ゲイツも余計な言葉はなく時代を越えて戦う。, 「俺達が、お前達を救う!」 5」の初回生産特典として、それぞれ本作品の第1話が収録されている。, 2014年1月10日 - 5月9日にかけて、テレビシリーズのBlu-ray BOXが順次発売された。各巻6話(Vol.3、Vol.6、Vol.8、最終巻は5話)収録。各巻には封入特典としてブックレット(16p)、映像特典として「仮面ライダー555 10年目の同窓会」が収録される。またこれに加えて、BOX1には初回限定特典として全巻収納BOXが、BOX2には映像特典として「てれびくん」付録の『仮面ライダー555 ハイパーバトルビデオ』がそれぞれ付属する。. 怪物へと堕ちた塾生を本気で潰しにかかるのは、草加のキャラクター性から見ても不自然な感じはしない。 こちらではクロコダイルオルフェノクの剣を武器としている。, ライダー怪人 スマートブレイン 石化 HERO SAGA MASKED RIDER 555 EDITION -ロスト・ワールド-, 9/13!今年も村上幸平と共に「カイザコール」がこだまする!「913祭4」イベントレポ, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=仮面ライダー555の登場キャラクター&oldid=80323427, 当初、乾は短髪だったため、エクステを付けて当時の髪形に近づけようとしていたが、監督の柴崎から「テレビシリーズの再現ではなく、時を経ていろいろあった巧をしたい」と言われたという, テレビシリーズ最終話では巧の生死は明確になっていなかったが、『4号』では死亡したものとして描写している. 二人が普通に揉めて争っているのも相変わらずである。 ビルドを例に取るなら、先週までのエグゼイドとはまるで別設定のビルドがしれっと始まったのは、タイムジャッカーがエグゼイドの歴史をなくしてしまったからである…みたいなことです。, 他作品も含めると劇場版の合流設定などと大きく矛盾するのだが、これはあくまでジオウ時空の話として解釈しよう。 「この力で俺は、カリンに命を与えられる…!」 何より巧と草加の同時変身が観たかったという思いはどうしても残ってしまう。 ソースとして、白倉プロデューサーによるかなり重要な設定解説がツイッターに出ていたので引用する。, ジオウにおいては、「もしタイムジャッカーが介入してなかったら」という想定はありえません。 仮面ライダーオーディン→アークオルフェノク→ジョーカーアンデッド, 実は回収された遺体は灰と化してアークオルフェノクが滅び去り、それを垣間見た冴子が絶望感から絶叫を上げるというTV本編では尺の都合上カットされてしまったシーンが存在している(DVDに納められたディレクターズカット版最終回で確認できる)。. ゲイツだけが抱える戦いの矛盾と、いつか彼は向き合う日が来るのかもしれない。 こちらではスクィッドオルフェノクの棍棒を武器としている。 アナザーエグゼイド← アナザーフォーゼ/アナザーファイズ →アナザーウィザード, 2人のライダーをモチーフとしたエピソードがてんこ盛りすぎて、OAではだいぶカットせざるを得なかったらしい。おそらく詳細な理由を描いたシーンはカットされてしまったと思われる, 活動時期は2003年から2011年までとされており、アナザーファイズは少なくとも8年ほどで力を失っている。, 仮に、これが叶えたい願いの困難さやライダーとしての資質の問題でなく、他のアナザーライダーでも同じ現象が発生する場合、アナザーフォーゼの力も, EP06においてオーラから「今日からあなたが仮面ライダーファイズよ」と言われているが、原典を知っている視聴者からは, この時、ファイズギアが巧の腰に残っているが、戦闘用機能を起動するミッションメモリーのみが消失していることから、これは変身機能を失いただのツール群になったからだと思われる。, ファイズはオルフェノクの因子が無いと変身出来ない⇔フォーゼはベルトさえ使えば誰でも変身出来る. オルフェノクの寿命が短いことはスマートブレイン社幹部の村上峡児やラッキークローバーも知らなかったほどであり、アークオルフェノクの姿がライダーズギアのモデルになったという割には知名度はほとんどなかった。 