気鋭の研究者に学び交流する「知」の場。関西から発信する、(妥協しない)高品位な「知」。

紀伊山地大水害
崩落石でゴロゴロの那智川

樋口川

河川は下流に向かって右手が右岸、左手が左岸。

ここの堰堤は左岸側がほぼできていた。

半分が概成した樋口川の砂防堰堤(動画)

平野川

ここの砂防堰堤は那智川との合流点からそんなに遠いところにつくられているわけではないが、見上げるような高さだ。

見上げるほどの急斜面 平野川

見上げるほどの急斜面 平野川

本堤は4月に着工し、この11月に完成するとのこと。

本堤の前には二つの堰堤(副堤と垂直堤)がつくられる。

※副堤・垂直堤はほとんどの堰堤でつくられる。

平野川の砂防堰堤

平野川の砂防堰堤

 

金山谷川

金山谷川では2つの砂防堰堤が建設中だ。

那智川支川につくられる砂防堰堤の中でいちばん奥に位置しており、規模もいちばん大きい。

工事用道路をあがっていくと、大きな石がゴロゴロ。

「ここは大きな石がいっぱいで、すごいです」との大下さんの説明どおり、3~5メートルの物もある。

工事現場にあがる道路から(動画)

 

高さ1メートルはあった

高さ1メートルはあった

 

下流の第一堰堤

下流の第一堰堤

とにかくゴロゴロ。

とにかくゴロゴロ。

 

上流の第二堰堤

第二堰堤がつくられる岩盤に流れ込む水流

第二堰堤がつくられる岩盤に流れ込む水流

第二堰堤は那智川合流部から3~4キロ上流で、岩盤の上につくられる。

砂防堰堤2基をつくり、川らしく水の流れを集めるための工事は、すべて紀伊山地砂防事務所の仕事だ。

 

尻剣川

シュリケンガワと読む。

堰堤が整備される上流は、忍者がでてきても不思議でない。

尻剣川の砂防堰堤(動画)

コメントは受け付けていません。