さらに、今回、私が訪問した直後の7月1日に指揮者にサイモン・ラトルが就任したばかりのロンドン交響楽団をこの巨大な建物のターバイン・ホールにに引き連れてきて音楽会を開催したことをBBCで知り、演奏もインターネットで聞いた。現代音楽ともいうべき終戦後の作品を二点、演奏した。最初はフランスのメシアン作曲の「復活」で、後半は巨大な編成で三つのオーケストラのための「グルッペ」という作品。ここのアート展示は私も旅行記に書いた通り、さっぱり理解できなものばかりだが、音楽のモダンな作品のほうが私は耳慣れているせいか、メシアンだと十分、クラシック音楽に聞こえた。この曲は昔LPで馴染んでいたせいもある。ただ、シュトックハウゼンは途中でやめた。電子音楽をオーケストラで無理に鳴らした感じのものだ。昔、シュトックハウゼンは大阪の万博で、本人の演奏を見たことがあるが、あの時もピンとは来なかった。いわゆる現代音楽や現代美術もピンキリだ。 日本での事前予約で、本場のミュージカルを観劇! [ロンドン] All About, 世界一有名な未解決事件の犯人『切り裂きジャック』。このツアーでは実際の殺害現場を訪れ、誰がどういう状態で発見されたかを解説してもらいます。またツアーではイギリスが生んだ世紀の名探偵の名前が付いているパブ『シャーロック・ホームズ』も訪れます。ここにはホームズ所縁の品々が飾られており、切り裂きジャックの謎解きをする場所として、これほど相応しい場所はないでしょう。, 出典: 結構写真を撮る人で...  そんな各国の遺産をたくさん所蔵しています。 閉じる. テムズ川沿いに...  閉じる, 2018年7月後半に撮影したトラファルガー広場から見たビッグベンです。 皇居の約4倍!チャーチル元首相の宮殿ツアー [ロンドン] All About, このツアーでは、リーズ城、世界遺産カンタベリー大聖堂・グリニッジ天文台、ドーバー海峡、テムズ川クルーズ、を巡るなんとも盛り沢山のツアー。『貴婦人の城』と言われるリーズ城の美しく整備された庭園と城内では、まさに英国貴族の気分を味わう事ができます。其々の趣が全く異なるので飽きずに1日を過ごすことができます。限られた旅行日程でロンドン近郊を巡るにはおススメのツアーです。, 出典: 30年前ごろ初めて入店したパブやレストランもまだ、同じ名前でここには存在している!, の色が見事に変わります。ビッグベンは15分ごとに鐘を鳴らします。ウェストミンスター駅から外に出てくるとビッグベンが目の前に!圧巻です!, 設と別の場所で買うことを、頭に入れておくといいです。エリザベスタワーにせよ、修復中が多い施設で、あずましくない印象です。, ちゃ状態。ピカデリーサーカスの目印になるので、待ち合わせにも使われているのでしょうか?。像は、小さいです。。。でも、その周りの景色が素敵なので、見る価値ありです。, 歩いた。その日は、それで散歩も十分な距離になったので、二日後の6月8日に、残るハイド・パークの東側を歩いた。二日がかりで、西側から東側までの主要地域を走破した!ロンドンはうらやましい。こういう広大な公園があちこちにある。普段の生活では地方の町に住んでいると変わり映えのしないところをそう何度も歩く気にはならないが、ロンドンだと、飽きることがないので、散歩の距離も延びてきて半月滞在で帰国するごろにはすっかり体調も整ってくるし、体重も少しだが、おなかが引っ込んだ感じがする。, ントンを出たらすぐに左に右に王立音楽堂が有ります! 訪問や写真撮影を考えている方はご注意ください。, 堂からもすぐです。エリザベス1世やニュートン、ダーウィンも埋葬されているようです。   隣の日本人観光客は前掛けしていたの ちょっと変わった自然博物館へ! 続きを読むす。事前申し込みが必要です。別館と本館があって、別館は添え物のような感じです。本館にはフェルメールもあり、こちらが本命です。いずれにしても、各王室というのは何百年も美術品の収集をしてきており、美術館顔負けの逸品を有しているという歴史を再認識する機会になりました。  イギリスの首都ロンドンには見どころがたくさんあり、地下鉄やバスを使えば短い日数でも多くの観光スポットを巡ることができます。イギリスの魅力にはまり、イギリスが大好きなトラベラーが選ぶ、ロンドンのイチオシ観光スポットを紹介します。 Copyright(c) forTravel, Inc. All rights reserved. ヨーロッパ > ダーウイン・種の起源だの難しい事は分かりません、 2.タワー・ブリッジ 博物館内にあるカフェもお勧めです。, 歩道が整備され散歩やジョギングを 徒歩すぐ【18:00】リバティ ダビンチコードの映画でも重要なロケ地でした。  まとめて見学!イギリスが誇る2大博物館見学ツアー [ロンドン] All About, ロンドンから20分の海事都市グリニッジ。グリニッジ標準時や天文台が有名ですが、快速帆船カティサーク、国立海事博物館、屈折型望遠鏡、時の球、など1日いても飽きないほど見所が満載の街です。このツアーでは他の場所と合わせて約4時間巡ります。ちょっと無理をしてでも足を運ぶ価値のある街です。, 出典: 地下鉄で15分【18:00】アンカー&ホープ 続きを読むした!川沿いのボート乗場が有ります!遊覧観光船も此処から出ますが料金は高めです!オイスターカードが使える(1日最高限度額約10ユーロだから地下鉄・バス・船何でも!