気鋭の研究者に学び交流する「知」の場。関西から発信する、(妥協しない)高品位な「知」。

オフレコとは何だ?
マスコミの堕落

不適切な発言で更迭された田中聡沖縄防衛局長。記者との「オフレコ懇談」での発言という。鉢呂吉雄前経産相の失言も、内容はともかく、普通なら冗談と聞き流すものだろう。

取材される側とする側に信頼がなければ、真意は聞き出せない。今どきの記者は、取材だったら、情報を得たら「何でもあり」なのか。オフレコは書いたらあかんという意味だ。どうしても書きたいなら、まずはその場で議論や質問をすべきだろう。ましてや伝え聞いたことをそのまま書くなど、ジャーナリストとしての資質に問題がある。

マスコミは、批判するだけが仕事だと勘違いしてきた。政治家や公務員、有名人には落ち度をさがし、「こんなことやってたで。言うてたで」・・・。

災害では被害を伝えるだけで、二次災害への備えを発信しなかったし、行きやすい被災地に集中する・・・。

女性宮家創設をあたかも秋篠宮が発言したように記事をねつ造するのはもっての他だ。

「抜いた。抜かれた」競争も彼らの原動力となり取材活動をするのはよいが、木ばっかり見て森を見ないのが習性になっているのではないか。

政治が悪いのはそれを選ぶ国民の責任だが、国民に何を選ぶかという情報を提供するのはマスコミの役目だ。IT社会といってもその役割は変わらないはず。

マスコミは堕落の道を歩むことをまだ続けていくのか--自ら(業界)を律することに本気で取り組むことを渇望する。

コメントは受け付けていません。