また、腕先より伸びる触手でオルフェノクに再生の術を施し、復活させる能力を持つ。 仮面ライダーディケイドとの戦闘では、倒されたドラゴンオルフェノク龍人態を魔人態の姿で復活させた。 身長: 220.0cm. これらを踏まえて、ジオウにおけるファイズ世界の表現と、ジオウだからできた解決を考察していきます。, ファイズから15年経過しての巧と草加だったが、どちらも過去のファイズを思い出させてくれる要素に満ちていた。 前回のフォーゼ編からの流れで今回はがっつりファイズ編。 また、三人のライダーを圧倒する戦闘力を有しており、ライダーの専用バイクを一撃で破壊する光球の発射、鉄塊を握り潰すという握力、空中を滑空する機能を持つというマントのように靡くマフラー…等、様々な戦力・特殊能力を誇る。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g,d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))})(window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink");msmaflink({"n":"ガンバライジング\/ライダータイム2弾\/RT2-015 仮面ライダーゲイツ ファイズアーマー LR","b":"ガンバライジング","t":"gbr32-015","d":"https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com","c_p":"\/images\/I","p":["\/51xVJ-nHKIL.jpg","\/51xCsLsXveL.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%B0-%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A02%E5%BC%BE-RT2-015-%E4%BB%AE%E9%9D%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%82%A4%E3%83%84-%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC\/dp\/B07K8DWJJB","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"405135","rakuten":"405462","yahoo":"1429056"},"eid":"REzBs"}); ソウゴは王様設定とタメ口による違和感のせいでどうにも変なヤツになっているので、こういう熱い部分をゲイツが持っていっている感がある。 毎年別の世界観で新たなライダーがあるのは『タイムジャッカーによる歴史改変が理由』となっている。 キレッキレの動きで戦いながら変身していることも含めて、今回もゲイツの方が主人公っぽい。, しかしゲイツの戦う理由はジオウの魔王化を防ぎ歴史を改変すること。 しかし仲間ではあると認識できたからこその行動だったろう。 年齢を経たことによる変化はどうしようもないが、その中でも巧らしさや草加らしさを追求することは忘れていない。, 巧の猫舌は基本として、あの無愛想で言葉足らずな性格は実に乾巧だ。 趣味で小説執筆や、フリーでライター業務も行っている。, 不破諫(仮面ライダーバルカン)が愛されるのは●●ライダーだから!【仮面ライダーゼロワン 考察】, 仮面ライダージオウ Blu-ray COLLECTION 1 最新27話『すべてのはじまり2009』 私がスタート前に書いた、最初のジオウ記事はこちら。 ジオウより前に、そもそも平成仮面ライダー二期とは何だったのか、とい …, どうも、実はアンクがタイガーオルフェノクだと気付くまで結構かかったゲタライドです 仮面ライダージオウの5・6話はファイズ編とフォーゼ編の合同となりました。 