何度でも!使わな損)市民交通船は低料金で両岸の観光を楽しみながらビッグベンませ行けますよ!地下鉄利用も可能ですがボートは船外・船内でも座れて船内には売店とトイレも有り便利!船員も親切です!反対に上りにも是非利用しましょう!  ロンドン(イギリス) で人気の観光スポットをランキング形式でご紹介!【現地ツアー・予約・クーポン有】の施設・スポット情報掲載!ロンドン(イギリス) の観光スポットに関する情報は日本最大級の旅行クチコミサイト フォートラベルでチェック! エリザベス女王の居城!ウィンザー城訪問ツアー [ロンドン] All About, 世界で最も愛らしい城と言われる『リーズ城』。森や湖に囲まれた優雅な佇まいは確かに貴婦人の風情です。城内は歴代国王や王妃が使用されていた当時の様子が再現され、見応えたっぷり。リーズ城は今でも国際会議や国の行事に使われる現役の城。またその後にはカンタベリー大聖堂を訪れます。ゴシック様式の荘厳な建物で、内部装飾や美しいステンドグラスは必見です。イギリスの歴史好きにはたまらない貴重なツアーだと思います。, 出典: ロンドン・ブリッジを渡りモダンアート(現代) 乗り場は、ウェストミンスター・ブリッジの近くで、観光名所が多いところなので、立ち寄りやすい場所でした。, で焼失したのち再建されたもので、 閉じる. 絵に見とれて縦横つながる部屋で迷子になり何度も でも結構歩き回るのと名画だらけで頭の中がグチャグチャで疲れます。 世界各地の遺産を集めた大型博物館から、教科書... 国が違えば文化も異なる。通貨は? ビザは? 時差は? チップは? など出発前に知っておきたいイギリスの情報を紹介。... 専門店が一堂に会したロンドンのデパートは世界的に有名。ブランドの宝庫をめぐって素敵な発見を。... 世界を牽引してきたこの街には、威風堂々とした建築の数々や王室にまつわる絢爛な施設が建ち並ぶ。景色の移ろいを感じながら街歩... 2つの有名な広場があり、いつも多くの人々で賑わうエリア。ショッピングやマーケット散策のほか、芸術鑑賞も楽しめる。... 名誉ある王室御用達の紋章「ロイヤルワラント」。高級店ばかりではなく、さまざまなジャンルで認定を受けている。王宮に近いセン... 世界標準時子午線の上に建つ天文台があることで知られる街。歴史的な建造物が並ぶ河港都市として、街全体が世界遺産に登録されて... まずは旅行にでかける国について学ぼう。国によって生活事情や常識はまったく異なるものであることを事前に知り、知識を仕入れる... 緑の丘陵地帯にうっとりする! 1.セント・ポール大聖堂 私は10時開館から名画50点を目標に観賞しました。 ダビンチコードの映画でも重要なロケ地でした。, ったロンドン塔。訪問しなかった理由は入場券が高額と聞いていたから。実際に訪れると3人で7000円を超える高額に衝撃を受けた。 時間があったら、1日以上かけても、観るべきものがたくさんあります。 最大規模の蚤の市 「クリニャンクール蚤の市」 [ロンドン] All About, ※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。, ロンドンを満喫できる空間 「ピカデリーサーカス」 [ロンドン] All About, アンティークの素敵な雑貨店「JENSEN & BALLANTINE」 [ロンドン] All About, パンクファッションの発祥地「Camden town」 [ロンドン] All About, ロンドンが誇る「ハムステッド・ヒース」の自然美 [ロンドン] All About, 切り裂きジャック事件に挑戦!ロンドンナイトツアー [ロンドン] All About, まとめて見学!イギリスが誇る2大博物館見学ツアー [ロンドン] All About, 謎だらけのストーンヘンジと世界遺産のバースツアー [ロンドン] All About, イギリスの人気観光地「はちみつ色のコッツウォルズ」 [ロンドン] All About, 英国の名門大学オックスフォードとケンブリッジツアー [ロンドン] All About, 「貴婦人の城」リーズ城とロンドン近郊世界遺産の旅 [ロンドン] All About, 雑貨とアンティークの宝庫「ポートベロー・ロード」 [ロンドン] All About, 地元の人にも人気の観光スポット「コベントガーデン」 [ロンドン] All About, 高級ブランドが集結したオールド・ボンド・ストリート [ロンドン] All About, 何でも揃う巨大モール!ウェストフィールドロンドン [ロンドン] All About, 映画スターにばったり出会う! 続きを読むったロンドン塔。訪問しなかった理由は入場券が高額と聞いていたから。実際に訪れると3人で7000円を超える高額に衝撃を受けた。 川岸から遊覧船や市民の足のボート乗り場も在るので 1.ロンドン塔 何度見ても凄いです! イギリスの首都ロンドンは伝統と最新の文化が息づき、魅力的な観光地が数多くある街です。ロンドンを象徴する時計塔ビッグベン、世界最大級の大英博物館、英国王室ゆかりのバッキンガム宮殿、映画ハリーポッターのロケ地など、見どころが多すぎてどこへ行けばいいか迷ってしまうほどです。, そこで今回は、これだけは押さえておきたいロンドンのおすすめ観光スポットを15か所に厳選しました。