7月4日は、アメリカの独立記念日(Independence Day)。1776年にヴァージニアやニューヨークを含む13の植民地が、イギリスより独立することを宣言した「アメリカ独立宣言」の公布を記念して、定められた祝日となっている。 『インデペンデンス・デイ』(Independence Day)は、1996年のアメリカ合衆国のSF映画。 アメリカにおけるプロモーション用の略記「ID4」に「4」がつくのはアメリカの独立記念日(インデペンデンス・デイ)・7月4日に由来する。. アメリカ独立戦争(アメリカどくりつせんそう、英: American War of Independence)は、1775年4月19日から1783年9月3日までの、イギリス本国(グレートブリテン王国)とアメリカ東部沿岸のイギリス領の13植民地との戦争である。現在のアメリカではアメリカ独立革命(英: American Revolution)もしくは革命戦争(英: Revolutionary War)と呼ばれ、主にイギリスではアメリカ独立戦争と呼ばれている 。なお、日本の歴史教科書では、「アメリカ独立戦争」と表記することもあれば 、単に「独立戦争 … 家族で楽しめるブロックバスターから実話や伝記まで、愛国心とフロンティアスピリットに溢れるアメリカンムービーを一挙ご紹介。, 1996年に米国で公開され大ヒットした、ウィル・スミス主演のSF映画。独立記念日を前にエイリアンが地球を侵略。ニューヨークやワシントンDCのホワイトハウスなどの大都市を次々と破壊する。2016年には、第1作目と同様、ローランド・エメリッヒ監督で、20年ぶりに続編「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」が公開された。 同作のパロディ版、ティム・バートン監督の『マーズ・アタック!』(Mars Attacks!)も合わせて楽しみたい。, 南北戦争で、初めてアフリカ系アメリカ人のみで構成されたマサチューセッツ第54連隊のストーリー。部隊を率いる白人の大佐、Robert Gould Shaw(ロバート・グールド・ショー)の書簡を元に制作された。1863年のワグナー要塞での活躍が、後に多くのアフリカ系アメリカ人が南北戦争に加わるきっかけとなる。この作品でアカデミー助演男優賞を受賞したデンゼル・ワシントンほか、モーガン・フリーマン、マシュー・ブロデリックが出演。, 独立記念日に観る映画として、この作品がよく上げられる、アメリカの愛国心を高揚させる作品。「ブロードウェイの父」と称されるGeorge M. Cohen(ジョージ・M・コーハン)の生涯を描くミュージカル。コーハンは、脚本から、作詞・作曲、歌からダンスまで全てをこなすエンターテイナー。1878年7月4日生まれ。軍歌「Over There」(オヴァー・ゼア)などのシグニチャーナンバーが多数登場する。コーハン役を演じたジェームズ・キャグニー(James Cagney)は、本作でアカデミー主演男優賞を受賞。, 公開後40年以上経た今も色あせることのない、スティーブン・スピルバーグ監督の夏を代表するブロックバスタームービー。ニュージャージーで、独立記念日のホリデー中に、実際に起こった事件を元に、ピーター・ベンチリー(Peter Benchley)が小説化。ジョーズ、ホオジロザメの近づく効果音が恐怖をあおる。, ロン・コーヴィック(Ron Kovic)による同名の自伝小説を元にした作品。ベトナム戦争で戦い、下半身付随となった帰還兵ロン。戦時中の世論の変化により、歓迎されていないと知ったロンは、深く失望し、ついには反戦活動家として立ち上がる。オリバー・ストーン監督は、本作品でアカデミー監督賞を受賞。主演のトム・クルーズは、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。, 史上三度目の月面着陸というNASAのミッション中に起こった実話を元にした映画。打ち上げ後の爆発事故から、帰還までに次々と起こるトラブルを臨場感たっぷりに描いている。ロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演。アメリカにおける、ディスカバリー(発見)の精神と、仲間は決して取残さないという信条を表した映画。, トム・クルーズが海軍のパイロット訓練生を演じた青春映画。劇中に使用された音楽「Danger Zone」(デンジャー・ゾーン)や、「Take My Breath Away」(愛は吐息のように)は、映画とともに大ヒットした。続編「トップガン:マーベリック」(Top Gun: Maverick)が2019年7月12日に米国で公開されることが話題となっている。