カンボジア,アフガニスタン,アンゴラ等の紛争地域を中心に埋設された地雷は,非戦闘員である一般市民に対し無差別な被害を与えるという,人道上極めて重大な問題を引き起こし,また,そうした地域の紛争終結後の復興と開発にとって大きな障害となっている。 アフガニスタン、アンゴラ、アゼルバイジャン、ボスニア・ヘルツェゴビナ、カンボジア、チャド、クロアチア、イラク、タイ、トルコ、西サハラ 《被害者数》(地雷、クラスター爆弾、不発弾による被害を含む) 2015年の1年間に判明しているだけで61の国と地域で6,461人が被害にあっていま … アフガニスタン、アンゴラ、アゼルバイジャン、ボスニア・ヘルツェゴビナ、カンボジア、チャド、クロアチア、イラク、タイ、トルコ、イエメン、西サハラ 《被害者数》(地雷、クラスター爆弾、不発弾による被害を含む) 2017年の1年間に判明しているだけで49の国と地域で7,239人が被害 … 【5月12日 AFP】アフガニスタン東部のガズニ(Ghazni)州で11日、地雷が爆発し、子ども7人が死亡、2人が負傷した。当局者が明らかにした。 国連地雷撤去データベース(96年4月10日現在)によれば、アフガニスタンに敷設されている対人地雷は1千万個に上ります。この数字は、エジプト(2300万)、イラン(1600万)、アンゴラ(1500万)に次いで大きいものであり、アフガン市民の安全確保及び復興の大きな阻害要因となっています。 多民族国家であるアフガニスタンは、南アジアと中央アジアの狭間に位置しています。 1979年のソ連軍侵攻 以来、現在も混迷状態にあり、今も大量の難民発生、テロ、麻薬など周辺国に影響を及ぼす可能性がある懸念事項が解決できぬまま残っているのです。 化するための条約の機構改革案も採択された。.
2020 アフガニスタン 地雷 問題