学園モノとファイズの融合はこれが初めてではありません。 ディケイ …, どうも、仮面ライダーで好きなバイクを一つだけ挙げろと言われると、ファイズの三バイクが脳内で争いを始めるゲタライドです。 『仮面ライダーファイズ』の特異性は人間と怪人(オルフェノク)の交錯にありました。 主人公である乾巧自 …. それらの内容は以前考察した通りだ。, それでも巧は草加に仲間だと言い切った。 完全覚醒のため、他のオルフェノクを喰らう必要があり、餌とみなされたオルフェノクは指から伸びる「光の鞭」によって化石化され、その上で捕食される。不死身の恩恵を受けられるのはアークオルフェノクに認められ仲間とみなされたオルフェノクということになる。 正確には世界中の洗濯物が真っ白になるみたいに皆が幸せになることだが、たっくんの口下手か歴史改変の影響で少し変わった可能性はある。, どちらにせよ、ソウゴにそれを迷わず語れるのは、夢の護り手だけではなく夢を追いかけられる人間に成長した証だ 地下施設にて宿主である鈴木照夫を体内に吸収し、食い破るようにして殺害すると3ライダーを相手に戦う。ルシファーズハンマーとゴルドスマッシュを同時に食らっても弾き返すパワーを発揮し、腕から伸びる触手でカイザギアを破壊し、木場勇治に致命傷を負わせるが、最後の力を振り絞った勇治に羽交い締めにされた隙を狙ったブラスターフォームのフォトンブレイカーと超強化クリムゾンスマッシュを受けて木場勇治諸共爆発に飲み込まれた。身体は灰化せずに残り、影山冴子によって回収され流星塾にて復活の時を待っているシーンで幕を閉じた。 別世界の仮面ライダーファイズとウルフオルフェノク、村上幸平が声を演じるカイザ、その他オルフェノクたちが登場。 『仮面ライダーウィザード』 第52・53話に仮面ライダーファイズとオルフェノクが登場。 『仮面ライダージオウ』 (この立ち位置もゲイツの方が主人公っぽい……). 2011年でフォーゼアーマーを装着したジオウに倒された後、爆炎の中で立ち上がったアナザーフォーゼのボディとフェイスが剥がれ落ち、アナザーファイズの姿に変貌した。, アナザーライダー 仮面ライダーファイズ フォーゼ 哀しき悪役 『仮面ライダー555』(かめんライダーファイズ、欧文表記:MASKED RIDER Φ's)[注釈 3] は、2003年(平成15年)1月26日から2004年(平成16年)1月18日まで、テレビ朝日系列で毎週日曜8:00 - 8:30(JST)に全50話が放映された、東映制作の特撮テレビドラマ作品、および作中で主人公が変身するヒーローの名称[注釈 4]。仮面ライダーシリーズ初の地上デジタル放送でもある[注釈 5]。, 平成仮面ライダーシリーズの第4作。前作『仮面ライダー龍騎』とは異なり、劇中で「仮面ライダー」という名称は用いられていない。, 従来描かれることの少なかった怪人側のドラマにも本格的にスポットが当てられ、怪人(オルフェノク)へと変わってしまった者たちの苦悩が描かれている点が、本作品の大きな特色である。怪人の人間ドラマを描くことは、「ヒーローが殺人者に見えてしまう」というデメリットから敬遠されていたといい[1]、「仮面ライダーシリーズ」での作劇は初の試みであった[注釈 6]。, 『仮面ライダー龍騎』同様にライダーに変身する人間が善良とは言えない者だったり、本作品では逆に怪人・オルフェノクにも正しい心を持つ者がいたりと、単純な善悪二元論では割り切れない群像劇が織りなされた。従来のシリーズ同様に幼年層を意識しながらも、登場人物同士の様々な人間関係を前面に押し出した重くシリアスな物語が展開された。劇中では「人間と怪人の共存」が作中のテーマとして取り上げられ、ライダーに変身する主人公・乾巧も中盤以降、人間に危害を加えない、あるいは改心する見込みのあるオルフェノクに対しては止めを刺さないというスタンスを採っている[注釈 7]。様々な立場のオルフェノクと人間、それぞれの思惑が交錯する入り組んだストーリーは、シリーズ中でも特に複雑なものとなっている。また、作中でも登場人物たちが相互に変身している人物が不明確であるが故の誤解や、他者の謀略による行き違い、感情のすれ違いなどから衝突や殺し合いに発展するなど、「誰を信じ、誰を信じないか」という極めて難解なテーマも掲げている。