実際に私達がロンドンを地下鉄で観光して分かった、観光に必要な日数、おすすめ観光スポットの地図、3日間で巡るモデルコースを紹介していきます。, ロンドンには数多くの見どころがあるので、観光を満喫するには最低でも3日間は欲しいところです。郊外のウィンザー城やストーンヘンジ、コッツウォルズへ行きたい場合は、さらに2~3日は必要となります。, ロンドン観光の目安としては、これくらいあれば楽しめます。 ①博物館・美術館巡りに1~2日 ②市内観光のハイライトが集まるウェストミンスターエリアに1日 ③市内中心部の東側エリア(セントポール大聖堂~ロンドン塔)に1日, またロンドン市内は広く、観光地同士は距離もあるので、地下鉄を上手に利用して観光するのがおすすめ。地下鉄は網目のように張り巡らされていて、旅行者も利用しやすいです。IC乗車券の「オイスターカード」を使うと交通費が安く済みますよ。, 【ウェストミンスターエリア】 ⑤ロンドン・ナショナルギャラリー ⑥トラファルガー広場 ⑦ロンドンアイ ⑧ビッグベン/ウェストミンスター宮殿/国会議事堂 ⑨ウェストミンスター寺院 ⑩セントジェームズパーク ⑪バッキンガム宮殿, 【テムズ川・東側エリア】 ⑫セントポール大聖堂 ⑬テートモダン ⑭ロンドン塔 ⑮タワーブリッジ, まず最初にご紹介するのは、ロンドン観光の目玉とも言える大英博物館。歴史的価値の高い発掘品や美術工芸品が15万点以上も展示されており、1日では見て回れないほどのスケールを誇っています。イギリスでは国立の博物館・美術館は入場無料なので、タダで鑑賞できるというのも嬉しいですね。, 美しいガラス屋根のホール「グレートコート」には、見学の起点となるポイントが集まっています。インフォメーションやオーディオガイドカウンター、カフェ、お土産ショップがあり、大英博物館の定番土産として知られるアヒル人形もここで購入できますよ。, 「ロゼッタストーン」や「パルテノン神殿の彫刻」をはじめ、教科書で一度は目にしたことがあるお宝が目白押し!, ミイラが展示されているエジプトコーナーは特に人気があり、「女神官ヘヌトメヒトの棺」や「死者の書」は見逃せません。他にも古代ギリシャ、ローマ、中東など世界中から集められた貴重な品があるので、ゆっくり時間を取って鑑賞してもらいたい博物館です。, 次は地下鉄ピカデリー線に乗って、キングスクロス駅へやってきました。駅が観光スポット?と思われたかもしれませんが、実はここ映画「ハリーポッター」ゆかりの地として、ハリポタファンには有名なスポットなんです。, 駅構内には、映画に登場する「9と3/4番線」というプラットホームが再現されています。カートが半分壁に吸い込まれた撮影スポットになっていて、お決まりのマフラーや杖を持った人の行列が出来ています。, カートのすぐ隣には、ハリーポッターの公式ショップがあるのでお土産も要チェック!映画を見たことがないという人は、1作目の「ハリーポッターと賢者の石」だけでも観ておくとより楽しめるかと思います。, キングスクロス駅のすぐ隣には、レンガ造りの立派なセントパンクラス駅があります。こちらの駅は外観がハリーポッターに登場しますので、忘れずにチェックしてみて下さい。, 次は地下鉄ピカデリー線に乗って、サウスケンジントン駅へ。駅からロンドン自然史博物館までは、地下道を歩いて行くことができます。, ロンドンに数多くあるミュージアムの中でも、トップクラスの人気を誇るのが自然史博物館。世界中から集められた恐竜の化石、動物の剥製、昆虫の標本など、数億点ものコレクションが展示されています。, 一番人気の恐竜コーナーには、トリケラトプスやステゴサウルスなどたくさんの骨格標本があります。中でも迫力満点の動くティラノサウルスは見逃せませんよ!, 恐竜コーナーと人気を争う、クジラコーナーも必見です。巨大なホールには哺乳類最大の生物であるシロナガスクジラをはじめ、ホッキョククジラ、マッコウクジラなど実物大の骨格標本がずらりと並んでいます。子供から大人まで楽しめる素晴らしい博物館でしたよ。, ロンドン自然史博物館のすぐ隣に建つのが、ヴィクトリア&アルバート博物館です。美術工芸品が4万点以上も展示されており、アート好きは見逃せないスポットとなっています。コレクションは、絵画・彫刻・金属細工・家具・服飾など多岐に渡るのが特徴です。, V&A博物館の最大の見どころは、ラファエロ・ギャラリー。礼拝堂のような細長い部屋には、ルネサンス期を代表する画家ラファエロが描いた下絵(カルトン)が展示されています。現存する7点全てが、このギャラリーに展示されているというから驚きですね。, ヨーロッパの有名な彫刻のレプリカが並ぶ、カストコートも必見です。美術の教科書でお馴染みの「ダヴィデ像」を見ることができます。, 館内には美しい中庭に面した「V&Aカフェ」があるので、ここでゆっくりするのもおすすめ。中央には噴水があり、晴れた日はとっても気持ちが良いですよ~。, V&Aカフェはロンドンで一番素敵なカフェと言われていて、華やかな空間で食事を楽しめるのが魅力です。セルフサービスのカフェなので、観光客でも気兼ねなく入れます。外食費の高いロンドンにしては、良心的な価格で食事できるのもポイントですよ。, 続いては、ロンドン観光のハイライトが集まるウェストミンスターエリアを巡ります。