, ベトナム戦争、中国との国交正常化、ウォーターゲート事件などアメリカの重要な歴史とともに、フォレスト・ガンプの半生を描いた作品。ウィンストン・グルームの同名小説を脚色した本作品は、ロバート・ゼメキス監督、トム・ハンクス主演でアカデミー作品賞、監督賞、主演男優賞など6部門を受賞した。アメリカ議会図書館は、2011年に文化、歴史、芸術的に重要な作品として、アメリカ国立フィルム登録簿(National Film Registry)に登録。 『インデペンデンス・デイ』(Independence Day)は、1996年のアメリカ合衆国のSF映画。, アメリカにおけるプロモーション用の略記「ID4」に「4」がつくのはアメリカの独立記念日(インデペンデンス・デイ)・7月4日に由来する。, 2016年6月24日に続編『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』が公開された[3][4]。, 本作には、多くのSF映画やパニック映画へのオマージュが見られる。特にストーリーはH・G・ウェルズの『宇宙戦争』からの引き写しといえるようなものだが、『宇宙戦争』の宇宙人は地球人の思惑と無関係に(自然の)細菌によって敗北するのに対して、インデペンデンス・デイの宇宙人は地球人の意図的なコンピューター・ウイルス攻撃によって敗北するといった違いがある[5][6]。, アメリカ独立記念日を控えた7月2日[7]、直径24kmにも及ぶ円盤型の宇宙船(シティ・デストロイヤー)がニューヨーク、ロサンゼルス、ワシントンD.C.などアメリカや世界中の大都市上空に出現した。世界中が混乱に陥る中、ホイットモア大統領率いるアメリカ政府は国民の不安を鎮めるべく、宇宙人との交信を試みるが、ケーブルテレビの技師デイヴィッドは衛星通信にノイズとして隠されていた信号が宇宙人同士の攻撃指令であることを察知する。デイヴィッドは離婚した妻でホワイトハウス首席報道官を務めるコニーの助力を得てホイットモアと会見し、それを伝えるも、アメリカ政府が彼らが侵略者であることを理解した時には既に遅かった。宇宙船の主砲攻撃によって主要な大都市は爆発し、破壊され、廃墟と化してしまう。, 7月3日、戦闘機による宇宙船への反撃が開始されるも、宇宙船のバリアーに攻撃を無効化され、ロサンゼルスに向かった海兵隊航空部隊はスティーブン・ヒラー大尉を除いて全滅する。NORAD(司令部)も破壊されたアメリカ政府首脳部は、かつて捕獲した宇宙人や小型宇宙船戦闘機(アタッカー)を秘密裏に研究している秘密施設「エリア51」に避難する。ヒラー大尉が捕虜にした宇宙人との対話を通じて、彼らの狙いが地球人類の根絶やしと地球資源の収奪であることを知ったホイットモア大統領は、廃墟と化したヒューストンでの核兵器の使用を決断するが、宇宙船のバリアーは核攻撃さえも阻むのだった。, 独立記念日の7月4日、もはや人類に打つ手なしと思われた。そんな折、デヴィッドが父ジュリアスと交わした何気ない会話をきっかけに、宇宙人が地球の人工衛星を利用したように、人類の側からコンピューターウイルスを彼らののマザーシップに感染させ、バリアーを一時的に無効化し、その間に全世界で一斉攻撃する反撃作戦を思いつく。ホイットモア大統領もこの作戦に全てをかける決断を下し、世界各国に短波無線のモールス信号でその計画を伝達して協力を取り付ける。, ヒラー大尉とデイヴィッドはエリア51で研究されていたアタッカーに搭乗してマザーシップへ向かう。ホイットモア大統領や、かつて宇宙人に誘拐されたと主張する飲んだくれのラッセル・ケイスら寄せ集めのパイロットたちはエリア51に接近してくるシティ・デストロイヤーの迎撃へ出撃し、最後の戦いに挑む。, アタッカーに搭乗した二人は予定通りマザーシップ内に侵入し、駐機するとコンピューターウイルスを発信する。一旦は失敗したかのように思われたが、バリアーの無効化は成功し、パイロットたちはシティ・デストロイヤーへの攻撃を開始する。シティ・デストロイヤー側も迎撃のためアタッカーを出撃させ、壮絶な空中戦が展開される。パイロットたちは多数のミサイルを撃ちこむものの有効打は与えられず、ついにシティ・デストロイヤーが主砲を発射しようとした時、最後のミサイルを引っ提げて飲んだくれのケイスが駆けつける。だが、ミサイルはパイロンの故障により発射出来なくなった。彼は意を決し、家族への別離の言葉を残すと、戦闘機ごと主砲の砲口へ体当たりする。ケイスの犠牲によってシティ・デストロイヤーは崩壊し、人類は反撃に成功した。マザーシップもヒラー大尉とデイヴィッドが艦内から撃ち込んだ核ミサイルの炸裂で壊滅し、辛くも地球へ帰還した二人は験担ぎの葉巻に火を点けて祝杯を挙げるのだった。