, 体の灰化、新しいベルトの実験でベルトを付けた人間の消滅、といった描写に見られるように、従来よりもホラー色の強い作品になっている。パイロット版監督の田﨑竜太は、子供番組として「死」を表現することもテーマとして掲げている[2]。, 外付けかつ自由に携帯可能な変身ベルトを用いて変身する設定が本格的に取り入れられた作品であり、その要素は後のシリーズでも受け継がれている。そのため、劇中に登場する各ライダーにも複数の変身者が存在し、時には敵であるオルフェノクがライダーに変身することもある。ただし、変身アイテムの他に契約を必要としていた『龍騎』のように、適合性を備えていない者は繰り返しの変身、あるいは変身自体ができないため、「条件が満たされていないと仮面ライダーの資格がない」という点で従来の要素もまだ活きている。本作品ではアイテムの争奪戦が物語の主軸の一つとなっており、脚本の井上敏樹は本作品を「主人公はベルト」「3本のベルト物語」と評している。また、「変身ベルト」と呼ばれていた従来のイメージを払拭させるため、シリーズでは初めて「ベルト」ではなく「ドライバー」という名称になった[3]。, 本作品の企画は、シリーズの継続や石森プロが参加するかどうかなどが決まらずにスタートが難航し、例年より遅い2002年8月後半ごろに開始された[1]。仮面ライダーシリーズ以外では『人造人間キカイダー』という案も存在したが、仮面ライダー人気が衰えを見せなかったことからシリーズの継続が決定された[注釈 8]。本作品は『仮面ライダークウガ』から4作品目となるため、昭和シリーズ4番目の主人公である『仮面ライダーX』も意識したメカニックライダー路線となった[1]。なお、本作品のタイトルの発想は平山亨による『仮面ライダーX』の番組タイトル案の一つ『仮面ライダーGO5号(ゴーゴーゴー)』から得られている[4]。, 仮面ライダーのデザインは、子供に描きやすいよう円など幾何学模様をモチーフとしており、また幾何学模様に類似したギリシア文字も取り入れられている[1]。初期案では、前作の影響もありシャチとサメのダブルライダーという案も存在したが、メカニックライダーであることから生物をモチーフとする案は廃された[1]。, シリーズ構成は、前作『仮面ライダー龍騎』がイベント性の高い作品であったため、その反動から本作品では物語性を重視しようと考えられた[1][5]。怪人側のドラマを描くという方向性も、前作が13人の仮面ライダーが登場するために怪人の扱いが弱くなっていたことへの反省などから生まれたものである[1][5]。, プロデューサーの白倉伸一郎は、『仮面ライダーアギト』のころから温めていたロードムービー展開を、序盤のみであるが実現させている[1][6]。, 携帯電話など電子機器をモチーフにした「ファイズドライバー」を始めとする変身ベルトの玩具は、100万本以上を売り上げる大ヒット商品となった。『仮面ライダーW』のダブルドライバーに抜かれるまで[注釈 9]仮面ライダーシリーズの変身ベルトとしては最多売上を誇っていた[1]。, 前作『仮面ライダー龍騎』では可動フィギュア「R & M」の売り上げがメインキャラクター以外芳しくなく、ソフトビニール人形「ライダーヒーローシリーズ(RHシリーズ)」の方が好調であったため、本作品ではRHシリーズとサイズを合わせた「S-RHFシリーズ」が展開された[8]。, 西暦2003年。九州で一人旅をしていた青年乾巧は、そこに居合わせた少女園田真理とともに、謎の怪人オルフェノクに襲われる。真理は持っていたベルトを装着して超戦士ファイズに変身しようとするが失敗し、無理やり巧にベルトを着け、彼をファイズに変身させることで窮地を脱した。どうやらオルフェノクたちは、そのベルトを狙って真理を襲ったらしい。その後二人はクリーニング屋の菊池啓太郎と出逢い、事情を知った彼の勧めで東京にある彼の家で3人の共同生活を始めることになる。, 一方、東京で暮らしていた青年木場勇治は、2年前の居眠り運転トラックによる交通事故によって両親を失い、自らも2年間の昏睡状態を経て死亡したかに見えた。