ピカデリーサーカスはロンドンきっての繁華街で、ショッピングスポットや飲食店が多く、昼も夜も賑わっています。また、ハリーポッター7作目のロケ地でもあり、ピカデリーサーカスのシンボル「エロスの像」は待ち合わせのメッカとしても知られています。, ピカデリーサーカスから5分ほど歩くと、ロンドン・ナショナルギャラリーに到着しました。13~20世紀初頭のヨーロッパ絵画を数多く所蔵する美術館で、美術ファンならずとも一度は訪れたいスポットです。, ナショナルギャラリーにはレオナルド・ダ・ヴィンチ、ボッティチェリ、モネなど有名画家の作品が目白押しですが、中でも人気No.1はゴッホの「ひまわり」です。, オランダの巨匠フェルメールの傑作、「ヴァージナルの前に立つ女」も見逃せません。彼の作品はこの世に30数点しか現存していないので、とても貴重な一枚です。誰もが知る名画を間近で見られるチャンスですから、訪れないわけにいきませんね!, ナショナルギャラリーの前に広がっているのは、ロンドン有数の観光地であるトラファルガー広場です。広場の中央には噴水があり、高さ44mのネルソン提督記念柱が立っています。この日は何やらイベントが行われており、地元っ子や観光客でさらに賑わっていましたよ。, ネルソン提督記念柱の周りに置かれた、4頭のライオン像。なんとこの像は、三越百貨店の玄関前に設置されているライオンのモデルとなったそうです。, トラファルガー広場には、期間限定のアート作品が出現するのも恒例となっています。今回は指のモニュメントでしたが、皆さんが訪れた時はどんな作品に変わっているか楽しみですね。, トラファルガー広場の東側には、セントマーティンインザフィールズ教会が建っています。白い外壁に青い時計が映える美しい教会です。, 教会の地下はセルフ式のカフェ「Cafe in the Crypt/カフェ イン ザ クリプト」になっており、隠れたグルメスポットとして知られています。素敵な雰囲気の中で、朝食からディナーまでリーズナブルに食事できるのが魅力です。, 私達はランチタイムに訪れましたが、メニューはミートメインディッシュ(£9.95)またはベジタブルメインディッシュ(£8.95)とシンプル。日替わりスープとホットデザートもありました。ミートメインディッシュは、ローストポークに甘酸っぱいアップルソースとグレイビーソースが絶妙にマッチして美味しかったですよ。, 次はトラファルガー広場の東側、テムズ川に架かるハンガーフィールド橋を渡ります。テムズ川沿いには名だたる観光スポットが集中しているので、ゆっくり散策するのがおすすめ!, 高さ135mもある観覧車、ロンドンアイもその一つ。一周するのに30分もかかりますが、大パノラマが楽しめる絶景スポットです。, ゴンドラは丸いカプセルになっているので、見晴らしは抜群です。高所恐怖症の人はちょっと怖いかも(笑)昼間も良いですが、ロマンチックな夜景を楽しむのもいいかもしれませんね。チケットは事前にネット予約すると割引価格になるうえ、あまり並ばずに済みますよ。, ロンドンアイのすぐ裏手にあるパークプラザ ウエストミンスターブリッジホテルは、テムズ川沿いの散策やウェストミンスターエリアの観光にぴったりのホテルです。ビッグベンが正面に眺められる部屋もあり、地下鉄はウォータールー駅とウェストミンスター駅が利用できます。, ロンドンアイからテムズ川に架かるウェストミンスター橋を渡り、ロンドンで最も有名な観光名所ビッグベンへ向かいます。, 日本人にはビッグベンの名でお馴染みだと思いますが、実はここイギリスの国会議事堂で正式名称は「ウェストミンスター宮殿」と言います。内部はガイドツアーでのみ見学可能なので、入場してみたい方は事前に予約するといいでしょう。, 対岸からはビッグベンの建物全体とウェストミンスター橋を見ることができます。絶好の撮影スポットですから、記念写真をお忘れなく!, こちらも忘れちゃいけないのが、ビッグベンとウェストミンスター橋を走るダブルデッカーバスの写真。イギリスを代表する風景といっても過言ではありませんよね!, ちなみにビッグベンというのは、時計塔のことだけを指します。時計塔の鐘は15分おきに鳴るので、ぜひ聴いてみて下さい。子供の頃から馴染み深い、あの音が流れますよ~。, ビッグベンから5分ほど歩くと、世界遺産のウェストミンスター寺院があります。古くから英国王室ゆかりの教会として知られ、近年ではキャサリン妃とウィリアム王子が結婚式を挙げたことでも話題となりました。入口は北側にあり、尖塔と丸いバラ窓が目印です。, 西側の正面ファサードには2本の塔が立っています。教会内部には煌びやかな装飾が施されており、ニュートンやダーウィンといった著名人も数多く埋葬されています。入場料はちょっと高いですが、ネット予約してぜひ訪れたいスポットの一つですね。, ウェストミンスター寺院の裏手に広がるのが、広大なセントジェームズパークです。かつては国王の狩猟場として使われていた場所で、現在は市民の憩いの場となっています。, 池を取り囲むように遊歩道が整備されており、四季折々の花や野鳥に癒されること間違いなしのスポット。, のんびり散策していたら、なんとリスに遭遇!とってもキュートな瞳でエサをおねだりしてきます(笑)都会の真ん中にある公園とは思えないほど、自然豊かな場所でしたよ。, 広大なセントジェームズパークの東端には、アドミラルティアーチがあります。