が少し慌てていましたが隣のレストランの人や近所の人?お客さん?まで寄ってきて具体的に食材を取り出して一つ一つ丁寧に注文を聞いてくれました^^;;;友達がペルシア語を話せるのでとても驚いていましたがそのせいか、周りの方がずっとペルシア語で話していました。友達がクルド語で(普段通りに)話してみて欲しいと言うとクルド語を話してくれて友達は全く分からないと言ってました(笑)(私はもちろんどちらも分かりませんが^^;)クルド同士で話すとき、ペルシア人と話すとき、両方が混じるとき、で言葉を使い分けているそうです。大変だ><;;;;, 昼から世界遺産ビーソトゥーンに行きました。この写真はビーソトゥーンの遺跡で一番最初に目に付くレリーフ。と言っても本来のレリーフの上にサファヴィー朝の権力者(商いをする人だったかな)が近くのキャラバンサライ建設ウンヌンのために権力誇示で上から碑文を彫っちゃってます><モッタイネー。これもまたターゲボスターンのと同じで古い物の上に記すことで権力を誇示しているのかゾロアスター教国家に対するイスラム国家の考え方なのか。。。昨日ハマダーンからケルマンシャーに来るとき乗ったミニバスを逆ルートで乗り、遺跡のところで降ろしてもらいました。(ってかちょっと通り過ぎたけど^^;)ビーソトゥーンは村の名前だそうで”遺跡の前 ”と言わないと村の入り口で降ろされちょっと歩かなければいけません><;;;私達は、他の乗客の方々はがそのことに気づいてくれて運転手さんに叫んでくれたため、遺跡の入り口から少し過ぎているけど、村まで行っていない所で降りられました。でも帰りのミニバスを探すときも私達が降りた場所まで案内されたのでちゃんとした停留場所なのかも???もしそこがちゃんとした停留場所なら降りた場所から少し山手の方に歩き、車の入り口のようなところを入って山沿いをケルマンシャー方面にしばらく歩かないと遺跡まで行けません^^;(なので降ろされたとき、方向がわからず かなり迷って逆方向に歩いたりしてました), アケメネス朝以前の先史時代の居住地跡だそうです。ここビーソトゥーンは、目に見える形での遺跡・遺物は正直、世界遺産として考えると「え?これだけ???」と思ってしまうのですがどうやらこの周辺一帯がアケメネス朝以前・先史時代からの遺跡を下に持っていると聞きなるほどと納得しました。この居住跡の周りは荒れ地が広がっているようにしか見えないのですが”この下には大きな古代都市があります ”(一般に見えるようには掘り下げてない・・・)とか”あそこは神殿跡とされてます ”(普通に見ると景色の一角として 山の斜面の突起物に見える。)という説明を聞くと、大きな古代のロマンを感じずにはいられませんでした。でも見た目は・・・何もない荒れ地と岩山ですが^^;場所は先ほどの碑文を上から彫られたレリーフがある場所の右側一帯です。そう考えると、ミニバスで降りた場所からすぐ近くにある車の入り口から、ずーーーっともしかして遺跡なのかな???ちなみに、上記を見ても分かるとおり、ここでも文化庁の人に案内をしてもらいました^^;(入場券発行場所も 入り口にあたるものもないので (なのでもちろん入場無料) 文化局がどこにあるか分からず フラフラしていたのですが 友達が探してきてくれました。)ここの文化庁の方は、考古学や歴史学を学んだ方ではなく観光学を大学で学んだ人でした。そのため私がフラフラしている間ドイツ人団体観光客とすれ違ったのですがそのドイツ人団体観光客に説明員としてついてまわっていたと言われました。(なのでその方に 立て続けに説明をさせることになってしまった^^;), ビーソトゥーンの中で一番有名なダレイオス1世のレリーフを見るために山の中腹まで登って見た景色。夕方なので暗いですが・・・下方に見えるのは”王の道 ”です!王の道を実際に歩いているんだと感動しながら歩いていましたw(と言っても普通の小道なんですが^^;)ちなみにダレイオス1世のレリーフはとっても高い位置にあるので中腹まで登っても私のヘボデジカメでは小さくしか写すことが出きずデジカメでの撮影はあきらめました><;;;その代わり望遠フィルムカメラには納めましたがwダレイオス1世のレリーフは崖に刻まれているので誰がどうやって???と不思議に思います。シーラーズに行ったときに見たナグシェロスタムにあるダレイオス1世や他の王のお墓も、どでかくてかつ高い位置にあるので同じ思いをしましたが。昔の人の技術には圧倒されます。レリーフ修復などのためにレリーフ近くまで階段がもうけられてますが一般人がその階段をあがることは出来ません。