, ※20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパンの「吹替の帝王」シリーズ第12弾として、上記のソフト版とテレビ朝日版の2種類の吹替版を収録したBlu-ray Disc「インデペンデンス・デイ 〈日本語吹替完全版〉 コレクターズ・ブルーレイボックス」が2016年6月3日に発売。, CGが導入されている本作であるが、随所でミニチュア模型による撮影を織り交ぜている。これは当時、CGよりミニチュアのほうがリアルに表現できる(特に炎などの表現)と判断されたためである[10]。模型が使用されたのはホワイトハウスが爆破されているシーン[11]、シティ・デストロイヤーの攻撃で炎に包まれてゆくニューヨークの街並みやF/A-18とアタッカーの追跡シーンなどである。CGにおいては、双方数百機が飛び交う空中戦のシーンで、初戦では異星人側有利、ラストのクライマックスでは地球側有利のプログラムが組まれて動きが付けられた。, ホイットモア大統領一行がワシントンD.Cから避難する際、大統領専用機へ乗り込むシーンに使われたボーイング747は1997年公開の映画『エアフォース・ワン』に使われた機体である。, アメリカ公開は1996年7月3日の予定であったが、前人気が非常に高かったため、多くの映画館では映画の物語が始まるのと同じ日付の7月2日の深夜に上映を開始した。, アカデミー賞では視覚効果賞を受賞。興行的にも大成功を収めた。一方で「陳腐なストーリー」という批判から第17回ゴールデンラズベリー賞最低脚本賞にノミネートされたが、こちらは受賞しなかった。パロディ作品『マーズ・アタック!』の筋回しは本作のストーリーへの揶揄となっている。, コンピュータ・ウイルスを用いて敵の宇宙船のシールドを無効化する展開に対して、『Wired News』は、「Mac上で動くウイルスをウィンドウズ系マシンで書く(あるいはその反対)ことは非常に難しい。しかもこれらは人間が作ったシステムなのだ。どのようなマシンを使ったとしても、人間が作ったコンピューターによって、テレパシーで交信するエイリアンたちが作ったコンピューターに影響を与えるようなウイルスを首尾よく書き上げる見込みは限りなく小さい。」と指摘している[12]。, DVD版では劇場公開版と特別版(=エクステンデッド版)の2バージョンがある。特別版(154分)は劇場公開版(145分)に9分間の未公開シーンを追加したもの。なお、DVDアルティメット・エディションは本編は特別版のみの収録である(低価格のDTS版も同様である)。通常のBlu-ray Disc版は劇場公開版のみのため、特別版が鑑賞できるのはDVDのみであったが、吹替の帝王シリーズ第12弾として2016年6月3日に発売されたコレクターズ・ブルーレイボックスの本編ディスクに特別版が収録される事になった。, 最終決戦においてのケイスの特攻シーンは、当初の撮影された版では、ケイスは酔っ払っているとの理由でパイロットからはずされてしまい、自分の複葉機にミサイルをロープで固定した状態で現れる。試写会でも大受けだったが、ケイスは初めから自殺(特攻)するつもりであった点と、突然の複葉機の登場が不自然であるなどの理由から変更された[14]。このオリジナル版の映像は、DVD版の映像特典で鑑賞することができる。, 本作で監督と脚本家を担当したエメリッヒとデブリンの著作であり、あらすじは映画とほとんど変らないが、ケイス親子の確執の原因や宇宙人に関する細かい設定など、映画だけでは目に見えない部分がうかがえる。, 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)564頁, DVD「インデペンデンス・デイ アルティメットエディション」DISC2特典映像より, 額に十字架のある男のシーンや、ジャスミンが劇場オーナーとけんか別れするシーン、地下の研究所(攻撃後は避難所)でアリシアと彼氏とのシーンなど。, DVD「インデペンデンス・デイ アルティメットエディション」DISC2「もう一つのエンディング」より, 東京に向かうシティ・デストロイヤーが横浜を通過しパニックを引き起こす様も描かれている。, https://books.google.co.jp/books?id=HWaeBAAAQBAJ&pg=PT263, https://books.google.co.jp/books?id=KtCGDwAAQBAJ&pg=PT216, http://web.archive.org/web/20141029121642/https://wired.jp/2009/10/20/解決されていない「sf映画の疑問」6選/, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=インデペンデンス・デイ&oldid=80358783, 上述の通り、最終決戦のシーンにおけるケイスの描写が、映画では途中で変更されているが、小説では当初の版通り(最初から特攻を意図して複葉機で出撃)に書かれている。