このゲートはバッキンガム宮殿への入口で、中央のゲートは国王専用のため普段は閉じられています。, アドミラルティアーチからバッキンガム宮殿へは、「ザ・マル」と呼ばれるメインストリートが延びています。奥の方に小さく見えているのがバッキンガム宮殿。ここから歩くと結構遠いので覚悟しましょう(笑), ロイヤルファミリーの気分を味わいながら歩くこと15分、バッキンガム宮殿の正面に到着しました。宮殿前にはヴィクトリア女王記念碑が立ち、円形の広場になっています。さすがエリザベス女王のお住まい、スケールが違いますね!, 門に付いている王室の紋章もゴージャス。宮殿内部は期間限定で一般に公開されており、女王が不在にされる夏の約1か月間だけ見学することができます。, バッキンガム宮殿で人気なのが、一糸乱れぬ隊列が見られる衛兵交代式です。ロンドンのシンボルとも言える長い黒帽子をかぶった衛兵が、楽隊や騎馬隊を引き連れて午前11時頃からパレードします。今回は割愛しましたが、バッキングガム宮殿から観光をスタートして衛兵交代式を見るのもいいでしょう。, 国家資格の総合旅行業務取扱管理者を持つ、国内・海外旅行のプロフェッショナル。 これまでに35か国・150都市へ渡航歴のある夫婦が運営しています。国内外で200軒以上のホテル・旅館に滞在歴があり、旅費は原則自費です。 実際に旅をした生の情報をもとに、安くて賢い個人旅行術をお伝えしています。 当サイトについて, Hotels.comは検索機能が充実したサイト。10泊すると1泊無料になる嬉しい特典も。, Expediaは世界最大の旅行予約サイト。ホテルと航空券を同時に予約すると更にお得!, Booking.com(function(d,sc,u){var s=d.createElement(sc),p=d.getElementsByTagName(sc)[0];s.type='text/javascript';s.async=true;s.src=u+'?v='+(+new Date());p.parentNode.insertBefore(s,p);})(document,'script','//aff.bstatic.com/static/affiliate_base/js/flexiproduct.js');Booking.comはホテル掲載数世界一。現地決済、キャンセル可能プラン多数あり。, Booking.comはホテル掲載数世界一。現地決済、キャンセル可能プラン多数あり。, 国内・海外旅行のプロ・総合旅行業務取扱管理者が世界を旅する!個人旅行ガイド「旅上手」. 館内は広く多くの作品の(横か下にフルネームで作者名・作品名・ 閉じる. やたら人が多い時は大抵週末だ。ヨーロッパなどから気軽に来ることのできる距離と料金だからだろう。今や飛行機は本当に安いので、ヨーロッパの国々から気軽に遊びに来ている人が多い。この広場や音楽会でもやたらとヨーロッパ言語が飛び交っている。オペラ・ハウスも近辺から聞こえる言語は英語以外が多いと感ずることがある。, べたら1999年に出来たそうです。 ダイアナ元妃の結婚式も行われたようです。, すが、展示内容もとても見応えがあります。 続きを読むくので、ここには自動的に何度か来ることになる。広場ではデモをしたり辻芸人が活動したりしていることも多い。 ロンドンの象徴のひとつでもあるセントポール大聖堂。クリストファー・レンによるバロック建築の傑作は、チャールズ王太子とダイアナ元妃の結婚式が行われた場所でもありま... 地下鉄サウスケンジントン駅からすぐ、隣には自然史博物館があります。 買い物重視派に送る至極の一日。掘り出し物から一流品まで、バラエティ豊かなアイテムをゲット。, 【Start】ノッティング・ヒル・ゲート駅 とかくエジプトの至宝を数多く所蔵しているので、それを評価されがちですが、本国イギリスの遺産も豊富です。サットン・フーはじめケルト文明の足跡を辿るのも楽しいかと思います。 地下鉄で20分【14:30】ロンドン塔 4.旧王立取引所 6.ウォータールー・ブリッジ 掲載のクチコミ情報・旅行記・写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。, 住所:6 Saint Martin's Place, London, WC2N 4JJ, United Kingdom, 住所:The Temple Church, Temple, London EC4Y 7DE, 営業時間:月~土 11:00~、日曜日 10:00~※日程の変更もあるので要確認。, 住所:Buckingham Palace Rd, London SW1A 1AA, UK, 営業時間:4月~7月はほぼ毎日、8月~3月は偶数日か奇数日※王国関係や国賓の滞在中、天候などの諸事情により変更になることもある, 住所:Leavesden Studios, Aerodrome Way, Leavesden, Hertfordshire WD25 7LS, 住所:Fulham Rd, Kensington, London SW10 9UG イギリス, 営業時間:ショッピングエリア 【月~金】10:00~21:00、【土】9:00~20:00、【日】11:30~18:00. 