しかし、勇治は病院で謎の蘇生を遂げ、周囲を混乱させる。自らも混乱したまま帰宅する勇治だったが、自宅は既に他人のものとなっていた。叔父一家が自分が眠っている間に財産を根こそぎ利用していた事実を知り、恋人が自分を裏切り従兄弟と交際していることを知った勇治は、異形の怪物に変身し、従兄弟と恋人を手にかけてしまう。, 醜悪な肉体変貌と犯した罪に絶望する彼の前にスマートレディという女性が現れ、事の真相を告げる。勇治は一度の死亡により、オルフェノクとして覚醒したのだった。スマートレディが属するオルフェノクの組織スマートブレイン社に囲い込まれた勇治は、同じようにオルフェノクとして覚醒した長田結花と海堂直也の二人と行動を共にするうちに、人類を敵視するスマートブレインの姿勢に反発し、人類とオルフェノクの融和を考えるようになる。, 巧と勇治。2人の男の物語を中心に、ベルトを、ひいては人類の未来を巡って、オルフェノクと人類の戦いが幕を開けた。, 本作品における敵。人間が一旦死を迎えた後に知的生命体へと再度覚醒した人類の進化形態。事故などにより死亡した後に覚醒する場合と「使徒再生」(後述)により覚醒する場合の2通りの覚醒パターンがあるが、前者のパターンで覚醒したオルフェノクは「オリジナル」と呼ばれ高い能力を有する傾向にある。いずれもオルフェノク因子を持った者のみが覚醒する。なお、オリジナルであることがはっきりわかるのは巧、勇治、結花の3名と澤田を除くラッキークローバーのメンバーのみである。また、人為的に作り出されたオルフェノクも存在する。, 通常外見は人間だった時と同一で、オルフェノク同士でも人間との区別がつかないが、自らの意志で細胞の配列を組み替えることで動植物の性質と高い戦闘力を持った異形な姿へ変化する(複数の形態を併せ持つ者もいる)。それはその者が潜在的に抱いている「戦う姿」が具体化したものである[9]。どの個体も体色は灰色が基調だが、これは“死”や“滅亡”のイメージ(具体的には“死体”)を表している[10]。変化する場合、瞳が灰色になり、顔にオルフェノクの顔が浮かび上がる。オルフェノク状態で人間の言葉を発する際には、足元の影が青白い裸身の人間の上半身になる。力を物にしたオルフェノクは、人間態でもある程度はその力を発揮することが可能であり[注釈 10]、並みのオルフェノク相手ならば戯れ程度に薙ぎ倒す。また、オルフェノクになったからといって傷病などを負わなくなるわけではなく、風邪をひいたり体調を崩すこともあるなど、通常時においては人間とさほど変化はない。また、普通のオルフェノクは人間態の時は人間並みの力しか出せないが、体自体は頑丈になっており、木場勇治が人間態で超高層ビルからの飛び降り自殺を図った際に傷一つ負っていない。, 全てのオルフェノクには腹部に共通の紋章である「死と再生」を表すオルフェノクレストがある。これは3方向に伸びた矢印であり、3つの矢印がそれぞれ「命あれ」「形あれ」「姿あれ」と願う“心”を象徴していて、人間がオルフェノクへと進化する段階を表している[10]。, オルフェノクは人間の中から半ば自然的に発生する存在であるため、種全体として組織化されているわけではない。オルフェノクとして覚醒した者が現れると、スマートブレインはいち早く接触を図って同種として受け入れ、オルフェノクに関する知識と援助を与える一方で、管理下に置こうとする。しかし、スマートブレインの情報収集能力や統制力には限界があり、オルフェノクに覚醒後もスマートブレインに従わない者、スマートブレインに知られないまま過ごす者も存在する。, オルフェノクの多くはその力に溺れて人間性を喪失し(三原曰く、本当に怖いのはオルフェノクの力じゃなく、力に驕れる人間の弱い心[注釈 11])、人間社会に紛れて生活しながらも密かに人間を襲い(仲間を増やすことにも繋がる)、人間との共存が不可能だと考えて自分たちだけの世界を作ることを目指す。木場勇治たちのように共存を望む者や、人間として生きようとする者もいるが、人間を襲わないオルフェノクはスマートブレインから「裏切り者」と称され、刺客による抹殺の標的にされる。