, ビーソトゥーンの石切場の向かいほどに今発掘中?のイルハン朝期の遺跡があります。その近くに、いろんな土器や陶磁器の破片が。。。説明員さん曰く、各地で見つかって、でも細かすぎて識別出来ない破片を学者が集めてここに持ってきたままうち捨てられているそうです^^;判別できないガラクタとは言え、昔の物だと思えば違った印象を持つので写真を撮ると、「欲しかったら持って行っても良いよ。」と言われました!まぁ、もうすでに研究対象になっていないゴミなんでしょうけど^^;, 山側に向かって、ビーソトゥーン遺跡の左側にある差ファビー朝期のキャラバンサライ跡。今、改装工事中でホテルになるそうです。世界遺産の力ってすごいなぁ(爆)しかしこのキャラバンサライ跡、ホテルにすると決まる前は麻薬中毒者の独房として使われていたそうです^^;;;説明員さん曰く「この国の文化財に対する扱いとは こういう感じですよ。」と(苦笑)たくさん遺跡がありすぎるからでしょうか^^;, さきほどのキャラバンサライ横にある建物。こちらは今も麻薬中毒者の独房(爆)ホント、同じ敷地にあると言っても良いくらい隣り合ってます^^;一応周りには有刺鉄線がはられていてキャラバンサライも有刺鉄線の柵内にあるのですがホテル工事のため、ビーソトゥーン側の有刺鉄線は崩れて、柵がところどころしか見えない状態になってます。しかし・・・この環境下で高級ホテルにすることが出来るのかしら???, ケルマンシャーからテヘランまで夜行バスで帰ることに。この写真はバスターミナルの建物の一部屋、私達が乗るバス会社の待合室です。イラン国内の大きくて有名なバス会社のバスに乗る予定が違う会社でした^^;名前がすごく似ていて客引きのお兄さんに名前を確認してもうなずくのでてっきり・・・^^;乗り場がちょっと人の群がっている場所とは違って、少し閑散としたバス会社の並びにあったため???とは思ったのですが名前で信頼し、かつチケットにも”VOLVO”とあったので(ハマダーンの時にも書きましたが ボルボ社製という意味ではなく VIPバスという意味で書いてます)思っていたバス会社だと信じてました。が、人が群がっているバス会社の並びで友達が、当初探していたバス会社のロゴを見つけ悔しがっていました(笑)なんか文字の発音を聞いていると最後の音を伸ばすか伸ばさないかだけの違いの会社名だったようで・・・^^;でも受付の人は珍しく?若い女の人でキッチリとしていたし、心配していたバスの機体もきちんと”VOLVO ”と書かれてキレイでしたwちなみに、バスターミナルの建物はコの字型になっていて南側に有名バス会社が連なっているようです。南側の乗り場には人がたくさん集まっています。その横側もバス会社の待合室で(私達はそっち)北側はレストランとお土産物屋さんになっていました。ハマダーンやビーソトゥーンへ行くためのミニバスはこの長距離大型バスターミナルと同じ敷地の中にあるミニバスターミナルから乗れます。(長距離バスターミナルの南側), たまたま2種類のお葬式連絡が貼られていたのでここで紹介^^;左側は顔写真が載っているので男性が亡くなったということ。右側は顔もなく、文字だけなので、女性が亡くなったということ。人が亡くなったとき、それを知らせるのにこのような紙を町中に貼るようで今まで見てきた町でいくつも見てきました。(ってかホントにたくさん貼ってある!)男の人は顔が載せられるけど女の人は載せられないってイスラム社会的なモノなのでしょうけどなんか寂しいなぁ〜・・・もしくは女性は美しいときの顔でなければ載せたら本人も傷つくから載せないとか?!(爆), このバスでテヘランまで帰りました。出発予定時間より40分くらい出発遅れましたが^^;テヘランまでだいたい8時間くらいだったでしょうか。就寝時間になるまでは映画がバスの中で流れていました。何故かインド映画^^;;;言葉が分からないながらも、映像だけでストーリーを推測して見ていました。が、途中でプツプツ映像が切れたり再び同じシーンに戻ったり^^;時間が掛かりつつも一応終わりまで見ることは出来ましたが。テヘランには朝日がのぼらないうちに付きました。(朝5時過ぎ?)行きにハマダーン行きのバスに乗ったのと同じバスターミナルでした。外は真っ暗でしたが、たくさんのバスが往来するので、人もたくさんいるし車も、そしてタクシーもたくさんありました。, 利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 旅、音楽、写真、グルメ、インテリアを好み [T-3248], イラン北西部〜アゼルバイジャン地方のシャーセバン族の典型的なキリム。