大英博物館を肴にパブで乾杯ツアー! [ロンドン] All About, ロンドン名物といえば真っ赤なダブルデッカー(2階建てバス)ですが、旅行者にはなかなか乗る機会がありません。しかしせっかく来たのであれば1度は乗らなければ損。このツアーではダブルデッカーにも乗れ、市内観光もできて一石二鳥。ツアーでは主要観光スポットをほぼ網羅する上、テムズ川クルーズにまで乗ることが出来ます。ロンドンが初めてという人やダブルデッカーに乗ってみたいという人にはお勧めです。, 出典: | 海外航空券+ホテル 続きを読む多い。今回も2度、オペラ・ハウスに入ったので、ここを2度歩いた。昔から大好きな一角は映画「マイ・フェア・レディ」でオードリー・ヘプバーン扮する花売り娘が汚いロンドンのコックニーなまりで喋っているところだ。あれはハリウッドのセットだが、よくできていた。その場所の写真をつけておくが、ヒギンズ教授に発音指導されて、見事に英語も変身をとげるあのすばらしい演技は忘れられない。ヒギンズ教授との出会いの場所もこのコヴェント・ガーデンなのだ。 バッキンガム宮殿の「兵隊の交代」は迫力満点! [ロンドン] All About, ロンドンの全貌が360度見わたせる『ロンドン・アイ』。まだ誕生して十数年ですが、今やすっかりロンドンのシンボルのひとつとなりました。一番のおすすめの時間帯は、夕暮れ時。日が沈んでゆくロンドンのシルエットを堪能できます。でも、昼間でも、夜景でも、その景色が美しいことに変わりはないので、心配ご無用です。ロンドンを訪れたら、ロンドン・アイに乗るのをお忘れなく。, 出典: 閉じる, タワーブリッジは工事中でしたが歩いて渡るとロンドン塔です!入り口は反対側ですから歩いて半周しま...  ライトアップされたビッグ・ベンやウェストミンスター寺院など、テムズ河沿いの観光スポットを自転車で観光してみませんか?他にもトラファルガー・スクエアやコヴェント・... テムズ川沿いにある重厚壮大な建物です。とにかく大きさに驚きました。天候によって外壁...  徒歩8分【16:00】タワー・ブリッジ 重厚な建物と繊細な...  ようです。 「ウィリアム・モリスギャラリー」で芸術に触れる [ロンドン] All About, ロンドン北部に位置するハムステッド・ヒースは、今も原生林が残る素敵な場所です。その自然美にひかれて訪れた芸術家などは数知れず、日本からは夏目漱石も度々訪れていたそう。さらに歩いていくと、Kenwood Houseと呼ばれるカントリーハウスが見えてきます。, 出典: 徒歩すぐ【12:30】セント・ジェームズ・パーク 聖マーガレット教会の前に在ります! 続きを読む歩いた。その日は、それで散歩も十分な距離になったので、二日後の6月8日に、残るハイド・パークの東側を歩いた。二日がかりで、西側から東側までの主要地域を走破した!ロンドンはうらやましい。こういう広大な公園があちこちにある。普段の生活では地方の町に住んでいると変わり映えのしないところをそう何度も歩く気にはならないが、ロンドンだと、飽きることがないので、散歩の距離も延びてきて半月滞在で帰国するごろにはすっかり体調も整ってくるし、体重も少しだが、おなかが引っ込んだ感じがする。 イギリスが誇る世界遺産ストーンヘンジと、エリザベス女王のお住まいウィンザー城、ハリー・ポッターの撮影にも使われた大学都市オックスフォードを巡るロンドン発のバスツ... ウエストミンスター駅からもセントジェームズ駅からも徒歩2-3分のところにあります。 見るのも良いです!, に撮影した写真も併せて載せておきます。 イギリス最安 世界中から年間670万人の見学客が訪れる大英博物館。帝国時代より世界中の発掘品や美術品が集まり、現在の所蔵点数は数百万点にも及びます。展示物の説明を聞きながら、... バッキンガム宮殿の中に、絶品の絵を集めた一画があります。フェルメールも一枚、ありま...  メソポタミアのウルのスタンダードや、アッシリアのバラワト門、コルサバート、ライオ テーミズ側沿いに建たせ界遺産ウエストミンスウター寺院 本持参はスマホ検索で作品を観ると良いかも! 閉じる. タームズ川の橋から写真が良いですが船上から そしてついでに写真も撮影可です。ただし当然ですがフラッシュ撮影と三脚を立てての撮影、そして特別展での撮影は不可です。 パンクファッションの発祥地「Camden town」 [ロンドン] All About, ロンドン市内からはちょっと郊外にあるウィリアム・モリスギャラリーがおすすめです。大きなギャラリーではないですが、1階にはお土産屋さんもあり、文房具、絵葉書、ラッピングペーパー、エプロン、傘などなどモリス柄の物がそろっています。人気の商品は折りたたみ傘らしいです。, 出典: ロンドン名物のダブルデッカーで必見スポット巡り [ロンドン] All About, ロンドンから1時間ほどの距離にある『ウィンザー城』。エリザベス女王が週末バッキンガム宮殿から戻ってくるのがこのお城。現役の王家の居城としては最も古く、規模は世界最大級。一般に公開されているのは大きく分けて、ステート・アパートメント、ドールハウス、セント・ジョージ礼拝堂の3ヵ所。このツアーでは見学後、世界七不思議のひとつ、ストーンヘンジに向かいます。, 出典: 徒歩すぐ【12:00】ノッティング・ヒル 色鮮やかな建物が美しい「ノッティングヒル」 [ロンドン] All About, Camden town(カムデンタウン)は、映画で見るようなイギリスのパンクスタイルの若者で溢れています。