アフガニスタンとイラクの戦場から復員した米兵が年に8000人のペースで自殺している。過去13年の戦地での戦死者は約6800人なので、これをはるかに上回る。自衛隊が米軍と行動を共にするようになった時、他人事ではなくなる可能性がある。 アメリカ軍がかつてベトナムに、そしてイラクに大量のアメリカ兵を派兵し、その帰還兵の3割に精神障害がみられることが伝えられてきました。最近でも、昨年11月にNHKが『イラク帰還兵 心の闇とたたかう 』というドキュメンタリーを放映し話題をよびました。それは、およそ以下の内容をわれわれに伝える好番組でした。イラクから帰還したアメリカ兵の間に、今「PTSD=心的外傷後ストレス障害」が増えている。アメリカの医学雑誌が米軍の協力のもと行った調査によると6人に1人がPTSDなど深刻な精神的な問題を抱えているという。イラク武装勢力との戦いの中、いつどこから襲われるかわからない恐怖、民間人を誤殺してしまった罪悪感などが兵士の極度のストレスを生んでいる。番組ではイラクから帰還した兵士たちを取材。彼らがイラクで何を経験し、何が彼らを苦しめているのかの証言を得た。一方、アメリカ軍は長引くイラク駐留で兵士の数が不足し、PTSDなどによる兵士の戦線離脱を防ぐための対策を迫られている。全米各地のアメリカ軍施設を取材し、イラク帰還兵の心の闇に迫ったものでした。, 今回の報道は、同様の事態が自衛隊員のなかにもあることを示すものです。現地に派遣された自衛隊員はおそらく緊張と恐怖、そして心労の毎日を送ったにちがいありません。自殺した自衛隊員が「『米兵には近づくな、殺される』と騒いでいた」と関係者が証言しているともいいます。, 今回、同紙が入手した内部文書「平成17年度自殺事故発生状況」(防衛庁)によれば、== 以下、引用 ==, リストには自殺した日時、所属、職種、階級、既婚・未婚、自殺の手段などのほか、「特記事項」として通院状況や「海外派遣」の有無などが記入されています。防衛省は、自殺した隊員の所属などは「プライバシーにかかわる」として公表していません。自衛隊員の詳細な自殺者一覧の存在が明らかになったのは初めてです。同文書によると、自殺者総数は47人(2006年1月現在)で、目を引くのはイラク派兵の隊員です。▽05年4月3日 第一次イラク復興支援群に参加した北部方面隊第2後方支援連隊(旭川駐屯地)の二曹(29)が午前5時、自宅で自殺。▽同5月27日 第四次イラク復興支援群に参加した東北方面隊第20普通科連隊(神町駐屯地=山形県東根市)の陸士長(23)が早朝、同演習場で自殺。▽同8月7日 第二次イラク復興支援群に参加した北部方面隊第11師団司令部(真駒内駐屯地)の三佐(38)=イラクで警備中隊長=が午前4時、一般道の車内で自殺。, 安倍内閣は「防衛庁」から「防衛省」への昇格に合わせて、自衛隊の海外活動も「本来任務」に“格上げ”しました。米軍の新たなイラク増派策を無条件で支持し、「(国際貢献で)自衛隊の海外派兵はためらわない」(NATO理事会で安倍首相)と、自衛隊の海外派兵のいっそうの推進を表明しました。自衛隊OBの一人は「自衛隊の海外派兵は憲法違反であり、イラク派兵のような海外活動が増えれば、一般隊員を危険にさらし、さまざまな犠牲を強いることになる。“一将功成り万骨枯る”という悲惨な海外派兵=海外活動の本来任務化は絶対反対だ」と話しています。 == 以上、しんぶん赤旗1・14 ==, 注;『アメリカ精神医学ジャーナル』の10月号に、イラクから帰還した兵士の多数が、心的外傷後ストレス障害(PTSD)に悩まされているとの調査結果が発表された。PTSDとは、重大な身の危険を伴う苦痛な出来事が起こった後に発生する不安障害のことである。フラッシュバックが起こると、現実感がなくなり、過去に体験した恐ろしい出来事がもう一度起きてしまうのではないかとの不安に駆られることになる。