映画版ではケイスのアブダクションが事実だったのか妄想なのか不明瞭だったが、小説版では事実として詳細に書かれており、自らの命を賭けてエイリアンに復讐を果たしたい動機づけが明白になされている。. 母親の言葉「Life is like a box of chocolates. 現在の日本は平和で、戦争は少し遠い世界の出来事だと思っている方も多いでしょう。しかし、こういった平和な時代にこそ二度と起こしてはいけない出来事として見ていただきたい戦争映画。そんな戦争映画の中からおすすめ作品をランキングにして紹介します。 All Rights Reserved. アメリカの独立戦争が始まろうとしていたころ、ラナとギルバートの新婚夫婦は開拓地のモホーク渓谷へとやって来た。開拓の暮らしは苦労の連続でラナはくじけそうになるが、ギルバートや周囲の人々に助けられて暮らしに慣れてゆく。 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。. You never know what you’re gonna get.」(人生はチョコレートの箱のよう。食べてみるまで分からない)が有名。, スティーブン・スピルバーグ監督作品。奴隷を解放するためのアメリカ合衆国憲法修正第13条が、議会で成立する過程を中心に描かれている。第16代大統領 エイブラハム・リンカーンをダニエル・デイ=ルイスが演じ、3度目のアカデミー主演男優賞を受賞した。, マーベルのアメコミ「キャプテン・アメリカ」の実写版。病弱だが国を愛する気持ちの強い青年が、超人的な力を身につけ、第二次世界大戦中の世界を救う。勇気や決意があれば誰でもスーパーヒーローになれるというメッセージが込められている。, サウスカロライナ植民地側から、家族や愛国心を描いたアメリカ独立戦争ドラマ。メル・ギブソン、ヒース・レジャー出演。監督は「インデペンデンス・デイ」シリーズを手掛けたローランド・エメリッヒ監督。, © 2020 mashupreporter.com . アメリカ独立戦争が日本語で詳しく書かれている書籍はあまりありませんが、本書は戦争の発端から引き込まれる文体で綴られています。 読み物としても面白く、さまざまな国の人間模様や思惑が絡み合ったストーリーにページをめくる手が止まりません。 アメリカ独立戦争でなぜフランスはアメリカを支援したのか ニューヨークの自由の女神像がフランスからの贈り物だということは有名だが、独立戦争自体にフランスがどの程度関与していたのかは知らな … ’†‚Ő^‚Ì—Fî‚ÅŒ‹‚΂ê‚Ä‚¢‚­B, ƒmƒ‹ƒ}ƒ“ƒfƒB[ã—¤ìí‚ð•`‚­AƒŠƒAƒ‹‚Ȑ푈•`ŽÊ. 1996年に米国で公開され大ヒットした、ウィル・スミス主演のSF映画。独立記念日を前にエイリアンが地球を侵略。ニューヨークやワシントンDCのホワイトハウスなどの大都市を次々と破壊する。2016年には、第1作目と同様、ローランド・エメリッヒ監督で、20年ぶりに続編「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」が公開された。 同作のパロディ版、ティム・バートン監督の『マーズ・アタック!』(Mars Attacks!)も合わせて楽しみたい。 『 インデペンデンス・デイ 』( Independence Day )は、 1996年 の アメリカ合衆国 の SF映画 。 アメリカにおけるプロモーション用の略記「ID4」に「4」がつくのはアメリカの 独立記念日 (インデペンデンス・デイ)・ 7月4日 に由来する。 『パトリオット』(The Patriot)は、2000年製作のアメリカ映画。アメリカ独立戦争を背景とするドラマを描く。 アメリカ・イギリス ヘンリー8世とトマス=モア: 21: 15世紀: 西ヨーロッパ: フランス: 王妃マルゴ: 1994: フランス ユグノー戦争: 22: 1492年: 西ヨーロッパ・アメリカ: スペイン: 1492コロンブス: 1992: アメリカ: コロンブスの航海から500年目に公開された アメリカ・イギリス ヘンリー8世とトマス=モア: 21: 15世紀: 西ヨーロッパ: フランス: 王妃マルゴ: 1994: フランス ユグノー戦争: 22: 1492年: 西ヨーロッパ・アメリカ: スペイン: 1492コロンブス: 1992: アメリカ: コロンブスの航海から500年目に公開された
2020 アメリカ独立戦争 映画