マーケットが特に有名でここでは洋服だけでなく、ヴィンテージショップやミュージックショップなどがあります。, 出典: 続きを読むの色が見事に変わります。ビッグベンは15分ごとに鐘を鳴らします。ウェストミンスター駅から外に出てくるとビッグベンが目の前に!圧巻です!  少しの休みで行ける海外って意外と多い! フォートラベルでは短期間で行ける海外旅行先を期間... イギリス土産の定番といえば、紅茶やショートブレッドですが、ほかにもよろこばれそうなものを... 「とにかく海外に行きたい!」「休みが取れそうだけど、どうしよう?」そんな時は、みんながお... エリアに隠された宝箱を見つけてフォートラベルポイントをゲット!チャンスは一日一回。お題はトップページで発表されます。, 掲載のクチコミ情報・旅行記・写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。. 説明が英語表記)中から見つけ出すのは大変です。 続きを読む彫刻はさすが英国を代表する建物ですね! 無料で有名な中世(古典)画家の作品を多数貯蔵して素晴らしいです! 続きを読む設と別の場所で買うことを、頭に入れておくといいです。エリザベスタワーにせよ、修復中が多い施設で、あずましくない印象です。  現在の形となったのは、1666年のロンドン大火...  | 海外ツアー 偉大なる人類の至宝を数多く所蔵しています。 ロンドン観光の口コミを集めました!ロンドンのグルメ、National Galleryなどの観光スポット、季節ごとのイベント、ロンドン観光のモデルコース、人気スポットを一挙公開!ロンドンのホテル、入場券、レストラン予約はトリップアドバイザーで一括管理! 4.ザ・シャード ダーウイン・種の起源だの難しい事は分かりません、 ロンドン塔は英国王室がかつて居城とした城塞で、上の娘は城塞の立派さに大興奮。意外に子供も喜んだ場所だった。  閉じる. 続きを読む。この日は、午前中、広いリージェンツ・パークを歩き、午後、一休みした後、さらにグリーン・パークとセント・ジェームズ・パークを一気に歩いた。途中のバッキンガム宮殿では人だかりが凄かったが、この数時間前にエリザベス女王誕生記念パレードがあったとのこと。宮殿に周辺は結構、まだ人通りが多かった。 閉じる, ものすごい人がいます。 続きを読むすが、展示内容もとても見応えがあります。 でも結構歩き回るのと名画だらけで頭の中がグチャグチャで疲れます。 テムズ川に架かる巨大な跳ね橋は街のランドマーク的存在。上部にある展望スポットから街を見渡してみよう。, ショッピングをとことん楽しむ1日 地下鉄駅を出ると直ぐでとても便利です。 ダイアナ元妃の結婚式も行われたようです。  ロンドンを満喫できる空間 「ピカデリーサーカス」 [ロンドン] All About, 『JENSEN & BALLANTINE』は、アンティークの家具や雑貨を扱うお店です。コテコテのアンティークというより、現代の生活に簡単に取り入れることができるアイテムがずらりと勢揃い。ぜひお気に入りを見つけてみてください。, 出典: 続きを読む堂からもすぐです。エリザベス1世やニュートン、ダーウィンも埋葬されているようです。 ただ、ラトルの就任記念ともいうべき演奏会をここでやったのは面白い。彼はバービカン・センターに不満があるのだ。新ホールの設計は今年12月に完成するそうだから、彼は待ち遠しいだろうが、私も待ち遠しい。今のホールは音響がよくないからだ。 カメラに夢中になった隙をついていた 「ビッグ・ベン」は世界中に愛されるイギリスの象徴 [ロンドン] All About, 英国のオーガニックコスメの火付け役、『ニールズヤード・レメディーズ』。ブランドの象徴でもあるブルーのガラスボトルが棚を飾っています。再利用もされるこちらのボトルは、英国で調達できる物質で作られているそうです。おすすめなのは、やはり本店。大都市ロンドンの中にいながら、どこかに迷い込んでしまったような、不思議な感覚を味わえます。近くに来たときは、見に行くだけでも価値のある場所です。, 出典: ?レスター・スクエア [ロンドン] All About, 世界の有名店がここに!オックスフォード・ストリート [ロンドン] All About, 「ビッグ・ベン」は世界中に愛されるイギリスの象徴 [ロンドン] All About, オーガニックコスメ代表 二ールズヤードレメディーズ [ロンドン] All About, ロンドンの食料品市場の代名詞「バラ・マーケット」 [ロンドン] All About, ナイツブリッジ駅周辺は1日では足りない観光スポット [ロンドン] All About, ロンドンの街を360度見下ろせる「ロンドン・アイ」 [ロンドン] All About, ビートルズファンにはたまらない!リバプールツアー [ロンドン] All About, ピーターラビットに会いに!イギリス湖水地方ツアー [ロンドン] All About. 」 歩く時間約120分(見学時間除く), 1066年ウィリアム征服王の時代から、王宮や貴族の牢獄・処刑場として、英国史の舞台となってきた。幼い王子たちが暗殺されたブラディ・タワーや、ヘンリー8世の2番目の妻、アン・ブーリンが処刑されたタワー・グリーンには今も幽霊が出るとか。