「ウォルター・リード陸軍医療センター」のトーマス・グリーガー教授(精神医学)らのチームは、イラク帰還兵600人を調査して、時とともにPTSDの発生率が高くなることを発見した。帰還1カ月後には、PTSDが4.2%、うつ病が4.4%、4ヶ月後にはPTSDが12.2%、うつ病が8.9%、7カ月後にはPTSDが12%、うつ病が9.3%の割合で発生していた。また、これまでの調査によると、PTSDを発症する割合は、重傷を負った兵士とそうでない兵士の場合でほとんど変わらないことも発見されている。http://www.janjan.jp/world/0610/0610193006/1.php, http://www.janjan.jp/world/0610/0610193006/1.php, ネット上では「おおげさ」と言う人もいるようですが、昨年夏ごろの週刊現代では『「イラク出兵」自衛隊員「戦死者5人」とPTSDに囚われた帰還兵たち』というタイトルで報道されています。「戦後初の“戦死者”を生んだ派兵」という指摘もされていますが、その通りだと思います。これが戦争の現実です。, イラク戦争に着任した自衛官のうち七人が自殺したといわれています。徹底的にマスコミはかくしますが(プライバシーの侵害はなどはだいたいマスコミは無視しがちなのですがこれはどういうわけでしょう。)それでも情報はもれてきます。, 多国籍軍いそいで 撤退ください。 戦闘防衛やめて ください. しかしイラク戦争開戦からわずか1年9ヶ月。イラク戦争の渦中において早くも米兵のPTSD問題が大問題になり始めたのだ。現在のゲリラ戦、市街戦がいかに凄惨かつ過酷であるか、イラク戦争がいかに残虐で大義のない戦争であるかがわかる。 しかしイラク戦争開戦からわずか1年9ヶ月。イラク戦争の渦中において早くも米兵のPTSD問題が大問題になり始めたのだ。現在のゲリラ戦、市街戦がいかに凄惨かつ過酷であるか、イラク戦争がいかに残虐で大義のない戦争であるかがわかる。 イラク戦争とは一体なんなのか?その原因や目的をわかりやすく解説していきます。未だに議論が続き、中東の混乱を引き起こしたイラク戦争について理解を深めていきましょう。2003年から始まったイラク戦争は、過去100年間のアメリアの外交政策の中で恐 イラクに派遣された自衛隊員に自殺が相次いでいます。帰還後の自衛隊員に自殺者が増えていることについて、防衛省広報課はイラクに派兵された自衛隊員(5500人)の自殺者が陸上自衛隊で6人、航空自衛隊で1人と回答したといいます(『しんぶん赤旗』1・14)。 自衛隊イラク派遣(じえいたいイラクはけん)は、イラク戦争初期の2003年(平成15年)12月から2009年(平成21年)2月まで行なわれていた、日本の自衛隊のイラクへの派遣行為の総称である。 その目的は、イラクの国家再建を支援するためである。 二度にわたってイラク戦争に送られ、PTSDとTBIの治療を続ける元米兵のライアンさんは、睡眠薬なしでは眠れません。 眠れたとしても悪夢を見ます。 イラク戦争 (いらくせんそう)とは、 アメリカ合衆国 が主体となり 2003年 3月20日 から、 イギリス 、 オーストラリア と、工兵部隊を派遣した ポーランド 等が加わる 有志連合 によって、 イラク武装解除問題 の 大量破壊兵器 保持における進展義務違反を理由とする『イラクの自由作戦』の名の下に、 イラク へ侵攻したことで始まった軍事介入である。 イラク戦争帰還兵のptsdはなぜ多いのか? ... とくに今回のイラク戦争は、そもそも開戦の時から「大義なき戦争」などと言われ、個人的には疑いの気持ちを残しながら戦地に赴いた兵士もいるかもしれない … イラク戦争に派遣されていた自衛隊が 帰国した際にptsdの為、 自ら命を絶ってしまった自衛隊員が 30人弱存在するのである。 帰国後、日米共同訓練の最中に、「彼ら(米兵)と一緒にいると命が危ない」と騒ぎ出したこともあったという。
2020 イラク戦争 自衛隊 ptsd