, なお、彼らの存在意義は「いずれ地球の代表者として“何者か”と戦うために生まれてきた」「地球意志が、人からさらに次元の進んだ存在を造り、人と競わせることで精神の進化を促しているようでもある」「地球上の生物全てを背負ったオルフェノクという種そのものが、いずれ“ノアの方舟”になるのではないか」とされ、そういう意味では彼らの心自体は人と何ら変わらないという[10]。, オルフェノクは最期の時、青白い炎に包まれ灰になって死を迎える[注釈 12]。強力なフォトンブラッドによる攻撃(ライダーの必殺技)を受けて倒された場合は、青い爆発と共に瞬時に灰と化す。また、寿命が近づくと時々体がわずかに灰化し、死期には一気に灰となって崩れる。, オルフェノクへの進化は極めて急激になされ、その急激な進化に肉体が急速に滅びて耐えきれないため、寿命は短く、死に至る病と同様にいずれは絶滅する運命にある。オルフェノクの王の力に頼ることで、真の力と永遠の命を得られるが、その場合人間としての部分を消滅しなければならないため、元の人間の姿には戻れない。, オリジナルのオルフェノク[13]が人間の心臓を灰化し、オルフェノクエネルギーを注入してオルフェノク化させる行為で、心臓の破壊方法はオルフェノクごとに差異がある。主に体の一部を使徒再生能力がある触手に変化させ、人間の口や鼻を通して心臓部分に到達させる。使徒再生の触手はガラスなどを通り抜ける特殊な触手で、車などのガラス張りの乗り物の中にいる人間を、密閉された状態で殺害することが可能である。使徒再生を受けた人間がオルフェノクとして覚醒することはごく稀であり、多くの場合は肉体が急激な変化に適応できず、灰化し死亡してしまう。通常の人間にとっては実質、殺人と同義の行為である。, オルフェノクのスマートブレイン社・社長直属の非公式集団。村上曰く「オルフェノクの中でも上の上」の精鋭4人で構成され、スマートブレイン社から高級住宅の提供や施設の利用など、あらゆる面で優遇されている。メンバーの一人である琢磨は、ラッキークローバーは協力者であって部下ではないと村上に釘を刺している。初登場時メンバーは、琢磨逸郎(センチピードオルフェノク)、影山冴子(ロブスターオルフェノク)、ジェイ(クロコダイルオルフェノク)、北崎(ドラゴンオルフェノク)の4人。ジェイの死亡後は1つの空席を巡って複数のオルフェノクが候補となり、一度は澤田亜希(スパイダーオルフェノク)がジェイの後釜となるが、デルタギアを流星塾のメンバーに渡したことが原因で、村上の怒りを買って放逐される。その後、澤田によって殺害された真理の蘇生と引き換えに、オルフェノクの本性を現した乾巧が一時的に加わるが、ファイズギアを託した木場勇治に殺されるのを望んでの行為であり、それに失敗すると逃亡し脱落する。また終盤では冴子が、人知れず殺戮を繰り返していた長田結花をラッキークローバー候補に推薦するべく勧誘したが、断られたため彼女を殺害している。, 過去の特撮作品のメインキャラクターを演じた原田篤(『救急戦隊ゴーゴーファイブ』)や山崎潤(『仮面ライダーアギト』)がレギュラー出演した他、本作品が俳優デビューとなる綾野剛が物語のキーマンを努めた。また、前作『仮面ライダー龍騎』に出演した栗原瞳は、本作品でも引き続きレギュラー出演している。この他、『仮面ライダーゴースト』に声優としてレギュラー出演した悠木碧も、「八武崎碧」名義で幼少期の真理役を演じた。, 各話オルフェノクおよびドラゴンオルフェノク担当の渡辺淳は、本作品でスーツアクターとしてデビューした[15]。, 脚本は井上敏樹が全エピソードを担当している。東映特撮で30分番組4クールの作品で全話脚本を行ったのは、上原正三(『宇宙刑事シャイダー』)、浦沢義雄(『不思議コメディーシリーズ』の数作品)、小林靖子(『美少女戦士セーラームーン』)、そして井上の父である伊上勝(『仮面の忍者 赤影』)などがおり、親子2代で同じ記録を残したことになる。, この他、キャラクターデザインには前作より引き続きの参加となる篠原保が、音楽面ではゲームやアニメ作品を中心に劇伴を手がける松尾早人が起用された。松尾は東映作品としては現時点で唯一の登板となる。