大胆な幾何学模様と縞のバランスが良いキリムらしいキリムですが、遊牧民の敷物としては珍しく約180x180cmの正方形のフォーマットで…, シャーセバン キリム お茶会さん フォローする. The King of Oil: The Secret Lives of Marc Rich. 古代ペルシアの ササン朝ペルシア 以来、 イラン で使われた、王を意味するペルシア語。 サファヴィー朝 の王は初代 イスマーイール1世 以来、シャーの称号を用いた。� [TN-4], イラン 北西部 シャーセバン族のサドルバックの表皮(裏面) 綴れ織り(キリム)シンプルなストライプと大胆なジグザクモチーフが組み合わされた小さめのキリムですが、デザインと大きさからサドルバックの裏面で…, シャーセバン マフラシュ表皮 モハンマド・レザー・シャー・パフラヴィー(ペルシア語: محمدرضا شاه پهلوی‎, ラテン文字転写: Mohammad Rezā Shāh Pahlavi、1919年10月26日 - 1980年7月27日)は、パフラヴィー朝イランの第2代にして最後の皇帝(シャーハンシャー、在位:1941年9月26日 - 1979年2月11日)である。パフラヴィー2世とも呼ばれる。亡命前後の日本の報道ではパーレビ国王と呼ばれることが多かった。 [T-2505], イラン北西部〜コーカサス南部 アゼルバイジャン 綴れ織り(キリム) 敷物コーカサス地方 アゼルバイジャン周辺のシャーセバン族の綴れ織りです。トルコではカフカズと呼ばれることもありますが旧ソ連邦、現在の…, サヴェ キリム Timeline of Turkish-Israeli Relations, 1949–2006, http://news.takungpao.com/world/watch/2015-03/2952852.html, Iran appoints ambassador to Egypt, first in 30 years, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=モハンマド・レザー・パフラヴィー&oldid=79599880. イラン美人女性17名を画像と一緒にピックアップしてみました。中東地域の大国イランが世界に誇る美女たちを確認してみましょう。西アジアや中東地域の 大国として知られるイランは、別名「ペルシャ」としても知られる国。紀元前3000年頃から続く非常に ヴェラミン ダイニングソフレ QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。, 掲載のクチコミ情報・旅行記・写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。. [T-9991], SOLDイラン北西部 シャーセバン族のキリム(綴れ織り)キリムらしい幾何学文様が全体に配置された、シャーセバン系部族の綴れ織り(キリム)。 シャーセバン族は標高2000メートルを越える高原地帯を移動し…, シャーセバン キリム マフラシュ表皮 Ronen Bergman, "5 billion Reasons to Talk to Iran," Haaretz (Tel Aviv), 19 March 1999; in "Israel's Outstanding Debt to Iran Viewed," FBIS Document FTS19990319001273, 19 March 1999. "Fuel Bridge across the Middle East—Israel, Iran, and the Eilat-Ashkelon Oil Pipeline." "Iran's New Alliance With China Could Cost U.S. イラン東部セムナーン州シャーフルード郡の冷涼な山麓地帯にあるアバルサジ村では、基幹産業がフェルト生地製造となっており、州内のフェルト生産拠点にもなっています。 17世紀初頭、美術や建築に造詣が深かったシャーアッバス1世によって建てられました。精緻なタイル模様や高くそびえる塔、大きなアーチなど、時間を忘れて見入ってしまいます。また、礼拝所中央床には小さな四角の鉄板が張られています。この上で手をたたいたり、声を出すと音が幾重にも反響します。