ジュエル・ハウスに展示されている世界最大級の大きさを誇る530カラットのダイヤモンド、アフリカの星も一見の価値あり。, 退役した軍人が任命される塔の衛兵。ビーフィーター(Beefeater)とも呼ばれる。現在は名誉職として観光ガイドを行なう。, 2012年に完成したヨーロッパ一となる高さ310mの高層ビル。内部にはホテル、住居、レストランなどが入っている。68〜72階には展望台もあり、ロンドンの街を一望のもとに見下ろすことができる。, シティは世界最古の金融街でもあり、市内でもとくに歴史的な建造物が並ぶ趣あるエリア。オリンピックのマラソンコースにもなった。新旧の建築を眺めながら、散策を楽しもう。, START●地下鉄セント・ポールズ駅 カメラに夢中になった隙をついていた 見ながら休憩し、再度観賞で半日過ごしました。 ポールスミスのアトリエ「ウエストボーンハウス」 [ロンドン] All About, カーナビーストリートは、60年~70年代頃にはミュージシャンのたまり場として賑わい、ファッション関係のブティックが多く集まっていた場所。最近は、個性的なアイテムが見つかる穴場スポットなので、個性的なファッションやお気に入りの一点物を探したい人には特にオススメです。, 出典: 3.シティ・ホール 続きを読むべたら1999年に出来たそうです。 ロンドン観光で外せない、ウェストミンスター寺院!英国国王の戴冠式が執り行われるほか、ウィリアム王子とキャサリン妃のロイヤルウエディングが催されたことでも記憶に新... ロンドン塔の存在についてはもちろん知っており興味はあったものの、今まで1度も訪問したことがなか...  セキュリティチェックもあります。 ロンドンの街を360度見下ろせる「ロンドン・アイ」 [ロンドン] All About, ロンドンからちょっと足をのばしたいときに!ロンドンから日帰りで行ける、おすすめの観光スポットをご紹介します。, イングランド北西部にある港町、リバプール。あの不滅のスター『ビートルズ』のふるさとです。この日帰りツアーでは鉄道でリバプールに向かい、ビートルズの足跡をたどります。昼過ぎまでの自由行動後に、メンバーの生家、クラブ『カヴァーン』、などビートルズゆかりの場所をめぐる『マジカルミステリーツアー』に参加します。ファンにとってはたまらないツアー内容だと思います。, 出典: 有名ですよね! まるで絵画の世界に迷い込んだかのように美しい田園風景は、何百年と変わらずこの地に息づ... イギリス「ロンドン」を徹底解説!観光からグルメ・お土産までロンドンの楽しみ方を伝授!. Copyright © 2015-2020 TABI JOZU All Rights Reserved. 絵に見とれて縦横つながる部屋で迷子になり何度も 国内では中々見れない恐竜が凄いです! GOAL●地下鉄モニュメント駅 閉じる, 入館料はタダです。しかし、見物客が大勢で、ごった返しています。英国の博物館というよ...  それと夏場は結構暑いです。涼しかったのは(エアコンが入っているのは)ルーム1のエンライトメント(啓蒙)・ギャラリーぐらいです。 ロンドンへの旅行計画をたてている方でビッグベンへの ちなみにロゼッタ・ストーンには人が群がっていますので、この部屋にあるレプリカをじっくり見てから本物を見ると理解しやすいです。 分かれて展示されマニアの方には必見かも? 英国政府観光庁で購入可能なナショナル・トラスト・ツーリング・パスでイギリスの歴史的建造物を発見しましょう。 From ¥4,970 スコティッシュ・ヘリテージ・パス (Scottish Heritage Pass) テューダー様式の建物が雰囲気たっぷり。リバティプリントで有名なオリジナルテキスタイルもチェック。, 世界を牽引してきたこの街には、威風堂々とした建築の数々や王室にまつわる絢爛な施設が建ち並ぶ。景色の移ろいを感じながら街歩きを楽しみたい。, エリザベス女王の公邸、執務の場および、王室庁の事務本部として機能する。正面のクイーン・ヴィクトリア・メモリアルが象徴的。, ダイアナゆかりの地をめぐるウォーキングコースをはじめ、エリザベス女王の別邸、チャールズ皇太子が営むショップなど、各地に点在している。, 名誉ある王室御用達の紋章「ロイヤルワラント」。高級店ばかりではなく、さまざまなジャンルで認定を受けている。王宮に近いセント・ジェームズ通りに御用達の店が密集している。, 前身はヘアサロンで、手摘みしたハーブをブレンドしていた。香りのラインナップが豊富で、世界中の植物の成分を吟味してていねいに作られている。世界の名だたる高級ホテルのアメニティに使われている。, 1887年創業のエレガントな文具と皮革製品のブランド。上質の紙を使ったメッセージカードやバラエティ豊かなレザー小物がおすすめ。老舗の風格が漂う堂々とした外観。, 1885年に2人のシャツ職人が創業。モノトーンであった英国紳士の服装にストライプや明るい色の選択肢を提案した、王室にも愛される老舗。オーダーメイドにも対応。, ロンドン中心部を流れるテムズ川周辺には、名だたる観光スポットが集中している。行き交う船を眺めながらのんびりと歩けば、目をひく建物や美しい橋などに次々と出会える。, START●地下鉄タワー・ヒル駅 古代ギリシアの破風彫刻なども見ものです。
2020 イギリス > ロンドン観光