, またカメラ面では、現在平成仮面ライダーシリーズをメインで担っている倉田幸治は本作品が撮影技師としてのデビュー作となった。, 仮面ライダーファンを公言しているISSA(DA PUMP)が主題歌の歌唱を担当した。, 各回にはタイトルは無く、ここで「放映題」としているものは新聞のテレビ番組欄やテレビ番組情報誌、テレビ朝日公式ページにて表記されたものである。またシナリオタイトルも、先行して特撮専門誌やホビー情報誌に「仮タイトル」として掲載されることが多いため併記した。脚本は全話井上敏樹のため省略。各話終了後には数本のフォトンブラッドが流れ四角形に形成される演出だった。, 登場怪人のうち、長期間にわたって登場したオルフェノクやラッキークローバーの面々(クロコダイルオルフェノク、センチピードオルフェノク、ロブスターオルフェノク、スパイダーオルフェノク、ドラゴンオルフェノク)は割愛。, 本作品にバイクなど車両を提供しているホンダが「仮面ライダー555 Honda」チームを結成し、鈴鹿8時間耐久ロードレースへのエントリーを行った(チーム運営は「桜井ホンダ」が協力)。レースにおいては、他チームのトラブルに巻き込まれたが、結果は70チーム中、総合10位での完走を果たした。このレースには、参加ライダーがファイズとカイザをモデルとしてデザインされたヘルメットとスーツを着て出場していた。また、チーム監督である宮城光とファイズのスーツを着てレースに参戦した山口辰也は、翌年も「仮面ライダー剣 Honda」チームに再招集された。, 藤岡弘・佐々木剛(初代) | 宮内洋(V3) | 速水亮(X) | 岡崎徹(アマゾン) | 荒木茂(ストロンガー), 村上弘明(スカイライダー) | 高杉俊介(スーパー1) | 菅田俊(ZX:TVSP), 倉田てつを(BLACK→BLACK RX) | 石川功久(シン:OV) | 土門廣(ZO:映画) | 望月祐多(J:映画), 黄川田将也(THE FIRST・THE NEXT:映画)| 藤田富・谷口賢志・前嶋曜(アマゾンズ:Webドラマ), オダギリジョー(クウガ) | 賀集利樹(アギト) | 須賀貴匡(龍騎) | 半田健人(555) | 椿隆之(剣) | 細川茂樹(響鬼) | 水嶋ヒロ(カブト) | 佐藤健 (電王) | 瀬戸康史(キバ) | 桜田通(電王劇場版) | 井上正大(ディケイド) | 稲垣吾郎(G:TVSP), 桐山漣・菅田将暉(W) | 渡部秀(オーズ/OOO) | 福士蒼汰(フォーゼ) | 白石隼也(ウィザード) | 佐野岳(鎧武/ガイム) | 竹内涼真(ドライブ) | 西銘駿(ゴースト) | 飯島寛騎(エグゼイド) | 犬飼貴丈(ビルド) | 奥野壮(ジオウ), 高野八誠・加藤和樹(THE FIRST・THE NEXT:映画) | 朝日奈寛・(ゲスト)姜暢雄(アマゾンズ:Webドラマ), 要潤・友井雄亮・菊池隆則・(ゲスト)唐渡亮(アギト) | 松田悟志・涼平・萩野崇・高野八誠・高槻純・木村剛・一條俊・日向崇・(ゲスト)黒田アーサー・(ゲスト)和田圭市・(ゲスト)加藤夏希・小山剛志(声)・(ゲスト)弓削智久(龍騎) | 村上幸平・原田篤・(ゲスト)河西りえ・泉政行・(ゲスト)溝呂木賢・(ゲスト)ピーター・ホー(555) | 天野浩成・森本亮治・北条隆博・(ゲスト)黒田勇樹・(ゲスト)三津谷葉子・(ゲスト)杉浦太雄(剣) | 渋江譲二・川口真五・松田賢二・(ゲスト)片岡礼子・(ゲスト)松尾敏伸・(ゲスト)山中聡・(ゲスト)北原雅樹・(ゲスト)湯江健幸(響鬼) | 佐藤祐基・徳山秀典・内山眞人・加藤和樹・山本裕典・(ゲスト)弓削智久・(ゲスト)小林且弥・(ゲスト)虎牙光揮・(ゲスト)武蔵(カブト) | 中村優一・大塚芳忠(声)・三木眞一郎(声)・(ゲスト)渡辺裕之・(ゲスト)緑川光(声)・(ゲスト)神谷浩史(声)・(ゲスト)松村雄基・(ゲスト)古川雄大・(ゲスト)高尾日歌(電王) | 武田航平・加藤慶祐・柳沢なな・高橋優・松田賢二・熊井幸平・山本匠馬・新納慎也・(ゲスト)堀内健(キバ) | 