このモスクが建てられているイマーム広場は、1979年ユネスコ世界遺産に登録されました。, この寺院は17世紀初頭に、当時レバノンで名を馳せていた宗教哲学者シェイロトファッラーを招聘するためにシャーアッバス1世が建てたものです。特に天井のクジャクの羽模様を模したタイル模様は、人間の手で作られたものとは思えない、と絶賛を浴びています。朝日が東の格子窓から差し込む光景もぜひ見てほしいものです。, 18世紀中ごろ、シラーズがイランの首都になったころ、キャリム王によって建てられたモスクです。礼拝所にはアーチ型の柱が並び、荘厳な雰囲気を醸し出しています。中庭から入り口のほうを見てください。左側のアーチには、色とりどりの花が描かれ華やかさを演出しています。, 各都市にはジャーメイモスクと呼ばれる、金曜礼拝に使われるモスクがあります。その中でもイラン一高い2つの塔やここにしかないターコイズブルーのタイル模様などを持つこのモスクには、観光客が絶えず訪れます。ここから、迷路のような旧市街地めぐりをするのが一般的なコースです。, 15世紀、このあたりに勢力を持つトルコ系王朝が立てたモスクです。青や紺色などを用いたタイル模様は、他では見られない独特のデザインです。残念ながら1779年の大地震により破壊されてしまい、その後修復されたものの、青の部分は入り口アーチを除いてほとんど残っていません。, 18世紀に建てられた、鮮やかな彩色のタイル模様やレンガ模様の美しいドームのあるモスクです。イラン特有の建築様式として、中央には池が設置されています。, 15世紀、モンゴル系王朝時代に建てられた、ターコイズブルーのドームが美しいモスクです。その後何度も修復され今の形になっています。マシャハドのイマームアリ廟と並んで建てられ、いつも巡礼者や観光客でにぎわっています。, 9世紀に建てられた、イラン国内で最古のモスクと言われています。ササーン朝の拝火堂跡に建てられ、ドームは2重構造で、のちの時代にこの建築様式が継承されていきました。モンゴル襲来の際にも破壊されなかった幸運なモスクです。, 15世紀に建てられたモスクで、落ち着いた色彩のタイル飾りと広い中庭、澄んだ水をたたえる池がゆったりとした空間を作っています。ケルマン市内1番の観光スポットとして、観光客がたくさん訪れています。, 私たちはイラン現地会社として、皆様のイラン旅行のお手伝いをしています。パッケージツアーから個人ツアーのアレンジはもとより、イランについての情報を発信しています。. 湘南エリアでゆるく生活中。, 日本ではネガティブなイメージで語られることが多いイランは、実際に行ってみるとイメージとのギャップが大きい国の一つです。そしてイランで行われる新年のお祭りノウルーズは、日本人にとっては時季外れながら楽しい雰囲気が味わえ、しかも日本にどこか似ている不思議なお正月なんです。今回はイランの新年のお祭りノウルーズをご紹介します。, イランのシーラーズにあるマスジェデ・ナスィーロル・モスクは、まるで万華鏡の中にいるかと錯覚するほどの美しいモスク。その美しさはタイルによる装飾だけではなく、朝日とステンドグラスが合わさる事によってもたらされ、その姿は芸術とひと言では言い表せられない程の幻想的な空間。 1978~79年イランのパフラビー朝を倒してイスラム共和制を樹立した革命。 ムハンマド・レザー・シャー(在位 1941~79)は,いわゆる「白色革命」によって上からの急激な近代化政策を強行し,土地改革,女性参政権,識字教育などの実施を推進したが,地主層や宗教指導層が反発。 [T−995], イラン北西部 シャーセバン族 マフラシュ 布団袋の表皮テント内では布団や毛布などの収納として、移動の際にはラクダのこぶの両側に振り分けて荷物を入れる大型のバックとなるマフラシュ。欧米ではベビークレード…, シャーサバン キリム 2007/10/24 [T-1671], イラン北西部〜コーカサス南部のシャーセバン族のマフラシュ(布団袋)の表皮綴れ織りによるマフラシュの表皮で、シャーセバン族には珍しく落ち着いた色彩が使われているがモチーフは動物の頭(アニマルヘッドコラム…, シャーセバン サドルバックの表皮(裏面) Leverage". イラン特有の建築様式として、中央には池が設置されています。 8- ゴーハルシャード モスク (マシャハド) 15世紀、モンゴル系王朝時代に建てられた、ターコイズブルーのドームが美しいモスクです。 Copyright(c) forTravel, Inc. All rights reserved.
2020 イランの シャー