戸谷公人・村井良大・森カンナ・デビット伊東・池内万作・牧田哲也・川岡大次郎・栗原功平・山中聡・累央・川原一馬・成松慶彦・鈴木拡樹・岡野友紀・北村栄基・水谷百輔・森陽太・岩間天嗣・坂本恵介・エンリケ・(ゲスト)入江雅人・(ゲスト)秋山奈々・(ゲスト)稲田徹(声)・(ゲスト)藤本たかひろ(声)・(ゲスト)田中大文(声)・(ゲスト)赤羽根健治(声)・(ゲスト)根本幸多(声)(ディケイド), 木ノ本嶺浩・(ゲスト)吉川晃司・(ゲスト)コン・テユ・(ゲスト)松岡充(W) | 岩永洋昭・君嶋麻耶・(ゲスト)荒井敦史・(ゲスト)浜田賢二(声)(オーズ/OOO) | 吉沢亮・(ゲスト)真野恵里菜(フォーゼ) | 永瀬匡・中山絵梨奈・相馬眞太・川口真五・高階俊嗣(声)・池田成志・(ゲスト)戸塚純貴・(ゲスト)高山侑子・(ゲスト)瀧澤翼・(ゲスト)載寧龍二・(ゲスト)小倉久寛・(ゲスト)陣内孝則・(ゲスト)奥仲麻琴(ウィザード) | 小林豊・高杉真宙・久保田悠来・松田岳・(ゲスト)百瀬朔・白又敦・松田凌・青木玄徳・佃井皆美・吉田メタル・波岡一喜・(ゲスト)小山力也(声)・(ゲスト)板尾創路・(ゲスト)田中偉登・(ゲスト)片岡愛之助・(ゲスト)安藤穂乃果・(ゲスト)斧アツシ(声)・(ゲスト)岩田さゆり・(ゲスト)河相我聞・(ゲスト)中村龍介・(ゲスト)鳥羽潤・(ゲスト)鷲見友美ジェナ(鎧武/ガイム) | 稲葉友・上遠野太洸・(ゲスト)綾部祐二・(ゲスト)及川光博・(ゲスト)松岡充(声)・(ゲスト)真剣佑・(ゲスト)片岡鶴太郎・(ゲスト)蕨野友也・(ゲスト)松島庄汰(ドライブ) | 山本涼介・磯村勇斗・(ゲスト)かでなれおん・(ゲスト)竹中直人・(ゲスト)八十島弘行・(ゲスト)ツネ・(ゲスト)高山侑子・(ゲスト)木村了・(ゲスト)沢村一樹(ゴースト) | 岩永徹也・瀬戸利樹・松本享恭・松田るか・小野塚勇人・甲斐翔真・貴水博之・(ゲスト)堂珍嘉邦(エグゼイド) | 赤楚衛二・武田航平・越智友己・小久保丈二・水上剣星・前川泰之・金尾哲夫(声)・(ゲスト)勝村政信・(ゲスト)進藤学・(ゲスト)趙珉和・(ゲスト)勝杏里(声)(ビルド) | 押田岳・渡邊圭祐・(ゲスト)大幡しえり・(ゲスト)多和田任益・(ゲスト)鈴木勝大・(ゲスト)入江甚儀・(ゲスト)財木琢磨・(ゲスト)菅原健・(ゲスト)中島健・(ゲスト)斉藤秀翼・(ゲスト)パパイヤ鈴木・(ゲスト)山口大地・(ゲスト)篠田諒・(ゲスト)ISSA・(ゲスト)杉田智和(声)・(ゲスト)坂井易直(声)(ジオウ), 岡田龍太郎・井桁弘恵・砂川脩弥・中川大輔・桜木那智・山口大地・中山咲月・速水奨(声)・(ゲスト)山本耕史・(ゲスト)伊藤英明・(ゲスト)福士誠治・(ゲスト)畑芽育・(ゲスト)小山悠・(ゲスト)後藤洋央紀(ゼロワン) | 山口貴也・青木瞭・富樫慧士・生島勇輝・岡宏明・唐橋充(セイバー), EP06の園田真理とエレファントオルフェノクが登場するシーンは本編第2話からの映像を流用している, タイトル・ロゴには「仮面ライダー」「ファイズ」「555」「MASKED RIDER Φ'S」が併記されている。, 12月7日放送分から。当時は東名阪エリアのみで放送開始したため、実際に地上デジタル放送で『ファイズ』が放送されたのはテレビ朝日・, 琢磨は詩集から浮かび上がった文字をまとった光弾を海堂にぶつけ、冴子は酒をかけることで人間態のオルフェノクを灰化させていた。北崎は、力が強力すぎて制御できず、人間態でも北崎が触れただけで物や人を灰化させてしまう。, 「メガハウス ART WORKS MONSTERS 仮面ライダー555 センチピードオルフェノク」のパッケージ裏、クリチャーデザイナー篠原保のメッセージ。, https://news.mynavi.jp/article/20180830-686061/, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=仮面ライダー555&oldid=80358525, 北崎 / ドラゴンオルフェノク(声)/ 仮面ライダーデルタ(28 - 32, 声) -, 2008年7月21日発売の「石ノ森章太郎 生誕70周年 DVD-BOX」、2009年10月21日発売の「仮面ライダーディケイドVOL.
2020 アナザーファイズ オルフェノク